出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました

新生児とは

新生児とは
産まれたばかりの子供のことを赤ちゃんと呼んだり、乳児や新生児と言うこともありますよね。新生児は産まれたばかりの赤ちゃんのことを言いますが、具体的に新生児と呼ばれる時期はいつなのでしょうか。

新生児と呼ばれる時期

新生児と呼ばれる時期は産まれた日から数えて生後28日未満までです。生後7日目までは早期新生児と呼ばれることもあります。

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児の特徴や発達、一人目だと不安な育児について
赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児の特徴や発達、一人目だと不安な育児について
新生児は、生まれてからいつまでのことを言うのでしょうか? 法律で決まっているのでしょうか? 乳児と新生児は違うのでしょうか? 新生児の赤ちゃんの定義や特徴、成長についてご紹介します!

新生児の一日の過ごし方

新生児は1日のほとんどの時間を寝て過ごし、1日の睡眠時間は15~20時間で2~3時間おきに起きておっぱいやミルクを飲みます。新生児は免疫力が低く体が弱いため生後1ヶ月を過ぎるまでは外出は控えなければいけません。産後1ヶ月は出産による体のダメージを回復させるためにママも体を休める必要があるため、新生児と一緒に家で休息を取るようにしましょう。

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
なかなか寝てくれない赤ちゃんがいる一方、長い時間寝る子もいます。寝なくても寝すぎていても心配になりますよね。赤ちゃんにとって最適な睡眠時間はどのくらいなのでしょうか。寝る時間が遅い・長いといったママたちのお悩みと合わせて解説していきます。
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの?  外出時の持ち物と注意点は?
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。
宿泊型の産後ケアセンターって何? サービス内容・料金・ママたちの体験談も紹介
宿泊型の産後ケアセンターって何? サービス内容・料金・ママたちの体験談も紹介
産後のママを24時間体制でサポートしてくれる「産後ケアセンター」を知っていますか? 産後ママの心も体もケアをしてくれる、宿泊型のサービスです。産後すぐ始まる育児に不安があるママ、頼れる先を知っておきたいママはぜひ参考にしてみてくださいね。

新生児のおっぱい・ミルクに必要なもの

新生児のおっぱい・ミルクに必要なもの
新生児は2~3時間おきに授乳をします。母乳育児の場合は授乳間隔が頻回になり1時間おきの授乳になることもあるでしょう。夜間も関係なく授乳があるので体をなかなか休ませることができず寝不足になるママもいますが、成長していくと授乳間隔も開いてくるのでこまめに睡眠を取りながら無理をしないように過ごしましょう。授乳は1日の多くの時間を寝て過ごす新生児とママのコミュニケーションの時間でもあります。新生児のおっぱいやミルクに必要なものをチェックしていきましょう。

どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
最近は母乳で育てたいというママも多いでしょうか。完全粉ミルク育児にもメリットはたくさんありますよ! 粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、アレルギーになりやすい? 肥満になりやすい? など、ママが不安に思う情報についても解説していきます。
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの成長に欠かせない栄養を届ける授乳ですが、赤ちゃんがきちんと飲めているのか考え出すときりがありません。少しでも授乳に関する不安を解消すべく、月齢別の授乳間隔とよくあるトラブルと対処法をご紹介したいと思います。授乳を楽しむコツも紹介しているので見ていきましょう。
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児は赤ちゃんとのスキンシップの時間が楽しい一方、昼夜問わずの授乳生活に正直疲れてしまうこともありますよね。中には1日20回の頻回授乳をしているママも。なぜ赤ちゃんの授乳間隔があかないのか、その理由をご紹介します。頻回授乳でよくあるトラブルの対処法も紹介いたします。

粉ミルク・液体ミルク

粉ミルクや液体ミルクでの授乳は完全母乳と違いママ以外の人でも授乳をすることができるというメリットがあります。母乳と粉ミルクの混合育児で授乳を考えているママは粉ミルクを用意しましょう。完全母乳の場合でも母乳の出が落ち着くまで混合育児で授乳をすることもあります。産後母乳が出ないというケースもあるので万が一のためにスティックタイプの粉ミルクを用意しておくのもおすすめです。液体ミルクは調乳する必要がないため手軽に利用することができます。粉ミルクよりもコストパフォーマンスは悪いですが緊急時のために用意しておいても良いでしょう。

