生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長目安


大変な新生児期を過ぎ、生後1ヶ月になった赤ちゃん。生後1ヶ月になるとどのような変化があるのか、詳しくご紹介します。

生後1ヶ月の赤ちゃんの平均身長と平均体重

男の子 女の子
身長 50.9~59.6cm 50.0~58.4cm
体重 3.5~5.9kg 3.3~5.5kg

赤ちゃんは産まれたばかりの時点で成長にはかなりの個人差があります。そのため、身長・体重ともに平均値にかなり幅がありますが、あまり気にし過ぎないようにしてください。

生後1ヶ月の赤ちゃんの授乳の回数と量

赤ちゃんによって授乳のペースや量は異なりますが、おっぱいは欲しがるだけあげてください。生後1ヶ月頃からは授乳間隔は2~4時間ごと、授乳回数は1日8~10回程度が目安となっています。粉ミルクは生後7日までは「生後日数×10ml+10ml」で計算して飲ませてあげてください。生後8日以降からは、使用する粉ミルクの缶に記載されている規定量が目安になります。

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの成長に欠かせない栄養を届ける授乳ですが、赤ちゃんがきちんと飲めているのか考え出すときりがありません。少しでも授乳に関する不安を解消すべく、月齢別の授乳間隔とよくあるトラブルと対処法をご紹介したいと思います。授乳を楽しむコツも紹介しているので見ていきましょう。
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
最近は母乳で育てたいというママも多いでしょうか。完全粉ミルク育児にもメリットはたくさんありますよ! 粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、アレルギーになりやすい? 肥満になりやすい? など、ママが不安に思う情報についても解説していきます。
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児は赤ちゃんとのスキンシップの時間が楽しい一方、昼夜問わずの授乳生活に正直疲れてしまうこともありますよね。中には1日20回の頻回授乳をしているママも。なぜ赤ちゃんの授乳間隔があかないのか、その理由をご紹介します。頻回授乳でよくあるトラブルの対処法も紹介いたします。
赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんがちゃんと成長しているのか、どの家庭のパパママも気になるでしょう。そんなときベビースケールがあれば、赤ちゃんの体重を日々測ることができます。ベビースケールを使ったママたちの体験談、おすすめのベビースケールやレンタルでの利用について紹介します。
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。

生後1ヶ月の赤ちゃんの睡眠の特徴

「授乳・寝る」の繰り返しだった赤ちゃんは、だんだん起きている時間が長くなっていきます。睡眠には個人差があるため、生後1ヶ月を過ぎたあたりから4~5時間寝るようになった赤ちゃんもいれば、1~2時間おきに泣いて起きてしまう赤ちゃんもいます

寝かしつけも、ベッドに寝かせておけば自然に寝てしまう場合もあれば、抱っこでゆらゆらしないと寝ないという赤ちゃんもいますよね。まだ上手に眠れない赤ちゃんが多い時期なので、パパママは大変ですが気長に付き合ってあげましょう。

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
なかなか寝てくれない赤ちゃんがいる一方、長い時間寝る子もいます。寝なくても寝すぎていても心配になりますよね。赤ちゃんにとって最適な睡眠時間はどのくらいなのでしょうか。寝る時間が遅い・長いといったママたちのお悩みと合わせて解説していきます。
子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
育児をしていてどのパパママも経験するのが、子供がなかなか寝てくれず、寝かしつけに苦労すること。どうして子供がなかなか寝ない日があるのでしょうか? その原因がわかれば寝かしつけがスムーズになるはず。寝かしつけのコツもご紹介します。

生後1ヶ月の赤ちゃんの排便の特徴

生後1ヶ月までの赤ちゃんはうんちやおしっこの回数が多く、1日に10回以上おむつ替えが必要なのでパパママにとっては手間がかかる時期です。この頃のうんちは母乳やミルクを飲んでいるためゆるい状態が続きますが、月齢や食べるものの変化に伴い徐々に固形に変わっていきます。色は黄色や緑色をしていることが多いですが、時々白いうんちが混ざっている場合もあります。これは母乳やミルクのカルシウムが固まったものなので心配はありません。

