1歳2ヶ月ってどんな時期? 平均的な成長の目安。離乳食や食事量、歯、遊びのことなどを解説

1歳2ヶ月ってどんな時期?

1歳2ヶ月ってどんな時期?
1歳2ヶ月の子供の成長は著しく、心も体もぐんぐん育ちます。運動量が増えあんよが上手になるので、ファーストシューズを購入するママが多い時期です。両手でバランスを取りながら一生懸命歩く姿はとても可愛いですよね。初めて見る外の世界は子供の好奇心を刺激し、興味を引き出しますので、よちよち歩きでも安全な公園などに連れて行ってあげましょう。あんよが安定していなければ、室内用の靴を履かせて、靴に慣らしておくことをおすすめします。ただし、一人で歩けるようになると、家の中でも外でも危険が増すので、くれぐれも目を離さないように気を付けてくださいね

離乳食は『完了期』を迎え、薄味のものであれば大人の食事を取り分けてあげることも可能になります。手づかみで食べたがったり、スプーンやフォークを使いたがったら、どんどんやらせてあげましょう。また、理解力も増し、感情表現も豊かになります。ママの表情や仕草から言ってることをくみ取り理解できる子もいます。ただ、まだお喋りは出来ないので、自分の気持ちが伝わらないことに苛立ち、癇癪を起こす場合も。言うことを聞かず泣きわめかれるとつい怒りたくなりますが、そこはグッと我慢。子供が何をしたいのか、何を伝えたいのか想像して、焦らずに子供の気持ちに寄り添ってあげましょうね

ベビーシューズはどうやって選んだらいいの? 赤ちゃんの靴選びのコツ
ベビーシューズはどうやって選んだらいいの? 赤ちゃんの靴選びのコツ
赤ちゃんが歩きはじめると、ベビーシューズを履かせてお散歩に行くのも楽しみになるものです。でも、どのタイミングで購入したらいいのか分からないものですよね。そこで、混同しがちなファーストシューズとの違いや、選び方のポイントについてご紹介したいと思います。
赤ちゃんが歩きはじめるのはいつから? 歩く練習は本当に必要なの?
赤ちゃんが歩きはじめるのはいつから? 歩く練習は本当に必要なの?
「赤ちゃんがなかなか歩かなくて心配」「いつごろから歩き出すのか知りたい」あなたはこんな悩みを抱えていませんか?赤ちゃんを育てているといろいろ悩みは尽きませんが、この記事では赤ちゃんが歩くのはいつからなのか詳しくご紹介していきます。
【管理栄養士監修】離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
【管理栄養士監修】離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。
  

1歳2ヶ月の平均身長、平均体重

男の子 女の子
身長 72.1~81.7cm 70.2~79.9cm
体重 8.0~11.5kg 7.5~10.9kg

厚生労働省が2010年に発表した「乳幼児身体発育調査報告書」によると、生後1歳2か月の子供の身長・体重の平均は上記の通りです。0歳の頃と異なり、身長と体重に急激な変化はみられなくなります。個人差は出てきますが、健康であれば問題ないので、あまり神経質になりすぎないようにしましょう。

1歳2ヶ月の悩みあれこれ! どう受け止める?

1歳2ヶ月の悩みあれこれ! どう受け止める?
1歳2ヶ月になると、0歳の頃とは生活がガラリと変わります。成長に個人差があるのはわかっていても、つい周りの子供と比べたりして不安になるものです。そこで、1歳2ヶ月の子を持つママ達の悩みをピックアップしてみました。こんな時はどのように対処すればよいのか、どのような対策を打てばよいのかなど、悩んでるママは是非参考にしてみてください。
  

1歳2ヶ月なのに離乳食を食べない

1歳2ヶ月なのに離乳食を食べない
1歳をすぎると、子供は栄養のほとんどを離乳食から摂取するようになります。食べない理由としては、単純にお腹が空いていないか、食事以外の他の事に意識が向いてる可能性が最も考えられます。「食べたい」という意欲を引き出すために、たくさん体を動かし、ダラダラ食べをさせず、生活のリズムを整えることが大切です。せっかく作った離乳食を食べてもらえないと、ママは悲しくて泣きたくなったり、ついイライラしてしまいますよね。そんな時に思い出してほしいのが、「6秒ルール」です。

「6秒ルール」とは、『アンガーマネジメント』という怒りの感情をコントロールするための心理トレーニング法で、何か他の事に意識を向け、ゆっくりと6秒かけて深呼吸することで、気持ちが落ち着くとされています。まずは深呼吸をして、気持ちが落ち着いたなと思ったら、子供の気持ちに寄り添って声を掛けましょう。例えば、感情的に「早く食べなさい! 」と怒るのではなく、「いいな、ママも食べたいな~」などプラスの言葉に変えて、子供の食べる意欲を引き出します。