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは月齢や赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんに合ったものを選ぶ必要があります。でも種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、粉ミルクの種類や選ぶ時の注意点、そして選ぶポイントについてご紹介したいと思います。
母乳育児で子供を育てたい 出ないときの対処法や解決策について
母乳育児で子供を育てたい 出ないときの対処法や解決策について
母乳で子供を育てたいと思っても、実際にやってみるといろいろなトラブルが起こるものです。ここでは、母乳で子育てを検討している人向けに、母乳で育てるメリットとデメリット、そして母乳が出ない場合の対処法についてご紹介したいと思います。
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。
液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント
液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント
日本でも江崎グリコと明治から液体ミルクの販売が開始されましたね。液体ミルクは外出時や災害時などに便利と言われていますが、粉ミルクに比べるとどんな点で便利なのでしょうか。液体ミルクの特徴やメリット・デメリットについても紹介していきます。

哺乳瓶・乳首

哺乳瓶は完全母乳か混合か粉ミルクでの授乳かによって用意する本数が異なります。産後ママがどの方法で授乳を行いたいか考えて用意しましょう。完全母乳の場合は白湯を飲ませたり、誰かに預けるときのことを考えて哺乳瓶を1本用意しておくと安心です。混合や粉ミルクでの授乳を考えているママは出産前に哺乳瓶と乳首を用意しましょう。粉ミルクを活用したいというママは出産前に哺乳瓶を2~3本用意し、産後必要であれば買い足していくようにするのがおすすめです。

哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?
哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?
哺乳瓶は免疫力が弱い赤ちゃんが口にするものなので、哺乳瓶は清潔に保ちたいですよね。赤ちゃんの哺乳瓶は消毒方法によって手順や消毒にかかる時間が異なります。煮沸消毒、電子レンジ、消毒液で消毒する方法や、消毒後の保管方法もご紹介します。
哺乳瓶の消毒はレンジがおすすめ。メリットとデメリット、便利グッズを紹介
哺乳瓶の消毒はレンジがおすすめ。メリットとデメリット、便利グッズを紹介
哺乳瓶の消毒は大事な作業ですが、確実に消毒ができなおかつ時短ができる方法があるとしたら、試してみたいと思うものですよね。そこで、哺乳瓶の消毒に電子レンジを使うメリットとデメリット、そして消毒のための便利グッズをご紹介したいと思います。
母乳実感ちくびっていつから使えるの? 特徴とサイズ、使えるシーンを徹底解説
母乳実感ちくびっていつから使えるの? 特徴とサイズ、使えるシーンを徹底解説
母乳で子供を育てていると、体調が悪い時や母乳が出ない時などさまざまなトラブルに直面するものですよね。そんなトラブルに便利な母乳実感ちくびについて、その特徴やサイズ、どのような時に活用できるのかについてご紹介したいと思います。
赤ちゃんに湯冷まし(白湯)は飲ませるべき? ミネラルウォーターは使えない? 湯冷ましの作り方を紹介
赤ちゃんに湯冷まし(白湯)は飲ませるべき? ミネラルウォーターは使えない? 湯冷ましの作り方を紹介
赤ちゃんの水分補給として「お風呂上りに湯冷ましを飲ませると良い」と聞いたことがあるパパママもいるのではないでしょうか。水にも水道水、ミネラルウォーターと種類があるので、どの水を使うのかで迷うこともあると思います。正しい湯冷ましの作り方や注意点をご紹介しますね。

哺乳瓶一式の消毒セット

哺乳瓶は消毒が必要になるので合わせて哺乳瓶の消毒セットも用意しておきましょう。混合や粉ミルクでの授乳を考えているママは哺乳瓶の消毒の回数も多いため手軽に消毒ができるタイプのものを活用すると手間がかかりません。電子レンジや漬け置きで消毒ができるタイプがおすすめです。完全母乳の場合は哺乳瓶を使う機会も少ないため煮沸消毒で対応することも可能なので産後必要であれば消毒セットを用意するようにしましょう。

哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?
哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?
哺乳瓶は免疫力が弱い赤ちゃんが口にするものなので、哺乳瓶は清潔に保ちたいですよね。赤ちゃんの哺乳瓶は消毒方法によって手順や消毒にかかる時間が異なります。煮沸消毒、電子レンジ、消毒液で消毒する方法や、消毒後の保管方法もご紹介します。

新生児の排泄に必要なもの

新生児の排泄に必要なもの
新生児は産まれた直後から排泄を行うため出産前にオムツなどの必要なものを用意しておきます。新生児の排泄に必要なものを見ていきましょう。

オムツ

オムツは入院中は病院のものを使うことが多いですが、退院時のオムツは持参になるケースがあるため入院準備をするときに確認しておきましょう。オムツには紙オムツと布オムツの2種類があります。紙オムツはオムツを変えたら捨てるだけなので手軽に使うことが可能です。布オムツは洗濯の手間はありますが、使い回しができるのでコスト面で負担がかかりません。ママが使いやすいと感じるものを選ぶようにすると良いですよ。また、臭いが外に漏れないオムツ専用のゴミ箱もあった方がいいので、そちらも出産前に揃えておいた方がいいでしょう

紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
初めての育児では、赤ちゃんにどんなおむつを選べば良いのか悩んでしまいますよね。おむつメーカーによって、素材や価格、機能性などが異なります。おむつのサイズアップの時期、テープタイプからパンツタイプに切り替えるタイミング、おむつをはずす時期についてご紹介します。
布おむつのメリットとデメリット。使い方に洗い方、選び方を徹底解説
布おむつのメリットとデメリット。使い方に洗い方、選び方を徹底解説
これから生まれてくる赤ちゃんのために、紙おむつにするべきかそれとも布おむつにするべきか迷っていませんか。ここでは、布おむつのメリットとデメリット、使い方や洗い方、そして選ぶポイントについてご紹介したいと思います。
赤ちゃんのおむつ専用ゴミ箱の選び方! コスパやにおい漏れ防止などおすすめ5選
赤ちゃんのおむつ専用ゴミ箱の選び方! コスパやにおい漏れ防止などおすすめ5選
赤ちゃんのおしっこやうんちがついたおむつはそのままゴミ箱に捨てるとにおいが気になります。おむつは0歳~3歳頃まで毎日おむつを替えることになりますので、防臭効果などがあるおむつ専用のゴミ箱があると便利です。おむつ用ゴミ箱の選び方やおすすめをご紹介します。

おしりふき

おしりふきは赤ちゃんの肌に直接触れるものなので肌に優しいものを選んであげるようにしましょう。厚手タイプのおしりふきは1枚でうんちもサッと拭き取ることができるのでおすすめ。おしりふきは消耗品なので価格にも注目しながら選ぶと良いですよ。1日に何回もオムツ替えをすることや長く使い続けることを考えてまとめ買いをしても良いでしょう。

赤ちゃん用おしりふきのおすすめ10選! 選ぶポイントやおしりふきのふたも紹介
赤ちゃん用おしりふきのおすすめ10選! 選ぶポイントやおしりふきのふたも紹介
おしりふきは、赤ちゃんの肌に優しくて、パパママも使い勝手が良いものが嬉しいですよね。おしりふきは赤ちゃんがうんちをする度に使うものなので、使用回数も多く価格も気になるでしょう。各メーカーのおしりふきには、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。おしりふきの選び方やおすすめ製品をご紹介します。
おむつ替えシートの選び方! 防水加工や使い捨てなどおすすめ10選を紹介
おむつ替えシートの選び方! 防水加工や使い捨てなどおすすめ10選を紹介
おむつ替えシートは、赤ちゃんのおむつ替えの時にベッドやカーペットをおしっこやうんちなどの汚れから防ぐことができる便利アイテムです。外出時でもオムツ交換台の衛生面が気になる時におむつ替えシートがあると安心ですよ。おむつ替えシートの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介します。
おしりふきのふたは1つ持っていると便利! 繰り返し使える! シンプルからキャラクターなどおすすめ12選
おしりふきのふたは1つ持っていると便利! 繰り返し使える! シンプルからキャラクターなどおすすめ12選
おしりふきの取り出し口の粘着力がなくなってくると隙間ができ、おしりふきが乾燥してしまうことってありますよね。おしりふきのふたは可愛いデザインもあり価格も手ごろなので、1つ持っていて損はないですよ!おしりふきのふたを選ぶ時のポイントやおすすめもご紹介します。

新生児の睡眠に必要なもの

新生児の睡眠に必要なもの
新生児は1日のうち15~20時間を寝て過ごします。産後退院してからすぐに新生児が快適に眠ることができるように睡眠に必要なものを用意しましょう。

ベビーベッド

ベビーベッドは赤ちゃんと上の子の年齢が近い場合やパパママがベッドで寝ている場合は用意することをおすすめします。生活環境によってベビーベッドが必要か判断すると良いですよ。ベビーベッドが必要かどうか悩むときはレンタルを利用してみても良いでしょう。レンタルだと使わなくなったら返却することができるのでベビーベッドの片付けに困りません。

赤ちゃんのベビーベッドはいつまで使う? 買うかレンタルかで迷うママ向けのアドバイス!
赤ちゃんのベビーベッドはいつまで使う? 買うかレンタルかで迷うママ向けのアドバイス!
赤ちゃんを迎えるためにベビーベッドを検討しているけど、買った方がいいのかそれとも借りるべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで、ベビーベッドを買うかレンタルにすべきか迷っている人のために、それぞれの特徴や選び方についてご紹介したいと思います。

