生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長目安


大変な新生児期を過ぎ、生後1ヶ月になった赤ちゃん。生後1ヶ月になるとどのような変化があるのか、詳しくご紹介します。

平均身長と平均体重

男の子 女の子
身長 50.9~59.6cm 50.0~58.4cm
体重 3.5~5.9kg 3.3~5.5kg

赤ちゃんは産まれたばかりの時点で成長にはかなりの個人差があります。そのため、身長・体重ともに平均値にかなり幅がありますが、あまり気にし過ぎないようにしてください。

授乳の回数と量

赤ちゃんによって授乳のペースや量は異なりますが、おっぱいは欲しがるだけあげてください。生後1ヶ月頃からは授乳間隔は2~4時間ごと、授乳回数は1日8~10回程度が目安となっています。粉ミルクは生後7日までは「生後日数×10ml+10ml」で計算して飲ませてあげてください。生後8日以降からは、使用する粉ミルクの缶に記載されている規定量が目安になります。

関連記事

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?

睡眠の特徴

「授乳・寝る」の繰り返しだった赤ちゃんは、だんだん起きている時間が長くなっていきます。睡眠には個人差があるため、生後1ヶ月を過ぎたあたりから4~5時間寝るようになった赤ちゃんもいれば、1~2時間おきに泣いて起きてしまう赤ちゃんもいます

寝かしつけも、ベッドに寝かせておけば自然に寝てしまう場合もあれば、抱っこでゆらゆらしないと寝ないという赤ちゃんもいますよね。まだ上手に眠れない赤ちゃんが多い時期なので、パパママは大変ですが気長に付き合ってあげましょう。

関連記事

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?

排便の特徴

生後1ヶ月までの赤ちゃんはうんちやおしっこの回数が多く、1日に10回以上おむつ替えが必要なのでパパママにとっては手間がかかる時期です。この頃のうんちは母乳やミルクを飲んでいるためゆるい状態が続きますが、月齢や食べるものの変化に伴い徐々に固形に変わっていきます。色は黄色や緑色をしていることが多いですが、時々白いうんちが混ざっている場合もあります。これは母乳やミルクのカルシウムが固まったものなので心配はありません。

酸っぱいにおいや血が混ざったような赤い色をしている場合は病気の可能性があるため病院を受診してください。また、赤ちゃんのうんちはゆるいとはいえ、水っぽい時は下痢の可能性もあります。その場合も病院を受診しましょう。

関連記事

紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
赤ちゃんが便秘になったらどうする? 便秘の予防や解消方法

生後1ヶ月の赤ちゃんの発達の特徴

見た目がふっくらしてきて、声を出すようになる

生後1ヶ月の赤ちゃんは出生時よりも見た目がふっくらとしてきます。動きも少しずつ活発になってきて、手足をバタバタさせたり、顔を左右に動かしたり、パパママの顔をじっと見たりすることもあります。生後1ヶ月頃から「あー」「うー」といった声を出すこともありますが、これはクーイングといって言葉の始まりと言われています。赤ちゃんが声を出していたらパパママは赤ちゃんの真似をして、積極的に声に応えてあげてくださいね。

生後1ヶ月の赤ちゃんのお世話

お風呂は大人と一緒に入れるようになる

生後1ヶ月健診で医者からの許可がでれば、パパママと一緒にお風呂に入ることができます。お風呂に入れる前に赤ちゃん用のバスタオルを広げておく、おへそや耳ケア用の綿棒、保湿クリームなどもすぐに使えるように並べておくなど、予め準備しておくと安心です。パパかママが先にお風呂に入っている間は、赤ちゃんはハイローチェアやバウンサーに乗せて、浴室の外で待ってもらいましょう。その際は、お風呂のドアを赤ちゃんが見えるように開けておきましょう。

