どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?

新生児の栄養摂取は完全母乳育児、混合育児、完全ミルク育児の3種類があります

新生児の栄養摂取は母乳育児、混合育児、完全ミルク育児の3種類があります
生まれたばかりの新生児は固形食も離乳食もまだ食べられないので、母乳かミルクを飲ませて育てる必要があります。赤ちゃんにどんな栄養素を与えるのかには大きくわけて3種類あり、ママの母乳を飲ませる完全母乳育児と、母乳と粉ミルクや液体ミルクなどを併用、混ぜて飲ませる混合育児、粉ミルクや液体ミルクなどの人口栄養だけを与える完全ミルク育児の3種類があります

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは月齢や赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんに合ったものを選ぶ必要があります。でも種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、粉ミルクの種類や選ぶ時の注意点、そして選ぶポイントについてご紹介したいと思います。
液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント
液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント
日本でも江崎グリコと明治から液体ミルクの販売が開始されましたね。液体ミルクは外出時や災害時などに便利と言われていますが、粉ミルクに比べるとどんな点で便利なのでしょうか。液体ミルクの特徴やメリット・デメリットについても紹介していきます。
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
最近は母乳で育てたいというママも多いでしょうか。完全粉ミルク育児にもメリットはたくさんありますよ! 粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、アレルギーになりやすい? 肥満になりやすい? など、ママが不安に思う情報についても解説していきます。
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。

妊娠中のママはどのくらいが完全母乳育児を希望していたの?

回答項目 回答割合
母乳で育てたい 43%
母乳が出れば母乳で育てたい 50.4%
粉ミルクで育てたい 1.3%
特に決めていない 5.3%

上の表は2015年に厚生労働省が調査した「乳幼児栄養調査」から抜粋したデータになります。妊娠中のママが赤ちゃんの母乳育児についてどう考えているのかを調査した結果が上の数値です。「母乳で赤ちゃんを育てたい」、「母乳が出れば母乳で赤ちゃんを育てたい」を合計すれば93.4%のママが母乳育児をしたいと思っているのがわかります。

出産後のママはどのくらいが完全母乳育児なの? 混合育児や完全ミルク育児の割合は?

回答項目 生後1ヶ月 生後3ヶ月
母乳育児 51.3% 54.7%
混合育児 45.2% 35.1%
完全ミルク育児 3.6% 10.2%

赤ちゃんの出産後に完全母乳育児ができている家庭は約50%ほど

では、赤ちゃんを出産した後のママは実際にどのくらいが完全母乳育児(完母)をしているのでしょうか。2015年の「乳幼児栄養調査」でのデータを上にまとめてみました。先ほど90%以上のママが母乳で赤ちゃんを育て児たいと考えていることを紹介しましたが、赤ちゃんが生後1ヶ月の時点で完全母乳育児(完母)ができている人は約50%となっています。母乳と粉ミルク、液体ミルクを上手に使い分けながら育児を行っている家庭も含めると、赤ちゃんに母乳を飲ませている家庭は95%以上というデータになりました。

赤ちゃんが生後3ヶ月になると完全ミルク育児の割合が高くなっていますが、ずっと母乳育児だとママのおっぱいが張って痛い、ママが病気の時に薬が飲めないなど大変なこともありますよね。赤ちゃんに少しずつ粉ミルクに慣れてもらえた方がパパにも授乳を任せられ、ママは楽になります。そういった事情などもあり、生後3ヶ月には完全ミルク育児の割合が増えているのでしょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、新生児の赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょうか? 生後1ヶ月は育児の悩みや不安も増えてくるころでもあります。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長や育児のポイント、母乳不足や発熱などの対応方法などもご紹介します。

出産後1年以内のママの就労状況での母乳・ミルク育児の比率

回答項目 1年以内に職場復帰 育休中 専業主婦
母乳育児 49.3% 56.8% 56.8%
混合育児 35.8% 34.7% 33.6%
完全ミルク育児 14.8% 8.5% 9.6%

同じ「乳幼児栄養調査」にママが赤ちゃんを出産後1年以内の就労状況で、母乳・ミルク育児の割合がどう変わるのかについても紹介されていたので、まとめてみました。上の回答は生後3ヶ月時点での赤ちゃんの母乳・混合・ミルク育児の比率になります。出産後1年以内に職場復帰や働きに出ると決めていたママは、生後3ヶ月時点での赤ちゃんの母乳育児の比率が少し低く、働きに出るために赤ちゃんに粉ミルクに慣れてもらうための準備をし始める人が多いのでしょう

完全母乳育児で赤ちゃんを育てられるのは素晴らしいことだとは思いますが、家庭によって事情はさまざまです。生後1ヶ月、3ヶ月で混合育児や完全ミルク育児をしている家庭もあり、みんな元気に赤ちゃんを育てています。そのため、皆さんの家庭が完全ミルク育児であっても罪悪感を感じる必要はありませんよ。

赤ちゃんは完全母乳育児がいいと言われるのはなぜ?

