母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?

混合育児は、母乳と粉ミルクを併用する授乳方法

混合育児は、母乳と粉ミルクを併用する授乳方法
混合育児は母乳と粉ミルクを併用し、混合栄養で育児をしていく方法です。産後なかなか母乳が出なくて粉ミルクで栄養を補う場合や、仕事や病気などの理由で赤ちゃんを実家や保育園に預ける予定がある場合に、混合育児に取り組む人が多いのではないでしょうか。
出産後も仕事に復帰するママが珍しくなくなった現代において、混合育児のニーズがより一層高まってきています。

出産後のママの完全母乳育児・混合育児・完全粉ミルク育児の割合は?

出産後のママの母乳育児・混合育児・粉ミルク育児の割合はどれくらいなのでしょうか。産後1ヶ月と3ヶ月のそれぞれの推移について見ていきましょう。

1ヶ月 3ヶ月
母乳育児 51.3% 54.7%
混合育児 45.2% 35.1%
粉ミルク育児 3.6% 10.2%

※授乳・離乳の支援ガイドの調査による2015年の調査データを抜粋
産後1ヶ月頃は母乳の出が安定しないため、粉ミルクの助けを借りながら混合育児をしているママの割合が多いですが、産後3ヶ月頃になると母乳育児か粉ミルク育児どちらかがメインのママが多くなり、混合育児の割合が少なくなっていることがわかります。

どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
完全粉ミルク育児のメリット・デメリットを紹介!
最近は母乳で育てたいというママも多いでしょうか。完全粉ミルク育児にもメリットはたくさんありますよ! 粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、アレルギーになりやすい? 肥満になりやすい? など、ママが不安に思う情報についても解説していきます。

混合育児の栄養は?

「赤ちゃんは母乳を通して母親から免疫を与えられる」という話を聞いたことがありますか。こんな話を聞くと、「粉ミルクでは十分な免疫を与えられていないのではないか」と不安になるかもしれませんね。
しかし厚生労働省が発行している「授乳・離乳の支援ガイド」2019年版では、複数の研究結果を踏まえ「母乳によって子供のアレルギーを予防する効果はない」と結論づけています。つまり100%母乳のみでないと赤ちゃんに免疫がつかないということはないのです。
粉ミルクには母乳に少ないビタミンK・ビタミンDが多く含まれているため、母乳だけでは不足しがちな栄養も取り入れられます。
混合育児は母乳から免疫物質、粉ミルクから安定したバランスのいい栄養を取り入れられる、まさに「いいとこどり」な授乳方法と言えるのです。

母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。

混合育児のメリットとは

混合育児は赤ちゃんの栄養面だけではなく、ママの生活面にもメリットがあります。詳しく見ていきましょう。

混合育児は家族の育児参加を促す

混合育児は家族の育児参加を促す
授乳に粉ミルクを取り入れると、パパや祖父母など他の家族が育児に参加することができます。
他の家族が粉ミルクで授乳をすることができれば、ママの身体的な負担が軽くなるだけではなく、赤ちゃんを預けて気分転換に外出することもできますね。
また赤ちゃんによっては生後6ヶ月頃から人見知りをするようになりますが、生後3ヶ月頃までに授乳で1日1回でも赤ちゃんと親密なコミュニケーションをとっておくと、その人は人見知りの対象になりにくいと言われています。

夫婦共働き世帯で家事分担する時のポイント! 妻が夫にストレスをためない方法は?
夫婦共働き世帯で家事分担する時のポイント! 妻が夫にストレスをためない方法は?
夫婦共働き世帯が増え、家事も男女で分担する家庭が増えています。「男は仕事、女は家庭」という時代から、女性も働き、男性も家事をしていく時代です。パパママの家事分担がうまくできていないと悩む家庭も多いのではないでしょうか。家事分担のポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。
生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
0歳も半分が過ぎる生後6ヶ月。できることも増えてきますが、寝返りやおすわりができないことに悩んでいませんか? 同じ月齢の赤ちゃんの成長する姿を見ると「うちの子はどうかな?」と心配になりますよね。生後6ヶ月の赤ちゃんの成長発達の目安やお世話のポイントを詳しく解説します!

