赤ちゃんのうつぶせ寝はダメって本当? 睡眠時のリスクから赤ちゃんを守る方法とは?

赤ちゃんのうつぶせ寝はダメって本当? その理由は?


うつぶせ寝は1980年代はじめに注目を浴び、大ブームとなったことがありました。うつぶせ寝がブームになった理由は「赤ちゃんはうつぶせ寝の方がよく眠る」、「うつぶせ寝にした方が頭の形がきれいになる」という話が広まったから。そのため、おじいちゃんやおばあちゃんや年配の方からうつぶせ寝を勧められるパパママもいるかもしれません。しかし、昨今ではうつぶせ寝についての研究が進み、うつぶせ寝のさまざまなリスクが分かってきました。

うつぶせ寝がダメな理由1:乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクがある

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは、何の前触れもなく睡眠中に赤ちゃんが死亡してしまう病気のこと。生後2ヶ月~6ヶ月に多く発症し、まれに1歳以上の赤ちゃんでも発症します。2017年には77名の赤ちゃんが乳幼児突然死症候群(SIDS)で亡くなり、乳児期の死亡原因で第4位になっています。乳幼児突然死症候群(SIDS)は完全な予防方法は確立されていない原因不明の病ですが、あおむけ寝よりうつぶせ寝のときの方が発症率が高まることから、うつぶせ寝との関連性が指摘されるようになりました。

うつぶせ寝がダメな理由2:窒息事故のリスクがある

2010年~2014年の過去5年間で、乳児の就寝時における窒息死の件数は160件にものぼります。乳児の窒息事故の原因はさまざまですが、最も多い原因が赤ちゃんの顔がマットレスなどに埋まったことによるもので、全体のうち33件を占めています。寝返りが上手にできない月齢の赤ちゃんは、顔が敷き布団や枕などに埋もれて呼吸困難になっても、自分ではどうすることもできないのです

赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
生まれたばかりの赤ちゃんはまだ自分の力や判断で動くことができなかったり、赤ちゃんが成長してハイハイや一人歩きができるようになっても、好奇心旺盛な赤ちゃんの周りでは危険なことがたくさんあります。パパママは、赤ちゃんに起きやすい事故を理解し、正しい安全対策を行いましょう。

赤ちゃんの命を守るにはどうすればいい?

赤ちゃんの命を守るにはどうすればいい?
では、赤ちゃんのSIDS(乳幼児突然死症候群)や窒息事故を防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか? SIDS(乳幼児突然死症候群)は、うつぶせ寝が直接の原因ではありませんが、ポイントを押さえることで、発症率を下げることが可能です。一緒に正しいうつぶせ寝について見ていきましょう。

子供が1歳になるまではうつぶせ寝をさせない

SIDS(乳幼児突然死症候群)は、うつぶせ寝とあおむけ寝のどちらでも発症します。しかし、うつぶせ寝の方がその発症率が高いという研究結果が出ています。医学上の理由でうつぶせ寝を医師から勧められている以外は、1歳未満の赤ちゃんはあおむけで寝かせてください。また、うつぶせ寝以外にも、「できるだけ母乳で育てる」「たばこをやめる」などが有効とされています。未熟児や早産児は乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが高くなるといわれているので、特に注意が必要です。

関連リンク

厚生労働省発表 平成19年度乳幼児突然死症候群(SIDS)の対策について

赤ちゃんのうちは枕を使わない

赤ちゃんのうちは枕を使わない
寝返りをした際に顔を埋めてしまう可能性があるので、枕の使用は避けましょう。赤ちゃんの寝返り防止用の枕やクッションが販売されていますが、窒息事故の原因になることも。消費者庁は寝返り防止クッションの使用には十分注意を払うようにと勧告を出しています。また、寝返り防止クッションの販売自体を禁止している国もあります。

新生児の赤ちゃんに枕は必要? 絶壁や吐き戻し防止におすすめの枕、タオル枕の作り方などを紹介
新生児の赤ちゃんに枕は必要? 絶壁や吐き戻し防止におすすめの枕、タオル枕の作り方などを紹介
赤ちゃんの頭の形をきれいに丸くしたい、授乳後の吐き戻しが心配…というパパママは赤ちゃん用の枕を使うという方法があります。赤ちゃん用の枕の選び方や赤ちゃんに枕を使用する時の注意点も合わせて知っておきましょう。

