哺乳瓶の消毒方法や保管方法はどうすればいい? 煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい?

哺乳瓶は免疫力が弱い赤ちゃんが口にするものなので、哺乳瓶は清潔に保ちたいですよね。赤ちゃんの哺乳瓶は消毒方法によって手順や消毒にかかる時間が異なります。煮沸消毒、電子レンジ、消毒液で消毒する方法や、消毒後の保管方法もご紹介します。

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒は使う度に必要?

哺乳瓶の消毒は必要?

哺乳瓶の中や飲み口は雑菌が繁殖しやすい

哺乳瓶の消毒はミルクを飲ませる度に必要なの? 1日1回じゃダメ?と思うパパママもいるでしょう。哺乳瓶は赤ちゃんが頻繁に口にするものなので、しっかりと消毒し、雑菌を取り除いてあげる必要があります。そのため、哺乳瓶の消毒は洗剤で洗うだけでは不十分です。ミルクには豊富な栄養成分が入っているために哺乳瓶の中は雑菌がわきやすくなっています。また、飲み口部分や哺乳瓶の端などにミルクの飲みかすが残りやすく、哺乳瓶にミルクのかすが残ったまま使い続けると菌が繁殖してしまうのです。そのため、哺乳瓶は赤ちゃんのために隅々まで洗ったうえで消毒をして、雑菌を取り除いてあげる必要があるのです

赤ちゃんは病気になりやすいので使う度の哺乳瓶消毒は必須

大人の食器やコップは消毒する必要はありませんよね? 赤ちゃんに消毒作業が必要なのは、生まれたばかりの赤ちゃんは自分の免疫を持っていないからです。免疫がないのかというとそうではなく、赤ちゃんはママの免疫をもらって生まれてくるのです。赤ちゃんがママからもらった免疫は生後6ヶ月ごろにはなくなり、以降は赤ちゃん自身の免疫だけとなります。生後6ヶ月ごろから風邪や感染症に掛かりやすくなるのはこのためです。またママの免疫がある間もその効果は十分ではないため、できるだけ赤ちゃんを雑菌に触れさせないようにケアをしてあげる必要があります。

WHO(世界保健機関)も赤ちゃんが1歳になるまでは哺乳瓶の消毒は必要としています。いろいろな病原菌の感染リスクが高い赤ちゃんの哺乳瓶は、使用する度に洗い、消毒した方が安心です。出先など、すぐに消毒ができない場合でも、使い終わった哺乳瓶を水で洗ってミルクの飲み残しを流しておくなど、雑菌が繁殖しないようにしてあげた方がいいでしょう。

関連記事

赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? ピジョンなどのおすすめ5選!

赤ちゃんの哺乳瓶を清潔に保つために気をつけるべき3つのポイント!

哺乳瓶を清潔に保つために気をつけるべき3つのポイント!
赤ちゃんのために毎日頻繁に使う哺乳瓶ですが、清潔に使い続けるためには哺乳瓶をどのように扱えば良いのでしょうか? 哺乳瓶を使い終わった後の注意点から保管方法まで、哺乳瓶を清潔に保つための大切な3つのポイントをご紹介します。

哺乳瓶を清潔に保つためのポイント1:哺乳瓶は使ったらすぐに洗う

哺乳瓶を清潔に保つためのポイント1.哺乳瓶は使ったらすぐに洗う
赤ちゃんのお世話で毎日バタバタしているママにとっては大変かもしれませんが、哺乳瓶を使ったらすぐに洗いましょう。時間が経つと哺乳瓶に残ったミルクカスなどの汚れが落ちにくくなってしまい、カスが残れば雑菌が繁殖します。なお、哺乳瓶を洗う際には首の長い哺乳瓶専用ブラシを用意すると便利ですよ。哺乳瓶は普通のスポンジでは奥まで届かなかったり、乳首の細かい部分まで洗いきれなかったりするため、どうしても洗い残しが出てしまいます。また、万が一洗剤が残っても大丈夫なように、口に入っても害のない成分で作られた哺乳瓶用の洗剤を使うと安心ですね

哺乳瓶を清潔に保つためのポイント2:哺乳瓶を消毒する

哺乳瓶を清潔に保つためのポイント2.哺乳瓶を消毒する
洗剤で哺乳瓶の汚れをしっかりと落とし、綺麗に水洗いした後には消毒しましょう。哺乳瓶の消毒方法には「煮沸」、「電子レンジ」、「消毒液」の3種類があります。哺乳瓶の消毒方法や手順については後半で詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

哺乳瓶を清潔に保つためのポイント3:洗った後は哺乳瓶を乾かし、清潔に保管する

哺乳瓶を清潔に保つためのポイント3.哺乳瓶を乾かす、清潔に保管する
哺乳瓶を消毒した後は、風通しの良い場所で乾燥させましょう。このとき哺乳瓶に水が残っていると、そこから雑菌が繁殖する恐れもあるため、他の洗い物の水が飛んで濡れてしまわないような場所で乾燥させてください。キッチンペーパーでさっと哺乳瓶の水分を拭いておくと早く乾きますよ。また、哺乳瓶の中に水が溜まってしまわないよう哺乳瓶ホルダー(スタンド)にかけて乾燥させると隅々までしっかり乾きます。哺乳瓶が乾いた後はホコリの付かない場所で保管しましょう。特に乳首部分は外気に晒さないよう専用キャップなどでカバーするのをおすすめします。

MARNA(マーナ) ボトル水切りスタンド

MARNA(マーナ) ボトル水切りスタンド

参考価格:1,058円
楽天で見る

哺乳瓶と哺乳瓶の乳首をかけておける、哺乳瓶スタンドです。折りたたむことができるので、使わない時はコンパクトに収納できるので1つあると便利ですよ。

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒方法

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒方法
ここからは哺乳瓶の消毒方法について具体的にご紹介します。

哺乳瓶の消毒方法1:煮沸消毒

哺乳瓶の消毒方法1:煮沸消毒
煮沸消毒とは、沸騰したお湯を鍋に入れて熱湯で哺乳瓶を殺菌する方法です。鍋さえあればどの家庭でもできる消毒方法なので、簡単でおすすめです。水を沸騰させるのに少し時間が掛かるという点と、鍋いっぱいの水が必要なため回数が多いと水道代が…と気になってしまうパパママもいるでしょう。煮沸消毒は母乳育児がメインで哺乳瓶を使う回数が少ないママが取り入れていることが多いですね

関連記事

どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?