混合育児は産後うつの予防にも

母乳育児の悩みとして、頻繁な授乳のためママの体が休まらない、病気になったときに服用できる薬が限られるため治りにくい等があります。
そんなとき粉ミルクでも授乳ができると、ママも体を休ませて回復することができますよね。
また「母乳で育てないと子供に悪影響」という母乳神話を未だに信じている周囲の人からのプレッシャーもある程度かわすことができるので、ママの精神状態を比較的良好に保つことができるでしょう。

ひょっとして私、育児ノイローゼ? 症状と原因、ストレス軽減、予防法や対処法について
ひょっとして私、育児ノイローゼ? 症状と原因、ストレス軽減、予防法や対処法について
育児中のママが注意したいのが育児ノイローゼです。子供が泣き止まない、ミルクを飲まない、ご飯を食べない、夜寝てくれない。子育ての不安や孤独、イライラ、ストレスから育児ノイローゼにかかる人は少なくありません。そんな育児ノイローゼについて、ママである筆者の実体験も踏まえて解説します。
マタニティブルーは産後に起こる? 妊娠・産後うつとの違いや対処法 パパもある?
マタニティブルーは産後に起こる? 妊娠・産後うつとの違いや対処法 パパもある?
「マタニティブルー」とは妊娠中になるものなのでしょうか? それとも産後? どういった症状がでるとマタニティブルーになるのか、妊娠・産後うつとはどう違うのでしょうか? マタニティブルーの症状や対処法、パパのマタニティブルー(パタニティブルー)についても説明します。

災害時にどちらの授乳方法も選べる

災害時にどちらの授乳方法も選べる
混合育児をしていると、その時の状況にあった授乳方法を選ぶこともできます。
たとえば被災して避難所に滞在している間、すぐに粉ミルクが手に入らない場合には母乳で授乳できますし、授乳スペースが見当たらなかったり、ストレスで母乳が出にくくなってしまった場合には粉ミルクで授乳することができますね。
2019年より液体ミルクが日本でも発売されるようになり、粉ミルクの利便性が更に上がりました。
筆者も実際に利用していますが、外出時に子供が急にぐずったときや食事処での授乳などに大変重宝しています。
液体ミルクは紙パックや缶の粉ミルクを哺乳瓶に注ぐだけで授乳ができるので、災害時の避難グッズにぜひ用意しておきたいですね。

母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。
液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント
液体ミルク「アイクレオ」と「ほほえみ」の違い! 液体ミルクを飲ませる時に知っておきたいポイント
日本でも江崎グリコと明治から液体ミルクの販売が開始されましたね。液体ミルクは外出時や災害時などに便利と言われていますが、粉ミルクに比べるとどんな点で便利なのでしょうか。液体ミルクの特徴やメリット・デメリットについても紹介していきます。

混合育児のデメリットとは

混合育児は「母乳育児と粉ミルク育児のいいとこどり」というお話をしてきましたが、実は不便な点もあります。混合育児のデメリットについても確認しておきましょう。

粉ミルク代がかかる・手間がかかる

ルク代がかかる・手間がかかる
完全な粉ミルク育児より少ないとはいえ、混合育児でも粉ミルク代はそれなりにかかります
月齢や個人の飲む量にもよりますが、筆者の子供の場合は1ヶ月に約5,000~10,000円かかっていました。
また母乳を飲ませてから粉ミルクで授乳するという流れだったので授乳に時間もかかりましたし、授乳後も哺乳瓶の消毒をしなければいけません。外出時の荷物も授乳ケープと調乳グッズを持ち歩かなければならず、何かと手間がかかるのは事実です。

粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは月齢や赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんに合ったものを選ぶ必要があります。でも種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、粉ミルクの種類や選ぶ時の注意点、そして選ぶポイントについてご紹介したいと思います。
新生児・赤ちゃんとのおでかけはいつから? 外出時の持ち物と注意点は? 外気浴の方法も紹介
新生児・赤ちゃんとのおでかけはいつから? 外出時の持ち物と注意点は? 外気浴の方法も紹介
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。
哺乳瓶の消毒方法。煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい? 哺乳瓶の消毒はいつまで?
哺乳瓶の消毒方法。煮沸消毒、レンジ、消毒液、どれがいい? 哺乳瓶の消毒はいつまで?
哺乳瓶は免疫力が弱い赤ちゃんが毎日口にするもの。赤ちゃんの哺乳瓶は消毒方法によって手順や消毒にかかる時間が異なります。煮沸消毒、電子レンジ、消毒液で消毒する方法や、消毒後の保管方法、いつまで哺乳瓶の消毒が必要なのかも解説します。

おっぱいのケアに気を使う

おっぱいのケアに気を使う
混合育児の場合、粉ミルクを飲ませた後は腹持ちがいいため母乳オンリーの授乳に比べてママの授乳間隔が空いてしまいます。
そのためおっぱいがパンパンに張ってしまったり、乳腺炎に繋がる危険性もあるのです。
あまりにも授乳間隔が空いてしまう、粉ミルクメインの混合育児をしている場合は、母乳の分泌量が減ってしまうことがあります。ママは定期的に搾乳するなど、おっぱいのケアにも気を配る必要があります

母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。
母乳の搾乳方法は? 冷蔵、冷凍での保存期間は? 搾乳器のおすすめは? 手動、電動?
母乳の搾乳方法は? 冷蔵、冷凍での保存期間は? 搾乳器のおすすめは? 手動、電動?
赤ちゃんが産まれ、母乳が出るようになれば搾乳する機会がありますよね。でも、初めてのママはどのくらいの間隔で搾乳すればいいのか、どう保存すればいいのか、どの搾乳器を使えばいいのか不安ではないですか? こちらの記事で搾乳の基本的な知識から、おすすめ搾乳器までをご紹介します!

乳頭混乱または哺乳瓶拒否(粉ミルク嫌い)

乳頭混乱または哺乳瓶拒否(粉ミルク嫌い)
混合育児を進める課程でママの頭を悩ませるのが「乳頭混乱」です。
乳頭混乱とは赤ちゃんが哺乳瓶での授乳を好み、おっぱいでの授乳を嫌がることです。多くの哺乳瓶の人口乳首は粉ミルクが自然に出るように作られており、これに慣れてしまった赤ちゃんはママのおっぱいから直接母乳を飲むための正しい吸いつき方や吸啜パターンがわからなくなって、母乳を上手く飲めなくなってしまうことがあります。
また逆に母乳と粉ミルクの味の違いに敏感であったり、哺乳瓶の乳首が合っていないことが原因で哺乳瓶拒否(粉ミルク嫌い)になる赤ちゃんもいます。生後2~3ヶ月頃からこのような特長が出始めるため、混合育児を途中で諦めたというママも少なくないようです。

ベビー用品メーカーのピジョンから、乳頭混乱の対策にも使われている商品が発売されていますのでご紹介しましょう。

ピジョン 母乳実感

赤ちゃんがママのおっぱいを飲む口の動きを、60年に渡って研究して作られた「母乳実感乳首」付きの商品です。この乳首は直接おっぱいを飲むときの口を再現できるので、おっぱいとの併用がしやすく、混合育児をしっかりサポートしてくれます。乳頭混乱を起こしにくいだけではなく、口が広く、ガラス製なので調乳がしやすいとママから評判の哺乳瓶です。
母乳実感ちくびっていつから使えるの? 特徴とサイズ、使えるシーンを徹底解説
母乳実感ちくびっていつから使えるの? 特徴とサイズ、使えるシーンを徹底解説
母乳で子供を育てていると、体調が悪い時や母乳が出ない時などさまざまなトラブルに直面するものですよね。そんなトラブルに便利な母乳実感ちくびについて、その特徴やサイズ、どのような時に活用できるのかについてご紹介したいと思います。