ベビー布団一式

ベビー布団は赤ちゃんのことを考えて作られているので安心して赤ちゃんを寝かせられます。ベビー用の敷布団は大人用のものよりも硬めに作られているため、うつぶせ寝による赤ちゃんの窒息などの事故を防いだり、体に負担をかけずに眠ることが可能です。ベビー用の掛布団や枕は軽めに作られているのでベビー布団は一式揃えて用意することをおすすめします。

赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
生まれたばかりの赤ちゃんはまだ自分の力や判断で動くことができなかったり、赤ちゃんが成長してハイハイや一人歩きができるようになっても、好奇心旺盛な赤ちゃんの周りでは危険なことがたくさんあります。パパママは、赤ちゃんに起きやすい事故を理解し、正しい安全対策を行いましょう。
赤ちゃんのうつぶせ寝はダメって本当? 睡眠時のリスクから赤ちゃんを守る方法とは?
赤ちゃんのうつぶせ寝はダメって本当? 睡眠時のリスクから赤ちゃんを守る方法とは?
赤ちゃんをうつぶせで寝かせるのはいいとされていた時代もありました。しかし今は多くの医師が赤ちゃんのうつぶせ寝の危険性を伝えています。では、うつぶせ寝は何が危ないのでしょうか? その理由と事故防止の注意点を紹介していきます。
ドーナツ枕で赤ちゃんの絶壁頭や寝ハゲを予防できる? 選び方やおすすめ5選を紹介
ドーナツ枕で赤ちゃんの絶壁頭や寝ハゲを予防できる? 選び方やおすすめ5選を紹介
ドーナツ枕は赤ちゃんの頭の形の歪んで絶壁になったり、寝ハゲになったりする予防に効果的なのをご存知でしょうか? 赤ちゃんはずっと同じ向き寝ていると頭の形が歪んでしまうことがありますが、こういったパパママの不安解消にドーナツ枕が役立つんですよ。
保育園のお昼寝用布団の選び方。準備するもの別選び方まとめ
保育園のお昼寝用布団の選び方。準備するもの別選び方まとめ
保育園に入園が決まると、お昼寝用の布団を家から持参するケースもあります。ここでは、お昼寝用布団を持参する場合に必要なものと選び方、そしてママ達に人気の保育園グッズが揃えるサイトと実際に見て選べるお店をご紹介したいと思います。

新生児の沐浴に必要なもの

新生児の沐浴に必要なもの
新生児は抵抗力が弱いため生後1ヶ月になる頃まではベビーバスなどを使って沐浴をします。毎日体を洗うことで赤ちゃんの体を清潔に保つことができるので、入院中の沐浴指導はしっかり受けるようにしましょう。沐浴は毎日同じ時間帯に行うと赤ちゃんの生活リズムが整いやすくなるので参考にしてください。新生児の沐浴に必要なものを見ていきます。

赤ちゃんのお風呂に沐浴剤は必要? ベビーソープは使うの? 効果とおすすめ品も紹介
赤ちゃんのお風呂に沐浴剤は必要? ベビーソープは使うの? 効果とおすすめ品も紹介
新生児期の入浴は、ベビーバスを使った沐浴がメインです。そんなとき、あると便利なのが沐浴剤。体も頭も洗える上に入浴剤と違って上がり湯が不要、さらには保湿効果もあるため、ママにとって嬉しいアイテムです。必要性や効果など沐浴剤の基本から、ママたちの疑問まで解説します。

温度計

新生児の沐浴はお湯の温度調整が必要です。お湯の温度は38℃ぐらいに調整しましょう。温度計があるとお湯の温度が的確に調整できるので用意しておくと良いですよ。沐浴の最後に行うかけ湯の温度もしっかりと調整するのを忘れないように気をつけてください。

ガーゼ・タオル

沐浴をするときは赤ちゃんの顔や体を洗うのにガーゼを使うと便利なので活用してみましょう。沐浴のときに裸になると赤ちゃんがびっくりしたり不安に感じて手足をバタバタさせることがあります。そんなときは大きめの沐浴用のガーゼを体にかけてあげると赤ちゃんが安心して落ち着くので使ってみると良いですよ。沐浴が終わった後は水を拭き取るタオルを用意しましょう。赤ちゃんの肌に触れるものなので肌に優しく吸水性の良い綿素材のものなどを使うのがおすすめです。大判のバスタオルは赤ちゃんを包み込みながら体を拭くことができます。

