赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい?

月齢 1日の合計睡眠時間 お昼寝の回数
0ヶ月 15~20時間 約6回
1~2ヶ月 14~15時間 約5回
3~4ヶ月 13~14時間 約4回
5~7ヶ月 12~13時間 約3回
8~10ヶ月 11~13時間 約2回
1歳 10~12時間 約1回

多くの赤ちゃんは、1日の大半を眠って過ごすため「眠り過ぎでは?」と不安に感じるパパママも多いのではないでしょうか。赤ちゃんの睡眠時間は成長とともに短くなり、次第に起きている時間が長くなります。参考までに、赤ちゃんの睡眠時間とお昼寝の回数を、月齢が0ヶ月から1歳別でわかりやすく表にしてみました。

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳ごろまでは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかを見通せるように、まとめて解説します!
子供の理想的な睡眠時間と平均睡眠時間は? 子供の睡眠不足を解消したい!
子供の理想的な睡眠時間と平均睡眠時間は? 子供の睡眠不足を解消したい!
子供の睡眠時間は年齢によって、必要とされる時間が決まっています。我が子がきちんと眠れているか気になるパパママは多いもの。睡眠時間が足りない場合の改善策や、「そうは言っても難しい!」というママたちの声も紹介します。

月齢別睡眠の特徴と生活スケジュール

新生児期(生後1ヶ月未満)の赤ちゃんは日中のほとんどを眠って過ごしますが、少しずつ昼夜の区別がつき、眠る時間が長くなります。月齢に合わせて1日の過ごし方も少しずつ変わってくるので、お世話をするパパママも生活スケジュールが整ってきます。赤ちゃんの月齢別で睡眠にどんな特徴があるのか、生活スケジュールも一緒に詳しく見ていきましょう。

0ヶ月の新生児期の赤ちゃん

新生児期の0ヶ月は、1日に約20時間近く眠って過ごします。この時期の赤ちゃんは、眠りが浅く物音ひとつで起きてしまうがの特徴です。通常、深い睡眠のノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠がバランスよく起こり、まとまった睡眠時間を作ります。大人の場合、レム睡眠が全体の15~20%のため、途中で起きることがほぼありません。しかし、0ヶ月の赤ちゃんはレム睡眠が全体の50%を占めているといわれており、少しの物音だけでビクッと起きてしまうのです。0ヶ月の赤ちゃんは基本的に母乳やミルク、おしっこやうんちなどしたときに起きます。そのため、育児をするパパママも昼夜問わず赤ちゃんが起きてしまい、寝不足が続きがち……。パパママが育児疲れで倒れないよう、赤ちゃんの生活スケジュールに合わせて活動しましょう。

生後1~2ヶ月の赤ちゃん


生後1ヶ月~2ヶ月頃の赤ちゃんは新生児期と比べると、日中起きている時間が少し増えます。1ヶ月健診が終わり少しすると、昼夜の区別がつき始めるため、3時間ほど眠り3時間ほど起きるなど、眠る時間がまとまってきます。とはいえ、生まれてから1ヶ月では、睡眠のリズムが整っていません。新生児期のように浅い眠りが続くため、小さな物音にビックリして起きてしまうこともあるでしょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、新生児の赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょうか? 新生児期を経て、育児の悩みや不安が増えてくるころでもあります。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長や育児のポイント、母乳不足や発熱などの対応方法などもご紹介します。

生後3~4ヶ月の赤ちゃん


生後3ヶ月~4ヶ月の赤ちゃんは、1日平均13~14時間の睡眠時間です。昼寝も1日3回~4回と定まってきて、日中起きている時間が長い分、夜にまとまって眠るようになります。この月齢になると、夜中1度も起きずに朝を迎える赤ちゃんもいるでしょう。夜間の授乳が気になるところですが、ぐっすり眠っているなら無理に起こすことはありません。ただし「朝はカーテンを開けて部屋を明るくする」「夜は電気を消して眠りやすい環境を作る」ことで、少しずつ昼夜の区別をパパママが意識させることも大切です。

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発達のポイント! 身長や体重、睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発達のポイント! 身長や体重、睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんはどのくらい身長・体重が増えるのでしょうか? 授乳回数や睡眠・排便の特徴などを見てみましょう。生後3ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイントや遊び方も解説します。