関連記事

1人で赤ちゃんをお風呂入れられるのかが不安…お風呂に入れるときのコツを月齢別に紹介!
ベビーバスはいつまで使うの? 選び方やおすすめはどれ? タイプ別にメリット・デメリットを紹介
赤ちゃんに沐浴剤は必要? ベビーソープは使うの? 効果とおすすめ品も紹介

服装は手足が動かしやすいものを選ぶ

生後1ヶ月頃の赤ちゃんはどんどん動くようになってきます。そのためベビードレスなどだと裾がはだけてしまうため、コンビ肌着やカバーオールがおすすめです。いろいろなものに興味を示しだす時期なので、動きやすいような服装がおすすめです。

関連記事

これでもう迷わない! 月齢別赤ちゃんの服装の選び方
コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介

生後1ヶ月健診を受ける

生後1ヶ月健診では、健康状態のチェックや身体測定、おへその状態、原始反射などをチェックします。育児の悩みや気になることなどがあれば先生に聞いてみましょう。生後1ヶ月健診は赤ちゃんと初めての外出になることが多いので、おむつ替えセットや授乳セット、お着換え、母子手帳、診察券などを事前に準備しておきましょう。

関連記事

おむつ替えシートの選び方! 防水加工や使い捨てなどおすすめ10選を紹介

親子でスキンシップをとる

生後1ヶ月頃から肌で感触や温度を感じることができるため、積極的にスキンシップをとりましょう。赤ちゃんを優しくツンツンと触ってあげたり、おなかに息を吹きかけてブブブーと音をならす遊びもおすすめです。生後1ヶ月の赤ちゃんは目で物を追う様子も見られるので、ガラガラやメリーを使っていろんな物を視界に入れてあげると喜びますよ。

関連記事

新生児の赤ちゃんはいつから外出できるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の検査項目は? 質問内容や要観察になる基準とは?

生後1ヶ月の赤ちゃんの育児の悩みと対応方法


生後1ヶ月の小さな赤ちゃんには育児の悩みが尽きません。どのように対応すれば良いのか、以下よりご紹介しましょう。

湿疹などの肌トラブル

生後1ヶ月頃から、顔や頭に水ぶくれからかさぶたになるような肌荒れが特徴の「乳児湿疹」や、頭皮の皮がむけてフケのようなものがでてくる「乳児脂漏性湿疹」の症状が出てくる場合があります。どちらも石鹸で洗って清潔にすれば自然と改善することが多いですが、良くならない場合は小児科を受診してください。また、夏の暑い季節は赤ちゃんの「あせも」にも注意が必要です。こまめに汗を拭く、汗をかいたら着替えるなどのあせも対策をしましょう。

関連記事

赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安

37.5度以上の発熱

赤ちゃんの平熱は高いため、37.5度以上で発熱と判断します。生後1ヶ月の赤ちゃんが38度以上の熱を出す、食欲がなく苦しそうにしている場合は、早めに病院に連れて行きましょう。

関連記事

赤ちゃんの体温が高いけど大丈夫? 平熱と発熱の目安

「ひきつけ」「鼻づまり」「めやに」などの症状

赤ちゃんが白目をむいて手足がけいれんしていたら、ひきつけです。数分で自然とおさまることが多いですが、生後1ヶ月の赤ちゃんがひきつけをおこした場合には病院に連れていきましょう。また赤ちゃんは鼻の粘膜が弱く感染しやすいので、しょっちゅう鼻水が出たり、鼻詰まりを起こしたりします。

鼻が詰まって息苦しそうな場合や、黄色っぽい鼻水が出る場合には受診しましょう。まだ鼻水をかむことができないので、吸引器などで鼻水を吸ってあげると赤ちゃんも楽になります。また、めやにが出ることもあります。特に心配はありませんが、白目が充血している場合は病院に連れていきましょう。

まとめ


日常生活でもいろいろな変化が起きる生後1ヶ月の赤ちゃん。初めてのことだらけで大変かと思いますが、過ぎてしまえばあっという間です。たくさんスキンシップをとって、この時期だけの赤ちゃんとの生活をたっぷりと楽しんでくださいね。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?