これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方

赤ちゃんの服装を決めるポイント

赤ちゃんの服装を決めるポイント
ものすごいスピードで成長する赤ちゃん。生後3〜4ヶ月の間に体重は出生児の約2倍に成長し、1歳になるまでに30cmも大きくなるんです! そのため赤ちゃんの服装選びは、月齢に合ったサイズをしっかり選んであげましょう。また季節に合ったコーディネートを意識してあげることも大切です。赤ちゃんは体温調整が苦手なため、着せる服の素材や枚数で温度を調整してあげてください。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

ベビー服のサイズ表示を目安に用意しよう!

ベビー服のサイズ表示を目安に用意しよう!
国内における赤ちゃんの服のサイズは「身長」で表示されています。たとえば、平均的な0〜6ヶ月の赤ちゃんの身長は50cm〜60cmのため、サイズ表示は『50・60』と記載されています。一方、海外製のベビー服は、「1month・2month…」と月齢で表示されることが一般的です。また日本製のベビー服よりも海外製の方が小さめなことがあるので、服装選びの際は気をつけましょう。

(サイズ目安)
0ヶ月…50cm/3kg→サイズ50
3ヶ月…60cm/6kg→サイズ60
6ヶ月…70cm/9kg→サイズ70
12ヶ月…80cm/11kg→サイズ80
2歳…90cm/13kg→サイズ90

【春】3~5月の赤ちゃんの服装

【春】3~5月の赤ちゃんの服装
春は日によって温かい日と寒い日があったり、朝夕で寒暖差が激しかったりする季節です。赤ちゃんの体温調節がしやすいように、服装選びでは薄手の洋服を重ね着させるのがポイントになります。肌寒い日は短肌着に長肌着かコンビ肌着を着せて、防寒対策をしてください。外出する際は肌かけやおくるみなどを持参しておくと安心です。また足元は靴下やレッグウォーマーをはかせてあげましょう。

春の月齢別おすすめ服装

・0~3ヶ月
(1)短肌着(orボディスーツ)+ツーウェイオール
(2)短肌着(orボディスーツ)+長肌着(orコンビ肌着)+ツーウェイオール

・4~9ヶ月
短肌着(orボディスーツorコンビ肌着)+ロンパース(カバーオール)

・10ヶ月以降
ボディスーツ+トレーナー+パンツ

関連記事

新生児の赤ちゃんはいつから外出できるの? 外出時の持ち物と注意点は?
長肌着の選び方やおすすめ10選! いつまで着る? 春夏生まれは必要?

【夏】6~8月の赤ちゃんの服装

【夏】6~8月の赤ちゃんの服装
夏は汗をよくかき着替えの回数が増えるため、短肌着とコンビ肌着をそれぞれ5〜6枚用意しておくと安心です。室内で過ごすときは、裾が足下までありズボンのように着られるコンビ肌着一枚で十分です。外出時に冷房が気になる場合は、おくるみや通気性のよいコットン素材のカーディガンを持参しましょう。赤ちゃんの服装は基本肌着1枚だけでも大丈夫ですが、冷房がきいている場合は肌着を重ねたり、おくるみをはおらせたりしてあげてください。また場合によっては足元の冷え対策にレッグウォーマーをはかせてあげるといいですよ。

夏の月齢別おすすめ服装

・0~3ヶ月
(1)コンビ肌着1枚
(2)短肌着+コンビ肌着(or長肌着)
(3)短肌着+ツーウェイオール

・4~9ヶ月
(1)ボディスーツorコンビ肌着1枚
(2) ボディスーツ(or短肌着)+ツーウェイオール

・10ヶ月以降
(1)ボディスーツ+短パン(orスカート)
(2)ボディスーツ+薄手のロンパース

【秋】9~11月の赤ちゃんの服装

【秋】9~11月の赤ちゃんの服装
秋も季節の変わり目のため、春同様に重ね着をして温度調節をしてあげましょう。洋服の生地は少し厚めのものを用意してあげてください。赤ちゃんが室内で過ごすときの服装は、肌着1枚に上着1枚が基本です。肌寒い日は短肌着の上に長肌着かコンビ肌着を重ね着させてあげるといいでしょう。また温度調整や防寒用のアイテムとして、おくるみやカーディガン、靴下やレッグウォーマーの他、帽子、ベスト、ポンチョなどもあると便利ですよ。

秋の月齢別おすすめ服装

・0~3ヶ月
(1)短肌着(orボディスーツ)+ツーウェイオール
(2)短肌着(orボディスーツ)+長肌着(orコンビ肌着)+ツーウェイオール

・4~9ヶ月
短肌着(orボディスーツorコンビ肌着)+ロンパース(カバーオール)

・10ヶ月以降
ボディスーツ+トレーナー+パンツ(orスカート+レギンス)

【冬】12~2月の赤ちゃんの服装

【冬】12~2月の赤ちゃんの服装
冬は保温性の高い素材を選んであげましょう。冬の基本スタイルは肌着を2枚重ね、その上にウェアを着せてあげてください。暖房がきいた室内では肌着や上着を1枚減らすなど、赤ちゃんの服装で体温を調整してあげるといいですよ。外出の際は厚手の防寒着を着用します。頭から足先まで包みこんでくれるジャンプスーツや厚手のポンチョは防寒アイテムとして便利です。また抱っこ紐に取り付けるケープや、ベビーカー用の防寒具であるフットマフも重宝します。

