ドーナツ枕で赤ちゃんの絶壁頭や寝ハゲを予防できる? 選び方やおすすめ5選を紹介

ドーナツ枕に期待できる効果は?

ドーナツ枕に期待できる効果は?
ドーナツ枕には、デリケートな赤ちゃんの頭を優しく守ってくれる効果があります。具体的にドーナツ枕の効果についてみていきましょう。

赤ちゃんの頭の形の歪みや絶壁になるのを予防したり改善する

赤ちゃんの頭の形の歪みや絶壁になるのを予防したり改善する
生まれてすぐの赤ちゃんの骨は柔らかく、1歳半ごろまでに徐々に硬くなると言われています。ねんね期の赤ちゃんは頭が床についている時間が長く、後頭部が平らになってしまったり、斜めになってしまう赤ちゃんもいます。赤ちゃんの頭があまりにも平らになってしまうことを「絶壁」という言葉で表現することもありますよね。真ん中がくぼんだ形をしているドーナツ枕は、ねんね期の赤ちゃんの頭をきれいな丸い形にするのをサポートしてくれる役割があります。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

赤ちゃんが寝ている時の向き癖を予防したり改善する

赤ちゃんが寝ている時の向き癖を予防したり改善する
赤ちゃんがいつも同じ方向を向いて寝ていると、赤ちゃんの頭の形は床についている時間が長い部分が平らになったり歪んだりすることがあります。一度赤ちゃんに向き癖がついてしまうと、なかなか直すのが難しいですよね。ドーナツ枕は赤ちゃんの頭が向き癖があるほうに向かないようにサポートしてくれるので、向き癖予防にも効果的です。

向き癖の予防にはタオルでも代用でき、赤ちゃんの向き癖のあるほうと逆のほうを向くように、背中の下に丸めたタオルをはさむ方法もおすすめです。赤ちゃんの吐き戻し防止のために、いつも横を向かせて寝ているという場合は、毎回赤ちゃんを横に向かせる方向を変えるなど工夫をすると良いでしょう。

関連記事

赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法
赤ちゃんのしゃっくりは止めるべき? 泣く・吐く理由と簡単な止め方
吐き戻し防止枕って何? 選び方やおすすめ、授乳クッションやタオルで代用する方法も紹介

赤ちゃんの寝ハゲを予防する

赤ちゃんの寝ハゲを予防する
赤ちゃんが首を動かすようになると、後頭部がこすれてハゲてしまうことがあります。赤ちゃんの寝ハゲはこの時期にしか見られない愛おしい姿ではありますが、気になるママも多いですよね。ドーナツ枕は赤ちゃんの頭にかかる圧力を分散してくれるので、寝ハゲ防止にも効果的です

赤ちゃんにドーナツ枕は必ず必要?

赤ちゃんにドーナツ枕は必ず必要?
前述した通り、赤ちゃんの頭の骨は時間をかけて少しずつ硬くなっていきます。もし赤ちゃんの頭の形が歪んでしまっても、赤ちゃんが座って過ごす時間が増えれば自然と丸くなっていくことが多いのであまり心配する必要はありません

ドーナツ枕を持っていなくても、パパママが小まめに寝ている赤ちゃんの顔の向きを変えてあげたり、丸めたタオルを背中の下に置いてあげたりすることで向き癖を予防することもできます。ドーナツ枕は育児に絶対に必要ということはありませんが、「上の子がいて小まめに赤ちゃんの顔の向きを変えてあげられない」「手軽に向き癖を直したい」というパパママは検討してみると良いでしょう

ドーナツ枕の選び方

ドーナツ枕の選び方
一口にドーナツ枕と言っても、対象月齢や素材などで違いがあります。ドーナツ枕を使う時は、赤ちゃんにピッタリのものを探してみてください。

ドーナツ枕の選び方1:赤ちゃんの頭の形に合う形や大きさ

ドーナツ枕の選び方1:赤ちゃんの頭の形に合う形や大きさ
ドーナツ枕は新生児から使えるものも多いですが、生後2ヶ月、生後3ヶ月からしか使えないものや対象年齢が生後4ヶ月~生後12ヶ月と種類が豊富にあります。赤ちゃんは月齢によって頭の大きさや体つきがまったく異なるため、赤ちゃんの頭の形や大きさに合わないものだと効果が十分に発揮されません。ドーナツ枕を購入する時は、対象年齢や枕の形や大きさもチェックしてみてくださいね。成長に合わせて枕の高さを変えられるタイプのドーナツ枕もありますよ!

