【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう

赤ちゃん(2歳未満)の予防接種における定期接種とは?

赤ちゃん(2歳未満)の予防接種における定期接種とは
赤ちゃん(この記事では2歳未満と定義します)を感染症から守るための予防接種のうち、とくに重要なものは法律で強く接種をすすめられています。定期接種とは、そのうち一定の年齢で全員受けるもの(接種努力義務)と定められている予防接種で、多くの自治体では予防接種が無償化されています。

予防接種は接種したあとには熱が出る、機嫌が悪くグズグズする、患部が腫れるなどの副反応(※)がおこることがあるためか、予防接種を受けさせるのが不安というママもいるかもしれません。しかし、副反応のほとんどは一時的なもので、副反応が重くなることはまれとされています。また、予防接種で万が一ひどい健康障害が起きた場合は国からの救済措置が受けられることになっています
※ワクチン接種後に出る体への反応は一般的な薬で言われている「副作用」という表現ではなく、副反応と呼ばれます。

赤ちゃん(2歳未満)の予防接種における定期接種の種類

赤ちゃん(2歳未満)の予防接種における定期接種の種類
2歳未満の赤ちゃんが受けるべき定期接種は集団予防を目的とするA型疾病(しっぺい)と、個人の予防を目的とするB型疾病の2種類にわけられます。

A型疾病

病気の種類 接種するワクチン
Hib感染症 Hibワクチン
小児の肺炎球菌感染症 小児用肺炎球菌ワクチン
B型肝炎 B型肝炎ワクチン
ジフテリア・百日せき・破傷風・急性灰白髄炎(ポリオ) 4種混合(DPT-IPV)
結核 BCG
麻疹・風疹 MR(麻疹風疹混合)ワクチン
水痘(水ぼうそう) 水痘ワクチン
日本脳炎 日本脳炎ワクチン
HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症(子宮頸がん) HPVワクチン

A型疾病とは集団での予防を目的とする感染症で、病気のまん延を防ぐため国がとくに強く接種をすすめています。A型疾病の種類とワクチンは上記のとおりです。

B型疾病

病気の種類 接種するワクチン
インフルエンザ インフルエンザワクチン
高齢者の肺炎球菌感染症 成年用肺炎球菌ワクチン

B型疾病とはおもに個人で予防するものとしている感染症です。A型疾病よりは積極的に接種をすすめているわけではなく、保護者による努力義務はありません。B型疾病の種類とワクチンには上記のものがあります。

定期接種と呼ばれる赤ちゃんの予防接種はA型疾病

A型疾病のワクチンが赤ちゃんが定期接種を受ける対象となっています。決まった回数・間隔、年齢以内で受けさせることが保護者には求められます。

赤ちゃん(2歳未満)の予防接種(A型疾病)とは

赤ちゃん(2歳未満)の予防接種(A型疾病)とは
A型疾病の予防接種のうち赤ちゃんが受けるものをあげました。いずれの感染症も抵抗力の弱い小さな子供ほどかかりやすく、ときに重症化して後遺症がのこる危険もあります。種類と回数がたくさんあるので、はじめはその数におどろくかもしれません。

Hibワクチン

Hib感染症を予防するワクチンです。「ヘモフィルスインフルエンザ菌b型」という細菌が引きおこす病気で、飛沫感染で広がります。5歳未満の子供がかかりやすく、2歳未満の赤ちゃんはとくに注意が必要です。Hib感染症を発症すると肺炎や中耳炎、ときには髄膜炎やのどの奥の喉頭蓋の炎症、敗血症などを引きおこします

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌感染症を防ぐワクチンで肺炎球菌という細菌が引きおこす病気です。飛沫感染によりおもに5歳未満、とくに2歳未満の赤ちゃんが発症しやすくなります。細菌がのどから入りこんで敗血症、細菌性髄膜炎などの重い感染症や副鼻腔炎、中耳炎などを引きおこします

