新生児・赤ちゃんとのおでかけはいつから? 外出時の持ち物と注意点は? 外気浴の方法も紹介

新生児・赤ちゃんの初めての外出はいつ?


赤ちゃんとの初めての外出は、生後1ヶ月健診になることが多いです。生後28日未満の新生児の赤ちゃんは、免疫力が低いため病気にかかりやすく、少しの気温や環境の変化でも疲れて体調を崩してしまうことがあります。そのため、生後1ヶ月健診まではなるべく外出を控えましょう。また、産後はママの体調も万全ではないため、できるだけ自宅で過ごすことが大切です。

どうしても赤ちゃんと外出しなければいけない時は、新生児から使える抱っこ紐やA型ベビーカーが必要になります。その場合も外出は短時間で済ませられるようにしましょう。

生後2ヶ月頃から徐々に外出が可能に!


生後1ヶ月健診で医者から外出許可が出ても、急に長時間のおでかけをしていいわけではありません。まずは外気浴からスタートし、慣れてきた生後2ヶ月頃から少しずつおでかけが可能になります。

生後1ヶ月頃から始める「外気浴」の方法


外気浴は、まず自宅の窓を開けて室内で外気浴をすることから始めます。その際は、窓からの直射日光や風が、赤ちゃんに直接当たらないように気をつけましょう。徐々に外気浴の時間を増やしたり、ベランダに出てみたりと少しずつ慣らしていきます。慣れてきたら家の周りを1周散歩する、近所のスーパーへ買い物に行くなど、1日1回数分程度の外気浴を取り入れてみましょう。

このように毎日決まった時間に外気浴を行うことで、赤ちゃんの生活のリズムも整ってきます。天気が悪い日や風が強い日などは赤ちゃんの負担となるため外気浴は控えてくださいね。

赤ちゃんとの外出で注意するポイントは?


新生児の赤ちゃんと外出する際は、どのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。

赤ちゃんの体調を優先して

赤ちゃんと外出する際は、赤ちゃんの体調がいいかを必ず確認してください。赤ちゃんの体調は急に変わることもあります。外出の際は、母子手帳や保険証を持ち歩くようにしましょう。

室内と屋外の温度差が少ない時間帯に外出する

新生児の赤ちゃんはまだ体温調整をする機能が十分に発達していません。そのため屋外と屋内の温度差で体調を崩してしまうこともあります。赤ちゃんと外出する際は、室内と屋外の温度差が少ない時間帯に出かけるようにしましょう

夏なら気温が上がる前の涼しい午前中、冬は昼過ぎの暖かい時間帯など、赤ちゃんに負担がかかりにくい時間に外出するようにしてください。また、外出時の服装は、春や秋であれば家にいる時の服装の上におくるみやガーゼなどで調節すると良いでしょう。夏は吸収性のある肌着を着せて、帽子などで直射日光が当たらないようにし、冬は重ね着をして体温調節をおこないましょう。

長時間の外出や人混みは避ける

新生児の赤ちゃんのお出かけは、長時間の外出や人が多くいる場所へ連れていくことはできるだけ避けるようにしましょう。新生児の赤ちゃんは疲れやすく、長時間の外出は生活のリズムが崩れ、慣れない環境や外気の刺激は負担にもなります。また、人が多くいる駅やスーパー、子供がたくさん集まる場所に連れていくと、免疫力の弱い赤ちゃんは病気をもらってしまう可能性もあります。外出時間は30分~1時間以内を目安にし、人混みは避けるように気をつけましょう

車移動で長時間のチャイルドシートが負担に

新生児の赤ちゃんは首が据わっていないため、新生児対応のベビーシートを必ず使用し、安全に赤ちゃんを車に乗せましょう。ベビーシートは、新生児から1歳頃まで使用する補助装置です。赤ちゃんをベビーシートに乗せていても、長時間の車移動は赤ちゃんの負担になりますので、利用する際は、赤ちゃんの生活リズムに合わせて機嫌の良い時間帯に乗せるようにします

もし、長距離の移動になった場合は、赤ちゃんが疲れないよう1時間に1回の休憩を挟むなど、赤ちゃんの体調を優先して移動しましょう。また車での外出のポイントとして、渋滞の時間帯を避け、休憩時間も含めた余裕のあるスケジュールで移動することが大切です。

産後にママだけでお出かけしたい! パパと赤ちゃんが初めて留守番する時の注意点は?
産後にママだけでお出かけしたい! パパと赤ちゃんが初めて留守番する時の注意点は?
ママは出産後1ヶ月は安静にと言われますが、ママだって1人でお出かけしたいですよね。「産後ママはいつからお出かけしていいの?」「ママだけでお出かけしてパパと赤ちゃんはお留守番できるの?」など、お出かけしたいママのお悩みを解決します!