関連記事

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 母乳回数や予防接種の予定は?

ドーナツ枕の選び方2:素材

ドーナツ枕の選び方2:素材
枕は赤ちゃんのデリケートな肌が直接触れるものなので、素材にもこだわりたいですね。赤ちゃんの肌着でもよく使われる「コットン生地」は吸水性、通気性が良くドーナツ枕としても安心して使える素材です。特に仕上がりまで化学処理をおこなっていない「オーガニックコットン」は自然派のママにもおすすめです。

タオル生地とも呼ばれる「パイル生地」は汗を吸いやすく、暑い時期にもピッタリの素材です。手洗いはもちろん、洗濯洗いができるものが多いので、小まめに洗えるのも魅力の1つですね。そのほか、体圧分散性に優れた「低反発素材」や通気性が抜群の「メッシュ素材」、防ダニ加工がされた素材など機能性で比べてみても良いでしょう。「表はパイル生地、裏はメッシュ生地」など、複数の生地を組み合わせたドーナツ枕も売られていますよ。

関連記事

コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
これでもう迷わない! 月齢別赤ちゃんの服装の選び方

ドーナツ枕の選び方3:洗いやすさ

ドーナツ枕の選び方3:洗いやすさ
大人と比べて赤ちゃんはとても汗っかきです。赤ちゃんは吐き戻しなども多いため、「小まめに洗濯ができるか」もドーナツ枕選びの大切なポイントです。ドーナツ枕の本体をそのまま洗えるのはもちろん、カバーを取り外して洗えるタイプも便利ですね。カバーは洗い替え用に2~3個ストックしておくといつも清潔に保てて安心です

ドーナツ枕の選び方4:デザイン

ドーナツ枕の選び方4:デザイン
ドーナツ枕は、ドーナツ型の丸い形をしたものが一般的ですが、王冠の形をしたものや動物の形をしたものなど可愛くておしゃれなデザインのドーナツ枕もあります。ドーナツ枕の素材や機能性はもちろん、ママ好みのデザインを選んでも良いでしょう。

ドーナツ枕を使う時の注意点

ドーナツ枕を使う時の注意点
ドーナツ枕を使う時は、気をつけなければいけないことがいくつかあります。1つずつ見ていきましょう。

頻繁に洗濯をして常に清潔なドーナツ枕を使う

頻繁に洗濯をして常に清潔なドーナツ枕を使う
前述した通り、赤ちゃんは汗っかきで吐き戻しなどでドーナツ枕を汚してしまうことが多いでしょう。ドーナツ枕が汚れたままになっていると、アレルギーの原因となるダニやカビが発生してしまうことがあります。枕カバータイプのドーナツ枕であれば枕カバーの洗い替えを用意して、なるべく毎日洗濯して清潔な状態を保つと安心ですね。

首元にあせもができないように汗をこまめに拭いてあげる

首元にあせもができないように汗をこまめに拭いてあげる
ドーナツ枕を使い始めると、赤ちゃんの首元に汗がたまってしまうこともあります。赤ちゃんのあせもを防ぐには寝具などのカバー類を清潔に保つだけでなく、濡らしたガーゼやアルコールの入っていないウェットティッシュなどで小まめに拭いてあげるのも効果的です。赤ちゃんの肌を拭くときは、乾いた布だと老廃物が肌に残ったままになってしまうので、濡らした布で拭くのがポイントですよ! 特に後頭部や首はあせもができやすいので、そっと抑えるように拭いてあげてください。

関連記事

清浄綿はママの授乳に必要? 使い方や使用期限、おすすめ商品11選!
赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?

ドーナツ枕がズレて赤ちゃんの顔にかかっていないかこまめに確認する

ドーナツ枕がズレて赤ちゃんの顔にかかっていないかこまめに確認する
赤ちゃんが首を動かしたり寝返りができるようになると、ドーナツ枕がズレて赤ちゃんの口や鼻を塞ぎ窒息してしまう可能性があります。ドーナツ枕を使用する時は、赤ちゃんから長時間目を離さず、こまめに様子を見るようにしましょう。

関連記事

赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?
赤ちゃんが寝返り返りができるのはいつ? 練習は必要? うつ伏せの注意点も紹介

