生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説

生後5ヶ月の赤ちゃんの成長目安


赤ちゃんの成長には個人差があると分かっていても、いつもお世話をしているパパママにとっては気になることがたくさんありますよね。この記事では生後5ヶ月の赤ちゃんの平均身長や体重、授乳回数などの成長目安を確認していきますので、参考にしてみてください。

平均身長と平均体重

男の子 女の子
身長 61.9~70.4cm 60.1~68.7cm
体重 6.1~9.2kg 5.7~8.7kg

平均身長と体重についてまとめてみましたが、表の数字内に収まっていないと不安になってしまうかもしれませんね。しかし、これはあくまで目安なので、平均値より高かったり、低かったりしても赤ちゃんが元気に成長していれば問題ありません。不安になりすぎず、赤ちゃんの成長を見守ってあげてください。

乳幼児身体発育調査|厚生労働省

0歳~6歳の赤ちゃん、幼児の平均身長と体重は? 小学校に上がるまでの子供の成長の目安を紹介!
0歳~6歳の赤ちゃん、幼児の平均身長と体重は? 小学校に上がるまでの子供の成長の目安を紹介!
赤ちゃんや小学校に上がる前の子供は短期間でグーンと成長します。では、月齢・年齢で赤ちゃん、子供はどのくらい成長するのでしょうか。厚生労働省がまとめた0歳~6歳までの子供の平均的な身長、体重のデータをまとめたので参考までにご覧ください。
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳ごろまでは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかを見通せるように、まとめて解説します!
カウプ指数でわかる赤ちゃんの太りすぎ・痩せすぎ
カウプ指数でわかる赤ちゃんの太りすぎ・痩せすぎ
ぷくぷくした赤ちゃんのほっぺたは、ほおずりしたくなる可愛さですよね。しかし、検診や外出先で出会ったほかの赤ちゃんと比べて、「太りすぎ?」「痩せすぎ?」と気になるときはありませんか?そんなときに便利なのが「カウプ指数」です。この記事では、カウプ指数について見ていきましょう。

生後5ヶ月の赤ちゃんの睡眠の特徴

睡眠の特徴
生後5ヶ月頃の赤ちゃんの睡眠時間の目安は、1日13時間くらいです。新生児の頃は、昼も夜も関係なく短い間隔で寝て起きての繰り返しで、パパママも休めませんでしたよね。そんな赤ちゃんも、この頃になると、昼間は授乳と睡眠、遊びを繰り返して過ごし、夜に寝ている時間が少しずつ長くなってきます。

しかし、赤ちゃんによって長かったり短かったり、睡眠時間にも個人差があるため、赤ちゃんのリズムに合わせてあげましょう。ただ、赤ちゃんが夜に寝てくれないとパパママも疲れてしまいます。そんな時は、昼間に赤ちゃんがお昼寝している時に一緒に寝たり、パパママが協力して家事を分担したり、しっかり休めるように工夫してみてくださいね。

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
なかなか寝てくれない赤ちゃんがいる一方、長い時間寝る子もいます。寝なくても寝すぎていても心配になりますよね。赤ちゃんにとって最適な睡眠時間はどのくらいなのでしょうか。寝る時間が遅い・長いといったママたちのお悩みと合わせて解説していきます。

生後5ヶ月ごろから夜泣きが始まる赤ちゃんも多い

夜泣きが始まる赤ちゃんが多い
赤ちゃんの睡眠サイクルは未熟で、浅い眠りと深い眠りを繰り返している中の浅い眠りの時に起きてしまうことがあります。夜に寝ている時間が長くなってくる頃に夜泣きが始まる赤ちゃんが多いのはそのためだといわれています。

この時期は昼間にいろいろな場所に出かける機会が増えてくるため、昼間に経験したことを夢で見ている時に夜泣きをするという考えもあります。いずれにせよ、夜泣きをするということは赤ちゃんが成長している証拠でもあります。夜泣きの対応は睡眠不足にもなってしまうので大変ですが、パパママが交代で対応するなど協力して乗り越えてくださいね。