筆者がよく使っていたのは、息子の好きなぬいぐるみ。ぬいぐるみを持って「〇〇くんが食べないなら、ボクが全部食べちゃおーっと」などとぬいぐるみが喋っているかのように言うと、息子は「だーめー! ボクが食べるのー! 」と言ってパクリ。お茶碗が空になるまでそれを繰り返して食べさせてました。ちなみに「6秒ルール」は、おもちゃを片付けないときや、イヤイヤ期の対策などにも応用できますので、イラッとしたときは是非思い出してくださいね。

赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
  
子供のイヤイヤ期はいつからいつまで? 原因や絶対にNGの対応とは?
子供のイヤイヤ期はいつからいつまで? 原因や絶対にNGの対応とは?
イヤイヤ期が始まり、子供にどう接していいのか悩んでいませんか? 早ければ1歳を迎える頃から始まりますが、イヤイヤが始まる場所や原因は子供によって違います。イヤイヤ期の時期や発動する原因、乗り越え方を紹介します。

1歳2ヶ月での子供の歯の本数が心配

1歳2ヶ月で歯の本数が心配
6~8ヶ月頃に下の前歯から生え始め、1歳2ヶ月頃になると上下の前歯が生えてきます。しかし、子供によって歯が生える順番や本数は個人差があります。他の子と比べて歯の生え始めが遅いと不安になるものですが、あまり過剰に心配する必要はありません。ただし、1歳3ヶ月になっても1本も生えてこないようなら、一度小児歯科医に相談してみることをおすすめします。

子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)のかわいい乳歯も虫歯になるのでしょうか? 乳歯が虫歯になる原因や乳歯の虫歯の見分け方を解説します。また、虫歯にならないための予防方法も紹介するので、子供の大切な歯を守りましょう!

1歳2ヶ月で言葉が出ない、理解していない

1歳2ヶ月で言葉が出ない、理解していない
1歳2ヶ月の子供は自分の思いを上手に言葉にすることはできませんが、こちらの話していることが少しずつ理解できるようになっています。自分の名前もわかり、名前を呼ぶと「はーい! 」と笑顔で手をあげる子もいるでしょう。子供にとってはパパママの優しい語りかけが言葉の源になります。どうせまだわからないだろうから…と話しかけるのを諦めるのはダメです。

子供の目に映ったものを教えてあげたり、「おもしろいね」「綺麗だね」「楽しいね」など、どんどん語りかけるようにしましょう。子供のリアクションが薄いと、こちらの言うことをちゃんと理解できているのか不安になると思いますが、例えると、この時期は乾いたスポンジが水を吸うように言葉をぐんぐん吸収している状態です。容量がいっぱいになれば自然と言葉は出てきますので、心配しなくても大丈夫です。

言葉の早い遅いも個人差があるので、とにかくパパママは焦らずに、優しくどんどん話しかけてあげることが大切です。おもちゃを渡すときなどに、「どうぞ」と言葉を添えるよう心掛けていれば、そのうち子供の方から「どうぞ」と言っておもちゃを渡してくれるはずです。子供が上手に言葉を発した時は、成長の第一歩。おもいきり褒めてあげましょう。

  

1歳2ヶ月でも夜泣きってするの?

1歳2ヶ月でも夜泣きってするの?
1歳2ヶ月で夜泣きをしていても心配することではありません。0歳から2歳を過ぎてもずっと夜泣きが続く子もいますし、0歳の頃は夜泣きしなかったのに1歳を過ぎてから急に夜泣きが始まる子や、まったく夜泣きをしない子など、夜泣きのパターンはさまざまです。しかし、それに付き合うママは、夜泣きも成長の過程だと心ではわかっていても、体力的にも精神的にも疲れてしまいますよね。少しでも長く寝てほしいと願うママ達に、日常生活を見直すことでできる対策をご紹介します。

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 原因やイライラしない対処策
赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 原因やイライラしない対処策
覚悟していたとはいえ、赤ちゃんの夜泣きが始まると体力的にもつらいものがありますよね。「いつからいつまで続くのだろう...」不安に思うママも多いのではないでしょうか? 本記事では赤ちゃんの夜泣きの原因や対処法を解説。先輩ママたちの乗り越え方も紹介します!
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
子供が1歳になると、これまでにはなかった悩みが多く出てくるものです。夜泣きが始まった、ご飯を食べない、体重が増えない、どうしたらいいの…と不安になるかもしれません。多くのママが乗り越えてきたそれらの悩みを一緒に解消していきましょう。

