離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期それぞれを紹介!

離乳食はいつから、どのタイミングでどんなものを食べさせればいいのか、初めて子育てをするママは不安じゃないでしょうか? 赤ちゃんが生後5、6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。この記事では離乳食の基礎知識を初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

目次

離乳食はなぜ赤ちゃんに必要なの?

離乳食って赤ちゃんになぜ必要なの?

ご飯に慣れたり、足りない栄養素を補うため

母乳やミルクしか飲んだことがない赤ちゃんが、大人と同じように食事をとるためには、「噛む、飲み込む」という練習が必要です。離乳食を通して、食べ方を覚えたり、食材の味や食感にも慣れることができます。離乳食のトレーニングを進めながら食べれらる食材を増やしていくことで、消化器官や味覚が発達し、赤ちゃんは食事を楽しむこともできるようになります。

離乳食の4つのステップとは?

離乳食の4つのステップとは?
赤ちゃんが大人と同じ食事をとれるようになるためには、離乳食で徐々に慣れることが必要です。離乳食では赤ちゃんの成長に合わせ、食事の方法や食べられる食材が変わります。離乳食を進める際には赤ちゃんの様子をみて、少しずつ食事内容をステップアップさせていきましょう。

離乳食は2ヶ月ごとに初期、中期、後期、完了期に分けられる

離乳食は2ヶ月ごとに初期、中期、後期、完了期に分けられる
離乳食は、2ヶ月ごとに初期、中期、後期、完了期の4つのステップで進めていきます。赤ちゃんはこの4つのステップを通じて、これまでの「飲む」食事から「食べる」食事に慣れていくのです。離乳食のトレーニングを始めると、今まで母乳やミルクしか飲んでいなかった赤ちゃんが、母乳やミルク以外の味を初めて経験します。離乳食の時期に慣れ親しんだ味が子供が好きな味につながるため、0歳~1歳の味覚が発達する時期に、できるだけいろいろな食材の味に慣れさせてあげましょう

昔は生後3、4ヶ月頃に味ならし期があった

昔は生後3、4ヶ月頃に味慣らし期があった
離乳食は生後5ヶ月からとよく耳にしますが、昔は生後3、4ヶ月頃に「味ならし期」がありました。味ならし期では、母乳以外の味に慣れさせるために、果汁やスープをあげましょうと言われていましたが、今では必要ないという考えが広まってきています。実際に、現在2歳の私の息子が離乳食をはじめた時も、味ならしはしませんでした。

味ならし期は本当に不要なのか、厚生労働省のWebサイトでも確認してみましたが、厚生労働省は「足りない栄養素を補うことや、噛む力を発達させる目的から、生後5、6ヶ月頃から離乳食をスタートさせる」ことを推奨しており、味ならし期は不要だと考えていいでしょう。

離乳食初期(生後5、6ヵ月頃)のゴックン期

離乳食初期(生後5、6ヵ月頃)のゴックン期
生後5、6ヶ月頃に離乳食をスタートさせようと言われても、うちの子は本当に大丈夫? と心配になるパパママもいると思います生後5、6ヶ月頃に。大人が支えておすわりができるようになっていれば、離乳食をはじめる準備が整ったと考えられます。また、大人がご飯を食べている様子をみて、口をパクパクさせたり、食べたそうな仕草が見えたら、離乳食をスタートさせていいでしょう。心配であれば、お医者さんに相談してみてくださいね。

離乳食初期はとろとろになるまで煮込む&すり潰してから食べさせる

離乳食はとろとろになるまで煮込む&すり潰してからあげる
離乳食をはじめたばかりの時期は、赤ちゃんはまだ「食べる」という行為ができません。離乳食初期はゴックン期とも言い、食べ物を「舐める」「飲む」しかできません。そのため、離乳食初期に食べ物を食べさせる時は、赤ちゃんが飲み込みやすいように、とろとろのポタージュ状にすり潰してからあげるようにしてください。離乳食の固さはヨーグルトをイメージするとわかりやすいです。

