赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別の平均時間や特徴を見てみよう

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい?


生まれたばかりの赤ちゃんは、1日の大半を眠って過ごすため「眠り過ぎでは?」と不安に感じるパパママもいるでしょう。しかし、赤ちゃんの睡眠時間は成長とともに短くなり、次第に起きている時間が長くなります。参考までに、月齢別の赤ちゃんの平均睡眠時間と睡眠の特徴を表で見てみましょう。

月齢 1日の合計睡眠時間 睡眠の特徴
0ヶ月 16~20時間 1~2時間の覚醒と1~4時間の睡眠を繰り返す
3ヶ月 14~15時間 連続して3~4時間眠るようになる
6ヶ月 13~14時間 連続して6~8時間睡眠をとる
2~4時間の昼寝を1~2回するようになる 
1~3歳 11~12時間 1日の睡眠時間のほとんどを夜間にとるようになる
1.5~3.5時間の昼寝を1回程度

未就学児の睡眠指針(未就学児の睡眠・情報通信機器使用研究班)

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳ごろまでは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかを見通せるように、まとめて解説します!
子供の理想的な睡眠時間と平均睡眠時間は? 子供の睡眠不足を解消したい!
子供の理想的な睡眠時間と平均睡眠時間は? 子供の睡眠不足を解消したい!
子供の睡眠時間は年齢によって、必要とされる時間が決まっています。我が子がきちんと眠れているか気になるパパママは多いもの。睡眠時間が足りない場合の改善策や、「そうは言っても難しい!」というママたちの声も紹介します。

月齢別睡眠の特徴と生活スケジュール

新生児期(生後1ヶ月未満)の赤ちゃんは、日中のほとんどを眠って過ごします。しかし、成長して昼夜の区別がつくころになると、夜眠る時間が長くなってきます。睡眠の変化にともなって、1日の過ごし方も違ってくるでしょう。赤ちゃんの月齢別で睡眠にどんな特徴があるのか、生活スケジュールとあわせてご説明します。

生後0ヶ月(新生児期)ごろの赤ちゃん

新生児期にあたる生後0ヶ月は、1日の大半を眠って過ごします。昼夜の区別がまだなく、睡眠間隔もばらばらです。そのため、眠る時間や起きる時間が日によって違います。眠りが浅く物音ひとつで起きてしまうのも特徴です。人の睡眠には、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠が存在します。大人の場合、レム睡眠が全体の15~20%のため、途中で起きることがあまりありません。しかし、0ヶ月の赤ちゃんは浅い眠りのレム睡眠が全体の50%を占めるとされています。そのため、少しの物音だけでビクッと起きてしまうのです。

0ヶ月の赤ちゃんは起こさなくても基本的にお腹が減ったり、おしっこやうんちが出たりした時に起きます。パパママは昼夜問わず起きる赤ちゃんにあわせてお世話が必要になるので、寝不足になりがちです。パパママが育児疲れで倒れてしまわないように、赤ちゃんが眠っている時は仮眠をしたり休息を取ったりして体を労わりましょう。1ヶ月健診が終わるころになると、だんだん一度に眠る時間や起きている時間がまとまってきますよ。

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、新生児の赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょうか? 新生児期を経て、育児の悩みや不安が増えてくるころでもあります。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長や育児のポイント、母乳不足や発熱などの対応方法などもご紹介します。

生後3月ごろの赤ちゃん


生後3ヶ月を過ぎると、少しずつ昼夜の区別がついてきます。1日平均して14~15時間眠り、一度の睡眠時間も長くなってくるでしょう。お昼寝や夜間のまとまった睡眠など、少しずつ生活リズムもできてきます。夜間のミルクや授乳などがまだ必要ですが、中には夜中1度も起きずに朝を迎える赤ちゃんもいます。ミルクや母乳が1日通して必要量とれていて、体重も増えているようなら無理に起こす必要はないですよ。生活リズムを正しく整えるために「朝はカーテンを開けて部屋を明るくする」「夜は電気を消して眠りやすい環境を作る」など、昼夜の区別がつきやすいように環境を整えるように意識してください。

