液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント

液体ミルクは2018年8月8日に日本で販売がスタートした

液体ミルクは2018年8月8日に厚生労働省の乳等省令改正によって日本で販売が可能になった
日本では、2018年8月8日の厚生労働省の乳等省令改正により、液体ミルクの販売が可能になりました。液体ミルクは、パパママがミルクを作る手間が削減できることや、災害時などお湯が調達できない状況でも赤ちゃんにミルクを飲ませることができる点などで注目されています。

初めに液体ミルクの販売を開始したのが、食品メーカーの江崎グリコです。江崎グリコは2019年3月5日から自社通販サイトで液体ミルク「アイクレオ 赤ちゃんミルク」の販売を開始し、2019年3月11日から全国で順次販売されました。次に食品メーカーの明治が、2019年4月26日に液体ミルク「ほほえみ らくらくミルク」の販売を開始しました。現在この2社に続いて雪印も液体ミルクの認可を申請中で発売のめどがたっているようです。

世界での液体ミルクの普及率

世界での液体ミルクの普及率
日本ではまだまだ普及していない液体ミルクですが、フィンランドでは乳幼児用ミルクの92%が液体ミルクという調査結果があります。スウェーデン、スペイン、フランス、ロシアでは30%前後の普及率で、世界では液体ミルクを活用しながら育児をするのが一般的になりつつあるのがわかります。

液体ミルクと粉ミルクの違い

液体ミルクと粉ミルクの違い
液体ミルクは、粉ミルクと同様、乳幼児用のミルクです。粉ミルクはお湯で溶かして作る必要がありますが、液体ミルクは紙パックや缶に入ったミルクを哺乳瓶やマグに移し替えれば、常温のままでも赤ちゃんに飲ませることができます

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは月齢や赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんに合ったものを選ぶ必要があります。でも種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、粉ミルクの種類や選ぶ時の注意点、そして選ぶポイントについてご紹介したいと思います。
どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
最近は母乳で育てたいというママも多いでしょうか。完全粉ミルク育児にもメリットはたくさんありますよ! 粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、アレルギーになりやすい? 肥満になりやすい? など、ママが不安に思う情報についても解説していきます。

液体ミルクを購入できる場所

液体ミルクを購入できる場所
液体ミルクはスーパーやドラッグストアでの販売に加え、コンビニでも販売が始まりました。2019年8月にローソンとファミリーマートの一部店舗で販売開始され、液体ミルクはだんだん手に入りやすくなっています。コンビニで液体ミルクが手に入るようになれば、24時間いつでも買うことができるので安心ですね。液体ミルクはネットでも購入することができるので、まとめ買いをする時は家まで配達してくれるネットスーパーがおすすめです。

液体ミルクのメリット

液体ミルクのメリット
便利と言われている液体ミルクのメリットをご紹介します。

液体ミルクのメリット1:簡単にミルクを準備できる

メリット1:簡単にミルクを準備できる
液体ミルクはとても手軽なことが1番のメリットとも言えるでしょう。赤ちゃんがミルクから栄養を摂っている時期は、昼夜問わず1日に何回もミルクを作ることになります。お腹がすいて泣いている赤ちゃんを目の前に、「早くミルクを作らなきゃ…」と焦る気持ちからストレスを感じたことのあるパパママもいるのではないでしょうか。

粉ミルクの場合、120mlミルクを作りたい時はスプーン6杯分、240mlミルクを作りたい時はスプーン12杯分を入れる必要があります。液体ミルクは、容器から哺乳瓶に移し替えるだけで温める必要もないため、粉ミルクに比べるととても手早くミルクを準備することができます。パパママ以外のおじいちゃんおばあちゃんなどに赤ちゃんのお世話を頼む時も、液体ミルクであればミルク作りの難しい手順がないので便利です。

赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? ピジョンなどのおすすめ5選!
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? ピジョンなどのおすすめ5選!
赤ちゃんの授乳には欠かせない哺乳瓶はピジョンやコンビなどの育児用品メーカーから、いろいろな種類が販売されています。どれを買うべきか迷ってしまいますよね。どのサイズを買えばいいのか? 哺乳瓶の消毒は利用の度に必要なのか? おすすめは? などパパママの疑問にお答えします。
ピジョンの哺乳瓶は2タイプ! どう使い分ける? 乳首は共通? 詳しく解説します
ピジョンの哺乳瓶は2タイプ! どう使い分ける? 乳首は共通? 詳しく解説します
ピジョン(pigeon)は哺乳瓶などの赤ちゃんの育児に関するグッズを製造・販売している会社のひとつです。なかでも哺乳瓶はその種類の豊富さ・使いやすさからママの信頼が厚いことで知られていますね。今回はピジョン(pigeon)の哺乳瓶について詳しくみていきます。