食材を滑らかにする時は、裏ごし器やブレンダーですり潰す方法があります。離乳食用の調理器具セットが販売されており、裏ごし器やすり鉢、食材を潰しやすいスプーンなどがついています。離乳食を作り置きをする場合は、一度に大量の食材を調理できるブレンダーを使うと、時間短縮になるのでおすすめです。

離乳食用のおすすめ調理器具セット:ピジョン 調理セット 離乳食用

ピジョン 調理セット 離乳食用

参考価格:2,470円(税込)
amazonで見る

離乳食初期はスプーン1さじを食べさせることからスタート

離乳食はとろとろになるまで煮込む&すり潰してからあげる量はスプーン1さじからスタート
赤ちゃんには生まれて初めての食事は驚くことばかり。まずは、スプーンが口の中に触れる刺激や食事の雰囲気に慣れることからはじめましょう。離乳食初期はスプーン1さじを1日1回あげることからスタートしましょう。

赤ちゃんの機嫌によって離乳食を食べてくれないこともあるので、赤ちゃんの体調がいい時を見計らって、無理なく離乳食を進めてみてくださいね。離乳食初期は、1回の食事の量がとても少ないため、母乳やミルクは赤ちゃんが欲しがるだけあげて大丈夫です

離乳食は人肌くらいに冷ましてからあげる

離乳食は人肌くらいに冷ましてからあげる
赤ちゃんが離乳食を一番おいしいと感じるのは、35〜40度の人肌くらいの温度です。離乳食をあげている途中で、赤ちゃんが食べてくれなくなった時は、あたため直して食べさせると食べてくれるかもしれません。

離乳食初期におすすめの食材は?

赤ちゃんに初めて離乳食をあげる時は、消化に良いおかゆ(「おもゆ」とも言います)からあげてみましょう。初めの1週間はおかゆのみをあげてください。1週間が過ぎて新しい食材を食べさせたい時は、スプーン1さじからにしましょう。初めての食材を食べさせる時は、アレルギー反応が出ていないか注意してください。

アレルギー反応の目安は口元が赤くなったり、発疹が出たり、呼吸が苦しそうなどです。下痢や嘔吐などの症状がでることがありますが、アレルギー反応には個人差があります。アレルギー反応が出たときに、すぐに病院に連れて行けるよう離乳食は午前中にあげると安心です

離乳食初期に食べさせていい食材

種類 食材
炭水化物 米(10倍がゆ)、食パン、うどん、そうめん
タンパク質 かれい、ひらめ、たら、しらす
野菜・いも類 大根、人参、玉ねぎ、ブロッコリー、なす、トマト、とうもろこし、きゅうり、キャベツ、じゃがいも、さつまいも
果物 バナナ、いちご、りんご、もも、みかん、スイカ、メロン、なし

野菜は、繊維が少なくすり潰しやすいものがおすすめです。お肉や魚などの脂質が多い食材や、卵や納豆などのアレルギー反応が出てしまう可能性のある食材は離乳食初期では避けましょう。また、きのこ類はまだ歯が生えていない赤ちゃんには食べにくい食材なので、離乳食初期の離乳食では食べさせないようにしましょう。

離乳食初期のポイント:食べ物を口に入れて飲み込む練習を意識する

食べ物を口に入れて飲み込む練習を意識する
離乳食初期の赤ちゃんは、舌が上下にしか動きません。離乳食をあげる時のポイントは、赤ちゃんの下唇や舌にスプーンをのせ、上唇で離乳食を口の中に入れる動きをするのを待ちます。次に、赤ちゃんが口を閉じようしたら、やさしく水平にスプーンを引き抜いてあげましょう

はじめは上手く食べ物を口に入れることができずに、舌で押し出してしまうこともあるでしょう。その時は、スプーンですくってまた口に戻してあげてください。赤ちゃんの上唇や上顎にスプーンを押し付けてしまうと、食べ物を自分で口に入れる練習になりません。口の奥までスプーンを入れたりすることは危険なので、絶対にやらないでください。

離乳食中期(生後7、8ヵ月頃)のモグモグ期

離乳食中期(生後7、8ヵ月頃)のモグモグ期
離乳食を上手にゴックンと飲み込めるようになったら、離乳食中期のモグモグ期へ進みましょう。モグモグ期は、舌で食べ物を潰して、モグモグと食べれるように練習する時期です。