生後5~7ヶ月の赤ちゃん


生後5ヶ月~7ヶ月頃になると、赤ちゃんの一日の睡眠時間は12~13時間となり、日中のほとんどを起きて過ごします。寝返りをマスターし、早ければおすわりができるなど赤ちゃんの成長を日々感じられる時期でもあります。

この月齢になると、赤ちゃんの体内時計が整ってくるため昼寝の時間や授乳や離乳食の時間が定まってきます。赤ちゃんの生活スケジュールが目に見えてわかるため、パパママの寝不足も少しずつ解消されることでしょう。

生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつ? 離乳食や夜泣き対策を解説
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつ? 離乳食や夜泣き対策を解説
赤ちゃんが生後5ヶ月になると、首がすわって寝返りができる子も出てきます。離乳食が始まる、夜泣きするなど育児の悩みも変化してくるころです。生後5ヶ月の赤ちゃんの身長・体重など成長と発達、離乳食を始めるタイミングや夜泣き対策、過ごし方のポイントを解説します!
赤ちゃんのねんねトレーニングはいつから? おすすめ本や体験談を紹介
赤ちゃんのねんねトレーニングはいつから? おすすめ本や体験談を紹介
赤ちゃんの睡眠リズムを整えるための「ねんねトレーニング」(略してネントレ)。「ねんねトレーニング」は、いつから始めるのがいいのでしょうか。また、ねんねトレーニングは赤ちゃんの成長に影響はないのか、気になることを調べてみました。

生後8~10ヶ月の赤ちゃん


生後8ヶ月~10ヶ月頃になると、11~13時間。昼寝は1一日に2回ほどになります。ハイハイや伝い歩きなど、赤ちゃんは体をたくさん使って部屋中を動き回って遊び始めます。五感をたっぷり使った行動が多くなるためか、夜泣きや寝る時間帯になるとグズグズしてしまう赤ちゃんもいるでしょう。これらについて、明確な原因はわかっておりませんが、夜泣きは日中見たものなどが夢に出てくるともいわれています。赤ちゃんの生活リズムは整ってきますが、夜泣きなどがはじまると昼寝の時間が長くなってしまうことも……。パパママも育児になれてくる頃とはいえ、疲れがみえ始める時期でもあるので、赤ちゃんの昼寝に合わせて一緒に休むことも大切です。

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 原因やイライラしない対処策
赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 原因やイライラしない対処策
覚悟していたとはいえ、赤ちゃんの夜泣きが始まると体力的にもつらいものがありますよね。「いつからいつまで続くのだろう...」不安に思うママも多いのではないでしょうか? 本記事では赤ちゃんの夜泣きの原因や対処法を解説。先輩ママたちの乗り越え方も紹介します!
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後7~8ヶ月といわれますが、赤ちゃんによってかなり個人差があります。「うちの子はなかなかはいはいしない!大丈夫?」と心配するパパママに、赤ちゃんがハイハイをする理由やしない赤ちゃんについてなど、ハイハイについての基礎知識をご紹介します。

生後11ヶ月~1歳の赤ちゃん


赤ちゃんが1歳頃になると、1日の睡眠時間は10~12時間。日中は昼寝の時間以外、授乳や離乳食、排泄や遊びなどして過ごします。昼寝の時間がお昼ご飯を食べてからなど、赤ちゃんの生活スケジュールも整いはじめます。多くの赤ちゃんは、夜まとまって眠ってくれますが、昼寝時間が長かったり夕方疲れて眠ってしまうと就寝時間がずれてしまうこともあるでしょう。昼寝の時間によって生活リズムが崩れてしまうこともあるので、パパママは午前中に一緒に遊んであげるとお昼寝の時間が遅くなる心配が減りますよ。

種類豊富な赤ちゃん用プレイマットの選び方! おすすめ10選を紹介
種類豊富な赤ちゃん用プレイマットの選び方! おすすめ10選を紹介
赤ちゃんを安心して遊ばせられるスペースや部屋づくりをしたいと思っているパパママには、プレイマットがおすすめです。プレイマットにはさまざまなタイプがあるので、用途に合ったプレイマットの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

次のページでは赤ちゃんの睡眠についてのママの悩みと、各家庭で実践した解決方法をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!