酸っぱいにおいや血が混ざったような赤い色をしている場合は病気の可能性があるため病院を受診してください。また、赤ちゃんのうんちはゆるいとはいえ、水っぽい時は下痢の可能性もあります。その場合も病院を受診しましょう。

紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
初めての育児では、赤ちゃんにどんなおむつを選べば良いのか悩んでしまいますよね。おむつメーカーによって、素材や価格、機能性などが異なります。おむつのサイズアップの時期、テープタイプからパンツタイプに切り替えるタイミング、おむつをはずす時期についてご紹介します。
赤ちゃんが便秘になったらどうする? 便秘の予防や解消方法
赤ちゃんが便秘になったらどうする? 便秘の予防や解消方法
赤ちゃんのうんちが2、3日出ていないと便秘かな? とパパママは心配になりますよね。赤ちゃんは便秘だと、機嫌が悪かったり、ご飯を食べてくれないなど症状も見られます。赤ちゃんが便秘になってしまっても、焦らずに対応できるように赤ちゃんの便秘解消法をご紹介します。
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。

生後1ヶ月の赤ちゃんの発達の特徴

見た目がふっくらしてきて、声を出すようになる

生後1ヶ月の赤ちゃんは出生時よりも見た目がふっくらとしてきます。動きも少しずつ活発になってきて、手足をバタバタさせたり、顔を左右に動かしたり、パパママの顔をじっと見たりすることもあります。生後1ヶ月頃から「あー」「うー」といった声を出すこともありますが、これはクーイングといって言葉の始まりと言われています。赤ちゃんが声を出していたらパパママは赤ちゃんの真似をして、積極的に声に応えてあげてくださいね。

赤ちゃんが喃語を話すのはいつからいつまで? クーイングとの違いや喃語が出ないときの関わり方を紹介
赤ちゃんが喃語を話すのはいつからいつまで? クーイングとの違いや喃語が出ないときの関わり方を紹介
生後5ヶ月ころの赤ちゃんが泣き声や言葉とは違うかわいい声を発し始めたら、それが「喃語」です。喃語とクーイングの違いについて、喃語が出ないときの赤ちゃんとの関わり方をお伝えします!

生後1ヶ月の赤ちゃんのお世話

お風呂は大人と一緒に入れるようになる

生後1ヶ月健診で医者からの許可がでれば、パパママと一緒にお風呂に入ることができます。お風呂に入れる前に赤ちゃん用のバスタオルを広げておく、おへそや耳ケア用の綿棒、保湿クリームなどもすぐに使えるように並べておくなど、予め準備しておくと安心です。パパかママが先にお風呂に入っている間は、赤ちゃんはハイローチェアやバウンサーに乗せて、浴室の外で待ってもらいましょう。その際は、お風呂のドアを赤ちゃんが見えるように開けておきましょう。

1人で赤ちゃんをお風呂入れられるのかが不安…お風呂に入れるときのコツを月齢別に紹介!
1人で赤ちゃんをお風呂入れられるのかが不安…お風呂に入れるときのコツを月齢別に紹介!
「赤ちゃんのお風呂の入れ方は、これで合っているのかな?」と悩んでいませんか? シャワーを使っていいのか、1人で入れるときはどうしたらいいのか…赤ちゃんのお風呂に関する悩みは意外ありますよね。いろいろなシーンを想定した赤ちゃんのお風呂の入れ方を紹介するので参考にしてください。
赤ちゃんのベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
赤ちゃんのベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
首が座っていない赤ちゃんを片手で支えながら、もう一方の手で石鹸をつけて体を洗ったり流してあげたりするのは大人用の大きなお風呂では難しいですね。そういう方におすすめなのが新生児の赤ちゃん用のベビーバスです。いろいろな種類のものをタイプ別にご紹介します。
赤ちゃんのお風呂に沐浴剤は必要? ベビーソープは使うの? 効果とおすすめ品も紹介
赤ちゃんのお風呂に沐浴剤は必要? ベビーソープは使うの? 効果とおすすめ品も紹介
新生児期の入浴は、ベビーバスを使った沐浴がメインです。そんなとき、あると便利なのが沐浴剤。体も頭も洗える上に入浴剤と違って上がり湯が不要、さらには保湿効果もあるため、ママにとって嬉しいアイテムです。必要性や効果など沐浴剤の基本から、ママたちの疑問まで解説します。