哺乳瓶の煮沸消毒の手順

哺乳瓶の煮沸消毒の具体的な手順をご説明しましょう。まずは哺乳瓶のパーツすべてがしっかり浸かるよう鍋にたっぷりの水をはります。そこによく洗った哺乳瓶、乳首、ケースなど消毒したいものを全体が浸かるように入れてください。空洞部分に空気が入っていると浮いてきてしまい水から出てしまうため、空気が入らないように注意しましょう。沸騰したお湯にいきなり哺乳瓶を入れると、急激な温度変化から哺乳瓶がひび割れてしまう可能性があるため、沸騰させる前から浸け始めてください。沸騰したら哺乳瓶を3~5分煮沸しトングなどで取り出します。

ガラスの哺乳瓶であれば問題なく煮沸消毒できますが、プラスチックの哺乳瓶には煮沸できないものもあります。事前に哺乳瓶のパッケージなどで確認しておきましょう。また、乳首などゴムでできているパーツは長時間煮沸しすぎると劣化してしまうため、ゴムパーツは早めにお湯からあげるようにしましょう。

哺乳瓶の消毒方法2:電子レンジでの加熱消毒

哺乳瓶の消毒方法:電子レンジ
哺乳瓶と水を電子レンジ消毒専用のケースに入れて加熱すると、熱せられた水が蒸気となりスチームで殺菌できるのが電子レンジを利用した加熱消毒です。薬剤を使わないため、消毒薬の匂いが気になるというパパママにおすすめです。電子レンジでの消毒には外出先でも使える除菌パックもあります。荷物がかさばらず、電子レンジと水があればどこでも除菌ができるため旅行などで持って出かけるのには便利です。

哺乳瓶の加熱消毒の手順

消毒専用のケースやパックに洗った哺乳瓶、乳首など消毒したい物と水を入れ、電子レンジで5分程度温めるだけで加熱消毒が完了です。電子レンジで加熱した後に、そのまま保存できるタイプの専用ケースもあるため保管にも困りません。加熱直後は哺乳瓶自体がとても熱くなるため、哺乳瓶を冷ましてから利用しましょう。また、ケースを開けた時の蒸気でパパママが火傷する場合があるため、消毒後の哺乳瓶の取扱いには十分注意してください。

コンビ 電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょ~ずα

コンビ 電子レンジ除菌&保管ケース 除菌じょ~ずα

参考価格:2,155円
楽天で見る
Amazonで見る

コンビの哺乳瓶消毒ケースです。小物がケースの中でバラバラにならないように、専用のケースがついています。哺乳瓶を消毒してそのまま保管ケースとしても利用できます。

哺乳瓶の消毒方法3:消毒液を使った薬剤消毒

哺乳瓶の消毒方法:消毒液
専用の消毒液に哺乳瓶を漬けておくのが薬剤消毒です。消毒液は一度作ってしまえば、その日のうちは同じ消毒液で何本でも哺乳瓶を消毒することができます。そのため毎日何回も哺乳瓶を使う、完全ミルク育児や混合育児をしているパパママにはおすすめの消毒方法です

消毒液はミルトンやピジョンなど大手メーカーからも販売されており、液体タイプ、錠剤タイプ、顆粒タイプがあります。自宅では液体タイプ、外出する場合には錠剤タイプなど使用する場面で使い分けるパパママもいますね。消毒後は水ですすがなくてもそのまま使用できるというのも便利なポイントですね。

哺乳瓶の薬剤消毒の手順

まずは消毒液を作ります。商品によって水と消毒液の比率が変わるため、作る場合には薬液の説明書を確認してください。そして、消毒液に洗った哺乳瓶やパーツなどを1時間以上浸しておくだけで消毒が完了です。消毒液を水で流す必要はありませんが、薬液のにおいが気になるというパパママは水洗いしてから哺乳瓶を使うと良いでしょう

ミルトン ママセット(容器+CP36錠)

ミルトン ママセット(容器+CP36錠)

参考価格:2,199円
楽天で見る
Amazonで見る

哺乳瓶の薬液消毒に必要なタンク本体、フタ、落としブタ、トング、ミルトンCP 36錠がセットになっています。哺乳瓶6本が入る大きさなので、1日分の哺乳瓶を夜まとめて洗う方、双子を育てているママにもおすすめです。薬液消毒に必要な道具がセットになっているので、出産準備に購入しておくのも良いですね。

まとめ:1日に哺乳瓶をどれだけ使うのか、で消毒方法を選ぶのがおすすめ

まとめ:
哺乳瓶は消毒方法によって準備の手間や消毒時間が変わってきます。哺乳瓶の使用回数が少ない家庭は煮沸消毒、頻繁に利用する場合には消毒液など、それぞれの育児スタイルによって哺乳瓶の消毒方法を検討してみてくださいね!