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 先輩ママへのアンケート結果も紹介
赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 先輩ママへのアンケート結果も紹介
覚悟していたとはいえ、赤ちゃんの夜泣きが始まると体力的にもつらいものがありますよね。「いつからいつまで続くのだろう...」不安に思うママも多いのではないでしょうか? 本記事では赤ちゃんの夜泣きの原因や対処法を解説。先輩ママたちの乗り越え方も紹介します!
赤ちゃんの疳の虫(かんのむし)って何? 原因と対処法を紹介
赤ちゃんの疳の虫(かんのむし)って何? 原因と対処法を紹介
赤ちゃんが大声で泣きじゃくっているときに「疳の虫がいるね」と言われたことはありませんか? 「疳の虫(かんのむし)」といっても、実際に虫がいるわけではありません。疳の虫とは何か、どう向き合っていけば良いのかママたちの体験談とともに紹介していきます。

生後5ヶ月の排便の特徴

排便の特徴
この頃の赤ちゃんは、おしっこは1日15~20回、うんちは2~10回が目安となっています。離乳食が始まると、ゆるい液状や泥状、軟便だったうんちが少しずつ固くなり、回数も減ってきます。これは、食べ物が液体から固さのあるものへと徐々に変化していくのに伴ってのことです。

また、今まで快便だった赤ちゃんでも、離乳食が始まるとうんちが出にくくなることもあります。具合が悪いのかな? と心配になってしまいますが、心配しすぎる必要はありません。赤ちゃんの腸は成長と共に発達し、その過程で一時的に便秘になることがあるのです。うんちが出ていなくても、元気で食欲もあるようなら2~3日様子を見てみましょう。もし、お腹が張っていたり、機嫌が悪かったりする場合は病院に行って診てもらうのが良いですね。

おむつはいつサイズアップする? 目安と人気メーカーのテープタイプのサイズを徹底比較
おむつはいつサイズアップする? 目安と人気メーカーのテープタイプのサイズを徹底比較
今のおむつで良いのか、そろそろサイズアップした方が良いのか、赤ちゃんのおむつ選び悩みますよね。しかもメーカーごとにサイズも少しずつ違うのでさらに困ります。各社のおむつサイズ比較や、サイズ変更する目安を紹介しますので参考にしてみてくださいね。
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
赤ちゃんが生後5ヶ月になると首がすわって寝返りができる子もいます。この時期は離乳食の準備や夜泣きの始まりなど、パパママの育児の悩みも変化してくるころ。生後5ヶ月の平均身長や体重などの成長と発達、離乳食を始めるタイミングや夜泣き対策、過ごし方のポイントを解説します!

生後5ヶ月の赤ちゃんの離乳食と授乳

赤ちゃんの機嫌を見て離乳食スタート!
生後5ヶ月になったら少しずつ離乳食を始めましょう。離乳食の開始を遅くすることは、アレルギーの予防にはつながりません。厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」でも、離乳開始時期は生後5~6ヶ月ごろが適当としているため、医師の指導などがない限りは遅らせないようにしましょう。ただし離乳食は、生後5ヶ月になったらすぐに始めなければならないわけではありません。赤ちゃんの機嫌や体調、健康状態が良い時に無理のないように始めてみてくださいね。

離乳食は10倍がゆから開始して1ヶ月後には2回食に

この時期は食べ物をゴックンと飲み込む練習なので、滑らかにすりつぶした状態のものをあげます。最初は10倍がゆを1日1さじ(小さじ1)からで、赤ちゃんの様子を見ながら徐々に量や食材を増やしていきます。

10倍粥に慣れてきたら野菜を増やし、野菜に慣れてきたら豆腐や白身魚を増やすといった進め方です。万が一アレルギー反応が出た時にすぐ病院に行けるように、初めての食材は1日1品1さじ、午前のうちにあげてくださいね。