液体ミルクのメリット2:外出時にお湯を持ち運ばなくても良い

メリット2:外出時にお湯を持ち運ばなくても良い
粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんと外出をする時は、「お湯、粉ミルク、哺乳瓶」を持ち歩く必要があります。ショッピングモールなどには、粉ミルクを作るためのお湯が調達できることもありますが、外出先によってはお湯が調達できないこともありますよね。赤ちゃんとのおでかけでは、おむつや着換えなどただでさえ荷物が多い中、お湯の入った魔法瓶を持ち歩くのは大変です。

液体ミルクは、哺乳瓶に移し替えるだけで飲ませることができるので、液体ミルクと哺乳瓶を持っていれば大丈夫です。液体ミルクが入っている容器は紙パックや缶なので、外出先で捨てて帰ることができるのは嬉しいですよね。

赤ちゃんに湯冷まし(白湯)は飲ませるべき? ミネラルウォーターは使えない? 湯冷ましの作り方を紹介
赤ちゃんに湯冷まし(白湯)は飲ませるべき? ミネラルウォーターは使えない? 湯冷ましの作り方を紹介
赤ちゃんの水分補給として「お風呂上りに湯冷ましを飲ませると良い」と聞いたことがあるパパママもいるのではないでしょうか。水にも水道水、ミネラルウォーターと種類があるので、どの水を使うのかで迷うこともあると思います。正しい湯冷ましの作り方や注意点をご紹介しますね。
マザーズバッグの種類と選び方、機能的でおしゃれなマザーズバッグ12選
マザーズバッグの種類と選び方、機能的でおしゃれなマザーズバッグ12選
赤ちゃんとお散歩に行く時、おむつやミルクなどあれこれバッグに詰め込むと、意外と荷物がかさばるものです。そこで、そろそろマザーズバッグを買いたいと思っている人のために、マザーズバッグの選び方についてご紹介したいと思います。

液体ミルクのメリット3:お湯が調達できない災害時でも赤ちゃんにミルクを飲ませることができる

粉ミルクはお湯がなければミルクを作ることができないため、災害時に電気・ガス・水道が止まってしまうと赤ちゃんにミルクを飲ませることが難しくなります。お湯も必要なく、哺乳瓶に移し替えるだけで飲ませることができる液体ミルクは、災害時でもとても便利で助かる存在です

冬場など液体ミルクが冷たいと感じる場合は、体温で常温に戻してあげるようにしましょう。液体ミルクの保存期間は6ヶ月、1年と持つので、万が一の時に備えストックしておくと安心ですね。液体ミルクを赤ちゃんに飲ませる時は哺乳瓶が必要なので、使い捨ての哺乳瓶も一緒に用意しておくと良いでしょう。

素材:ポリプロピレン(フード、キャップ、ボトル) 、熱可塑性エラストマー(乳首)
最大目盛容量:240ml
対象月齢:新生児~
備蓄可能年数:5年

10年以上にわたって世界中での販売実績のあるイギリスの使い捨て哺乳瓶です。200℃以上の高温環境で生産・封入されるため、ご家庭での消毒よりも殺菌された状態で授乳ができます。洗浄、消毒不要で、哺乳瓶を袋から取り出してすぐに使用できる点で緊急時にも役立ちます。こちらの哺乳瓶は冷凍保存も可能です。

使い捨て哺乳瓶って何? 使い方や注意点、おすすめ商品を紹介
使い捨て哺乳瓶って何? 使い方や注意点、おすすめ商品を紹介
「使い捨て哺乳瓶」を知っていますか? 外出時や赤ちゃんを預けるときに便利なだけでなく、今では災害時の備えとしても注目されているベビー用品です。「もしも」に備えて母乳育児をしているママもぜひ用意しておきましょう。選ぶポイントやおすすめアイテムをご紹介します。