着替え一式

沐浴が終わったら赤ちゃんの体が冷えないようにすぐに服を着せるようにしましょう。肌着と上に着る服を重ねて準備しておくと着替えがスムーズにできるので、沐浴をする前に用意しておくと良いですよ。

これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
赤ちゃんの服装は「大人より1枚薄着で」と言われるくらい大人と感覚が異なります。気温や季節によって変えようと言われても、結局どんな服装が良いのか難しいですよね。そこで、これさえ押さえておけば赤ちゃんの服装選びに困らないポイントを紹介します。
ベビー服の水通しで赤ちゃんの出産準備をしよう! 手洗い? 洗濯機? 洗剤を使っても良いの?
ベビー服の水通しで赤ちゃんの出産準備をしよう! 手洗い? 洗濯機? 洗剤を使っても良いの?
ベビー服は、赤ちゃんに着せる前に水通しをする必要があります。出産後はパパもママもバタバタしているので、赤ちゃんが生まれてくる前にやっておくのがおすすめですよ。出産準備でベビー服の水通しが必要な理由や水通しの方法、注意点をご紹介します。
赤ちゃんの肌に優しい洗剤を選ぼう! おすすめ10選や洗濯のポイントも紹介 
赤ちゃんの肌に優しい洗剤を選ぼう! おすすめ10選や洗濯のポイントも紹介 
生まれたばかりの赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、少しの刺激が肌トラブルの原因になることがあります。肌が弱い赤ちゃんの衣類や寝具を洗濯するときは、洗剤選びも重要です。赤ちゃん用の洗剤にも種類があるので、選び方やおすすめ商品を紹介します。

その他、新生児のお世話に必要なもの

その他、新生児のお世話に必要なもの
睡眠や沐浴などに使うベビー用品は産後退院してからすぐに使うため、出産前から用意しておくと安心です。睡眠や沐浴に使うベビー用品以外にも新生児のお世話に必要なものがあるのでリストにして用意していきましょう。出産前に用意しておきたい新生児のお世話に必要なものを紹介します。

洗濯がまわせる分の着替え

新生児服は50~60サイズのものを洗濯がまわせる分だけ用意しましょう。汗をかいたり汚れたりこまめに着替えをすることを考えて多めに用意をしておくと良いです。短肌着は5~6枚あると充分に着回すことができます。コンビ肌着や長肌着は合わせて最低でも4~5枚は用意しておきましょう。ツーウェイオールやカバーオールは1ヶ月健診などで外出をするときに使えるので2~3枚用意し、必要に応じて買い足すようにするのがおすすめです。

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、産まれたばかりの赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょう。平均的な成長をしているのかが気になるパパママもいるでしょう。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長やお世話の特徴、発熱や肌トラブルへの対応方法などもご紹介します。
新生児の短肌着は何枚必要? いつまで着れる? おすすめ15選やリメイク方法も紹介
新生児の短肌着は何枚必要? いつまで着れる? おすすめ15選やリメイク方法も紹介
出産準備で赤ちゃんの肌着は必須アイテムです。短肌着はどんな肌着? 夏や冬に産まれた赤ちゃんでは必要な枚数が変わるのでしょうか。長肌着やコンビ肌着の違いや短肌着の選び方、おすすめ商品、リメイク方して長く使う法などもご紹介します。
赤ちゃんの長肌着の選び方やおすすめ10選! いつまで着る? 春夏生まれは必要?
赤ちゃんの長肌着の選び方やおすすめ10選! いつまで着る? 春夏生まれは必要?
長肌着はおむつ替えがしやすく保温性も高いため、上手く体温調整ができない新生児の赤ちゃんに便利なアイテムです。長肌着は短肌着の上から着せるのですが、春夏生まれの赤ちゃんには必要なのでしょうか? 長肌着の選び方やおすすめ、肌着のリメイクについてもご紹介します。
赤ちゃんのカバーオールとは? ロンパースとの違いやおすすめ10選を紹介
赤ちゃんのカバーオールとは? ロンパースとの違いやおすすめ10選を紹介
体温調節ができない赤ちゃんには肌着やベビー服で調整してあげる必要がありますよね。カバーオールの形は、赤ちゃんを保温するのにぴったりで、基本のベビー服です。選び方やおしゃれなデザインや着ぐるみデザインのカバーオールなどのおすすめ商品などをご紹介します。

綿棒

綿棒は赤ちゃんの耳や鼻の掃除、へその緒の消毒にも使うことができるので用意しましょう。耳掃除はお風呂上がりにすると耳垢が湿って取りやすくなります。カサカサしている耳垢には耳の中を傷つけないようにするためにベビーオイルを綿棒につけて耳掃除をすると良いですよ。

