寝返りはいつからできる? 赤ちゃんの月齢目安や練習方法は? 注意点も紹介

赤ちゃんの寝返りとは?

赤ちゃんの寝返りとは?
仰向けでねんねするばかりだった赤ちゃんが、自分の力でうつ伏せの体勢になるのが寝返りです。寝返りは赤ちゃんの成長の証でもあり、自ら移動できる力を得たという第一歩です。赤ちゃんの運動能力では、目や首を動かして周囲を見る、手足を屈曲したり持ち上げる、身体を反らせる…というような発達や成長が見られます。このような運動能力が背中や腰まで発達していると、寝返りができるようになるのです。

赤ちゃんの寝返りは、

  1. 下半身をひねる
  2. 動きたい方向に腰の重心を移す
  3. 上半身を回転させて体勢を変える

という流れで行います。成長するにあたり、だんだん大人と同じように自然に寝返りができるようになるのですね。

赤ちゃんが寝返りをするのはいつ? しない場合もある?

赤ちゃんが寝返りをするのはいつ? しない場合もあるの?

生後5ヶ月~6ヶ月頃に寝返りをするのが一般的

個人差はありますが、一般的には、首すわりが完了した後の生後5ヶ月~6ヶ月頃で寝返りをし始める赤ちゃんが多いと言われています。生後5ヶ月~6ヶ月の赤ちゃんは、うつ伏せの体勢で顔を安定して上げることができ、頭を左右に動かせるなど身体がだいぶしっかりしてくるので、寝返りができるようになるのです。

寝返りが遅い赤ちゃんの特徴は、身体が大きい、寝返りしにくい環境にいる…などがあげられます。身体が大きければその分、寝返りをする筋力も必要になります。寝返りしにくい環境とは、柔らかい布団の上、厚着をしていて動きにくい服装をしている…などです。ただ「寝返りをしたくない」と思う赤ちゃんもいるので、寝返りをする時期はさまざまです。寝返りをしないで、ハイハイができるようになる赤ちゃんもいるように、寝返りをする時期には個人差があることがわかりますね。

生後5ヶ月~6ヶ月の赤ちゃんは、パパやママなど人の顔を認識できるようになったり、目で見る物との距離感が発達してきたりするなどの成長も見られます。興味のある方向に手を伸ばす仕草も多く見られるようになるので、そうした動作の流れから寝返りにつながる赤ちゃんも多いようです。

赤ちゃんの目はいつからどのくらい見えているの? 視力の発達や目の病気について紹介
赤ちゃんの目はいつからどのくらい見えているの? 視力の発達や目の病気について紹介
生まれたばかりの赤ちゃんの視力はほとんどないと聞きますが、赤ちゃんはいつ、どのくらい目が見えるようになるのでしょうか。赤ちゃんは今こんな風に見えているんだ、とパパママが理解していれば、赤ちゃんとの遊び方や接し方も工夫できますね。赤ちゃんの視力の発達や気になる目の病気についてもご紹介します。
赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
赤ちゃんの首が完全に座り、手足の動きが活発になってくると「そろそろおすわり?」と期待が高まります。赤ちゃんのおすわりはいつから? またおすわり間近の赤ちゃんへの接し方は?そんな疑問を解消します。

赤ちゃんの寝返りの練習方法は?

寝返りの練習方法は?
寝返りは必ずしもしなければいけないものではありませんが、首がしっかりすわっているのになかなか寝返りが見られないと、パパママとしては不安な気持ちになることもあるでしょう。そのような時は、様子を見ながら少しずつ寝返りの練習をさせてみましょう。下記に練習方法の一例を挙げますが、くれぐれも無理はせず、赤ちゃんのペースに合わせて寝返りの練習してくださいね。

赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介
赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介
生まれたばかりの赤ちゃんは頭を首で支えることはできませんが、生後1ヶ月頃から首の筋肉が発達し、徐々に首がすわるようになります。首すわりが始まる時期や首すわりの確認方法をご紹介します。

赤ちゃんの寝返りの練習方法1

仰向けになった赤ちゃんの片足をそっと持ち上げてもう一方の足の上に交差させ、腰から身体を横向きにします。続いて肩や背中に手を添えて優しく押し、上半身の重心を移してうつ伏せにします。初めのうちは腕を身体の下から抜くことができないかもしれませんので、引っ張らないよう気をつけて手伝ってあげます。赤ちゃんによっては右回り左回りのどちらかに寝返りしやすい方向があります。顔を左右どちらかによく向けているなど、普段の様子も観察して好みの方に回転するよう試してみましょう。

赤ちゃんの寝返りの練習方法2

自ら身体をひねって寝返りをしそうな動きが見られる赤ちゃんには、軽く補助してあげる方法もあります。足を横に向けようとする動きに合わせて支えてあげたり、下半身の重心を移せるようになった赤ちゃんには上半身を回転させるのを手伝ってあげる……といったように、赤ちゃんのペースに合わせて少しずつ促してあげましょう。

一方で、寝返りをしそうな様子があまり見られない赤ちゃんは、まだ、寝返りに必要な筋力や運動神経が整っていない段階かもしれず、強引に体勢を変えさせると身体に負担をかけてしまいかねません。また、赤ちゃんによってはうつ伏せを嫌がったり視界が変わるのを怖がることもあります。いずれにせよ決して焦らず力を入れずに、赤ちゃんとのスキンシップを楽しむ気持ちで触れてあげるとよいですね。

次のページでは赤ちゃんが寝返りをしはじめたら、パパママに注意して欲しいポイントについてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!