離乳食中期は舌で潰せる「豆腐」くらいの固さに調理する

離乳食は舌で潰せる「豆腐」くらいの固さに調理する
離乳食中期の食材は、舌で潰しやすい固さにしてあげてください。豆腐くらいの固さをイメージして、少しかたまりが残るように調理しましょう。おかゆは5倍~7倍がゆ、にんじんなどの野菜は、茹でた後みじん切りにしたり、粗く潰しましょう。魚は茹でた後にほぐすと調理しやすいですよ。離乳食中期は初期に比べると調理がしやすくなる食材もあります。

離乳食中期は離乳食の回数を1日2回に増やす

離乳食の回数を1日2回に増やす
離乳食中期は食事の回数を1日2回に増やし、食事のリズムをつけていきます。離乳食の量は2回とも同じ量をあげるように心がけてください。ただし、子どもの様子を見て、体調が良くない場合は、無理をせず離乳食をお休みさせてあげましょう。

この頃の赤ちゃんは、消化・吸収する力が弱いため、食材が便にそのまま出てくることがあります。便の状態を見て下痢でなければ、離乳食を続けても問題ありません。離乳食中期では、赤ちゃんが欲しがれば母乳やミルクをあげても良いですが、離乳食をあげる時間にはお腹が空くように、時間や量を考えて母乳やミルクをあげようにしましょう

離乳食中期は栄養のバランスを意識する

離乳食中期は、食事から栄養をとる割合が多くなるので、栄養バランスの取れた離乳食の献立を考えてみましょう。例えば、「にんじんとほうれん草のあんかけご飯(おかゆ)+しらす&トマトの和え物」など、炭水化物、ビタミン、タンパクを揃えた離乳食メニューを心がけてください。しかし、毎回違う離乳食の献立を考えるのも、忙しい育児の中ではとても大変なことです。

離乳食中期になると、赤ちゃんが食べられる食材が増えるので、大人用の料理から味付け前の食材を使い回すこともできます。離乳食用に、食材を冷凍ストックしておくと、温めて混ぜるだけで1品完成! なんてこともできますよ。パパママの負担が減るように離乳食作りを工夫してみてくださいね。

離乳食中期から食べさせていい食材

種類 食材
炭水化物 米(5~7倍がゆ)、コーンフレーク
タンパク質 鮭、まぐろ(赤身)、ツナ缶、レバー、鶏肉
野菜・いも類 ピーマン、もやし、里芋、いんげん、きのこ
果物 ぶどう
卵・乳製品 卵(卵黄1〜全卵1/3)、牛乳、ヨーグルト、チーズ
海藻 焼きのり、ひじき

離乳食中期のポイント1:モグモグできているかチェック

モグモグできているかチェック
離乳食中期の赤ちゃんは口に入れた離乳食を舌で上あごに押し付けて食べるようになります。赤ちゃんが1人でおすわりできるようになったら、安定した姿勢で離乳食を食べることができるように、ベビーチェアを使うと良いでしょう。

また、赤ちゃんが離乳食を丸飲みしていることもあるので、「モグモグしてるかな?」と声掛けをしたり、パパママがモグモグ口を動かす動作を見せながら、赤ちゃんが口の中で離乳食をモグモグ潰すことを意識させてあげましょう。

離乳食におすすなベビーチェア:Arshiner 赤ちゃん用多機能 ベビーチェア

Arshiner 赤ちゃん用多機能 ベビーチェア

参考価格:7,509円(税込)
amazonで見る

離乳食中期のポイント2:素材の味に慣れさせることが大切

モグモグ期は素材の味に慣れさせることが大切
赤ちゃんの味覚が発達途中のうちは、素材の味を覚えてもらうことが大切です。離乳食の味に飽きさせないために、調味料を使って味付けの幅を広げても良いですが、離乳食中期では風味づけ程度にしましょう。

離乳食後期(生後9、10ヵ月頃)のカミカミ期

離乳食後期(生後9、10ヵ月頃)のカミカミ期
離乳食後期のカミカミ期では食べ物を歯茎で噛んで食べるようになります。赤ちゃんが自分の手でつかんでご飯を食べるようになるのがこの頃で、子供の成長を感じることができる時期でもあります。

