【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!

記事の監修者の紹介

管理栄養士志田修平

管理栄養士 志田修平(いちじく王子)

調理師、管理栄養士、柔道整復師。管理栄養士として4年間勤務し、病院や学校給食などの調理・献立作成、栄養指導を担当。その後、フリーランスとして身体に優しいケータリングやキッチンカー運営の活動を得て、
地元活性の想いから、実家山形のいちじくを使ったいちじく料理専門店を西麻布にオープン。

子供食堂やママ起業家コミュニティとの連携を中心とした活動も行う。11月に第一子の誕生予定。出張作り置きサービス「シェアダイン」でも活躍中。

離乳食はなぜ赤ちゃんに必要なの?

離乳食って赤ちゃんになぜ必要なの?

ご飯に慣れたり、足りない栄養素を補うため

母乳やミルクしか飲んだことがない赤ちゃんが、大人と同じように食事をとるためには、「噛む」、「飲み込む」という食事の動作の練習が必要です。離乳食を通して、食べ方を覚えたり、食材の味や食感にも慣れることができます。離乳食のトレーニングを進めながら食べれらる食材を増やしていくことで、赤ちゃんの消化器官や味覚が発達し、赤ちゃんは食事を楽しむこともできるようになります。

どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。

離乳食の4つのステップとは?

離乳食の4つのステップとは?
赤ちゃんが大人と同じ食事をとれるようになるためには、離乳食で徐々に慣れることが必要です。離乳食は生後5ヶ月~生後18ヶ月頃までの赤ちゃんの成長に合わせ、食事の方法や食べられる食材が変わります。離乳食のトレーニングを進める際には赤ちゃんの様子をみながら、少しずつ食事内容をステップアップさせていきましょう。

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳ごろまでは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかを見通せるように、まとめて解説します!
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
赤ちゃんが生後5ヶ月になると首がすわって寝返りができる子もいます。この時期は離乳食の準備や夜泣きの始まりなど、パパママの育児の悩みも変化してくるころ。生後5ヶ月の平均身長や体重などの成長と発達、離乳食を始めるタイミングや夜泣き対策、過ごし方のポイントを解説します!
離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食の開始目安は生後5ヶ月~6ヶ月頃とされていますが、具体的にはいつから始めればいいのでしょう? いざ始めても10倍粥や裏ごしなど、戸惑うことも。離乳初期の進め方やコツ、注意点なども紹介します。

離乳食は初期、中期、後期、完了期に分けられる

離乳食は初期、中期、後期、完了期に分けられる
赤ちゃんの離乳食のトレーニングは生後5ヶ月、生後6ヶ月頃から初期、中期、後期、完了期の4つのステップで進めていきます。赤ちゃんはこの4つのステップを通じて、これまでの「飲む」食事から「食べる」食事に慣れていくのです。離乳食のトレーニングを始めると、今まで母乳やミルクしか飲んでいなかった赤ちゃんが、母乳やミルク以外の味を初めて経験します。離乳食の時期に慣れ親しんだ味が、将来の子供が好きな味につながるため、0歳~1歳の味覚が発達する時期に、できるだけいろいろな食材の味に慣れさせてあげましょう

昔は生後3ヶ月、生後4ヶ月頃に味ならし期があった

昔は生後3ヶ月、4ヶ月頃に味慣らし期があった
離乳食は生後5ヶ月頃からとよく耳にしますが、昔は生後3ヶ月、生後4ヶ月頃に「味ならし期」がありました。味ならし期では、母乳以外の味に慣れさせるために、果汁やスープをあげましょうと言われていましたが、今では必要ないという考えが広まってきています。実際に、現在2歳の私の息子が離乳食をはじめた時も、味ならしはしませんでした。

味ならし期は本当に不要なのか、厚生労働省のWebサイトでも確認してみましたが、厚生労働省は「足りない栄養素を補うことや、噛む力を発達させる目的から、生後5ヶ月、生後6ヶ月頃から離乳食をスタートさせる」ことを推奨しており、この点からも味ならし期は不要だと考えていいでしょう。

人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
離乳食がそろそろ始まる生後5ヶ月の赤ちゃんがいる方、離乳食は始まったけど今後どう進めて行ったらいいのか分からない方には離乳食アプリがおすすめ。離乳食アプリのメリットや人気の離乳食アプリを紹介します!