赤ちゃんは母乳育児がいいと言われるのはなぜ?

母乳は赤ちゃんの完全栄養食だから

日本では母乳で赤ちゃんを育てることがまだまだ主流となっています。筆者も完全母乳育児(完母)への憧れと、母乳に粉ミルクを足して赤ちゃんに飲ませる混合育児への罪悪感から、赤ちゃんの出産後は1日中母乳をあげ続けていました。しかし、1ヶ月検診の時にすっかり疲れ切った私をみて、お医者さんが「母乳にこだわらなくても、頑張りすぎなくていいよ」と声をかけられ、涙が出そうになったのを覚えています。

確かに、母乳には赤ちゃんの成長に必要とする栄養(タンパク質、脂質、乳糖、ビタミン、ミネラル)やホルモン、酵素、免疫物質などたくさんのものを含んでいます。また、ミルクに比べて消化や吸収率が良いため、消化器官が未熟な赤ちゃんにとっても良いとされ、WHOや国も母乳育児を推奨しています。しかし、粉ミルクも母乳の栄養に近づけようとする改良がされており、赤ちゃんが飲みやすいように味も母乳に近くなっています。赤ちゃんが母乳を飲めないからといって、子供が元気に成長しないということはありません。

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。

母乳はビタミンD含有量が少ない?

母乳は赤ちゃんの完全栄養食とご紹介しましたが、実は母乳には含有量が少ない栄養素もあります。母乳に少ない栄養素としてはビタミンDが話題になることが多いですね。赤ちゃんが摂る栄養でビタミンDが不足すると、乳幼児の骨格異常を引き起こす「くる病」にかかることがあります。ただ、ビタミンDは口から摂取しなくても、散歩などで日光を浴びていると体内で自然に合成される栄養素です。母乳に含有量が少ないからといって、過度に心配してサプリメントを上げたりする必要はありません。適度に赤ちゃんに日光浴をしていれば問題ないレベルです。

「授乳・離乳支援ガイド」で国は母乳育児を推奨している

「授乳・離乳支援ガイド」で国は母乳育児を推奨している
ママの出産後の授乳に関する不安が大きいため、病院や公共機関でも適切な支援を行うようにと厚生労働省が発表しているのが「授乳・離乳の支援ガイド」です。「授乳・離乳を通して、母子の健康の維持とともに、親子の関りが速やかに形成されることが重要視される支援」、「乳汁や離乳食といった”もの”にのみ目が向けられるのではなく、一人一人の子どもの成長・発達が尊重される支援」することを基本としています。

厚生労働省の「授乳・離乳支援ガイド」のような育児支援活動の結果、母乳で赤ちゃんを育てることへの理解が進んだり、病院などでママが母乳をあげやすい環境が整ったりなど、母乳育児が改めて注目されつつあります。ただ、この「授乳・離乳支援ガイド」では母乳育児を推奨していますが、育児用ミルクを否定しているわけではありません。「授乳・離乳支援ガイド」の中でも「ミルクを選択する母親に対しては、十分な情報提供の上、その決定を尊重するとともに、母親の心の状態に十分に配慮した支援を行う」と紹介されています。

厚生労働省 授乳・離乳の支援ガイド(2019年度版)
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの成長に欠かせない栄養を届ける授乳ですが、赤ちゃんがきちんと飲めているのか考え出すときりがありません。少しでも授乳に関する不安を解消すべく、月齢別の授乳間隔とよくあるトラブルと対処法をご紹介したいと思います。授乳を楽しむコツも紹介しているので見ていきましょう。

次のページでは完全母乳育児をしているママは増えているのか、減っているのか、母乳神話について、粉ミルク育児のメリット、最近話題の液体ミルクもご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!