ベビー服の水通しで出産準備をしよう! 手洗い? 洗濯機? 洗剤を使っても良いの?

ベビー服の水通しって?

ベビー服の水通しって?
出産を控えているママは、水通しというワードを耳にすることがあるかと思います。水通しとは、ベビー服などの衣類やおくるみなどの布製品を、赤ちゃんが着る前に水洗いすることです。水通しは、「世界で一番幸せな洗濯物」というような表現をされることもあります。赤ちゃん用の小さな肌着や洋服がずらっと干されている様は、確かに幸せを絵に描いたような光景ですよね。

関連記事

これでもう迷わない! 月齢別赤ちゃんの服装の選び方
コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介

ベビー服を水通しする理由

ベビー服を水通しする理由
ベビー服はなぜ水通しをするのでしょうか。ベビー服に水通しが必要な理由をご紹介します。

ホルムアルデヒドを除去するため


ホルムアルデヒドとは、衣類のしわや縮みを防いだり防虫の目的で使用されることが多い物質です。高濃度のホルムアルデヒドを含む衣類などに接触すると、赤ちゃんに発疹ができたりアレルギーを起こす可能性があります

ホルムアルデヒドは、水に溶けやすい性質があるため、水通しをすることで衣類に付着するホルムアルデヒドを取り除くことができます。ベビー用品に対するホルムアルデヒドの規制基準は厳しいので含有量は低いですが、赤ちゃんの肌は敏感なので買ったばかりのベビー服は水通しをしてホルムアルデヒドを取り除いておくと安心です。

関連記事

赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安

生地を柔らかくしたり、汗を吸収しやすくするため

生地を柔らかくしたり、汗を吸収しやすくするため
購入したままのベビー服は、糊などがついてパリッとした状態のものが多いです。水通しをして糊を落とすことでベビー服の肌触りが柔らかくなり、赤ちゃんの汗も吸収しやすくなります。汗かきで肌がデリケートな赤ちゃんのために、水通しをして着心地の良いベビー服を用意してあげましょう。

ベビー服の水通しは絶対に必要?

ベビー服の水通しは絶対に必要?

敏感肌の赤ちゃんのために水通しをしてあげよう

赤ちゃんの肌は敏感なので、ホルムアルデヒドが原因で赤ちゃんの肌に炎症が起きてしまうリスクは避けたいところです。赤ちゃんの肌は敏感であるという前提で水通しをし、ホルムアルデヒドや糊を除去しておくと安心です。水通しをして柔らかくなった洋服を着せてもらえると赤ちゃんも心地良いですよね。新生児の赤ちゃんは特に肌が敏感なので、出産準備でベビー服の水通しを行うのがおすすめです。

産後の外出先で赤ちゃんの洋服が汚れてしまい、急きょ新しい洋服を買って着せないといけない時はベビー服の水通しができませんよね。水通しは「絶対にしないといけない!」と神経質になる必要はありませんが、水通しをしないで赤ちゃんに着せるベビー服は念のためパッケージで包装されているものを選びましょう。ホルムアルデヒドは、タンスや大人用の服などから、ベビー服に移ってしまうからです。

関連記事

新生児の赤ちゃんはいつから外出できるの? 外出時の持ち物と注意点は?

水通しをするタイミングは?

水通しをするタイミングは?
水通しをする時期に決まったタイミングはありませんが、妊娠後期である28週から35週頃に水通しを済ませておく人が多いようです。妊娠37週以降になるといつ赤ちゃんが生まれてもおかしくないので、それまでに入院準備と一緒にベビー服の水通しを済ませておくと良いでしょう。

切迫早産等で自宅安静や入院をする場合は、家族に水通しをお願いできるように、ベビー服などをまとめておきましょう。洗濯は身体に負担がかかるので、妊娠中のママは無理をせず、体調が良い時に水通しをしたり、パパにもやってもらいましょう。

関連記事

おすすめの乾燥機付き洗濯機、共働き家庭に人気の時短家電!

水通しした方が良いものは?