服装は手足が動かしやすいものを選ぶ

生後1ヶ月頃の赤ちゃんはどんどん動くようになってきます。そのためベビードレスなどだと裾がはだけてしまうため、コンビ肌着やカバーオールがおすすめです。いろいろなものに興味を示しだす時期なので、動きやすいような服装がおすすめです。

これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
赤ちゃんの服装は「大人より1枚薄着で」と言われるくらい大人と感覚が異なります。気温や季節によって変えようと言われても、結局どんな服装が良いのか難しいですよね。そこで、これさえ押さえておけば赤ちゃんの服装選びに困らないポイントを紹介します。
コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
赤ちゃんの出産準備で必要な肌着は、短肌着、長肌着、コンビ肌着と種類がありますが、違いがわからないパパママも多いのではないでしょうか。コンビ肌着の特徴や何枚用意する必要があるのか、また、選び方やおすすめをご紹介します。
赤ちゃんのカバーオールとは? ロンパースとの違いやおすすめ10選を紹介
赤ちゃんのカバーオールとは? ロンパースとの違いやおすすめ10選を紹介
体温調節ができない赤ちゃんには肌着やベビー服で調整してあげる必要がありますよね。カバーオールの形は、赤ちゃんを保温するのにぴったりで、基本のベビー服です。選び方やおしゃれなデザインや着ぐるみデザインのカバーオールなどのおすすめ商品などをご紹介します。

生後1ヶ月健診を受ける

生後1ヶ月健診では、健康状態のチェックや身体測定、おへその状態、原始反射などをチェックします。育児の悩みや気になることなどがあれば先生に聞いてみましょう。生後1ヶ月健診は赤ちゃんと初めての外出になることが多いので、おむつ替えセットや授乳セット、お着換え、母子手帳、診察券などを事前に準備しておきましょう。

赤ちゃん1ヶ月健診の目的は? どんな検査をするの? 持ち物や費用、保険証などママの疑問点を解説
赤ちゃん1ヶ月健診の目的は? どんな検査をするの? 持ち物や費用、保険証などママの疑問点を解説
新生児だった赤ちゃんも成長し遂に1ヶ月健診です。1ヶ月健診はどんな目的でおこなわれるのか、赤ちゃんとママの何をチェック、検査するのかご紹介します。また、1ヶ月健診で気にある費用や持ち物、保険証が間に合わない場合などの疑問点も解消していきます。
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの?  外出時の持ち物と注意点は?
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。

親子でスキンシップをとる

生後1ヶ月頃から肌で感触や温度を感じることができるため、積極的にスキンシップをとりましょう。赤ちゃんを優しくツンツンと触ってあげたり、おなかに息を吹きかけてブブブーと音をならす遊びもおすすめです。生後1ヶ月の赤ちゃんは目で物を追う様子も見られるので、ガラガラやメリーを使っていろんな物を視界に入れてあげると喜びますよ。

生後1ヶ月の赤ちゃんの育児の悩みと対応方法


生後1ヶ月の小さな赤ちゃんには育児の悩みが尽きません。どのように対応すれば良いのか、以下よりご紹介しましょう。

湿疹などの肌トラブル

生後1ヶ月頃から、顔や頭に水ぶくれからかさぶたになるような肌荒れが特徴の「乳児湿疹」や、頭皮の皮がむけてフケのようなものがでてくる「乳児脂漏性湿疹」の症状が出てくる場合があります。どちらも石鹸で洗って清潔にすれば自然と改善することが多いですが、良くならない場合は小児科を受診してください。また、夏の暑い季節は赤ちゃんの「あせも」にも注意が必要です。こまめに汗を拭く、汗をかいたら着替えるなどのあせも対策をしましょう。

赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌は弱く、ちょっとしたことでもすぐ荒れてしまいます。カサカサしていたり、ザラザラしていたり…原因によって症状もさまざまです。この記事では、赤ちゃんの肌荒れの原因とそれぞれのケア方法をご紹介します。クリームやローション、オイルの違いも解説します。
新生児ニキビはいつ治る? 正しいケア方法を詳しく解説
新生児ニキビはいつ治る? 正しいケア方法を詳しく解説
生まれたばかりの赤ちゃんの肌にいつのまにかポツポツが。これは「新生児ニキビ」と呼ばれる新生児特有の湿疹です。成長とともに治っていきますが、赤ちゃんのデリケートな肌を守るためには適切なケアが重要になります。洗い方や保湿方法を詳しく紹介します。

