ベビー服の水通しで赤ちゃんの出産準備をしよう! 手洗い? 洗濯機? 洗剤を使っても良いの?

ベビー服の水通しって?

ベビー服の水通しって?
出産を控えているママは、水通しというワードを耳にすることがあるかと思います。水通しとは、ベビー服などの衣類やおくるみなどの布製品を、赤ちゃんが着る前に水洗いすることです。水通しは、「世界で一番幸せな洗濯物」というような表現をされることもあります。赤ちゃん用の小さな肌着や洋服がずらっと干されている様は、確かに幸せを絵に描いたような光景ですよね。

これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
赤ちゃんの服装は「大人より1枚薄着で」と言われるくらい大人と感覚が異なります。気温や季節によって変えようと言われても、結局どんな服装が良いのか難しいですよね。そこで、これさえ押さえておけば赤ちゃんの服装選びに困らないポイントを紹介します。
コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
赤ちゃんの出産準備で必要な肌着は、短肌着、長肌着、コンビ肌着と種類がありますが、違いがわからないパパママも多いのではないでしょうか。コンビ肌着の特徴や何枚用意する必要があるのか、また、選び方やおすすめをご紹介します。
新生児の短肌着は何枚必要? いつまで着れる? おすすめ15選やリメイク方法も紹介
新生児の短肌着は何枚必要? いつまで着れる? おすすめ15選やリメイク方法も紹介
出産準備で赤ちゃんの肌着は必須アイテムです。短肌着はどんな肌着? 夏や冬に産まれた赤ちゃんでは必要な枚数が変わるのでしょうか。長肌着やコンビ肌着の違いや短肌着の選び方、おすすめ商品、リメイク方して長く使う法などもご紹介します。

ベビー服を水通しする理由

ベビー服を水通しする理由
ベビー服はなぜ水通しをするのでしょうか。ベビー服に水通しが必要な理由をご紹介します。

ホルムアルデヒドを除去するため


ホルムアルデヒドとは、衣類のしわや縮みを防いだり防虫の目的で使用されることが多い物質です。高濃度のホルムアルデヒドを含む衣類などに接触すると、赤ちゃんに発疹ができたりアレルギーを起こす可能性があります

ホルムアルデヒドは、水に溶けやすい性質があるため、水通しをすることで衣類に付着するホルムアルデヒドを取り除くことができます。ベビー用品に対するホルムアルデヒドの規制基準は厳しいので含有量は低いですが、赤ちゃんの肌は敏感なので買ったばかりのベビー服は水通しをしてホルムアルデヒドを取り除いておくと安心です。

赤ちゃんの肌荒れ・乳児湿疹の原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌荒れ・乳児湿疹の原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌は弱く、ちょっとしたことでもすぐ荒れてしまいます。カサカサしていたり、ザラザラしていたり…原因によって症状もさまざまです。この記事では、赤ちゃんの肌荒れの原因とそれぞれのケア方法をご紹介します。クリームやローション、オイルの違いも解説します。

生地を柔らかくしたり、汗を吸収しやすくするため

生地を柔らかくしたり、汗を吸収しやすくするため
購入したままのベビー服は、糊などがついてパリッとした状態のものが多いです。水通しをして糊を落とすことでベビー服の肌触りが柔らかくなり、赤ちゃんの汗も吸収しやすくなります。汗かきで肌がデリケートな赤ちゃんのために、水通しをして着心地の良いベビー服を用意してあげましょう。

ベビー服の水通しは絶対に必要?

ベビー服の水通しは絶対に必要?

敏感肌の赤ちゃんのために水通しをしてあげよう

赤ちゃんの肌は敏感なので、ホルムアルデヒドが原因で赤ちゃんの肌に炎症が起きてしまうリスクは避けたいところです。赤ちゃんの肌は敏感であるという前提で水通しをし、ホルムアルデヒドや糊を除去しておくと安心です。水通しをして柔らかくなった洋服を着せてもらえると赤ちゃんも心地良いですよね。新生児の赤ちゃんは特に肌が敏感なので、出産準備でベビー服の水通しを行うのがおすすめです。

産後の外出先で赤ちゃんの洋服が汚れてしまい、急きょ新しい洋服を買って着せないといけない時はベビー服の水通しができませんよね。水通しは「絶対にしないといけない!」と神経質になる必要はありませんが、水通しをしないで赤ちゃんに着せるベビー服は念のためパッケージで包装されているものを選びましょう。ホルムアルデヒドは、タンスや大人用の服などから、ベビー服に移ってしまうからです。

新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの?  外出時の持ち物と注意点は?
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。

水通しをするタイミングは?