【国内・海外】赤ちゃんの服のサイズ一覧表 月齢別の選び方も解説
【国内・海外】赤ちゃんの服のサイズ一覧表 月齢別の選び方も解説
子供服のサイズは大人と違い、「50」「60」「70」といった数字で表記されています。これが海外ブランドになると更に違う表記がされていることも。赤ちゃんにぴったりのサイズはどれなのか、月齢別に紹介します。海外ブランドのプレゼントを考えている人もぜひ参考にしてみてくださいね。

冬の月齢別・おすすめ服装

・0~3ヶ月
(1)短肌着(orボディスーツ)+ツーウェイオール
(2)短肌着(orボディスーツ)+長肌着(orコンビ肌着)+ツーウェイオール

・4~9ヶ月
短肌着(orボディスーツorコンビ肌着)+ロンパース(カバーオール)

・10ヶ月以降
ボディスーツ+トレーナー(orセーターなど)+パンツ(orスカート+レギンス)

赤ちゃんの服装お悩みQ&A

赤ちゃんの服装お悩みQ&A
大人とは生活スタイルや身につける服装が異なる赤ちゃん。「赤ちゃんはどんな服装で寝かせればいいの?」「肌着の選び方はどうすればいい?」など、パパママの服装に関する疑問におこたえします!

寝るときの服装は?

一日のほとんどを寝ている新生児のうちは、短肌着や長肌着だけで大丈夫です。また新生児を過ぎても、夏や春秋の暑い日は肌着一枚で寝かせても問題ありません。ただし寝室の室温が20度を下回る寒い日は、肌着の上にパジャマを着せてあげてください。赤ちゃんにパジャマを着せ始めるタイミングは、生後6ヶ月を過ぎたあたりがいいでしょう。この時期から夜にまとまって寝るようになるので、パジャマを着る習慣をつければ生活リズムが整いやすくなります。また赤ちゃんは体温が高いので、パジャマは真冬でも大人より薄手のものを意識してあげるといいですよ。

関連記事

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう

肌着はどう選べばいい?

肌着はどう選べばいい?
ベビー肌着はいろいろな種類があるので、用途や月齢に合わせて選びましょう。赤ちゃんはよく汗をかくため、あせもや肌トラブルの原因にならないように綿素材で吸収性がいいものがおすすめです。その他にも、品質表示タグが肌に直接触れないように外側に付けられているものやボタンが金属アレルギーの心配がないプラスチック製のもの、袖口や裾の折り返しが表側になったもの、ストレッチがきいたものなどもあります。また赤ちゃんに新しい服を着せる場合は、水通しをしてあげるといいですよ。繊維に付着している有害物質ホルムアルデヒドを洗い流せるほか、生地が柔らかくなり吸湿性も上がるというメリットがあります。

関連記事

ベビー服の水通しで出産準備をしよう! 手洗い? 洗濯機? 洗剤を使っても良いの?
赤ちゃんの肌に優しい洗剤を選ぼう! おすすめ10選や洗濯のポイントも紹介

短肌着・長肌着

新生児〜生後3ヶ月向け。そでが短いものが短肌着、長いものが長肌着といいます。下はスカートのように開いており、オムツ替えしやすいのが特徴です。

コンビ肌着

2〜3ヶ月以降の赤ちゃん向け。上部分は短肌着や長肌着と同じつくりですが、股の部分がスナップで止められるようになっている点が異なります。

関連記事

コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
新生児の短肌着は何枚必要? いつまで着れる? おすすめ15選やリメイク方法も紹介

ボディスーツ

シャツとパンツが繋がっていて、股下部分をスナップでとめて着る下着。コンビ肌着よりも裾の部分がお尻に沿ったかたちになっているので、活発に動き回るようになった月齢の赤ちゃんにぴったりです。

ロンパース

上下つなぎのベビーウェア。幅広くサイズ展開しており、1歳向けの商品もあります。股下がボタン留めになっていてお腹がでないつくりになっています。

関連記事

ロンパースとカバーオールの違いって何? いつまで使うの? おすすめは?

カバーオール・ツーウェイオール

寝返りやはいはいができるようになった赤ちゃんにおすすめ。カバーオールは足までスナップボタンで止めることができるつなぎで、ツーウェイオールは股下のスナップの付け方によってズボン型かスカート型かに変えられます。

関連記事

赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんのカバーオールとは? ロンパースとの違いやおすすめ10選を紹介

ロンパースは足丸出しのままでいいの?

ロンパースは上からズボンやパンツ、スカートをはかせることが多いですが、素材やかたちによっては一枚で過ごせるものもあります。夏用のロンパースは一枚で完結するものが多いため、素材やデザイン、季節で着せ方を判断するといいですよ。

まとめ

赤ちゃんの肌はデリケートな上に、汗をかきやすく、体温調整も苦手…そのため季節や月齢にあった服装はもちろん、素材や着心地、機能面も重要です。またベビー服は、赤ちゃん一人ひとりの体型や成長スピードによっても変わってきます。はじめは必要最低限のアイテムだけをそろえて、赤ちゃんの様子を見ながら季節に応じて快適に過ごせるものを少しずつそろえてあげるといいですよ。あっという間にサイズダウンしてしまうベビー服だからこそ、服装選びを思いきり楽しみたいですね! 

関連記事

男の子、女の子別・子供服の選び方、おすすめ、人気ブランドを紹介!
子供が何歳になるまで子供服を着せたらいい? サイズの目安と子供服の選び方について

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!