ピジョン 桶谷式直接授乳訓練用 母乳相談室

こちらはおっぱいのトラブルで一時的に直接母乳があげられないときや、扁平・陥没乳首などで母乳がうまく与えられないママのために開発された商品です。母乳との併用を目的としている「母乳実感」とは異なり、いずれはママのおっぱいから直接授乳できるようになるためのトレーニングを目的としているので、混合育児から母乳育児に切り替えていきたいママにおすすめの商品です。
ピジョンの人気哺乳瓶「母乳相談室」はいつからいつまで使える? 母乳実感との違いは?
ピジョンの人気哺乳瓶「母乳相談室」はいつからいつまで使える? 母乳実感との違いは?
乳頭乳房トラブルなどで赤ちゃんに直接母乳をあげられない時や赤ちゃんが上手に母乳を吸えない時におすすめなのが、ピジョンの哺乳瓶「母乳相談室」です。「母乳相談室」はどういう哺乳瓶なのか、「母乳実感」との違いなどについて解説します。

混合育児の母乳と粉ミルクのあげ方は?

混合育児の母乳と粉ミルクのあげ方は?
混合育児のやり方は、母乳をメインにするか・粉ミルクをメインにするかで異なります。
母乳をメインにする場合には、まず赤ちゃんが欲しい分だけ母乳を与えた後、飲み足りない分を粉ミルクで補ってあげましょう。また粉ミルクをメインにする場合には、月齢ごとに定められた量や回数を守って与えるのが基本です。

AM6:00 AM10:00 PM2:00 PM6:00 PM10:00
母乳と粉ミルクをセットで 母乳+粉ミルク 母乳+粉ミルク 母乳+粉ミルク 母乳+粉ミルク 母乳+粉ミルク
母乳と粉ミルクを交互に 母乳 粉ミルク 母乳 粉ミルク 母乳
母乳が出にくくなる夕方から粉ミルクをプラス 母乳 母乳 母乳 母乳+粉ミルク 母乳+粉ミルク
朝・夜母乳、昼は粉ミルク 母乳 粉ミルク 粉ミルク 母乳 母乳

このように混合育児のやり方は多種多様で、マニュアル的なものがありません
赤ちゃんによって飲み方や量の差が大きいので、我が子の様子をよく見ながら最適なやり方を見つけていきましょう。

夜は粉ミルクがいいの? 添い乳でもいいの?

赤ちゃんの寝かしつけ方法が選べることも混合育児のメリットの一つと言えるでしょう。
寝る前や夜間の授乳に粉ミルクを与えれば、腹持ちがいいため赤ちゃんもママもぐっすり眠ることができます。
ただ夜間の授乳によって母乳の分泌が促されるので、そのうち母乳育児に移行したいと考えているママは夜間も母乳を与えた方がいいかもしれません。
なかなか寝付けないタイプの赤ちゃんは、添い乳をすることで安心して眠れる場合もありますね。添い乳は窒息のリスクなどもありますが、正しいやり方で行えばママにとっても大変楽な方法です。
このように赤ちゃんの様子に合わせて臨機応変に対応できるのは、混合育児のいいところですね。