赤ちゃんの敷き布団は固め、掛け布団は柔らかめにする

赤ちゃんの敷き布団は固め、掛け布団は柔らかめにする
ベッドや敷き布団は固めのものを使用しましょう。弾力性のある敷き布団やマットレスも赤ちゃんが顔を埋めてしまう可能性があります。また、掛け布団は赤ちゃんの顔に覆いかぶさっても、自分で払いのけることができるような軽く柔らかいものにしましょう。

赤ちゃんの近くにクッションやぬいぐるみを置かない

赤ちゃんの近くにクッションやぬいぐるみを置かない
クッションやぬいぐるみも、赤ちゃんが顔を埋めてしまう可能性があるので注意しましょう。また、首に絡まるのを防ぐために、寝かしつけの際はフードや紐の付いた服は避け、スタイ(よだれかけ)もはずしましょう。

赤ちゃんのぬいぐるみを選ぶ時のポイント! プレゼントにもおすすめなぬいぐるみ10選
赤ちゃんのぬいぐるみを選ぶ時のポイント! プレゼントにもおすすめなぬいぐるみ10選
ぬいぐるみは、柔らかくて丸みのあるフォルムなので、赤ちゃんのおもちゃにぴったりです。ぬいぐるみの種類はたくさんあるので、どんなぬいぐるみを買うか迷ってしまいますよね。ぬいぐるみの種類や選ぶ時のポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

睡眠時に厚着をさせない

睡眠中の赤ちゃんが息苦しさを感じたときにうまく寝返りができるように、厚着をさせたまま寝かせるのはやめましょう。重ね着をさせがちな冬場は特に気を付け、必ず防寒着を脱がしてから寝かせるようにしてください。窒息事故のリスクを回避できる以外にも、汗による寝冷えや脱水症状を予防することができます。

これでもう迷わない! 月齢別赤ちゃんの服装の選び方
これでもう迷わない! 月齢別赤ちゃんの服装の選び方
赤ちゃんの服装は「大人より1枚薄着で」と言われるくらい大人と感覚が異なります。気温や季節によって変えようと言われても、結局どんな服装が良いのか難しいですよね。そこで、これさえ押さえておけば赤ちゃんの服装選びに困らないポイントを紹介します。

うつぶせ寝は危険だらけ? うつぶせ寝に利点はないの?

うつぶせ寝は危険だらけ? うつぶせ寝に利点はないの?
うつぶせ寝のリスクばかりを述べてきましたが、メリットもいくつかあります。ひとつは熟睡しやすくなること。赤ちゃんのうつぶせ寝の体勢は、ママのお腹の中にいたときの体勢に似ているため、安心感が得られるのです。安心して深く眠れることによって、呼吸がしやすく血液の循環がよくなる効果もあります。

また、うつぶせ寝で寝るといびきや夜泣きが減るともいわれています。寝返りをしてうつぶせ寝になった赤ちゃんをあおむけ寝に戻すと、ぐずって起きてしまうことがありますが、これはその赤ちゃんにとってうつぶせ寝が心地よい体勢だから。さらに、同じ月齢に比べて小柄な赤ちゃんや呼吸器に問題のある赤ちゃんは、うつぶせで寝ることで呼吸や心拍の状態が落ち着きます。

その他にも胃の入り口が上向きになることで胃の中の物が逆流せず吐きにくくなったり、お腹に自分の体重がかかることで胃が圧迫され、ゲップが出やすくなったりするメリットもあります。

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 先輩ママへのアンケート結果も紹介
赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 先輩ママへのアンケート結果も紹介
覚悟していたとはいえ、赤ちゃんの夜泣きが始まると体力的にもつらいものがありますよね。「いつからいつまで続くのだろう...」不安に思うママも多いのではないでしょうか? 本記事では赤ちゃんの夜泣きの原因や対処法を解説。先輩ママたちの乗り越え方も紹介します!
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。
赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法
赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法
赤ちゃんがおっぱいやミルクを飲んだ後はげっぷを出してあげましょう、と産院で教わりますが、いつまで赤ちゃんのげっぷを出してあげる必要があるのでしょうか? げっぷが出ない時はどうすればいいのでしょうか? 赤ちゃんのげっぷの必要性やげっぷの出し方をご紹介します。

子供が生後何ヶ月、何歳になったらうつぶせ寝をさせていいの?


