哺乳瓶の消毒はレンジがおすすめ。メリットとデメリット、便利グッズを紹介

哺乳瓶のレンジ用消毒ケースを使うメリット

レンジ用消毒ケースを使うメリット
哺乳瓶を消毒するには、煮沸消毒、薬液消毒、そして電子レンジでの消毒という3つの方法が主となります。哺乳瓶のレンジ消毒は少量の水と5分程度の加熱時間でしっかり消毒ができる手軽さが魅力です。煮沸消毒と違って火元についている必要がなく、対応するレンジ用消毒ケースを使えば消毒後にそのまま保存容器としても使うことができます。セットし電子レンジのスイッチを入れたあとは放っておける気軽さは、常に赤ちゃんのお世話に追われる乳児期にとても助かるでしょう。耐熱温度を満たすものであれば、哺乳瓶以外にも食器などを合わせて消毒することができます。

関連記事

哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?

哺乳瓶のレンジ用消毒ケースを使うデメリット

レンジ用消毒ケースを使うデメリット
手軽で短時間がメリットな哺乳瓶ののレンジ消毒ですが、加熱直後は消毒ケース全体がかなり熱くなっているため、すぐに使用するには注意を要します。また、専用ケースがある程度場所をとり、ケース自体の洗浄も定期的に必要なことから、家にものを増やしたくないという方には引っかかるポイントかもしれませんね。消毒ケースの容量の大きさは魅力ですが、小型の電子レンジだと消毒ケース本体が入らない恐れもありますので、購入前にサイズの確認が必要です。

哺乳瓶のレンジ用消毒ケースの使い方

レンジ用消毒ケースの使い方
一般的なレンジ用消毒ケースの主な使用手順は以下のようになります。実際に使われる際には、お使いの製品の説明書を確認ください。

  1. 消毒する哺乳瓶・乳首などは洗浄しておきます。
  2. 消毒ケース本体に、ホルダーや小物ケースなど使用する部品をセットし、規定の量の水道水を入れます。
  3. 哺乳瓶と乳首などの小物をそれぞれ容器内の所定の位置に入れ、消毒ケースのフードを閉じます。
  4. 消毒ケース本体を電子レンジに入れ、規定の出力W数・時間をセットして加熱開始します。
  5. 加熱が終わったら、触れる程度に消毒ケースが冷めてから電子レンジから取り出し、水を抜きます。
  6. 必要な場合はフードをしめたまま保管します。

哺乳瓶のレンジ用消毒ケースがおすすめな人

レンジ用消毒ケースがおすすめな人
レンジ用消毒ケースは、以下のような人におすすめです。

  • 消毒にできるだけ時間をかけたくない人
  • 完全ミルくなどで哺乳瓶を使う頻度が高い人
  • 産後の体力が不安な人
  • 育児用品の買い物が難しい環境の人
  • 薬液を使うことに抵抗がある人

当てはまるものはありましたか?より詳しく見ていきましょう。

哺乳瓶のレンジ消毒をおすすめしたい人

おすすめな理由

消毒にできるだけ時間をかけたくない人

赤ちゃんのお世話は目も回る忙しさです。レンジ消毒の手軽さと消毒時間の短さは、時短をめざしたい人にぴったりではないでしょうか。

完全ミルクなどで哺乳瓶を使う頻度が高い人

何度も哺乳瓶を使う場合は特に、1回1回の消毒に手間をとられることは避けたいですよね。レンジ用消毒ケースは、準備時間・消毒時間ともに短いので頻繁な使用に最適ですし、容量のあるものを選べば複数の哺乳瓶をまとめて消毒する使い方にも便利です。

産後の体力が不安な人

レンジでのスチーム消毒は、扱いに注意を要する熱湯や薬剤を使うことなく、また煮沸消毒のようにコンロに付きっきりになる必要がないので、体力面での負担は少ないでしょう。

 

育児用品の買い物が難しい環境の人

薬液消毒の場合は専用薬剤がきれたら補充が必要です。レンジ用消毒ケースなら、初めに用意してしまえば買い足しは必要ありません。

薬液を使うことに抵抗がある人

市販の哺乳瓶消毒用薬液は洗い流し不要の安全性を謳うものがほとんどですが、そうは言っても薬品の匂いや残留が気になる人もいるでしょう。 レンジ用消毒ケースは水のみによるスチーム消毒なのでシンプルさが安心ですね。

哺乳瓶の消毒におすすめの便利グッズ

消毒におすすめの便利グッズ
電子レンジでの消毒のメリットについて、イメージを持っていただけたでしょうか。ここからは、レンジ用消毒ケースをはじめ、哺乳瓶の洗浄・消毒に使えるグッズをいくつかご紹介します。