水通しした方が良いものは?
肌着やベビー服以外にも、ガーゼやおくるみ、ベビー布団のカバーやシーツなども水通しをしておきましょう。赤ちゃんの肌に直接触れたり、赤ちゃんが口に入れてしまう可能性がある布製品はすべて水通しをしても良いでしょう。またベビー服や育児グッズによく使われているガーゼには、洗うほど肌触りが柔らかくなり、吸水力も上がる特性があります。

関連記事

よだれかけを賢く選ぼう! 月齢別、タイプ別のおすすめスタイ11選
おくるみは何歳から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!

水通しで洗剤や柔軟剤は必要? 使っても大丈夫?

水通しで洗剤や柔軟剤は必要? 使っても大丈夫?

水通しは水洗いで十分

水通しは基本的に水洗いでかまいません。水洗いに洗剤や柔軟剤を使うのであれば、赤ちゃん用の洗剤や柔軟剤を選びましょう。赤ちゃん用の洗剤や柔軟剤は、ベビー用品コーナーでたくさん販売されています。赤ちゃん用と謳っていない製品でも、オーガニック成分でできた洗剤を使っても良いでしょう。水通しに洗剤や柔軟剤を使う場合は、洗剤カスが残らないようしっかりすすぎをすることを意識してください

関連記事

ベビー用品の準備リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました

洗濯機? 手洗い? 水通しの方法

洗濯機? 手洗い? 水通しの方法<
水通しは、洗濯機と手洗いのどちらで行ってもかまいません。型崩れが気になる衣類は手洗いで、量が多い場合は洗濯機でと洗い分けるのもおすすめです。手洗いは前かがみの体勢になることもあって妊娠後期の身体にはきついかもしれないので、無理のない範囲で行ってくださいね。

洗濯槽洗浄は水通しの前日に終わらせておくのがおすすめ

ベビー服を洗う前に、洗濯槽洗剤を使用して洗濯槽の汚れやカビをしっかり取り除いておきましょう。洗濯槽の洗浄には半日~1日かかることが多いので、前日までに終わらせておくと良いでしょう。

シャボン玉 洗たく槽クリーナー

酸素系の洗濯槽洗剤です。黒カビや臭い、汚れをしっかり落としてくれます。カビの除菌率は99.9%で、塩素系の洗剤のようなきつい臭いもしません。無添加のシャボン玉石けんが使われているので、赤ちゃんがいるご家庭におすすめです。

洗濯機で水通しする手順

  1. ベビー服を洗う前に洗濯槽の掃除を済ませておく。
  2. 肌着の紐は水に濡れると固くなってしまいほどけにくくなるので、洗濯前にほどいておく。
  3. ベビー服は型崩れ防止のため洗濯ネットに入れる。
  4. 洗濯機のコースを「ソフト」または「手洗い」に設定して洗う。
  5. 洗濯が終わったらシワを伸ばして形を整えて干す。
  6. 衣類が乾燥したら、夕方以降の湿気を吸ってしまう前になるべく早くとりこむ。

手洗いで水通しする手順

  1. 水通しをしたい衣類やベビー用品が入るタライなどの容器を用意し、きれいに洗っておく。
  2. 肌着の紐は水に濡れると固くなってしまいほどけにくくなるので、洗濯前にほどいておく。
  3. 容器に水かぬるま湯を入れ衣類を浸し、やさしくもみ洗いする。
  4. 容器の古い水を捨て、新たに水かぬるま湯を入れ、衣類を十分にすすぐ。
  5. 洗濯が終わったらシワを伸ばして形を整えて干す。
  6. 衣類が乾燥したら、夕方以降の湿気を吸ってしまう前になるべく早くとりこむ。

水通し後の乾かし方のポイント

水通し後の乾かし方のポイント
水通ししたベビー服の適切な乾かし方もおさえておきましょう。

晴れた日の屋外に干して乾かすのがベスト

晴れた日の屋外に干して乾かすのがベスト
水通しは晴れている日に行い、洗った後のベビー服は、屋外に干すと早く乾きます。干す時は、水通ししたベビー服や寝具などが乾きやすいように、間隔をあけて干すこともポイントです。