母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児は赤ちゃんとのスキンシップの時間が楽しい一方、昼夜問わずの授乳生活に正直疲れてしまうこともありますよね。中には1日20回の頻回授乳をしているママも。なぜ赤ちゃんの授乳間隔があかないのか、その理由をご紹介します。頻回授乳でよくあるトラブルの対処法も紹介いたします。
添い乳は危険? 注意点は? 安全なやり方、メリット・デメリットを知ろう
添い乳は危険? 注意点は? 安全なやり方、メリット・デメリットを知ろう
産後の育児の悩みで多いのが赤ちゃんの授乳。その中でも添い乳は、危険性やデメリットもあるものの、ママの体にとって負担が少なく、ついつい繰り返しているママも多いのでは? そんな添い乳をするときの注意点や添い乳のメリット・デメリットをまとめました。
夜間断乳を成功させるには? 進め方のポイントやおすすめの入眠グッズは?
夜間断乳を成功させるには? 進め方のポイントやおすすめの入眠グッズは?
赤ちゃんが夜中に何度も母乳やミルクを欲しがったり夜泣きが続いたりすると、パパママが寝不足になり、疲れが溜まってしまいますよね。赤ちゃんがおっぱいを噛むので授乳が辛かったり、妊娠を考えたりしている場合も夜間断乳を検討するでしょう。夜間断乳を開始しても良いタイミングや進め方のポイントなどをご紹介します。

まとめ

混合育児まとめ
母乳育児と粉ミルク育児のいいとこどりができる混合育児ですが、おっぱいのケアに気を遣う必要があったり、赤ちゃんが乳頭混乱を起こす可能性があるなどデメリットもあります。
育児において「これが絶対に正しい」と言えるものはないので、ママは完璧を追い求めずに、試行錯誤しながら我が子に合った方法を探していきましょう。
上手くいかないときには助産師など専門家に相談してみるのもいいですね。ママと赤ちゃんが笑顔で過ごせるのであれば、それがベストな方法ですよ。

母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。
水道水で粉ミルクを作る時の沸騰時間や注意点! ミネラルウォーターやウォーターサーバーは安全?
水道水で粉ミルクを作る時の沸騰時間や注意点! ミネラルウォーターやウォーターサーバーは安全?
日本の水道水はそのまま飲んでも安全と言われていますが、カルキ(残留塩素)が入っているので赤ちゃんの粉ミルク用に使っても良いのか、悩むパパママも多いのではないでしょうか。水道水、ミネラルウォーター、ウォーターサーバーの水で粉ミルクを作る時の注意点もご紹介します。
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? 人気のピジョンなど、おすすめ5選!
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? 人気のピジョンなど、おすすめ5選!
赤ちゃんの授乳には欠かせない哺乳瓶はピジョンやコンビなどの育児用品メーカーから、いろいろな種類が販売されています。どれを買うべきか迷ってしまいますよね。どのサイズを買えばいいのか? 哺乳瓶の消毒は利用の度に必要なのか? おすすめは? などパパママの疑問にお答えします。
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。
離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食の開始目安は生後5ヶ月~6ヶ月頃とされていますが、具体的にはいつから始めればいいのでしょう? いざ始めても10倍粥や裏ごしなど、戸惑うことも。離乳初期の進め方やコツ、注意点なども紹介します。
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安は? 体重や身長は? 寝返り&スプーン練習スタート!
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安は? 体重や身長は? 寝返り&スプーン練習スタート!
生後4ヶ月の赤ちゃんは、どのくらい成長しているのでしょうか? この時期は、誤飲などもあるので目が離せません。生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安や発達、お世話について詳しく紹介します!
生後8ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均体重やおすすめのおもちゃは?
生後8ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均体重やおすすめのおもちゃは?
生後8ヶ月の赤ちゃんは、どのくらい成長するのでしょうか。「授乳やミルクの回数は?」「離乳食の回数や量は?」「睡眠はどのくらい?」「夜泣きはするの?」といった生後8ヶ月の赤ちゃんの特徴やお世話のポイントなどをご紹介します。
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数と量は?
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数と量は?
生後9ヶ月の赤ちゃんはどのくらい成長するの? 平均身長や体重、授乳と離乳食の回数、睡眠の特徴などをチェックしてみましょう! 生後9ヶ月の赤ちゃんと一緒にパパママも楽しめるおすすめの遊び方を紹介するので、ぜひやってみてくださいね。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!