哺乳瓶の消毒は電子レンジがおすすめ。メリットとデメリット、便利グッズを紹介

哺乳瓶の電子レンジ用消毒ケースを使うメリット

レンジ用消毒ケースを使うメリット
哺乳瓶を消毒するには、煮沸消毒、薬液消毒、そして電子レンジでの消毒のおもに3つの方法があります。哺乳瓶の電子レンジ消毒は少量の水と5分程度の加熱時間でしっかり消毒ができる手軽さが魅力です。煮沸消毒と違って火元についている必要がなく、対応するレンジ用消毒ケースを使えば消毒後にそのまま保存容器としても使うことができます。セットし電子レンジのスイッチを入れたあとは放っておける気軽さは、常に赤ちゃんのお世話に追われる乳児期にとても助かるでしょう。耐熱温度を満たすものであれば、哺乳瓶以外にも食器などを合わせて消毒することができます。

哺乳瓶の消毒方法は煮沸、レンジ、消毒液、どれがいい? 消毒はいつまで必要?
哺乳瓶の消毒方法は煮沸、レンジ、消毒液、どれがいい? 消毒はいつまで必要?
赤ちゃんの哺乳瓶は免疫力が弱い赤ちゃんが毎日口にするものなので、消毒が必要です。消毒方法によって手順や所要時間が異なりますが、どの方法がいいのでしょう? 煮沸消毒、電子レンジ、消毒液で消毒する方法や消毒後の保管方法、いつまで哺乳瓶の消毒が必要なのか、解説します。

哺乳瓶の電子レンジ用消毒ケースを使うデメリット

レンジ用消毒ケースを使うデメリット
手軽で短時間がメリットな哺乳瓶の電子レンジ消毒ですが、加熱直後は消毒ケース全体がかなり熱くなっているため、すぐに使用するには注意を要します。また、専用ケースがある程度場所をとり、ケース自体の洗浄も定期的に必要なことから、家にものを増やしたくないという方には引っかかるポイントかもしれませんね。消毒ケースの容量の大きさは魅力ですが、小型の電子レンジだと消毒ケース本体が入らない恐れもありますので、購入前にサイズの確認が必要です。

哺乳瓶の電子レンジ用消毒ケースの使い方

レンジ用消毒ケースの使い方
一般的なレンジ用消毒ケースの主な使用手順は以下のようになります。実際に使われる際には、お使いの製品の説明書を確認ください。

  1. 消毒する哺乳瓶・乳首などは洗浄しておきます。
  2. 消毒ケース本体に、ホルダーや小物ケースなど使用する部品をセットし、規定の量の水道水を入れます。
  3. 哺乳瓶と乳首などの小物をそれぞれ容器内の所定の位置に入れ、消毒ケースのフードを閉じます。
  4. 消毒ケース本体を電子レンジに入れ、規定の出力W数・時間をセットして加熱開始します。
  5. 加熱が終わったら、触れる程度に消毒ケースが冷めてから電子レンジから取り出し、水を抜きます。
  6. 必要な場合はフードをしめたまま保管します。

哺乳瓶の電子レンジ用消毒ケースがおすすめな人

レンジ用消毒ケースがおすすめな人
レンジ用消毒ケースは、以下のような人におすすめです。

  • 消毒にできるだけ時間をかけたくない人
  • 完全ミルくなどで哺乳瓶を使う頻度が高い人
  • 産後の体力が不安な人
  • 育児用品の買い物が難しい環境の人
  • 薬液を使うことに抵抗がある人

当てはまるものはありましたか?より詳しく見ていきましょう。

哺乳瓶の電子レンジ消毒をおすすめしたい人

おすすめな理由

消毒にできるだけ時間をかけたくない人

赤ちゃんのお世話は目も回る忙しさです。電子レンジ消毒の手軽さと消毒時間の短さは、時短をめざしたい人にぴったりではないでしょうか。

完全ミルクなどで哺乳瓶を使う頻度が高い人

何度も哺乳瓶を使う場合は特に、1回1回の消毒に手間をとられることは避けたいですよね。レンジ用消毒ケースは、準備時間・消毒時間ともに短いので頻繁な使用に最適ですし、容量のあるものを選べば複数の哺乳瓶をまとめて消毒する使い方にも便利です。

産後の体力が不安な人

レンジでのスチーム消毒は、扱いに注意を要する熱湯や薬剤を使うことなく、また煮沸消毒のようにコンロに付きっきりになる必要がないので、体力面での負担は少ないでしょう。

 

育児用品の買い物が難しい環境の人

薬液消毒の場合は専用薬剤がきれたら補充が必要です。レンジ用消毒ケースなら、初めに用意してしまえば買い足しは必要ありません。

薬液を使うことに抵抗がある人

市販の哺乳瓶消毒用薬液は洗い流し不要の安全性を謳うものがほとんどですが、そうは言っても薬品の匂いや残留が気になる人もいるでしょう。 レンジ用消毒ケースは水のみによるスチーム消毒なのでシンプルさが安心ですね。

おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説
おすすめ乳頭保護器6選 使い方からソフト・ハードタイプの違いまで詳しく解説
授乳中に赤ちゃんに噛まれて乳首が傷ついた、乳首が合わないのかうまく飲んでくれない、乳首がとにかく痛い…そんな悩みがある時は「乳頭保護器」を使用してみませんか?ママの乳首を保護して、授乳負担を軽くしてくれる便利な乳頭保護器についてご紹介します。

次のページでは哺乳瓶の消毒におすすめの便利グッズを9点ご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!