ドーナツ枕を用意しても赤ちゃんが嫌がって使わないこともある

ドーナツ枕を用意しても赤ちゃんが嫌がって使わないこともある
低月齢のうちは大人しく寝ている赤ちゃんが多いですが、動けるようになるとドーナツ枕を嫌がって頭をズラしてしまう赤ちゃんもいます。ドーナツ枕を使ってくれないと「せっかく買ったのだから使いたい」とパパママは思ってしまうかもしれませんが、赤ちゃんにとってストレスになってしまうとかわいそうなので、スパッと諦めることも大切です

ドーナツ枕のおすすめ5選

デザイン、素材、機能性など、さまざまな面から赤ちゃんにおすすめのドーナツ枕をご紹介します。可愛いデザインもあるので、プレゼントでも喜ばれそうですね。

おすすめのドーナツ枕1:ジェルトロン ベビー枕

【ジェルトロン】ベビーまくら

【ジェルトロン】ベビーまくら

3,100円(12/11 22:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
対象月齢:新生児~寝返りを始めるくらいまで
素材:オーガニックパイルもしくはタオル生地(カバー)、ジェルトロン(本体)
洗い方:丸洗いOK

向き癖や絶壁予防に多くのママから選ばれているベビー枕です。宇宙船内の緩衝材の研究から生まれた新素材「ジェルトロン」が赤ちゃんの快適な眠りをサポートします。通気性・通水性にも優れていて、ダニ・ホコリの増殖も防ぐほか、枕ごと丸洗いができ、いつも清潔さがキープできるのも魅力ですね!

おすすめのドーナツ枕2:エスメラルダ ドーナツ枕

対象月齢:新生児~生後6ヶ月くらいまで
素材:綿100%
洗い方:手洗い可(漂白剤・洗濯機・乾燥機不可)

エスメラルダのドーナツ枕は「赤ちゃんの向き癖が直った!」とSNSでもよく話題になっていますね。マジックテープを調整することで枕の高さを変更できるので、赤ちゃんの体格や月齢に合わせて使用ができます。枕のデザインが豊富にあり、オシャレなママにもピッタリです。また綿100%の日本製ですので、素材や産地にこだわりたいママにも選ばれています。

おすすめのドーナツ枕3:西川産業 babypuff ドーナツ枕

対象月齢:新生児~生後3ヶ月(小)、生後4ヶ月~12ヶ月(中)、12ヶ月~36ヶ月くらいまで(大)
素材:綿100%(表)、ポリエステル100%(裏)

「医師がすすめるドーナツ(R)枕」として素材や機能のひとつひとつに赤ちゃんの深い眠りをサポートするこだわりがこめられています。月齢に応じてサイズ展開がされているので、赤ちゃんの頭に優しくフィットしそうですね。また、「美容院で褒められるほど頭の形がキレイ」という口コミも寄せられており、絶壁予防に高い効果が期待できそうです。

おすすめのドーナツ枕4:NAOMI ITO ナオミイトウ 王冠まくら

対象月齢:新生児~2歳
素材:コットン100%(側地)、ポリエステル100%(中わた)
洗い方:手洗い可

国内外で活躍する日本人のデザイナー、ナオミイトウさんがプロデュースしたドーナツ枕です。赤ちゃんが王冠をかぶっているようなユニークな形で思わず写真を撮ってしまいたくなりますね! 表面生地にはダブルガーゼを使用しており、肌触りも抜群です。「向き癖が解消された!」という多数口コミも寄せられていますよ。

おすすめのドーナツ枕5:ママの秘密兵器=抱っこ枕でドーナツ枕

対象月齢:生後3ヶ月~
素材:綿100%
洗い方:手洗い可

ドーナツ枕としてだけでなく、抱っこ枕としても使える1人2役の優れものです。柔らかなパイル生地としっかりとした厚みで、赤ちゃんの頭をしっかりホールドします。日本製というのも安心のポイントですね! 「洗い替え用にもう1つ欲しい」という口コミが寄せられるほど、パパママ納得のアイテムです。

まとめ

まとめ
赤ちゃんの頭が歪んだり、ハゲているのを見るとビックリしてしまうと思いますが、赤ちゃんが成長するにつれて頭に形や寝ハゲは改善すると言われているので、神経質になる必要はありませんよ。ドーナツ枕は機能面だけでなくデザインも素敵なものがたくさんあるので、ファッション感覚で取り入れてみるのも楽しいですね!

関連記事

新生児の赤ちゃんに枕は必要? 絶壁や吐き戻し防止におすすめの枕、タオル枕の作り方などを紹介

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!