花粉やPM2.5などが気になる季節は部屋干しでもOK

花粉やPM2.5などが気になる季節は部屋干しでもOK
雨や雪などの悪天候が続く時や、ベビー服に花粉やPM2.5などの付着が気になる季節は部屋干しでもかまいません。部屋干しをする時は、部屋の中でも日当たりの良い場所や時間帯を選びましょう

衣類の生乾きによる雑菌の繁殖を防ぐために、衣類と衣類の間隔をあけて干すようにしてくださいね。なるべく速く乾かすために、扇風機やサーキュレーターを使って風を送るのもおすすめです。

乾燥機の使用は控えよう

乾燥機の使用は控えよう
乾燥機を使うと、ベビー服が縮んだり傷みやすくなる可能性があります。どうしても時間がない場合以外は、ベビー服を乾燥機にかけるのは控えましょう。

水通し後のベビー服の保管方法と注意点

水通し後のベビー服の保管方法と注意点
水通し後のベビー服は、ホルムアルデヒドの移染を防ぐため、大人用の衣類と分けて保管しましょう。大人用の新品の衣類には、ベビー服と比べてホルムアルデヒドが多く含まれている可能性があります。

ホルムアルデヒドは、タンスや衣装ケースに使用される接着剤などに含まれることもあります。ベビー服を保管する時は、ホルムアルデヒドが含まれないプラスチック製の収納などを選ぶと安心です。新たに赤ちゃん用の収納を購入する場合は、ホルムアルデヒド含有量が少ないことを意味する「F☆☆☆☆(フォースター)」という規格に分類される製品を選ぶといですよ

ベビー服の水通しにベビーハンガーがあると便利!

ベビーハンガーが必要かどうか悩んでいるパパママもいるかもしれませんが、ベビーハンガーはあるととても便利です。ベビー服のサイズに合うように作られているので、ベビー服が型崩れしにくくなります

赤ちゃんが低月齢のうちは肌着も洋服もつなぎのような形のものが多いので、大人用の大きいハンガーにかけるよりもベビーハンガーの方がスムーズに干すことができて便利ですよ。赤ちゃんがセパレートの洋服に移行してからもトップスをかけて使えますし、干すだけでなく保管にも使えるので用意しておいて損はないでしょう。

赤ん坊カンパニー ベビー用取り外し10連ハンガー

一度に10枚のベビー服を干せる10連ハンガーです。ハンガーを互い違いに配置することで空気が通りやすい構造になっており衣類が乾きやすいつくりになっています。また物干しざおに吊るすためのグリップだけでなく、室内干しや一時置きもしやすいかもいフックがついているのも嬉しいですね。

出産後にベビー服を買い足した場合も水通しをしておくと安心

出産後にベビー服を買い足した場合も水通しをしておくと安心
水通しが必要な年齢にいつまでという決まりはありませんが、産後しばらくは新しく買い足したベビー服も水通ししておくと安心です。何歳まで水通しをするのかは、赤ちゃんの肌の状態を見ながら判断してあげましょう

ベビー服の水通しは生後数ヶ月だけしたというパパママもいれば、大人が着る洋服も買ったら一度洗ってから着るというパパママもいます。いつまで水通しをするのか悩んだ時は、ホルムアルデヒドの規制基準が厳しい生後24ヶ月を目安にすると良いでしょう。赤ちゃんと大人の洗濯物を別々に洗っている場合は、水通ししたいベビー服の数が少なければ、赤ちゃんの洗濯物を洗うタイミングで一緒に洗って水通ししても良いですね。

まとめ

まとめ
生まれてくる赤ちゃんのために、肌に優しくて着心地の良いベビー服を準備してあげたいですね。水通しを億劫に感じていたとしても、いざやってみるとお腹の赤ちゃんを想って幸せな気分になれるかもしれませんよ。適切な方法で水通しをして、気持ちよく赤ちゃんを迎えてあげられると良いですね。

関連記事

洗濯ネットって必要? 賢い選び方と洗濯以外でも活用する方法
出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
ベビー用品レンタルはお得? メリット・デメリット、おすすめレンタルサイト4選