赤ちゃんとおでかけする時の持ち物は?

  • おむつ替えセット(おむつ、おしりふき、おむつ用ごみ袋、おむつ替えシート※バスタオルでも代用可)
  • 授乳セット(授乳ケープ、哺乳瓶、粉ミルク、白湯)
  • お着替えセット(肌着、洋服、スタイ)
  • タオル
  • ガーゼハンカチ
  • おくるみ
  • 抱っこ紐
  • おもちゃ
  • 通院セット(母子手帳、保険証、医療証、診察券)

新生児の赤ちゃんとの外出は、荷物が多くなるので出かける日が決まっている場合は、事前にお出かけセットを作っておくと良いでしょう。外出先で買えば良いと思っていても、なかなかお店が見つからなかったり、欲しいものがなかったり、サイズがなかったりという場合があります。慣れないうちは、お出かけ直前に慌てないよう準備しておくと安心です。

必要な持ち物は、両手が空くリュック型やショルダー型のマザーズバッグに入れると良いでしょう。両手が空いていれば、赤ちゃんをすぐ抱っこできるというメリットがあります。

赤ちゃんはまだ温度調節ができないため、必要な持ち物以外にも季節や気温によっては、暑さ対策や寒さ対策の準備をして外出してくださいね。

おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
ベビー用品として人気なおくるみ。赤ちゃんをおくるみで包み込んであげることで、赤ちゃんを安心させる効果があります。赤ちゃんがおくるみですっぽり包まれている姿も可愛いですよね。この記事では、おくるみのメリットや選び方、おすすめのおくるみをご紹介します。

まとめ


新生児の赤ちゃんの外出について、時期や注意点をご紹介しました。新生児の赤ちゃんは免疫力も弱いため、ちょっとした気温差でも疲れやすく、その日の機嫌や体調をみておでかけするようにしてくださいね。赤ちゃんの生活リズムを崩さないよう、遅くなりすぎないように帰ってきましょう。

赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 首すわり前後の注意点や先輩ママの体験談を紹介
赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 首すわり前後の注意点や先輩ママの体験談を紹介
生まれたばかりの赤ちゃんは頭を首で支えることはできませんが、生後1ヶ月頃から首の筋肉が発達し、徐々に首がすわるようになります。首すわりが始まる時期や首すわり前後の注意点を紹介します。
紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
初めての育児では、赤ちゃんにどんなおむつを選べば良いのか悩んでしまいますよね。おむつメーカーによって、素材や価格、機能性などが異なります。おむつのサイズアップの時期、テープタイプからパンツタイプに切り替えるタイミング、おむつをはずす時期についてご紹介します。
【助産師監修】新生児の赤ちゃんが手足をバタバタする理由は?寝ない・泣き止まない時の対処法を紹介!
【助産師監修】新生児の赤ちゃんが手足をバタバタする理由は?寝ない・泣き止まない時の対処法を紹介!
新生児の赤ちゃんが手足をバタバタする姿は可愛いですが、あまりに激しいと、どこか痛いの? 大丈夫? とパパママは心配になることもあるでしょうか? 赤ちゃんが手足をバタバタする理由や寝ない・泣き止まない時の対処法、注意点を助産師の池田なおみ先生に聞きました。
乳児が笑うのはいつから? 乳児が笑う理由や笑顔の意味、笑わせる方法を紹介
乳児が笑うのはいつから? 乳児が笑う理由や笑顔の意味、笑わせる方法を紹介
1歳未満の乳児は、いつごろから笑うようになるのでしょうか? ときどき見られるかわいい笑顔はなぜ笑っているのでしょうか? 低月齢のころを中心に乳児が笑う時期や理由、笑わせ方を解説します。
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!