哺乳瓶がない時はカップフーディングやスプーンで授乳する方法も

哺乳瓶以外で赤ちゃんにミルクを飲ませる方法として、カップフーディングというコップで飲ませる方法やスプーンで一口ずつという方法があります。赤ちゃんによっては哺乳瓶が苦手な子もいるので保育園でもコップやスプーンを使うことがあります。特に月齢の低い赤ちゃんは清潔な容器を使うことが大切ですが、哺乳瓶じゃないとだめなんだという考え方を少しやわらかくして子供にあった方法を臨機応変に試してみることもおすすめします。

液体ミルクのデメリット

液体ミルクのデメリット
液体ミルクはまだ日本で浸透していないため、液体ミルクの使用に不安を感じているパパママもいると思います。液体ミルクのメリットを知った上で、デメリットも理解しておきましょう。

液体ミルクのデメリット1:液体ミルクの味や常温で飲むことを嫌がる赤ちゃんもいる

デメリット1:液体ミルクの味や常温で飲むことを嫌がる赤ちゃんもいる
とても便利な液体ミルクですが、液体ミルクを飲み慣れない赤ちゃんはなかなか飲んでくれないことがあります。赤ちゃんがいつも飲んでいる母乳や粉ミルクの味と違ったり、温めていない常温の液体ミルクだと嫌がってしまう可能性があります

常温の液体ミルクを飲んでくれない時は、赤ちゃんの様子に合わせて液体ミルクを温めてあげましょう。外出時や災害時に液体ミルクを常温で飲ませたいと考えている場合は、赤ちゃんが常温で飲めるように少しずつ慣れさせてあげると良いですね。液体ミルクの味も、アイクレオとほほえみで赤ちゃんが飲みやすい方を選んであげましょう。

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がるときにまずチェックしてほしいこと
赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がるときにまずチェックしてほしいこと
ミルクを足したいのに赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がって飲んでくれない…まさに今こんなお悩みでお困りのママ! まずは次のポイントをチェックしてみてください。もしかしたらすぐに哺乳瓶で飲んでくれるようになるかもしれませんよ。
哺乳瓶ウォーマーのメリットや使い方の注意点! 選び方やおすすめ5選も紹介
哺乳瓶ウォーマーのメリットや使い方の注意点! 選び方やおすすめ5選も紹介
哺乳瓶ウォーマーは哺乳瓶にお湯を入れた状態で調乳に最適な温度のままストックしておくことができ、粉ミルク作りを楽にしてくれます。哺乳瓶ウォーマーは、液体ミルクや母乳の温め直しにも便利です。哺乳瓶ウォーマーの選び方やおすすめ、使い方の注意点も紹介します。

液体ミルクのデメリット2:開封後に飲み切れない液体ミルクは捨てなければいけない

デメリット2:開封後に飲み切れない液体ミルクは捨てなければいけない
液体ミルクは、開封したら飲み切れない分は捨てなければいけません。粉ミルクであれば、赤ちゃんが必要な量を細かく調整して作ることができるので、飲み残しも最小限に抑えられ、足りない分のミルクを少し作り足すこともできます。

液体ミルクは粉ミルクより割高なので、日中自宅で赤ちゃんにミルクをあげる時は粉ミルクを使い、夜間で素早くミルクをあげたい時や荷物を軽くしたい外出時には液体ミルクを使うなど、粉ミルクと液体ミルクを上手く分けても良いですね。

液体ミルクの「アイクレオ」と「ほほえみ」を比較

液体ミルクの「アイクレオ」と「ほほえみ」を比較
液体ミルクの「アイクレオ」と「ほほえみ」とさまざまな角度から比較し紹介します。

「アイクレオ」と「ほほえみ」を内容量で比較


・アイクレオ 内容量125ml(1パック)
・ほほえみ  内容量240ml(1缶)

同じ液体ミルクでも「アイクレオ」と「ほほえみ」は内容量が異なります。ミルクを飲む量は赤ちゃんによって個人差がありますが、生後1ヶ月頃までは120mlで足りることが多いのでアイクレオだとだいたい1パックを飲み切ることが出来ます。一般的に、赤ちゃんが1回でミルクを飲む量は、生後3ヶ月~4ヶ月頃だと200~220ml、生後5ヶ月を過ぎると240ml飲むこともあります。赤ちゃんがミルクを飲む量に合わせて、「アイクレオ」か「ほほえみ」のどちらの液体ミルクを選ぶか決めても良いですね。

