赤ちゃんのうつぶせ寝はダメって本当? うつぶせ寝をしていたら仰向けに戻したほうがいいの?

赤ちゃんのうつぶせ寝はダメって本当? その理由は?


うつぶせ寝は1980年代はじめに注目を浴び、大ブームとなったことがありました。うつぶせ寝がブームになった理由は「赤ちゃんはうつぶせ寝の方がよく眠る」、「うつぶせ寝にした方が頭の形がきれいになる」という話が広まったから。そのため、おじいちゃんやおばあちゃんや年配の方からうつぶせ寝を勧められるパパママもいるかもしれません。しかし、昨今ではうつぶせ寝についての研究が進み、うつぶせ寝のさまざまなリスクが分かってきました。

赤ちゃんのねんねトレーニングはいつから? おすすめ本や体験談を紹介
赤ちゃんのねんねトレーニングはいつから? おすすめ本や体験談を紹介
赤ちゃんの睡眠リズムを整えるための「ねんねトレーニング」(略してネントレ)。「ねんねトレーニング」は、いつから始めるのがいいのでしょうか。また、ねんねトレーニングは赤ちゃんの成長に影響はないのか、気になることを調べてみました。
赤ちゃんのうつ伏せは危険? いつできる? 練習は必要? やり方や注意点も紹介
赤ちゃんのうつ伏せは危険? いつできる? 練習は必要? やり方や注意点も紹介
赤ちゃんがうつ伏せ姿勢でいるとどのような危険があるのでしょうか? 赤ちゃんの成長とともに、安全な環境づくりも大切ですよね。また、うつ伏せ練習は必要なのか、うつ伏せ練習のやり方や注意点も紹介します。

うつぶせ寝がダメな理由1:乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクがある

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、何の前触れもなく睡眠中に赤ちゃんが死亡してしまう病気のこと。生後2ヶ月~6ヶ月に多く発症し、まれに1歳以上の赤ちゃんでも発症します。2017年には77名の赤ちゃんが乳幼児突然死症候群(SIDS)で亡くなり、乳児期の死亡原因で第4位になっています。乳幼児突然死症候群(SIDS)は完全な予防方法は確立されていない原因不明の病ですが、あおむけ寝よりうつぶせ寝のときの方が発症率が高まることから、うつぶせ寝との関連性が指摘されるようになりました。

うつぶせ寝がダメな理由2:窒息事故のリスクがある

2010年~2014年の過去5年間で、乳児の就寝時における窒息死の件数は160件にものぼります。乳児の窒息事故の原因はさまざまですが、最も多い原因が赤ちゃんの顔がマットレスなどに埋まったことによるもので、全体のうち33件を占めています。寝返りが上手にできない月齢の赤ちゃんは、顔が敷き布団や枕などに埋もれて呼吸困難になっても、自分ではどうすることもできないのです

赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
生まれたばかりの赤ちゃんはまだ自分の力や判断で動くことができなかったり、赤ちゃんが成長してハイハイや一人歩きができるようになっても、好奇心旺盛な赤ちゃんの周りでは危険なことがたくさんあります。パパママは、赤ちゃんに起きやすい事故を理解し、正しい安全対策を行いましょう。

赤ちゃんの命を守るにはどうすればいい?

赤ちゃんの命を守るにはどうすればいい?
では、赤ちゃんのSIDS(乳幼児突然死症候群)や窒息事故を防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか? SIDS(乳幼児突然死症候群)は、うつぶせ寝が直接の原因ではありませんが、ポイントを押さえることで、発症率を下げることが可能です。

子供が1歳になるまではうつぶせ寝をさせない

SIDS(乳幼児突然死症候群)は、うつぶせ寝とあおむけ寝のどちらでも発症します。しかし、うつぶせ寝の方がその発症率が高いという研究結果が出ています。医学上の理由でうつぶせ寝を医師から勧められている以外は、1歳未満の赤ちゃんはあおむけで寝かせてください。また、うつぶせ寝以外にも、「できるだけ母乳で育てる」「たばこをやめる」などが有効とされています。未熟児や早産児は乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが高くなるといわれているので、特に注意が必要です。