離乳初期(生後5ヶ月、生後6ヶ月頃が目安)のゴックン期

離乳初期(生後5ヶ月、生後6ヶ月頃)のゴックン期
赤ちゃんの離乳食トレーニングは生後5、生後6ヶ月頃からスタートするのが一般的です。「うちの子の離乳食はそんな早い時期に始めて大丈夫?」と心配になるパパママもいるでしょう。生後5、6ヶ月頃というのはあくまで目安で、大人が赤ちゃんを支えておすわりができるようになっていれば、離乳食をはじめる準備が整ったと考えてください。また、大人がご飯を食べている様子をみて、口をパクパクさせたり、食べたそうな仕草が見えたら、離乳食をスタートさせていいでしょう。心配であれば、離乳食をはじめるタイミングはかかりつけのお医者さんにも相談してみてください。

【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。
赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
赤ちゃんの首が完全に座り、手足の動きが活発になってくると「そろそろおすわり?」と期待が高まります。赤ちゃんのおすわりはいつから? またおすわり間近の赤ちゃんへの接し方は?そんな疑問を解消します。

離乳初期はとろとろになるまで煮込む&すり潰してから食べさせる

離乳食はとろとろになるまで煮込む&すり潰してからあげる
離乳食をはじめたばかりの時期は、赤ちゃんはまだ「食べる」行為ができません。離乳初期はゴックン期とも言い、食べ物を「舐める」、「飲む」しかできないのです。そのため、離乳初期に食べ物を食べさせる時は、赤ちゃんが飲み込みやすいように、とろとろのポタージュ状にすり潰してからあげるようにしてください。離乳食の固さはヨーグルトをイメージするとわかりやすいです。

生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
0歳も半分が過ぎる生後6ヶ月。できることも増えてきますが、寝返りやおすわりができないことに悩んでいませんか? 同じ月齢の赤ちゃんの成長する姿を見ると「うちの子はどうかな?」と心配になりますよね。生後6ヶ月の赤ちゃんの成長発達の目安やお世話のポイントを詳しく解説します!
赤ちゃんの離乳食にはきな粉がおすすめ! いつから? 初期・中期・後期別レシピを紹介
赤ちゃんの離乳食にはきな粉がおすすめ! いつから? 初期・中期・後期別レシピを紹介
きな粉は離乳初期から食べられ、さらに栄養も豊富な赤ちゃんにとって嬉しい食材です。あげるときのポイントや、量・加熱の必要性など、きな粉に関するママたちの疑問も解決します! 離乳初期〜完了期までそれぞれのおすすめレシピも紹介するので、参考にしてくださいね。

離乳初期に役立つ調理器具セット

赤ちゃんが食べやすいよう食材を滑らかにする時は、裏ごし器やブレンダーですり潰す方法があります。離乳食用の調理器具セットはいろいろな種類のものが販売されており、裏ごし器やすり鉢、食材を潰しやすいスプーンなどがついています。離乳食を作り置きをする場合は、一度に大量の食材を調理できるブレンダーを使うと、時間短縮になるのでおすすめですよ。

離乳食用のおすすめ調理器具セット:ピジョン 調理セット 離乳食用

ピジョン 調理セット 離乳食用

ピジョン 調理セット 離乳食用

4,980円(07/04 18:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
離乳食作りにおすすめなブレンダー10選! 買うべき? 選び方は?
離乳食作りにおすすめなブレンダー10選! 買うべき? 選び方は?
赤ちゃんの生後5ヶ月ごろから始まる離乳食。手間がかかる離乳食作りの強い味方が「ブレンダー」です。ブレンダーは離乳食作りにかかる時間を大幅に短縮してくれて、忙しいママにおすすめ。ブレンダーは、離乳食作りにどう使えるのか、離乳食におすすめブレンダーを紹介します。
離乳食づくりに必要な調理器具が知りたい!必要な道具やおすすめの調理器具セットも紹介
離乳食づくりに必要な調理器具が知りたい!必要な道具やおすすめの調理器具セットも紹介
赤ちゃんの離乳食が始まるけれど、どんな調理器具が必要なの? 一式セットは買うべき?と悩むママは多いでしょう。この記事では、離乳食に必要な調理器具やおすすめの調理器具セットをまとめました。離乳食作りの参考にしてください。