離乳食を始めて1ヶ月くらい経ったら2回食にして、午前に1回と午後に1回あげましょう。2回食になっても、新しい食材を与えるときは午前中にしておくと安心です。午後にあげる量は1回食の3分の1から始めて、慣れてきたら少しずつ増やします。

離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食の開始目安は生後5ヶ月~6ヶ月頃とされていますが、具体的にはいつから始めればいいのでしょう? いざ始めても10倍粥や裏ごしなど、戸惑うことも。離乳初期の進め方やコツ、注意点なども紹介します。
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
赤ちゃんが生後5ヶ月になると首がすわって寝返りができる子もいます。この時期は離乳食の準備や夜泣きの始まりなど、パパママの育児の悩みも変化してくるころ。生後5ヶ月の平均身長や体重などの成長と発達、離乳食を始めるタイミングや夜泣き対策、過ごし方のポイントを解説します!
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

生後5ヶ月の授乳の回数と量

授乳の回数と量
離乳食が始まると気になるのが1日の授乳の回数や量です。ミルクの場合、ミルク5回+離乳食1回が目安となっています。1回のミルクの量は200ml~220mlで、ミルク5回のうち1回は離乳食後にあげましょう。母乳については赤ちゃんが欲しがるだけあげてください。離乳食1回に加えて、赤ちゃんの様子を見ながら飲ませてあげてください。

生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
赤ちゃんが生後5ヶ月になると首がすわって寝返りができる子もいます。この時期は離乳食の準備や夜泣きの始まりなど、パパママの育児の悩みも変化してくるころ。生後5ヶ月の平均身長や体重などの成長と発達、離乳食を始めるタイミングや夜泣き対策、過ごし方のポイントを解説します!
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
赤ちゃんが生後5ヶ月になると首がすわって寝返りができる子もいます。この時期は離乳食の準備や夜泣きの始まりなど、パパママの育児の悩みも変化してくるころ。生後5ヶ月の平均身長や体重などの成長と発達、離乳食を始めるタイミングや夜泣き対策、過ごし方のポイントを解説します!
人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
離乳食がそろそろ始まる生後5ヶ月の赤ちゃんがいる方、離乳食は始まったけど今後どう進めて行ったらいいのか分からない方には離乳食アプリがおすすめ。離乳食アプリのメリットや人気の離乳食アプリを紹介します!

生後5ヶ月の赤ちゃんの発達の特徴

生後5ヶ月の赤ちゃんの発達の特徴
低月齢のうちは発達についても気になるところですよね。生後5ヶ月の赤ちゃんの発達について確認していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

寝返りをうつ

寝返りをうつ
個人差はありますが、生後5ヶ月ごろにはほとんどの赤ちゃんが首がすわり、うつ伏せにした時に上半身を起こして周囲を見渡す姿が見られるようになります

また、首が据わると寝返りができるようになる赤ちゃんも多いです。寝返りができるようになったら、赤ちゃんが窒息してしまわないように気を付けなくてはなりません。赤ちゃんが自分であおむけに戻る「寝返り返り」ができるようになるまでは、顔が下に向いたままにならないように見てあげてくださいね。