赤ちゃんの耳そうじはどうしてる? お耳ケアの仕方や注意点を紹介
赤ちゃんの耳そうじはどうしてる? お耳ケアの仕方や注意点を紹介
赤ちゃんのケアは念入りにやりたくなりますが、耳そうじはやり方を間違えるとかえって病気になってしまうことがあります。お家でできる赤ちゃんの耳そうじの方法や注意点、耳鼻科に受診するケースなどをご紹介します。
赤ちゃんの「へその緒」どうする? 消毒・ケア方法と保管方法
赤ちゃんの「へその緒」どうする? 消毒・ケア方法と保管方法
「へその緒」は取れるまでに時間がかかるため、退院後はパパママが赤ちゃんのおへそケアをすることになります。とはいえ、初めてのへその緒ケアはちょっぴり怖いですよね。本記事では正しいへその緒ケアと取れた後の保管方法、よくあるお悩みを解説します。

乳児用爪切り・爪やすり

赤ちゃんの爪の白い部分が指先よりも伸びていたら爪切りを使って切るようにしましょう。爪が伸びていると顔をひっかいて傷がつくこともあるので爪が伸びていないかこまめにチェックをすることが大切です。新生児は指が小さいため爪切りを使うのが怖いというママは爪やすりを使ってみてください。爪やすりは赤ちゃんの手が動いて皮膚に当たってもケガをすることがないので安全に使うことができます。

赤ちゃんの爪切りの選び方、利用方法と注意点! はさみ、てこ型、やすりの特徴やおすすめ6選も紹介
赤ちゃんの爪切りの選び方、利用方法と注意点! はさみ、てこ型、やすりの特徴やおすすめ6選も紹介
赤ちゃんの爪はとても小さくて薄いため、赤ちゃん用の爪切りを使う必要があります。赤ちゃんの手と足の爪では、切り方が違うことをご存知ですか? 赤ちゃんの爪切りのコツや注意点、赤ちゃん用爪切りの選び方やおすすめ商品もご紹介します。

新生児のお世話にあると便利なもの

新生児のお世話にあると便利なもの
ベビー用品の中には新生児のお世話にあると便利なものがあります。便利なものを使うことで新生児のお世話をスムーズにストレスの無い状態ですることができるので活用してみるのがおすすめです。それでは新生児のお世話にあると便利なものを紹介します。

授乳クッション

授乳クッションを使うと授乳がしやすくなるため便利です。ママの膝の上に授乳クッションを置き、クッションの上に赤ちゃんを寝かせて授乳をします。赤ちゃんをクッションで支えるのでママの腕に負担がかかりません。また授乳クッションを使うと赤ちゃんの口とおっぱいの高さを合わせることができるので赤ちゃんもおっぱいが飲みやすくなるというメリットもあります。

赤ちゃんに授乳クッションは必要? 抱き枕は使える? 使い方からおすすめの授乳クッションまで紹介
赤ちゃんに授乳クッションは必要? 抱き枕は使える? 使い方からおすすめの授乳クッションまで紹介
赤ちゃんのために使うもののひとつに授乳クッションがありますね。ただ、短いと1年も使わないことから、授乳クッションは抱き枕などでもよいかもと考えたことはありませんか? 今回は授乳クッションの役割と使い方からおすすめの授乳クッションまで紹介していきます。

ベビーバス

新生児は抵抗力がまだ充分でないため生後1ヶ月を過ぎるまでは沐浴を行います。沐浴をするときにあると便利なのがベビーバスです。産後の悪露が気になるときやママの体調が優れないときにベビーバスで赤ちゃんをサッとお風呂に入れることができます。空気で膨らませるタイプのベビーバスは赤ちゃんが成長して使わなくなったら空気を抜いて折りたたむことができるので収納に場所を取りません。

赤ちゃんのベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
赤ちゃんのベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
首が座っていない赤ちゃんを片手で支えながら、もう一方の手で石鹸をつけて体を洗ったり流してあげたりするのは大人用の大きなお風呂では難しいですね。そういう方におすすめなのが新生児の赤ちゃん用のベビーバスです。いろいろな種類のものをタイプ別にご紹介します。

清浄綿

清浄綿は低濃度の消毒液を脱脂綿にしみ込ませて個別に包装して滅菌したものです。病院によっては産後の悪露の処理に使うことをおすすめされることもあります。清浄綿は低濃度の消毒液が使われているので、授乳時におっぱいをきれいに拭くのにも安心して使うことが可能です。その他にも赤ちゃんのよだれや目やになどを拭き取ることにも活用できます。