さまざまなメリットもあるうつぶせ寝ですが、子供が何歳になったら、うつぶせ寝をさせても大丈夫なのでしょうか。1つの目安としてあおむけ寝からうつぶせ寝、うつぶせ寝からあおむけ寝と両方の寝返りを赤ちゃん自身ができるようになったときと考えてください。

うつぶせ寝は子供が1歳になる頃までは避けたい

個人差がありますが、赤ちゃんが寝返りできるようになるのはだいたい生後7ヶ月から。乳幼児突然死症候群(SIDS)防止の観点からいえば、1歳になるまではうつぶせ寝を避けた方がよいでしょう。厚生労働省も赤ちゃんが1歳になるまでは、あおむけ寝を推奨しています。ですがこれはあくまで自由に寝返りができない赤ちゃんの場合。赤ちゃんは寝返りができるようになると、自分が好きな態勢で眠るようになります。

いつもあおむけ寝の赤ちゃんや、うつぶせ寝ばかりの赤ちゃん、そのどちらも好きな赤ちゃんと、それぞれ好む寝方があります。あおむけ寝からうつぶせ寝に自然となった赤ちゃんの体勢を無理に直す必要はありません。風邪気味だったり、保育園に行きはじめたりしたときなど、いつもと環境が異なる際は気をつけた方がよいですが、その他はうつぶせ寝の注意点を守れば大丈夫です。

赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?
赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?
赤ちゃんの寝返りは成長の証。うちの子はいつ寝返りをするのかな…? とパパママも気になりますよね。寝返りをする赤ちゃんの月齢目安や、寝返りの練習方法、寝返りの注意点などをご紹介します。
赤ちゃんが寝返り返りができるのはいつ? 練習は必要? うつ伏せの注意点も紹介
赤ちゃんが寝返り返りができるのはいつ? 練習は必要? うつ伏せの注意点も紹介
寝返りをすると赤ちゃんはうつ伏せにの状態になり、寝返り返りをするとまた仰向けの状態に戻ります。寝返り返りができないと、赤ちゃんがずっとうつ伏せの状態でいることになり危険な場合もあります。寝返り返りの練習は必要なのか、赤ちゃんがうつ伏せになった時の注意点をご紹介します。

まとめ:うつぶせ寝の基本を守ることが大切!

1日の多くを眠って過ごす赤ちゃん。生後1ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は1日15時間〜20時間ほど。生後6ヶ月〜1歳くらいの赤ちゃんでも、11時間〜13時間眠っています。気持ちよさそうに眠る赤ちゃんの姿に癒されるパパやママも多いことでしょう。その一方で、赤ちゃんの悲しい事故の多くが就寝中に起きているのも事実。とはいえ、あまり神経質になりすぎてはパパやママがしっかり睡眠を取れずに疲弊してしまいます。

親が疲れていると、添い寝時に赤ちゃんに覆いかぶさってしまうこともあるので、可能なときは一緒にお昼寝をするなどして、極力疲労を溜め込まないことが大切です。そして、赤ちゃんが自由に寝返りをできるようになるまでは、うつぶせ寝をさせない。うつぶせ寝ができるようになったら、寝具や衣類、ベッド周辺に物を置かないなど、基本的な対策を事前に講じておくようにしましょう。

赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
生まれたばかりの赤ちゃんはまだ自分の力や判断で動くことができなかったり、赤ちゃんが成長してハイハイや一人歩きができるようになっても、好奇心旺盛な赤ちゃんの周りでは危険なことがたくさんあります。パパママは、赤ちゃんに起きやすい事故を理解し、正しい安全対策を行いましょう。
赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
なかなか寝てくれない赤ちゃんがいる一方、長い時間寝る子もいます。寝なくても寝すぎていても心配になりますよね。赤ちゃんにとって最適な睡眠時間はどのくらいなのでしょうか。寝る時間が遅い・長いといったママたちのお悩みと合わせて解説していきます。
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、産まれたばかりの赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょう。平均的な成長をしているのかが気になるパパママもいるでしょう。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長やお世話の特徴、発熱や肌トラブルへの対応方法などもご紹介します。
赤ちゃんと同じ布団で添い寝しても大丈夫? 安全な添い寝のポイント
赤ちゃんと同じ布団で添い寝しても大丈夫? 安全な添い寝のポイント
赤ちゃんとの添い寝のひとときは幸せな時間ですよね。ただし、気をつけないと窒息や転落事故などトラブルの危険があります。そこで、より安全に赤ちゃんと添い寝する方法や便利な添い寝グッズを紹介! 腕枕はしてもいいの? などママたちの疑問にも答えます。