37.5度以上の発熱

赤ちゃんの平熱は高いため、37.5度以上で発熱と判断します。生後1ヶ月の赤ちゃんが38度以上の熱を出す、食欲がなく苦しそうにしている場合は、早めに病院に連れて行きましょう。

赤ちゃんの体温が高いけど大丈夫? 平熱と発熱の目安
赤ちゃんの体温が高いけど大丈夫? 平熱と発熱の目安
赤ちゃんの体温は大人よりも高く、一見「熱かな?」と思える体温でも実はそれが「平熱」だったということは少なくありません。赤ちゃんの場合「熱=病気」とは言えません。赤ちゃんの体温についてご紹介します!

「ひきつけ」「鼻づまり」「めやに」などの症状

赤ちゃんが白目をむいて手足がけいれんしていたら、ひきつけです。数分で自然とおさまることが多いですが、生後1ヶ月の赤ちゃんがひきつけをおこした場合には病院に連れていきましょう。また赤ちゃんは鼻の粘膜が弱く感染しやすいので、しょっちゅう鼻水が出たり、鼻詰まりを起こしたりします。

鼻が詰まって息苦しそうな場合や、黄色っぽい鼻水が出る場合には受診しましょう。まだ鼻水をかむことができないので、吸引器などで鼻水を吸ってあげると赤ちゃんも楽になります。また、めやにが出ることもあります。特に心配はありませんが、白目が充血している場合は病院に連れていきましょう。

赤ちゃんの鼻づまりに必要! 鼻水吸引器の選び方や注意点、おすすめ10選を紹介
赤ちゃんの鼻づまりに必要! 鼻水吸引器の選び方や注意点、おすすめ10選を紹介
赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、パパママが赤ちゃんの鼻水をとってあげなければいけません。そんな時におすすめなのが、鼻吸い器(鼻水吸引器)です。いろいろな種類があるので、用途に合わせて選んでくださいね。
新生児はくしゃみが多い? 原因・対処法・受診の目安とは
新生児はくしゃみが多い? 原因・対処法・受診の目安とは
生まれたばかりの赤ちゃんがくしゃみをしていると、「風邪を引いたかな?」と心配になりますよね。新生児は体が未発達でくしゃみをしやすく、様子を見ておけば問題ないケースも多いですが、中には受診が必要なこともあるので注意が必要です。

まとめ


日常生活でもいろいろな変化が起きる生後1ヶ月の赤ちゃん。初めてのことだらけで大変かと思いますが、過ぎてしまえばあっという間です。たくさんスキンシップをとって、この時期だけの赤ちゃんとの生活をたっぷりと楽しんでくださいね。

赤ちゃんの「クーイング」はいつから? パパママはどう反応したらいい?
赤ちゃんの「クーイング」はいつから? パパママはどう反応したらいい?
生後1~3ヶ月ごろの赤ちゃんが、「あー」や「うー」など泣き声でない不思議な声を発しているとき、ありませんか?この声は鳩の鳴き声「クー」に似ていることから「クーイング」と呼ばれています。クーイングの特性を理解して赤ちゃんとのコミュニケーションをもっと楽しみませんか?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。
赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説
赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説
赤ちゃんが生まれて生後3ヶ月から4ヶ月になったころに自治体で赤ちゃんの健診を受けることになっています。生後1ヶ月の時にまず健診がありますね。その後約2~3ヶ月経ってから今度は自治体が主催する健診があるのです。では具体的に何をするのか、親子が健診を受けやすい服装などについても解説します。
1歳半の壁と対処法まとめ! ご飯や夜泣き、言葉のことなど
1歳半の壁と対処法まとめ! ご飯や夜泣き、言葉のことなど
子供が1歳半になると、言葉も段々増え、意思疎通ができることも多くなってきます。いろいろなことができるようになる反面、まだまだ夜泣きが多かったりご飯を食べなかったりとママが困ってしまうことも多いもの。1歳半でぶつかる育児の壁の対処法をご紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!