厚生労働省発表 平成19年度乳幼児突然死症候群(SIDS)の対策について

赤ちゃんのうちは枕を使わない

赤ちゃんのうちは枕を使わない
寝返りをした際に顔を埋めてしまう可能性があるので、枕の使用は避けましょう。赤ちゃんの寝返り防止用の枕やクッションが販売されていますが、窒息事故の原因になることも。消費者庁は寝返り防止クッションの使用には十分注意を払うようにと勧告を出しています。また、寝返り防止クッションの販売自体を禁止している国もあります。

赤ちゃんの絶壁や吐き戻し防止に使える枕はある? タオル枕は危ないの?
赤ちゃんの絶壁や吐き戻し防止に使える枕はある? タオル枕は危ないの?
赤ちゃんの頭の形をきれいに丸くしたい、授乳後の吐き戻しが心配…というパパママは赤ちゃん用の枕を使うという方法があります。赤ちゃん用の枕の選び方や赤ちゃんに枕を使用する時の注意点も合わせて知っておきましょう。

赤ちゃんの敷き布団は固めにする

赤ちゃんの敷き布団は固め、掛け布団は柔らかめにする
ベッドや敷き布団は固めのものを使用しましょう。弾力性のある敷き布団やマットレスも赤ちゃんが顔を埋めてしまう可能性があります。掛け布団はなるべく使用せず、室温を調整するかスリーパーを使用するようにしましょう。

スリーパー(着る毛布)の赤ちゃんへのメリットは? 季節や年齢に合った選び方やおすすめを紹介!
スリーパー(着る毛布)の赤ちゃんへのメリットは? 季節や年齢に合った選び方やおすすめを紹介!
スリーパーや着る毛布は、かけ布団を衣服のように身につけるので、寝ている間にはだける心配がありません。寝相が悪い子供やかけ布団の重さを嫌がる赤ちゃんにはぴったりのアイテムです。季節や年齢に合ったスリーパー(着る毛布)の選び方やおすすめをご紹介します。

赤ちゃんの近くにクッションやぬいぐるみを置かない

赤ちゃんの近くにクッションやぬいぐるみを置かない
クッションやぬいぐるみも、赤ちゃんが顔を埋めてしまう可能性があるので注意しましょう。また、首に絡まるのを防ぐために、寝かしつけの際はフードや紐の付いた服は避け、スタイ(よだれかけ)もはずしましょう。

赤ちゃんのぬいぐるみを選ぶ時のポイント! プレゼントにもおすすめなぬいぐるみ10選
赤ちゃんのぬいぐるみを選ぶ時のポイント! プレゼントにもおすすめなぬいぐるみ10選
ぬいぐるみは、柔らかくて丸みのあるフォルムなので、赤ちゃんのおもちゃにぴったりです。ぬいぐるみの種類はたくさんあるので、どんなぬいぐるみを買うか迷ってしまいますよね。ぬいぐるみの種類や選ぶ時のポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

睡眠時に厚着をさせない

睡眠中の赤ちゃんが息苦しさを感じたときにうまく寝返りができるように、厚着をさせたまま寝かせるのはやめましょう。重ね着をさせがちな冬場は特に気を付け、必ず防寒着を脱がしてから寝かせるようにしてください。窒息事故のリスクを回避できる以外にも、汗による寝冷えや脱水症状を予防することができます。

これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
赤ちゃんの服装は「大人より1枚薄着で」と言われるくらい大人と感覚が異なります。気温や季節によって変えようと言われても、結局どんな服装が良いのか難しいですよね。そこで、これさえ押さえておけば赤ちゃんの服装選びに困らないポイントを紹介します。
赤ちゃんに靴下は必要? いつから履かせたらいいの?
赤ちゃんに靴下は必要? いつから履かせたらいいの?
祖父母から赤ちゃんに靴下を履かせるように言われるパパママも多いでしょう。一方で、出産した病院などでは「赤ちゃんに靴下は不要」と言われることも多いです。そもそも赤ちゃんに靴下は必要? 履かせるならいつから? など赤ちゃんの靴下について、パパママが気になる疑問を解説します。

次のページではうつぶせ寝のメリットやいつまでうつぶせ寝がNGか解説します

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!