水通しをするタイミングは?
水通しをする時期に決まったタイミングはありませんが、妊娠後期である28週から35週頃に水通しを済ませておく人が多いようです。妊娠37週以降になるといつ赤ちゃんが生まれてもおかしくないので、それまでに入院準備と一緒にベビー服の水通しを済ませておくと良いでしょう。

切迫早産等で自宅安静や入院をする場合は、家族に水通しをお願いできるように、ベビー服などをまとめておきましょう。洗濯は身体に負担がかかるので、妊娠中のママは無理をせず、体調が良い時に水通しをしたり、パパにもやってもらいましょう。

おすすめの乾燥機付き洗濯機5選! 共働き家庭に人気の時短家電の選び方とは?
おすすめの乾燥機付き洗濯機5選! 共働き家庭に人気の時短家電の選び方とは?
共働き家庭は、仕事が終わって帰ってからも家事や育児に大忙し。特に雨が続く時期は洗濯ものが乾かず悩むものですよね。そんな家事を少しでも軽減させるべく、ここでは共働き家庭におすすめの乾燥機付き洗濯機についてご紹介したいと思います。

水通しした方が良いものは?

水通しした方が良いものは?
肌着やベビー服以外にも、ガーゼやおくるみ、ベビー布団のカバーやシーツなども水通しをしておきましょう。赤ちゃんの肌に直接触れたり、赤ちゃんが口に入れてしまう可能性がある布製品はすべて水通しをしても良いでしょう。またベビー服や育児グッズによく使われているガーゼには、洗うほど肌触りが柔らかくなり、吸水力も上がる特性があります。

よだれかけを賢く選ぼう! 月齢別、タイプ別のおすすめスタイ11選
よだれかけを賢く選ぼう! 月齢別、タイプ別のおすすめスタイ11選
赤ちゃん用のスタイ(よだれかけ)は素材やデザインの違いで、赤ちゃんに合っているかどうかが変わります。見た目が可愛いスタイばかりを買っても、使い勝手が悪くタンスの肥やしになるなんてことも…。スタイにはたくさん種類があるので、赤ちゃんの月齢や使うシーンを想定して、使い勝手が良いスタイを選びましょう。
おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
ベビー用品として人気なおくるみ。赤ちゃんをおくるみで包み込んであげることで、赤ちゃんを安心させる効果があります。赤ちゃんがおくるみですっぽり包まれている姿も可愛いですよね。この記事では、おくるみのメリットや選び方、おすすめのおくるみをご紹介します。

水通しで洗剤や柔軟剤は必要? 使っても大丈夫?

水通しで洗剤や柔軟剤は必要? 使っても大丈夫?

水通しは水洗いで十分

水通しは基本的に水洗いでかまいません。水洗いに洗剤や柔軟剤を使うのであれば、赤ちゃん用の洗剤や柔軟剤を選びましょう。赤ちゃん用の洗剤や柔軟剤は、ベビー用品コーナーでたくさん販売されています。赤ちゃん用と謳っていない製品でも、オーガニック成分でできた洗剤を使っても良いでしょう。水通しに洗剤や柔軟剤を使う場合は、洗剤カスが残らないようしっかりすすぎをすることを意識してください

出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
妊娠後期に入ると、徐々に赤ちゃんを迎える準備を始めていくものですが、新生児にとって必要なベビー用品は一体どれくらいあるのでしょうか。一度に揃えすぎて使わないのはもったいないですよね。そこで、新生児のお世話に本当に必要なベビー用品とあったら便利なものをそれぞれご紹介します。
赤ちゃんの肌に優しい洗剤を選ぼう! おすすめ10選や洗濯のポイントも紹介 
赤ちゃんの肌に優しい洗剤を選ぼう! おすすめ10選や洗濯のポイントも紹介 
生まれたばかりの赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、少しの刺激が肌トラブルの原因になることがあります。肌が弱い赤ちゃんの衣類や寝具を洗濯するときは、洗剤選びも重要です。赤ちゃん用の洗剤にも種類があるので、選び方やおすすめ商品を紹介します。

次のページでは水通しの方法と、水通しした洗濯物の干し方をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!