清浄綿はママの授乳に必要? 使い方や使用期限、おすすめ商品11選! 
清浄綿はママの授乳に必要? 使い方や使用期限、おすすめ商品11選! 
出産準備リストに「清浄綿」と書いてあるのを見て、初めてその存在を知ったママも多いのではないでしょうか。清浄綿は主に産後のデリケートゾーンを清潔に保ったり、母乳をあげるときのおっぱいの拭き取りに使います。使い方や注意点、おすすめ商品を紹介します。

鼻水吸引器

赤ちゃんは風邪をひいていなくても鼻水が出てしまうことがあります。鼻水吸引器は自宅で手軽に赤ちゃんの鼻水を吸引することができるのであると便利です。鼻が詰まると授乳がしにくくなって赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまうことも。手動タイプと電動タイプの鼻水吸引器があり、価格や使い勝手が異なるのでママが購入前にどちらが使いやすいかチェックしてみると良いでしょう。

赤ちゃんの鼻づまりに必要! 鼻水吸引器の選び方や注意点、おすすめ10選を紹介
赤ちゃんの鼻づまりに必要! 鼻水吸引器の選び方や注意点、おすすめ10選を紹介
赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、パパママが赤ちゃんの鼻水をとってあげなければいけません。そんな時におすすめなのが、鼻吸い器(鼻水吸引器)です。いろいろな種類があるので、用途に合わせて選んでくださいね。

ベビー用品は買い足しがおすすめ

ベビー用品は買い足しがおすすめ
ベビー用品は一度にたくさん揃えても使わなかったなということもあります。本当に必要なものをチェックして産後に赤ちゃんと生活をする中であったら良いなと感じるものがあればそのときに買い足しをするのがおすすめです。

まとめ


出産が近くなると赤ちゃんとの生活を想像して気持ちが嬉しくなりますよね。赤ちゃんの安全のことを考えてベビー用品を選ぶことも大切です。ベビー用品を揃えるときは無駄がないように本当に必要なものを確認しながら用意をしましょう。