離乳初期はスプーン1さじを食べさせることからスタート

離乳食はとろとろになるまで煮込む&すり潰してからあげる量はスプーン1さじからスタート
離乳食を食べはじめたばかりの赤ちゃんは生まれて初めての食事に驚くことばかりです。まずは、スプーンが口の中に触れる刺激や食事の雰囲気に慣れることからはじめましょう。離乳初期はスプーン1さじを1日1回あげることを目安にスタートしましょう。

赤ちゃんの機嫌によって離乳食を食べてくれないこともあるので、赤ちゃんの体調がいい時を見計らって、無理なく離乳食を進めてみてくださいね。離乳初期は、1回の食事の量がとても少ないため、母乳やミルクは赤ちゃんが欲しがるだけあげても大丈夫です

離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富に販売されています。離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによっても選ぶ離乳食スプーンは変わってきますよね。離乳食スプーンの選び方やリッチェルやコンビなどおすすめ商品をご紹介します。

離乳食は人肌くらいに冷まして、赤ちゃんに食べさせる

離乳食は人肌くらいに冷まして、赤ちゃんに食べさせる
赤ちゃんが離乳食を一番おいしいと感じるのは、35~40度の人肌くらいの温度です。離乳食を食べさせる途中で、赤ちゃんが食べてくれなくなった時は、35~40度を目安に電子レンジなどで温度調整をしてあげてください。具体的なやり方としては、5~10秒程度レンジで温め、人肌まで達してないようだったら更に5秒程度の加熱を加えてください。

離乳初期におすすめの食材は?

赤ちゃんに初めて離乳食をあげる時は、消化に良いおかゆ(「おもゆ」とも言います)からあげてみましょう。初めの1週間はおかゆのみをあげてください。1週間が過ぎて新しい食材を食べさせたい時は、スプーン1さじを目安に試すようにしましょう。初めての食材を食べさせる時は、アレルギー反応が出ていないかの注意も忘れないようにしてください。

アレルギー反応の目安は赤ちゃんの口元が赤くなったり、発疹が出たり、呼吸が苦しそうなどです。下痢や嘔吐などの症状がでることがありますが、アレルギー反応には個人差があります。アレルギー反応が出たときに、すぐに赤ちゃんを病院に連れて行けるよう離乳食は午前中にあげると安心です

離乳初期に赤ちゃんに食べさせていい食材

種類 食材
炭水化物 米(10倍がゆ)、食パン、うどん、そうめん
タンパク質 かれい、ひらめ、たら、しらす
野菜・いも類 大根、人参、玉ねぎ、ブロッコリー、なす、トマト、とうもろこし、きゅうり、キャベツ、じゃがいも、さつまいも
果物 バナナ、いちご、りんご、もも、みかん、スイカ、メロン、なし
卵・乳製品 かたゆでした卵黄

野菜は、繊維が少なく、すり潰しやすいものがおすすめです。お肉や魚などの脂質が多い食材は離乳初期に赤ちゃんに食べさせるのは避けましょう。また、きのこ類はまだ歯が生えていない赤ちゃんには食べにくい食材なので、離乳初期の離乳食では食べさせないようにしましょう。

2019年に改定された厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」で離乳初期からしっかりと火を通した卵黄は赤ちゃんにあげていいと変更されました。これまで離乳初期は「卵などのアレルギー反応が出てしまう可能性のある食材」をあげるのは控えましょうとされてきましたが、少量の卵黄を離乳初期の赤ちゃんに与えるのは卵アレルギー対策になることがわかりました。ただし、卵黄を赤ちゃんに食べさせる際は、20分以上ゆでてしっかりと熱が通った卵の卵黄を、ほんの少量だけあげるようにしてください。

離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。
【管理栄養士監修】離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
【管理栄養士監修】離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
バナナは栄養豊富で甘みもあり赤ちゃんも食べやすいため、離乳食にはぴったりの食材です。冷凍保存も可能なので、時短レシピにも活用できますよ。バナナのアレルギーや加熱調理が必要なことも知っておきましょう。バナナの食べさせ方やおすすめレシピなどを紹介します。
【管理栄養士監修】離乳食でトマトはいつから食べられる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
【管理栄養士監修】離乳食でトマトはいつから食べられる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。

離乳初期のポイント:食べ物を口に入れて飲み込む練習を意識する

食べ物を口に入れて飲み込む練習を意識する
離乳初期の赤ちゃんは、舌が上下にしか動きません。離乳食をあげる時のポイントは、赤ちゃんの下唇や舌にスプーンをのせ、上唇で離乳食を口の中に入れる動きをするのを待ちます。次に、赤ちゃんが口を閉じようしたら、やさしく水平にスプーンを引き抜いてあげましょう