コンビ消毒じょーず

水を入れて電子レンジで5分加熱するだけで、哺乳瓶と付属品の消毒が完了します。スチーム消毒後、水を切ってそのまま保管ケースとして使える点も手間いらずで便利です。茶系の落ち着いたカラーで、お部屋にそのまま置いてもなじみやすいデザインです。

ピジョン電子レンジスチーム&薬液消毒ケース そのまま保管

こちらも電子レンジで5分、小物の整理バスケットやホルダー付きで哺乳瓶グッズをきっちり納めて、消毒および保管することができます。この商品は薬液を使った除菌にも対応しており、普段はレンジ消毒だが旅行時は薬液消毒したいという場合などに、1台で柔軟に使い分けができます。

ピジョン哺乳瓶用スポンジ

プラスチック製哺乳瓶を洗浄するためのスポンジブラシです。ブラシ部分が回転し、哺乳瓶の内側全体をぐるっと手早く洗えます。ハンドルの握り方で回転しないように持つこともできますので、隅々や外側を丁寧に洗うストレート洗いにも対応しています。コシのあるスポンジでへたりにくく底までしっかり洗えます。

ピジョン哺乳瓶用ナイロンブラシ

耐熱ガラス製哺乳瓶専用のブラシです。密度の高いナイロン毛で哺乳瓶の底までしっかりと汚れを擦りとることができます。前項のスポンジブラシと同じく、回転洗い・ストレート洗いの両方に対応しています。

ピジョン乳首ブラシ

乳首ブラシ(Kタイプ用) 04041(2ホンイリ)

乳首ブラシ(Kタイプ用) 04041(2ホンイリ)

100円(11/20 01:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

哺乳瓶の乳首は柔らかくデリケートですが、赤ちゃんの口に直接触れる部分ですので確実に汚れを落としたいところです。こちらの乳首専用ブラシはきめ細かいウレタンスポンジ製で、乳首を裏返さなくても内側の狭い部分や細かい溝まですっきりと洗えます。ピジョンのスリムタイプの哺乳瓶に対応したサイズです。

ピジョンミルクポン

薬液消毒する場合は除菌料を使って溶液に浸しておくことになります。1度作った溶液は24時間使用可能で、調乳する直前まで哺乳瓶などを漬けたままにできます。こちらは使い切り個包装の顆粒タイプで、薬剤を計量する手間がいらず、帰省時などの持ち運びも簡単ですね。

ピジョン哺乳瓶野菜洗い

ピジョン 哺乳びん野菜洗い 本体 800ml

ピジョン 哺乳びん野菜洗い 本体 800ml

599円(11/20 01:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

無リン・無着色で、100%食品料原料成分を使用した安心な植物性の洗剤です。哺乳瓶の消毒前の洗浄にはもちろんのこと、おしゃぶりや離乳食用食器など幅広く使え、スポンジ除菌もできます。毎日の洗い物に使いやすいポンプタイプです。

ピジョン哺乳瓶野菜洗い濃縮タイプ

前項で紹介した同シリーズ従来品に比べ、1/2の使用量で済む濃縮タイプの洗剤です。ボトルもコンパクトになり場所をとらないので、例えば帰省先のキッチンに置かせてもらうようなシーンにも気兼ねが少ないですね。泡立ち豊かなタイプではないものの、キュッキュッと音が鳴るほどすっきり洗い上げられるとの感想があります。

関連記事

おしゃぶりの上手な使い方は? おしゃぶりのメリット・デメリットも紹介!
かわいいおしゃぶりホルダーを見つけよう! 選び方とおすすめ10選

ミルトン

ミルトン)ママセット(容器+CP36錠)

ミルトン)ママセット(容器+CP36錠)

4,580円(11/20 01:41時点)
Amazonの情報を掲載しています
哺乳瓶消毒といえばミルトンという印象がある方も多いのではないでしょうか。こちらは専用ケースと、計量いらずの錠剤タイプの薬剤のセットです。最大6本の哺乳瓶を一度に消毒できる容量と調合後24時間は使える溶液で、こまめに消毒液を準備することなく、おしゃぶりや搾乳機などを合わせて消毒するにも重宝するでしょう。

便利グッズで哺乳瓶の消毒を上手に時短してみましょう

便利グッズで上手に時短
抵抗力のない赤ちゃんの安全に関わることですから、哺乳瓶の洗浄・消毒はとても大切な作業です。できるだけ少ない負担でしっかり清潔を保つため、各社の便利な消毒グッズもぜひ活用してみてください。

まとめ


毎日の授乳と切っても切り離せない哺乳瓶の消毒。確実に、かつ時短で済ませるためのひとつの案として、電子レンジ用消毒ケースの利点をお伝えしました。ママや家庭の状況に合わせ、無理なく続けられる消毒の方法を見つけてくださいね。

関連記事

どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? ピジョンなどのおすすめ5選!
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
調乳ポットで粉ミルク作りが時短になる! 選び方やおすすめ7選を紹介

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!