「アイクレオ」と「ほほえみ」を価格で比較

・アイクレオ(125ml) 価格200円(税抜き) 
・ほほえみ(240ml) 価格215円(税抜き)

「アイクレオ」と「ほほえみ」を液体ミルク、粉ミルク、キューブタイプで比較した120ml当たりの値段(税抜き)をご紹介します

種類 アイクレオ ほほえみ
液体ミルク 200円/120ml 107円/120ml
粉ミルク 45円/120ml 48円/120ml
キューブタイプ 60円/120ml

※価格は参考価格(アイクレオの粉ミルクのみ参考価格)で計算。
※計算時、端数は切り捨てて記載。 

同じ液体ミルクでも「アイクレオ」より「ほほえみ」の方が約100円お得なことが分かります。また、粉ミルクやキューブタイプに比べると、液体ミルクは割高になるため、常時液体ミルクを使うと家計の負担も増えることになりますね。価格の面でも、液体ミルク、粉ミルク、キューブタイプと使い分けても良いでしょう。

「アイクレオ」と「ほほえみ」を保存期間で比較

保存期間
・アイクレオ 常温6ヶ月
・ほほえみ  常温1年(直射日光の当たる所、火のそば、夏場の車を避ける)

液体ミルクは6ヶ月から1年と長く保存することができます。粉ミルクも開封前であれば保存期間は長いですが、一度開封すると1ヶ月程度の賞味期限です。粉ミルクをいつ開けたか分からない…と管理が大変になることがある粉ミルクですが、液体ミルクは1回量なので管理がしやすいでしょう。

「アイクレオ」と「ほほえみ」を成分で比較

成分

・アイクレオ(液体ミルク)の成分
エネルギー 68kcal、たんぱく 質1.4g脂、質3.8g 炭水化物7.1g、食塩相当量 0.04g、ビタミンA 70μg、ビタミンB1 0.10mg、ビタミンB2 0.14mg、ビタミンB6 0.05mg、ビタミンB12 0.1~0.4μg、ビタミンC 39mg、ビタミンD 1.3μg、ビタミンE 2.6mg、ビタミンK 4μg、ナイアシン 0.8mg、
葉酸 26μg、パントテン酸 0.63mg、ビオチン 3μg、カルシウム 41mg、リン 32mg、鉄 0.4mg、
カリウム 92mg、マグネシウム 5mg、銅 0.04mg、亜鉛 0.4mg、セレン 1.6μg、β-カロテン 25μg、イノシトール 6mg、リノール酸 0.5g、α-リノレン酸 0.09g、塩素 39mg、コリン 10mg、リン脂質 34mg、タウリン 3.1mg、ガラクトオリゴ糖 0.05g、灰分 0.3g

・ほほえみ(液体ミルク)の成分
エネルギー 68kcal、たんぱく質 1.65g、脂質 3.5g、コレステロール 10mg、炭水化物 7.66g 食塩相当量 0.049g、ナイアシン 0.41mg、パントテン酸 0.58mg、ビオチン 1.6μg、ビタミンA 53μg、ビタミンB1 0.054mg、ビタミンB₂ 0.081mg、ビタミンB₆ 0.041mg、ビタミンB12 0.27μg、ビタミンC 7.7~28.6mg、ビタミンD 0.88μg ビタミンE 0.84mg、ビタミンK 3.4μg、葉酸 14μg、亜鉛 0.41mg、カリウム 66mg、カルシウム 51mg、セレン 1.4μg、鉄 0.81mg、銅 0.043mg、マグネシウム 5.4mg、リン 28mg

アイクレオはアイクレオ粉ミルクとほぼ同様の栄養成分です。ほほえみの液体ミルクはほほえみ粉キューブとほぼ同等の栄養成分です。各社のホームページに細かい栄養成分が記載されており多少の違いはあるものの、ほぼ同じ成分です。液体ミルクって大丈夫なの? と不安を持っているパパママも安心して使うことができますね。液体ミルクと粉ミルクの成分を細かく知りたい方は、各メーカーのHPをご覧ください。