離乳食後期は歯茎で潰せる「バナナ」くらいの固さに調理

歯茎で潰せる「バナナ」くらいの固さに
離乳食を舌で潰し、飲み込むことが上手にできるようになる離乳食後期には、食材の固さを少し歯ごたえのあるものに変えてみます。目安は「バナナ」くらいの歯茎で潰せる固さがいいでしょう。食材が柔らか過ぎても固過ぎても、赤ちゃんが離乳食を丸飲みする原因になってしまいます。

赤ちゃんが口から食べ物を出した時は、食材が固すぎるのかもしれません。パパママは大変かもしれませんが、赤ちゃんの様子を見つつ、離乳食の調理をする時は食材の固さに気をつけてあげてくださいね。

離乳食後期には生活リズムに合わせて1日3回離乳食をあげる

生活リズムに合わせて1日3回離乳食をあげる
離乳食後期から、離乳食の回数を3回に増やしてみましょう。離乳食をあげる時間を決めておくなど、生活リズムをつけてあげることも大切です。離乳食をあげる時は、パパママも一緒にご飯を食べて、赤ちゃんにとって楽しい環境を作ってあげるといいでしょう。パパママが食べているから、自分も食べたい! と食べる意欲にも繋がってきます。

離乳食後期に「手づかみ食べ」を始めよう

「手づかみ食べ」を始めよう
離乳食後期の赤ちゃんは、手先も器用になり「手づかみ食べ」ができるようになります。「手づかみ食べ」は、赤ちゃんが食べ物の温度や固さを手で感じたり、口に運ぶ動作を学ぶ大切な工程です。離乳食のメニューも、小さくて丸いおにぎりや野菜スティックなど、赤ちゃんが持ちやすい形にして出してあげましょう。

離乳食後期の赤ちゃんは鉄分が不足しがち

カミカミ期の赤ちゃんは、鉄分の栄養素が不足してきます。離乳食で肉や魚の赤身やレバーなどの食材を使って、栄養素を補ってあげましょう。また、食欲を引き出すために、いろどりの良い離乳食のメニューを考えてあげると赤ちゃんも喜んでくれるはずです。

離乳食後期から食べさせていい食材

種類 食材
炭水化物 米(5倍がゆ~軟飯)
タンパク質 あじ、いわし、さなま、豚肉・牛肉(赤身)、ツナ缶
野菜・いも類 ねぎ、にら、山芋
卵・乳製品 卵(全卵1/2)
海藻 わかめ

離乳食後期の「遊び食べ」は成長の証

「遊び食べ」は成長の証
「遊び食べ」とは、以下のように食べながら遊んでしまうことを言います。

  1. 食べ物をお皿の中でグチャグチャと混ぜる
  2. スプーンやお皿、食べ物を投げたり、床に落としたりする
  3. ご飯中に立ち上がって動き回る

赤ちゃんは、まだ食べ物とおもちゃの区別がついておらず、興味があるものにすぐ手を伸ばします。それも手や足がよく動くようになったからできることなので、成長の証と思って見守ってあげてください。

遊び食べが始まると、床に食べ物が落ちることが増えて、ママも神経を使うことになるでしょう。離乳食をあげる時は、カーペットの上ではなく、床に食べこぼしても簡単にふきとれるフローリングで食べさせることをおすすめします。すぐにふくことができ、洗濯できる食べこぼし用のマットも売っています。子どもに「こぼさないで!」と怒ってしまわないように、便利グッズを使ってみましょう。

離乳食におすすな食べこぼしマット:Zicac お食事マット 食べこぼしマット

Zicac お食事マット 食べこぼしマット 滑り止め 撥水加工済

参考価格:2,399円(税込)
amazonで見る

離乳食完了期(生後11、12ヵ月頃)のパックン期

離乳食完了期(生後11、12ヵ月頃)のパックン期
離乳食完了期はパックン期と言い、だんだん大人と同じ食事がとれるようになります。母乳やミルク以外から、栄養をとれるようになったら離乳食のトレーニングは完了です。スプーンやコップを持たせて、自分で食べたり飲んだりすることを経験させてあげましょう。