赤ちゃんははじめは上手く食べ物を口に入れることができずに、舌で押し出してしまうこともあるでしょう。その時は、スプーンですくってまた口に戻してあげてください。赤ちゃんの上唇や上顎にスプーンを押し付けてしまうと、食べ物を自分で口に入れる練習になりません。赤ちゃんの口の奥までスプーンを入れたりすることは危険なので、絶対にやらないようにしましょう。

離乳中期(生後7ヶ月、生後8ヶ月頃が目安)のモグモグ期

離乳中期(生後7ヶ月、生後8ヶ月頃が目安)のモグモグ期
赤ちゃんが離乳食を上手にゴックンと飲み込めるようになる生後7ヶ月、生後8ヶ月頃を目安に、離乳中期のモグモグ期へ進みましょう。モグモグ期は、赤ちゃんが舌で食べ物を潰して、モグモグと食べれるように練習する時期です。

赤ちゃんの離乳中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんの離乳中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんが上手にゴックンができるようになると、離乳中期にステップアップします。離乳中期はモグモグ期とも呼ばれ、赤ちゃんが食材を舌で潰し、口をモグモグと動かして食べる練習をします。離乳中期の赤ちゃんに合った食事方法ができるように、離乳初期から調理の仕方を変える必要がありますね。離乳中期の進め方のポイントや離乳中期から食べられる食材もご紹介します。
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
ヨーグルトは赤ちゃんにとって必要なカルシウムが豊富で、ぜひ離乳食に取り入れたい食材です。ただし、赤ちゃんに食べさせるときはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。ヨーグルトの選び方や食べさせ方とあわせて紹介していきます。

離乳中期は舌で潰せる「豆腐」くらいの固さを目安に調理する

離乳食は舌で潰せる「豆腐」くらいの固さに調理する
離乳中期の食材は、赤ちゃんが舌で潰しやすい固さを目安に調理してあげてください。豆腐くらいの固さをイメージして、少しかたまりが残るように調理しましょう。おかゆは5倍~7倍がゆ、にんじんなどの野菜は、茹でた後みじん切りにしたり、粗く潰しましょう。魚は茹でた後にほぐすと調理しやすいですよ。離乳中期は初期に比べると調理がしやすくなる食材もあり、ママは少しだけ楽になると思います。

離乳中期は赤ちゃんの離乳食の回数を1日2回に増やす

離乳食の回数を1日2回に増やす
離乳中期は赤ちゃんの食事の回数を1日2回に増やし、食事のリズムをつけていきます。離乳食の量は2回とも同じ量をあげるように心がけてください。ただし、赤ちゃんの様子を見て、体調が良くない場合は、無理をせず離乳食をお休みさせてあげてください。

この頃の赤ちゃんは、消化・吸収する力が弱いため、食材が便にそのまま出てくることがあります。便の状態を見て下痢でなければ、離乳食を続けても問題ありません。離乳中期では、赤ちゃんが欲しがれば母乳やミルクをあげても良いですが、離乳食をあげる時間にはお腹が空くように、時間や量を考えて母乳やミルクをあげようにしましょう

離乳食の2回食はいつから始まる? 量は? あげる時間は? 手作りに便利な食材も!
離乳食の2回食はいつから始まる? 量は? あげる時間は? 手作りに便利な食材も!
赤ちゃんが離乳食を始めて1ヶ月を過ぎたくらいから、2回食への移行を始めましょう。2回食では赤ちゃんにいろいろな食材に慣れてもらうため、料理の手間も増えますね。母乳・ミルクとのバランスやよくあるトラブルなども詳しく解説します。

離乳中期は献立の栄養バランスを意識する

離乳中期は、食事から栄養をとる割合が多くなるので、栄養バランスの取れた離乳食の献立を考えてみましょう。例えば、「にんじんとほうれん草のあんかけご飯(おかゆ)+しらす&トマトの和え物」など、炭水化物、ビタミン、タンパクを揃えた離乳食メニューを心がけてください。しかし、毎回違う離乳食の献立を考えるのも、忙しい育児の中ではとても大変なことです。

離乳中期になると、赤ちゃんが食べられる食材が増えるので、大人用の料理から味付け前の食材を使い回すこともできます。離乳食用に、食材を冷凍ストックしておくと、温めて混ぜるだけで1品完成! なんてこともできますよ。パパママの負担が減るように離乳食作りを工夫してみてくださいね。

