母乳実感ちくびっていつから使えるの? 特徴とサイズ、使えるシーンを徹底解説

母乳実感ちくびとは

母乳実感ちくびとは
母乳育児は赤ちゃんの栄養面でも、母と子のコミュニケーション面でもメリットがたくさんあります。そのため、できるだけ母乳で育てたいと思っているママもいることでしょう。でも、赤ちゃんを育てていると、ママが直接おっぱいをあげられない場面や、ミルクとの混合育児が必要な場面に遭遇するもの。そんなとき、母乳育児と併用するのに適しているのが「母乳実感」という哺乳瓶です。母乳実感のちくびは、以下の3つのポイントを押さえていて、赤ちゃんがおっぱいを飲む口の動きが再現できるよう研究・開発されています。

  1. 口径が大きく、赤ちゃんがおっぱいを吸っている時と同じ形でしっかり吸着できる。
  2. 赤ちゃんが母乳をしぼり出すときの、波のような舌の動きが可能な柔らかさ、肉厚さ。
  3. 適切な量が口の中に入り、むせずにスムーズに飲み込める。

哺乳瓶の売上シェア1位(2017年ピジョン調べ)で、日本の病院・産院でもっとも多く使われているという実績も心強いですね

関連記事・リンク

どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
ピジョン公式HP

母乳実感ちくびはいつから使えるの?

母乳実感ちくびはいつから使えるの?
出産直後は母乳の出る量が安定せず、ミルクを足す必要があったり、慣れない授乳で乳首に傷ができてしまうことがあります。母乳実感ちくびには新生児に適したサイズもあるので、生まれてすぐに使用できるのがうれしいですね。

母乳実感ちくびのサイズ

母乳実感ちくびのサイズ
母乳実感ちくびは、新生児用のSSサイズから、9ヶ月以上の赤ちゃん用のLLサイズまで、5つのサイズがそろっています。その時期に適した飲み方で、適した量が飲めるように、それぞれ先端の穴の大きさや形、柔らかさが調整されています。とはいえ、表示の月齢はあくまで目安。同じ月齢でも、赤ちゃんによって成長のスピードや飲み方が違います。その子の成長や飲み方に合わせて、臨機応変にサイズを選びましょう。

新生児用:SS

生まれてすぐの新生児から使えます。飲む目安は50mlで約10分。

ピジョン 母乳実感乳首(シリコーンゴム製) 新生児から SSサイズ

ピジョン 母乳実感乳首(シリコーンゴム製) 新生児から SSサイズ

参考価格:140円
楽天で見る
amazonで見る

1ヶ月~:S

生後1ヶ月頃から使えます。飲む目安は100mlで約10分。

ピジョン 母乳実感 乳首(シリコーンゴム製) 1ヶ月から Sサイズ

ピジョン 母乳実感 乳首(シリコーンゴム製) 1ヶ月から Sサイズ

参考価格:819円
楽天で見る
amazonで見る

3ヶ月~:M

生後3ヶ月頃から使えます。飲む目安は150mlで約10分。

ピジョン 母乳実感 乳首(シリコーンゴム製) 3ヶ月から Mサイズ

ピジョン 母乳実感 乳首(シリコーンゴム製) 3ヶ月から Mサイズ

参考価格:770円
楽天で見る
amazonで見る

6ヶ月~:L

生後6ヶ月頃から使えます。飲む目安は200mlで約10分。

ピジョン 母乳実感 乳首(シリコーンゴム製) 6ヶ月から Lサイズす

参考価格:815円
楽天で見る
amazonで見る

9か月~LL

生後9ヶ月頃から使えます。飲む目安は200mlで約5分。

ピジョン 母乳実感 乳首 LLサイズ

ピジョン 母乳実感 乳首 LLサイズ

参考価格:768円
楽天で見る
amazonで見る

母乳実感ちくびを使うメリット

母乳実感ちくびを使うメリット
母乳実感ちくびは、おっぱいを飲む赤ちゃんの口の動きが再現できるように設計されています。そのため、一時的に使用しても、ママのおっぱいにスムーズに戻れるというのが最大のメリットです。ミルク育児の場合も、母乳を飲むのと同じ形、同じ飲み方ができるので、赤ちゃんが飲みやすいというメリットがあります。口径が大きいので、ミルクを入れやすいというのもうれしいポイントです。

シーン別母乳実感ちくびの活用例

シーン別母乳実感ちくびの活用例
どんなときに母乳実感を使用するといいか、シーン別に解説していきます。

1:出産直後で母乳の量が安定しないとき

母乳育児を安定させるためには、出産直後から赤ちゃんになるべくおっぱいを吸ってもらう必要があります。 でも、ママによってはなかなか母乳が出ず、ミルクを足すよう病院で指導されることも。そんなとき、母乳実感でミルクをあげながら、徐々に母乳育児を軌道に乗せていくという方法があります。また、ママも赤ちゃんも授乳に慣れていないこの時期は、ママの乳首に傷がついてしまうことも。痛みがひどいときは母乳実感を使い、おっぱいを休ませるのも一案です。

2:ママが美容院に行きたいとき

母乳は消化が良く、すぐにお腹が空いてしまいます。そのため、朝も夜も関係なく、1日中赤ちゃんにおっぱいをあげている、なんてこともありますよね。ママは美容院に行く暇もなく、髪を振り乱して赤ちゃんのお世話につきっきり…。そんなときこそ、パパの出番です! ママを美容院へと笑顔で送り出してあげましょう。そして、赤ちゃんが泣き始めたら、搾乳しておいた母乳かミルクを母乳実感の哺乳瓶で飲ませてあげましょう。完全母乳の場合、哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんもいるので、あらかじめ練習しておくとベターです。

3:体調が悪く、授乳間隔をあけたいとき

出産はママの体に大きなダメージを与えます。そのため、特に産後数週間は無理をしてはいけない期間とされています。でも、頻繁な授乳・オムツ替え、慣れない育児に睡眠不足が拍車をかけ、体調を崩すママも…。そんなときは、搾乳しておいた母乳やミルクを家族に預けて、授乳をお休みしてみましょう。数時間まとめて睡眠が取れるだけで、体力・気力ともにずいぶんと回復するものです。母乳実感ちくびならスムーズに母乳育児に戻れるので、安心ですね。

まとめ


赤ちゃんがおっぱいを飲むのは、生まれてから卒乳までのわずか1年ちょっと。その間、できるだけ母乳で育てたいというママの思いをサポートしてくれる母乳実感ちくび。うまく活用して、限られた時間を無理なく、ハッピーに過ごしたいものですね。