新生児の赤ちゃんはいつから外出できるの? 外出時の持ち物と注意点は?

新生児の赤ちゃんの初めての外出はいつから?

初めての新生児の赤ちゃんの外出は「生後1ヶ月健診」

生後28日未満の新生児の赤ちゃんは、免疫力が低いため病気にかかりやすく、少しの気温や環境の変化でも疲れて体調を崩してしまうこともあります。赤ちゃんとの初めての外出は、生後1ヶ月健診になる場合が一般的。生後1ヶ月健診で医者から外出許可が出てから、お出かけをするようにしましょう。また、生後1ヶ月健診まではママの体調も万全ではないため、できるだけ外出は控えて自宅で過ごしましょう。

関連記事

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 特徴や発達について
【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介

どうしても新生児の赤ちゃんと外出しなければいけない場合は?


生後1ヶ月健診以前でも、買い物などで外出しなければいけないこともあります。しかし、新生児の赤ちゃんはまだ首が据わっておらず、外出の際には新生児用の抱っこ紐や新生児対応のA形ベビーカーが必要になります。

関連記事

ベビーカーの選び方のポイントを徹底解説!アップリカ?コンビ?おすすめベビーカー10選

新生児の赤ちゃんとの外出時の注意点は?


新生児の赤ちゃんと外出する際は、どのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。以下の注意点に加えて、その日の赤ちゃんの体調にも気をつけて外出するようにしましょう。

まずは外気浴をして外の刺激に慣れさせる

外出する前に、まずは外気浴から始めましょう。「外気浴」とは、外の空気に触れさせ、気温の変化や外気の刺激に慣れさせるためにおこなうものです。外気浴は、生後3週間頃から可能で、まずは自宅の窓を開けて室内で外気浴をすることから始めます。その際には、窓からの直射日光や風が、赤ちゃんに直接当たらないように気をつける必要があります。

室内での外気浴に慣れてきたら、赤ちゃんを抱っこしてベランダや庭、玄関先に出てみるのも良いでしょう。そして、ベランダでの外気浴に慣れてきたら家の周りを1周散歩してみるなど、1日1回数分程度の外気浴を取り入れてみましょう。このように毎日決まった時間に外気浴をおこなうことで、赤ちゃんの生活のリズムも整ってきます。ただし、天気が悪い日や風が強い日などは赤ちゃんの負担となるため外気浴をおこなうのは控えましょう。

長時間の外出や人混みは避ける

新生児の赤ちゃんのお出かけは、長時間の外出や人が多くいる場所へ連れていくことはできるだけ避けるようにしましょう。新生児の赤ちゃんは疲れやすく、長時間の外出は生活のリズムが崩れ、慣れない環境や外気の刺激は負担にもなります。また、人が多くいる駅やスーパー、子供がたくさん集まる場所に連れていくと、免疫力の弱い赤ちゃんは病気をもらってしまう可能性もあります。外出時間は30分〜1時間以内を目安にし、人混みは避けるように気をつけましょう

室内と屋外の温度差が少ない時間帯に外出する

新生児の赤ちゃんはまだ体温調整をする機能が十分に発達していません。そのため屋外と屋内の温度差で体調を崩してしまうこともあります。赤ちゃんと外出する際は、室内と屋外の温度差が少ない時間帯に出かけるようにしましょう

夏なら気温が上がる前の涼しい午前中、冬は昼過ぎの暖かい時間帯など、赤ちゃんに負担がかかりにくい時間に外出するようにしてください。また、外出時の服装は、春や秋であれば家にいる時の服装の上におくるみやガーゼなどで調節すると良いでしょう。夏は吸収性のある肌着を着せて、帽子などで直射日光が当たらないようにし、冬は重ね着をして体温調節をおこないましょう。

関連記事

これでもう迷わない! 月齢別赤ちゃんの服装の選び方

赤ちゃんと車でお出かけする時は長時間の移動を避ける

新生児の赤ちゃんは首が据わっていないため、新生児対応のベビーシートを必ず使用し、安全に赤ちゃんを車に乗せましょう。ベビーシートは、新生児から1歳頃まで使用する補助装置です。赤ちゃんをベビーシートに乗せていても、長時間の車移動は赤ちゃんの負担になりますので、利用する際は、赤ちゃんの生活リズムに合わせて機嫌の良い時間帯に乗せるようにします

もし、長距離の移動になった場合は、赤ちゃんが疲れないよう1時間に1回の休憩を挟むなど、赤ちゃんの体調を優先して移動しましょう。また車での外出のポイントとして、渋滞の時間帯を避け、休憩時間も含めた余裕のあるスケジュールで移動することが大切です。

関連記事

新生児用ベビーシートって? 種類は? 何歳から何歳まで? おすすめ5選を紹介

新生児の赤ちゃんの初めてのお出かけ時に用意する物は?


新生児の赤ちゃんとの外出は、荷物が多くなるので出かける日が決まっている場合は、事前にお出かけセットを作っておくと良いでしょう。外出先で買えば良いと思っていても、なかなかお店が見つからなかったり、欲しいものがなかったり、サイズがなかったりという場合があります。慣れないうちは、お出かけ直前に慌てないよう準備しておくと安心です。

必要な持ち物は、両手が空くリュック型やショルダー型のマザーズバッグに入れると良いでしょう。両手が空いていれば、赤ちゃんをすぐ抱っこできるというメリットがあります。初めての外出に必要な持ち物を以下に紹介しますので、参考にしてください。

必要な持ち物

  • おむつ替えセット(おむつ、おしりふき、おむつ用ごみ袋、おむつ替えシート※バスタオルでも代用可)
  • 授乳セット(授乳ケープ、哺乳瓶、粉ミルク、白湯)
  • お着替えセット(肌着、洋服、スタイ)
  • タオル
  • ガーゼハンカチ
  • おくるみ
  • 抱っこ紐
  • おもちゃ
  • 通院セット(母子手帳、保険証、医療証、診察券)

赤ちゃんはまだ温度調節ができないため、必要な持ち物以外にも季節や気温によっては、暑さ対策や寒さ対策の準備をして外出してください。

関連記事

マザーズバッグはおしゃれなものを選びたい。セレブママにおすすめのブランド20選
おくるみは何歳から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
おすすめ抱っこ紐10選!抱っこひも選びで知っておくべきポイントとは?
紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
赤ちゃん用おしりふきのおすすめ10選! 選ぶポイントは? トイレに流していいの?
赤ちゃんに湯冷ましは飲ませるべき? ミネラルウォーターは使えない? 湯冷ましの作り方を紹介
おむつ替えシートの選び方! 防水加工や使い捨てなどおすすめ10選を紹介

まとめ


新生児の赤ちゃんの外出について、時期や注意点をご紹介しました。新生児の赤ちゃんは免疫力も弱いため、ちょっとした気温差でも疲れやすく、その日の機嫌や体調をみておでかけするようにしましょう。