赤ちゃんの寝返り、寝返り返りはいつできる? 練習は必要?うつ伏せの注意点は?
赤ちゃんの寝返り、寝返り返りはいつできる? 練習は必要?うつ伏せの注意点は?
赤ちゃんが寝返り、寝返り返りができるようになる時期には個人差がありますが、いつ頃できるのでしょうか? 首が座ったらそろそろ? 寝返りはできたけど、寝返り返りはいつできるようになる? 練習は必要? ママが心配な寝返りをしてうつ伏せになる時の注意点も紹介します。
寝返りはいつからできる? 赤ちゃんの月齢目安や練習方法は? 注意点も紹介
寝返りはいつからできる? 赤ちゃんの月齢目安や練習方法は? 注意点も紹介
赤ちゃんはいつ頃寝返りをするようになるのか、ご存知でしょうか? ウチの赤ちゃんはなかなか寝返りしないので練習した方がいいの? などと不安なパパママに向けて赤ちゃんが寝返りをする赤ちゃんの月齢目安、寝返りの練習方法、注意点などをご紹介します。
赤ちゃんのうつ伏せは危険? いつできる? 練習は必要? やり方や注意点も紹介
赤ちゃんのうつ伏せは危険? いつできる? 練習は必要? やり方や注意点も紹介
赤ちゃんがうつ伏せ姿勢でいるとどのような危険があるのでしょうか? 赤ちゃんの成長とともに、安全な環境づくりも大切ですよね。また、うつ伏せ練習は必要なのか、うつ伏せ練習のやり方や注意点も紹介します。

歯が生えたり、歯茎をかゆがる

赤ちゃんに歯が生えてくる時期は個人差が大きいですが、アカチャンホンポが実施した「赤ちゃんの乳歯が生えた時期についての調査」によれば30%の赤ちゃんが、「生後6ヶ月未満」で歯が生え始めたと回答しています。歯が生える前は歯茎がムズムズとかゆくなったり、ぐずったり、よだれが増える赤ちゃんが多いです。この時期に空腹や不快感がないのに、ぐずることが増えたら歯が生えてくる前触れということもあります。歯固めなどで遊ばせると落ち着くことがあるので、試してみるといいでしょう。

喃語(なんご)を話す

喃語(なんご)を話す
喃語(なんご)とは赤ちゃんが発する意味のない言葉の総称で、赤ちゃんは生後2ヶ月頃から喃語を話し始めます。話し始めの頃に発するのは「アー」や「ウー」といった喃語ですが、生後5ヶ月頃になると、「アウアウ」や「ダーダー」など2つ以上の音を発するようになります。赤ちゃんは、自分の声を聞いて喃語を繰り返し発することで言葉を学んでいるのです。

赤ちゃんが喃語(なんご)を話すのはいつからいつまで? 喃語が出ないときの対処法、クーイングとの違いを紹介
赤ちゃんが喃語(なんご)を話すのはいつからいつまで? 喃語が出ないときの対処法、クーイングとの違いを紹介
生後5ヶ月ころの赤ちゃんが泣き声や言葉とは違うかわいい声を発し始めたら、それが「喃語(なんご)」です。喃語とクーイングの違い、喃語が出ないときの対処方法をご紹介します。
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
赤ちゃんが生後5ヶ月になると首がすわって寝返りができる子もいます。この時期は離乳食の準備や夜泣きの始まりなど、パパママの育児の悩みも変化してくるころ。生後5ヶ月の平均身長や体重などの成長と発達、離乳食を始めるタイミングや夜泣き対策、過ごし方のポイントを解説します!

人見知りする

人見知りする
生まれて間もない頃はほぼ見えていなかった赤ちゃんの目も、生後5ヶ月頃になると0.08くらいの視力になっています。だんだんと人の顔を区別できるようになり、家族か家族以外の人か分かるようになってきます。そのため、早ければパパママや兄弟以外の人に対して人見知りが始まる赤ちゃんもいます。人見知りが始まるとパパママは大変かもしれませんが、人見知りも立派な成長過程のひとつなので温かく見守ってあげましょう。

赤ちゃんが人見知りするのはいつからいつまで? 人見知りしない子との違いや対策も
赤ちゃんが人見知りするのはいつからいつまで? 人見知りしない子との違いや対策も
赤ちゃんの人見知りは成長の証とはいえ、パパや祖父母にも激しく泣いてしまうとママとしても少し困っちゃいますよね。赤ちゃんが人見知りする時期と人見知りを改善するポイントも紹介します。

次のページでは生後5ヶ月の赤ちゃんの育児のポイントや遊び方を紹介します!

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!