外部リンク

江崎グリコ アイクレオ赤ちゃんミルク
明治ほほえみ らくらくミルク

厚生労働省:乳及び乳製品の成分規格等に関する省令

「アイクレオ」と「ほほえみ」を容器で比較

容器
メーカーによって、液体ミルクの容器にも違いがあります。アイクレオは6層構造の紙パック容器に入っており、液体ミルクのおいしさを長持ちさせてくれます。ほほえみは缶の容器に入っており、密封性と遮光性、耐久性に優れています。どちらも消毒した哺乳瓶やマグに移し替え使う点では同じです。

液体ミルクを哺乳瓶に移す方法

・アイクレオ(紙パック)

  1. 赤ちゃんミルクと消毒した哺乳瓶を用意
  2. ストローのストッパー部分が隠れるように挿込み、手前に少し戻して、穴をふさぐ
  3. ストローを曲げて、赤ちゃんミルクを哺乳瓶に注ぐ

・ほほえみ(缶)

  1. 缶に汚れや破損がないか確認し、缶のふちを清潔にする(缶のフチが汚れていたら赤ちゃん用の洗浄綿や濡れコットンで良く拭く)
  2. 缶を良く振ってフタを開ける
  3. 清潔な容器(哺乳瓶)に移し替える

哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?
哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?
哺乳瓶は免疫力が弱い赤ちゃんが口にするものなので、哺乳瓶は清潔に保ちたいですよね。赤ちゃんの哺乳瓶は消毒方法によって手順や消毒にかかる時間が異なります。煮沸消毒、電子レンジ、消毒液で消毒する方法や、消毒後の保管方法もご紹介します。
哺乳瓶の消毒はレンジがおすすめ。メリットとデメリット、便利グッズを紹介
哺乳瓶の消毒はレンジがおすすめ。メリットとデメリット、便利グッズを紹介
哺乳瓶の消毒は大事な作業ですが、確実に消毒ができなおかつ時短ができる方法があるとしたら、試してみたいと思うものですよね。そこで、哺乳瓶の消毒に電子レンジを使うメリットとデメリット、そして消毒のための便利グッズをご紹介したいと思います。

「アイクレオ」と「ほほえみ」の比較一覧表

アイクレオ ほほえみ
容器 紙パック
内容量 125ml 240ml
価格(税抜き) 200円 215円
保存期間 6ヶ月 1年
成分 アイクレオ粉ミルクとほぼ同じ ほほえみキューブとほぼ同じ

液体ミルクを温めたい時はどうすればいい?

温め方</h3>
<p><img src=
液体ミルクは常温で飲むことができますが、冬場や冷蔵庫で冷たくなった液体ミルクは哺乳瓶やマグカップのような清潔な耐熱容器に液体ミルクを入れてから温めます。暖かいお湯で湯せんをしますが、お湯がない状況であれば液体ミルクが入ったパックや缶をカイロや大人の服の中で温める方法もあります。赤ちゃんに温めた液体ミルクを飲ませる時は、大人の肌に垂らすなどをして、40℃以下で熱くないことを確認してからあげるようにしましょう。

液体ミルクを温める際に電子レンジによる加熱はあまり推奨されていません。電子レンジでの加熱が推奨されていない理由は、液体ミルクの一部だけが温まってしまうなど、全体が均一に温まらないためです。また、液体ミルクを直火で加熱したり、紙パックや缶のままミルクウォーマーや湯せんで温めることもやめましょう。

海外で販売されている哺乳瓶つきの液体ミルクは日本でも販売されることはある?

海外で販売されている哺乳瓶つきの液体ミルクは日本でも販売されることはある?
海外には哺乳瓶付きの液体ミルクが販売されているところもありますが、日本ではまだ販売はされていません。各社とも検討中とのことですが、液体ミルクが哺乳瓶に入った状態で販売されていれば、災害時に哺乳瓶を用意できない状態や哺乳瓶を消毒できない状況でも赤ちゃんに安心してミルクをあげることができます。容器の安全性や乳首が清潔に保てているかなど、パパママも安心して使える商品が販売されたら嬉しいですよね。

まとめ

まとめ
今年販売が開始されたばかりで分からないこと不安なことが多い液体ミルクですが世界的には日本より普及していますし、江崎グリコや明治といった粉ミルクでも信用のあるメーカーが液体ミルクを販売しているので、一度試してみてはいかがでしょう。いつ起こるか分からない災害に備えて、液体ミルクを準備しておくことで防災意識も高まりますね。