赤ちゃんの名前に悩んでいるママへ 名付けにおすすめの名前辞典や名付け本を紹介
赤ちゃんの名前に悩んでいるママへ 名付けにおすすめの名前辞典や名付け本を紹介
お腹が徐々に大きくなってきて動くのも大変な妊婦生活ですが、産まれてくる赤ちゃんの名前を考える楽しみもありますよね。赤ちゃんの名前に悩んでいる方は、名前辞典や名付け本を参考にするといいでしょう。今回はおすすめの本を紹介します!
赤ちゃんの名前の画数は気にする? 名付けのポイントと、画数での姓名占いのおすすめサイト!
赤ちゃんの名前の画数は気にする? 名付けのポイントと、画数での姓名占いのおすすめサイト!
我が子への初めてのプレゼントとなる「名前」。赤ちゃんを迎えるにあたって、パパママが一番悩むことではないでしょうか。今回は名付けの参考になるようなママたちの名付けエピソードや名付けするときのポイント、姓名占いサイトを紹介します。
名付けにルールはあるの? 赤ちゃんの名前の付け方の基礎知識&ポイント・注意点を紹介
名付けにルールはあるの? 赤ちゃんの名前の付け方の基礎知識&ポイント・注意点を紹介
生まれてくる赤ちゃんの名前を考える時間はとても楽しいですが、赤ちゃんにとっては一生ものになるので、名付けに悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 名付けのルールやポイントを知るだけで名前の候補が増えるので参考にしてくださいね。
ベビー用品レンタルはお得? メリット・デメリット、おすすめレンタルサイト4選
ベビー用品レンタルはお得? メリット・デメリット、おすすめレンタルサイト4選
赤ちゃんとの生活で必要になるベビー用品はたくさんあります。ベビー用品をレンタルできるサイトもあり、レンタルサイトを利用することでお得に賢くベビー用品を揃えることができます。ベビー用品レンタルのメリット・デメリット、おすすめレンタルサイトをご紹介していきます。
里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
里帰り出産の期間はどれくらいなのか、いつからどんな準備を始めたら良いか悩むものです。ここでは、里帰り前2ヵ月から里帰り中まで何を準備したら良いか順を追ってご説明。さらに夫や実家にどんな準備や配慮をしたら失敗ない里帰りになるのかもご紹介します。
出産予定日までママはどう過ごしたらいい? 1ヶ月前から出産予定日までの妊婦の過ごし方
出産予定日までママはどう過ごしたらいい? 1ヶ月前から出産予定日までの妊婦の過ごし方
臨月になると赤ちゃんの出産まであと少し。いよいよカウントダウンに入りますが、不安に思うことも増えてくるのではないでしょうか? そこで、出産予定日までを細かく分け、ママの過ごし方について具体的に紹介したいと思います。
春生まれ(3月、4月、5月)の男の子の名前55選 春のあたたかさを感じるカッコいい名前を紹介!
春生まれ(3月、4月、5月)の男の子の名前55選 春のあたたかさを感じるカッコいい名前を紹介!
3月・4月・5月の春生まれの男の子の名前に悩んでいるパパママへ。春らしくてカッコいい男の子の名前をまとめました。桜など春の花をモチーフにした名前もおすすめです。ぜひ参考にしてみてくださいね!
夏生まれ(6月、7月、8月)の女の子の赤ちゃんに付けたいおすすめの名前121選 夏を連想するかわいい名前を特集
夏生まれ(6月、7月、8月)の女の子の赤ちゃんに付けたいおすすめの名前121選 夏を連想するかわいい名前を特集
夏生まれ(6月、7月、8月)の女の子の赤ちゃんの名前に悩んでいるパパママへ。「夏」を使った人気の名前から夏をイメージするかわいい名前まで、名付けのヒントになるおすすめの名前をご紹介します!
夏生まれ(6月、7月、8月)の男の子の赤ちゃんにおすすめの名前121選 夏らしくてかっこいい名前を紹介
夏生まれ(6月、7月、8月)の男の子の赤ちゃんにおすすめの名前121選 夏らしくてかっこいい名前を紹介
6月・7月・8月生まれの男の子の赤ちゃんに人気の名前は何? 夏を使った名前をはじめ、夏らしい元気いっぱいのかっこいい名前を大特集! 夏生まれの赤ちゃんの名前に悩んでいる方は参考にしてくださいね。
秋生まれ(9月、10月、11月)の女の子の赤ちゃんにおすすめの名前75選 秋らしくてかわいい名前を特集
秋生まれ(9月、10月、11月)の女の子の赤ちゃんにおすすめの名前75選 秋らしくてかわいい名前を特集
秋生まれ(9月・10月・11月)の女の子の赤ちゃんに人気の名前は? 秋を使った名前以外にも、秋をイメージするかわいい名前がたくさん。いろいろな名前をチェックして、ピンときたものをメモしておきましょう!
秋生まれ(9月、10月、11月)の男の子の赤ちゃんにおすすめの名前69選 秋をイメージするカッコいい名前を紹介
秋生まれ(9月、10月、11月)の男の子の赤ちゃんにおすすめの名前69選 秋をイメージするカッコいい名前を紹介
9月・10月・11月の秋生まれの男の子の赤ちゃんにおすすめの名前を大特集! 秋をイメージする漢字を使った名前や、秋のイベントを連想する名前など、カッコイイ名前を集めました。名付けに迷っているパパママはぜひチェックしてくださいね!
冬生まれ(12月、1月、2月)の男の子の赤ちゃんにおすすめの名前67選 冬をイメージするかっこいい名前を紹介
冬生まれ(12月、1月、2月)の男の子の赤ちゃんにおすすめの名前67選 冬をイメージするかっこいい名前を紹介
冬生まれ(12月、1月、2月)の男の子の赤ちゃんの名前を何にしようかなと考えているパパママへ。冬をイメージする漢字やイベントなどから、名前の候補を考えてみませんか? おすすめの冬生まれの男の子の名前を大特集します!
冬生まれ(12月、1月、2月)の女の子の赤ちゃんにおすすめの名前81選 冬をイメージする名前を紹介
冬生まれ(12月、1月、2月)の女の子の赤ちゃんにおすすめの名前81選 冬をイメージする名前を紹介
冬生まれ(12月、1月、2月)の女の子の赤ちゃんにおすすめの名前は? 冬はもちろんのこと、雪、白、寒など、冬の美しさを感じる人気の女の子の名前を紹介します。名付けに迷っているパパママはぜひ、参考にしてくださいね!
妊娠中や授乳中におすすめ! 人気のノンアルコールカクテル・ビール・ワインは?
妊娠中や授乳中におすすめ! 人気のノンアルコールカクテル・ビール・ワインは?
最近では、妊娠中・授乳中でも飲めるノンアルコールのカクテル・ビール・ワインが人気です。たくさん種類があるのでどれがいいのか迷ってしまいますよね。今回はおすすめのノンアルコール飲料を紹介するので、あなた好みの味を見つけてくださいね。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!