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発達のポイント! 身長や体重、睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発達のポイント! 身長や体重、睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんはどのくらい身長・体重が増えるのでしょうか? 授乳回数や睡眠・排便の特徴などを見てみましょう。生後3ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイントや遊び方も解説します。

生後6ヶ月ごろの赤ちゃん


生後6ヶ月ごろの1日の睡眠時間は、平均13~14時間です。昼夜の区別がはっきりして、日中のほとんどを起きて過ごします。寝返りをマスターし早ければお座りができる赤ちゃんもいて、日々成長を感じられるでしょう。たくさん日中遊んだ日は夜ぐっすり眠ることが増え、パパママの寝不足も少し和らぐ時期です。この月齢になると、離乳食も始まり赤ちゃんの体内時計も整ってきます。昼寝の時間や食事の時間が決まってくるので、1日のスケジュールが立てやすくなるでしょう。

また6ヶ月ごろは、夜泣きが始まることも多い時期です。夜泣きをして夜間の睡眠が減ってしまう分、昼寝が多くなるなど夜泣きの時期ならではの睡眠サイクルの変化が起こる可能性もあります。パパママは夜眠れないといった状態に逆戻りするので、お昼寝にあわせて睡眠をとったり、夫婦で夜間のお世話を交代したりしましょう。

赤ちゃんのねんねトレーニングはいつから? おすすめ本や体験談を紹介
赤ちゃんのねんねトレーニングはいつから? おすすめ本や体験談を紹介
赤ちゃんの睡眠リズムを整えるための「ねんねトレーニング」(略してネントレ)。「ねんねトレーニング」は、いつから始めるのがいいのでしょうか。また、ねんねトレーニングは赤ちゃんの成長に影響はないのか、気になることを調べてみました。
赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 原因やイライラしない対処策
赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 原因やイライラしない対処策
覚悟していたとはいえ、赤ちゃんの夜泣きが始まると体力的にもつらいものがありますよね。「いつからいつまで続くのだろう...」不安に思うママも多いのではないでしょうか? 本記事では赤ちゃんの夜泣きの原因や対処法を解説。先輩ママたちの乗り越え方も紹介します!
赤ちゃんがハイハイするのはいつから? しない理由や練習方法5選も紹介
赤ちゃんがハイハイするのはいつから? しない理由や練習方法5選も紹介
赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後8ヶ月ごろからと言われますが、個人差があるものです。なかなかハイハイしないとパパママも心配にもなるでしょう。ハイハイしない赤ちゃんや練習方法についてもご紹介します。

1歳ごろの赤ちゃん


1歳ごろの1日の睡眠時間は11~12時間。昼寝の時間がお昼ご飯を食べてからなど、赤ちゃんの生活スケジュールも整いはじめます。昼寝は1日1回程度、1.5~3.5時間と短くなり日中は活発に動いて遊ぶことが増えます。夜はまとめて眠りますが、日によっては昼寝時間が長かったり夕方に疲れて眠ってしまったりすると、就寝が遅くなることもあるでしょう。1歳を過ぎると、いろいろな場所にお出かけも楽しくなる時期ですよね。生活リズムが崩れないように、普段のお昼寝時間は移動にあてるなど工夫をしてみましょう。

種類豊富な赤ちゃん用プレイマットの選び方! おすすめ10選を紹介
種類豊富な赤ちゃん用プレイマットの選び方! おすすめ10選を紹介
赤ちゃんを安心して遊ばせられるスペースや部屋づくりをしたいと思っているパパママには、プレイマットがおすすめです。プレイマットにはさまざまなタイプがあるので、用途に合ったプレイマットの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

次のページでは赤ちゃんの睡眠に関する悩みに答えます!

続きを読む
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!