お昼寝時間を決め、起きてるときは思いきり遊ばせる

夜にぐっすり寝てもらうには、外遊びなどで子供の体力を使わせることをおすすめします。お昼寝も大事な時期ですが、お昼寝の時間はなるべく早めて、遅くても15時半までに切り上げるようにしましょう。そして、お昼寝から起きたら再びたくさん遊びます。夜に熟睡できるように準備することが夜泣き軽減のカギですよ。

子供が落ち着いて眠れる環境づくり

例えば、掛け布団が嫌いな子供にはスリーパーを着せてみる、お気に入りのぬいぐるみやママの匂いがするものなどを子供の横に置いて安心させてみる、子供が好きな肌触りのパジャマやお布団に変えてみる、オルゴール音などリラックスできる音楽を小音で流してみるなど、子供が落ち着いて眠りにつける環境づくりも大切です。日々の生活で子供の好みを観察してみてくださいね。

スリーパー(着る毛布)の季節別おすすめ10選! メリットや注意点も紹介
スリーパー(着る毛布)の季節別おすすめ10選! メリットや注意点も紹介
スリーパーは衣類のように身につけるので、寝ている間も体を冷やさず安心です。寒くなるこれからの季節に、赤ちゃんを冷えから守ってくれますよ。選び方や注意点、季節別のおすすめ商品を紹介します。

断乳後の夜泣き対策

断乳によるストレスが夜泣きにつながることも多いです。そんなときは枕元にお茶を置き、夜泣きしたら飲ませると落ち着いてスッと寝てくれる場合もあります。もしくは、夜泣きしても心を鬼にして寝たふりを続けます。抱っこしてあげたい気持ちはわかりますが、そこはグッと我慢。すると、どちらの場合も2~3日繰り返すと自然と夜泣きが治まり、朝まで寝てくれることが多いようです。…なーんて書いていますが、実は筆者の場合は、夜中に泣かせるのがかわいそうで、子供がモゾモゾと動き出したら泣かれる前にすぐに添い乳してました。月齢が上がるにつれ添い乳の回数も減り、1歳6ヶ月くらいで自然と朝まで熟睡するようになりました。なので、子供によっては無理に断乳をする必要はないんだなと実感した次第です(笑)

夜間断乳を成功させるには? 進め方やおすすめ入眠グッズを紹介
夜間断乳を成功させるには? 進め方やおすすめ入眠グッズを紹介
赤ちゃんが夜中に何度も母乳やミルクを欲しがったり夜泣きが続いたりすると、パパママが寝不足になり、疲れが溜まってしまいますよね。赤ちゃんがおっぱいを噛むので授乳が辛かったり、妊娠を考えたりしている場合も夜間断乳を検討するでしょう。夜間断乳を開始しても良いタイミングや進め方のポイントなどをご紹介します。
添い乳は危険? 安全なやり方やメリット・デメリット、注意点を紹介!
添い乳は危険? 安全なやり方やメリット・デメリット、注意点を紹介!
産後の育児の悩みで多いのが赤ちゃんの授乳に関することです。添い乳は危険性やデメリットも指摘されるものの、ママの体に負担が少ないためつい繰り返す人もいるでしょう。添い乳をする時の注意点や添い乳のメリット・デメリットをまとめました。
  

1歳2ヶ月の子供にはどんな遊びがいい?

1歳2ヶ月にはどんな遊びがいい?
あんよが上手になってきた1歳2ヶ月頃は歩きたい欲が高まってます。そんな子供には外遊びがおすすめ。ボール遊びや追いかけっこなどを好みます。公園が近くになければお散歩でも構いません。外を歩くことが重要なのです。初めて見るものが多い外の世界は子供の五感を刺激します。「綺麗なお花が咲いているね」「お空が青いね」など、子供の目に映るものをママが声に出して伝えてあげながら、子供のペースでゆっくり歩きましょう。

雨の日など外遊びが出来ない場合は、おうちの中でママと一緒に遊びます。体を使った遊びは親子のスキンシップもはかれておすすめです。例えば室内用のボールを転がして遊んだり、カーテンを使ってかくれんぼをしてみたり。Eテレの『おかあさんといっしょ』の体操はとても人気があり、子供も喜びますよ。運動系を好まないようであれば、絵本の読み聞かせや、手遊び歌も子供は大好きです。