【管理栄養士監修】離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
【管理栄養士監修】離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食はお粥や野菜からスタートしますが、徐々に豆腐や魚からタンパク質を摂る準備をする必要がありますよね。タンパク質には植物性と動物性がありますが、動物性タンパク源のスタートで使いやすいのがしらすです。しらすは栄養素も豊富で、離乳食にぴったりの食材です。しらすはいつからあげていいでしょうか? アレルギーや塩抜き、冷凍保存方法、レシピもご紹介します。
離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
鉄分が豊富なほうれん草は、いつから赤ちゃんに食べさせてもいいのでしょうか? ほうれん草は正しくあく抜きをして下ごしらえしないと、赤ちゃんが食べてくれないことがあります。調理や冷凍保存の方法、離乳初期、中期、後期、完了期のレシピなどを紹介します。

離乳中期から赤ちゃんに食べさせていい食材

種類 食材
炭水化物 米(5~7倍がゆ)、コーンフレーク
タンパク質 鮭、まぐろ(赤身)、ツナ缶、レバー、鶏肉
野菜・いも類 ピーマン、もやし、里芋、いんげん、きのこ
果物 ぶどう
卵・乳製品 卵(卵黄1〜全卵1/3)、牛乳、ヨーグルト、チーズ
海藻 焼きのり、ひじき
【管理栄養士監修】離乳食の卵はいつから? 進め方は? マヨネーズや生卵は? 与える頻度やレシピも紹介
【管理栄養士監修】離乳食の卵はいつから? 進め方は? マヨネーズや生卵は? 与える頻度やレシピも紹介
栄養価が高く料理にも使いやすい卵は、卵黄のみ離乳食初期から使えます。卵白はいつ頃から与えるのかなど、アレルギーが気になる卵の離乳食の進め方や注意点を紹介します。卵の冷凍保存方法や離乳食の時期別レシピも参考にしてください。

離乳中期のポイント1:赤ちゃんがモグモグできているかをチェック

モグモグできているかチェック
離乳中期の赤ちゃんは口に入れた離乳食を舌で上あごに押し付けて食べるようになります。赤ちゃんが1人でおすわりできるようになったら、安定した姿勢で離乳食を食べることができるように、ベビーチェアを使うと良いでしょう。

また、赤ちゃんが離乳食を丸飲みしていることもあるので、「モグモグしてるかな?」と声掛けをしたり、パパママがモグモグ口を動かす動作を見せながら、赤ちゃんが口の中で離乳食をモグモグ潰すことを意識させてあげましょう。

離乳食におすすなベビーチェア:Maydolly(メイドリ) 赤ちゃん用多機能 ベビーチェア

ママから人気のベビーチェア特集! おしゃれなものからカワイイものまで紹介
ママから人気のベビーチェア特集! おしゃれなものからカワイイものまで紹介
赤ちゃんの腰が座ってきたらいよいよベビーチェアデビュー! 一口にベビーチェアと言ってもその種類は膨大です。せっかくなら赤ちゃんが喜んで座ってくれるものを選びたいですよね。先輩ママ達が「買って良かった!」とおすすめする人気のベビーチェアを紹介します。

離乳中期のポイント2:赤ちゃんが素材の味に慣れることが大切

モグモグ期は素材の味に慣れさせることが大切
赤ちゃんの味覚が発達途中のうちは、素材の味を覚えてもらうことが大切です。離乳食の味に飽きさせないために、調味料を使って味付けの幅を広げても良いですが、離乳中期では風味づけ程度を目安に調理しましょう。

次のページでは離乳後期、離乳完了期について、赤ちゃんが離乳食を食べてくれないときはどうすればいいか、をご紹介します。

続きを読む
管理栄養士 志田修平(いちじく王子)

管理栄養士 志田修平(いちじく王子)

調理師、管理栄養士、柔道整復師。管理栄養士として4年間勤務し、病院や学校給食などの調理・献立作成、栄養指導を担当。その後、フリーランスとして身体に優しいケータリングやキッチンカー運営の活動を経て、地元活性の想いから、実家山形のいちじくを使ったいちじく料理専門店を西麻布にオープン。 子供食堂やママ起業家コミュニティとの連携を中心とした活動も行う。11月に第一子の誕生予定。出張作り置きサービス「シェアダイン」でも活躍中。