離乳食完了期は大人の料理のとりわけでOK! 味や固さを調節する

大人の料理のとりわけでOK! 味や固さを調節する
離乳食完了期には食材のサイズを少しずつ大きくしていき、肉団子くらいの固さを目安に調理していきましょう。離乳食の完了期と言っても、赤ちゃんが一度に食べられる量は少ないため、1日1~2回のおやつをあげても構いません。おやつは、果物、いも、乳製品をあげましょう。

離乳食完了期にはご飯、おかず、汁物の三角食べを意識する

離乳食完了期のメニューは、ご飯、おかず、汁物の3品を作ってあげられるのがベストです。また、離乳食をあげる時は、三角食べを意識してみましょう。3品を順番に食べることによって、口の中で味を調整できたり、よく噛むことに繋がります。食材も増やしていき、濃い味にならないよう注意しつつ味付けに変化を出してあげましょう。

離乳食完了期から食べさせる食材

種類 食材
炭水化物 米(軟飯〜ご飯)
タンパク質 ハム、ウインナー、エビ、カニ、あさり、しじみ
卵・乳製品 卵(全卵1/2〜2/3)

離乳食完了期のポイント1:子供の「食べたい」を引き出そう

子供の「食べたい」を引き出そう
離乳食完了期では子供の「自分で食べたい」という意欲を引き出してあげましょう。離乳食を自由に「手づかみ食べ」をさせてあげたり、好きなキャラクターの食器やスプーンを用意してあげて興味を持たせてあげるといいでしょう。

離乳食完了期のポイント2:好き嫌いや気分で食べない食材もでてくる

好き嫌いや気分で食べない食材もでてくる
離乳食完了期には子供の自我が芽生えてくるため、好き嫌いが出てきます。好きなものしか食べない「ムラ食い」や、おかず1品を食べ終わったら次のおかずを食べる「ばっかり食べ」が目立つようになります。

子供が食べてくれる食材ばかりをあげたくなりますが、食べてくれなくても、いろいろな食材を出して、まずは目で慣れさせることも大切です。好きな食材に混ぜてあげたり、運動しておなかを空かせるなどの工夫をしても良いですね。普段食べてくれない食材も、日によって気分で食べてくれることもあるかもしれません。

離乳食の食器はどんなものを選べばいい?

離乳食期の食器はどんなものを選べばいい?
離乳食用の食器は、赤ちゃんが安心・安全に食事ができるような工夫がされています。軽くて割れにくいプラスチック製、清潔に保ちやすい陶器、断熱性が高い木製など、いろいろな素材の食器があります。食器がそのまま保存容器になるものであれば、離乳食を食べ残しても、フタをするだけで保存ができるので楽チンです。

離乳食用のスプーンは赤ちゃんの成長に合わせて、初期~完了期で買い換えることが必要です。はじめは口を大きく開けられないので、小さめの浅いスプーンを使うといいでしょう。後期〜完了期では、赤ちゃんが自分でスプーンを使って離乳食を食べる練習をしますので、持ちやすく、離乳食がすくいやすい形のスプーンを選んでみましょう。

離乳食におすすな食器セット:コンビ くまのプーさん ベビー食器セット

コンビ くまのプーさん ベビー食器セット

参考価格:3,540円(税込)
amazonで見る

まとめ:離乳食は赤ちゃんのペースに合わせて進めよう

まとめ:個人差があるので赤ちゃんのペースに合わせて進めよう
離乳食の進め方について4つのステップをご紹介しましたが、子どもによって離乳食のステップアップスピードには個人差があります。計画通りに進まなくても焦らなくて大丈夫です。赤ちゃんによって、離乳食をたくさん食べる子も、そうでない子もいます。

筆者は気合を入れて作った離乳食のメニューほど食べてくれず、その度にモヤモヤしたのを覚えています(笑)私の息子は少食だったので、栄養がちゃんとれているのか心配でしたが、歩き始めて体力を使うようになると、だんだんご飯を食べる量も増えてきました。赤ちゃんのペースに合わせて、離乳食のトレーニングを楽しく進めていきましょう!