1歳の子供に読んであげたいおすすめ絵本 ロングセラーから知育絵本まで
1歳の子供に読んであげたいおすすめ絵本 ロングセラーから知育絵本まで
1歳は言葉を理解し始める時期で、この時にたくさんの言葉に触れさせてあげると子供をぐっと成長させることができます。1歳の子供の力を伸ばすおすすめの絵本と、「絵本を読んでも聞いてくれない」といったママたちのお悩みにも答えます!
乳児・幼児も楽しめる手遊び歌を教えます! 0歳からママと歌を楽しもう
乳児・幼児も楽しめる手遊び歌を教えます! 0歳からママと歌を楽しもう
手遊び歌ならまだ言葉を話せない赤ちゃんでも楽しむことができます。ママは赤ちゃんに話しかけるとともに手遊び歌も覚えるといいでしょう。ママの記憶にあるような昔からある手遊び歌から平成になってできた手遊び歌までバリエーション豊かに紹介していきます。

まとめ:1歳2ヶ月の成長をあたたかくサポートしよう

まとめ:1歳2ヶ月の成長をあたたかくサポートしよう
1歳2ヶ月は子供から幼児に変わるとき。子供は日々成長で、昨日は出来なかったことが急に出来るようになるので、パパママは感動の連続です。初めて歩いたときの感動は、子供がいくつになっても忘れることはないでしょう。成長には個人差があることを念頭において、決して焦らずに、笑顔で育児を楽しんでくださいね。

ドアの指挟みは1歳~2歳がピーク! 幼稚園教諭に聞いた園での防止対策
ドアの指挟みは1歳~2歳がピーク! 幼稚園教諭に聞いた園での防止対策
子供の事故の中でもとくに身近な「ドアへの指挟み」。日々気になっているパパママも多いのでは? 多くの子供たちが過ごす園では、どのような対策をしているのでしょうか? 実際に指挟み対策をしている幼稚園の先生にお話を伺いました! (PR:株式会社ヨウソロ)
料理やお弁当の作り置きレシピ本、初心者に人気なのはこの15冊!
料理やお弁当の作り置きレシピ本、初心者に人気なのはこの15冊!
最近話題になっている「作り置き」ですが、みなさんはどんなイメージを持っていますか?難しそう、準備に手間がかかりそう、などその意見はさまざまでしょう。今回はみなさんの疑問を解決すべく、作り置きの注意点やおすすめの「作り置きのレシピ本」をご紹介します。
1歳半の壁と対処法まとめ。ご飯を食べない・夜泣きする・言葉が遅いなどの悩みを解決!
1歳半の壁と対処法まとめ。ご飯を食べない・夜泣きする・言葉が遅いなどの悩みを解決!
子供が1歳半になると、言葉も増えて周囲と意思疎通できるようになります。できることが増える反面、ご飯を食べなかったりまだまだ夜泣きが多かったりと、パパママが困る場面も多いでしょう。1歳半でぶつかる育児の壁について、対処法をまとめました。
1歳0ヶ月(生後12ヶ月)の赤ちゃんの成長とお世話! 食事量の目安や遊び方は?
1歳0ヶ月(生後12ヶ月)の赤ちゃんの成長とお世話! 食事量の目安や遊び方は?
1歳の誕生日を迎えた赤ちゃんは1年で大きく成長したことでしょう。離乳食も完了期に入りますが、1回の食事量はどのくらいになるのか、食事量の目安や予防接種などお世話のポイントをまとめました。おすすめの遊び方やおもちゃについても解説します。
2歳児の成長や発達! イヤイヤ期やトイレトレーニングの付き合い方、おすすめの遊びを紹介
2歳児の成長や発達! イヤイヤ期やトイレトレーニングの付き合い方、おすすめの遊びを紹介
2歳児は、言葉で状況を伝えられるようになったり、外でも活発に遊ぶようになります。2歳児は自我が芽生えてパパママに強いな主張をしてくるイヤイヤ期や、トイレトレーニングを始めたりと、パパママの悩みも尽きませんよね。2歳児の成長・発達や付き合い方などをご紹介します!
3歳の子供の平均的な成長や発達、身長や体重は? 3歳児とのおすすめの遊び方やおもちゃも紹介
3歳の子供の平均的な成長や発達、身長や体重は? 3歳児とのおすすめの遊び方やおもちゃも紹介
3歳になると「身長や体重はどのくらい?」「言葉はどのくらい話すの?」と気になるパパママも多いのではないでしょうか。今回は3歳児の成長や発達について解説します。また、イヤイヤ期の対処法や、おすすめの遊び方・おもちゃも紹介します。
1歳9ヶ月の赤ちゃんの成長・発育は? 過ごし方とおすすめアイテム8選 
1歳9ヶ月の赤ちゃんの成長・発育は? 過ごし方とおすすめアイテム8選 
1歳9ヶ月の赤ちゃんがいるパパママ。自我や自己主張が強くなって、育児に困ることも増えていませんか? こちらの記事では1歳9ヶ月の成長の目安や過ごし方を紹介。おうち時間を楽しく過ごせるおすすめアイテムも必見です!

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!