B型肝炎ワクチン

2016年10月1日からB型肝炎ワクチンも定期接種になりました。B型肝炎は5歳未満の子供が感染しても症状は出ないことが多いですが、キャリア(体内にウイルスを持ち続けた状態)に移行しやすくなります。将来的に肝臓の病気(急性・慢性肝炎、肝硬変、肝臓がん)になるリスクが高くなります

4種混合(DPT-IPV)ワクチン

2012年11月からそれまでの3種混合ワクチン(DPT)から、不活化ポリオワクチン(IPV)を混合した4種混合ワクチン(DPT-IPV)が定期接種になりました。ジフテリア、百日せき、破傷風、急性灰白髄炎(ポリオ)を予防します。以下が4種混合ワクチンの詳細になります。

ジフテリア

ジフテリア菌がのどや鼻から感染して発熱、おう吐、のどの痛み、犬が吠えるような特徴的なセキなどの症状がでます。「偽膜」という膜ができて窒息することがあります。菌が出す毒素によって眼や横隔膜のマヒや心不全を引きおこすことがあります。

百日せき

せきが長く続く病気です。軽いせきと鼻水からはじまり、顔がまっ赤になるくらいにせき込むようになります。とても苦しくて息ができないために夜も寝られません。年齢が小さいほど重症になりやすいので1歳以下、とくに生後6ヶ月以下の赤ちゃんは注意が必要です。

破傷風

土のなかにいる破傷風菌が傷口から体内に入りこんで感染します。人から人へはうつりません。感染すると神経のマヒや筋肉の激しいけいれん、呼吸困難を引きおこします。

急性灰白髄炎(ポリオ)

「小児マヒ」とも呼ばれ、ポリオウイルスによって感染します。とくに5歳以下でかかりやすい病気です。かかっても症状が出ないか出ても風邪のような症状のみですむことが多いですが、まれにマヒがおこります。現在の日本ではワクチンのおかげで自然に感染する人はいませんが、海外からウイルスが持ち込まれるおそれがあります。

BCGワクチン

いわゆるハンコ注射で、結核を予防するワクチンです。結核は昔の病気のイメージがありますが、現在でも毎年2万人がかかっています。結核菌が飛沫感染により体内に入ると、風邪のような初期症状がでます。赤ちゃんがかかると肺結核や髄膜炎になることもあります。家族に結核患者がいなければ子供にうつることもほどんどないとされています。

麻疹・風疹混合(MR)ワクチン

麻疹(はしか)と風疹(3日はしか)を予防するワクチンです。妊娠初期の女性が風疹にかかると赤ちゃんが「先天性風疹症候群」という病気をもって産まれてくるため、近年は大人にも接種をすすめています

麻疹(はしか):感染から10日の潜伏期間ののち、発熱や鼻水など風邪のような初期症状がでます。高熱が7~10日ほど続き全身に赤いポツポツ、口の中に特有の白い斑点があらわれます。

風疹:発熱するのが3、4日なので「3日はしか」ともいいます。発熱と同時に体中に赤いポツポツができますが、熱が出ない場合もあります。潜伏期間が2~3週間と長く症状が出ない人もいるため、感染に気づかないまま他の人にうつすおそれがあります。

水痘ワクチン

2014年10月1日より水痘ワクチンも定期接種になりました。いわゆる水ぼうそうのことで水痘帯状疱疹ウイルスによっておこります。空気感染で広がり2、3週間の潜伏期間ののちに発熱、赤いポツポツができて水ぶくれになります。妊娠中の女性が水ぼうそうにかかると産まれてくる赤ちゃんへの重大な先天異常につながります。1歳前の赤ちゃんや7~10歳の子供がかかると重症化しやすくなります。

水疱瘡の症状って? 大人や赤ちゃんにもうつる? ワクチンや予防接種は?
水疱瘡の症状って? 大人や赤ちゃんにもうつる? ワクチンや予防接種は?
水疱瘡は水痘・帯状疱疹ウィルスによって感染する病気で、かゆみのある発疹が特徴です。水疱瘡はすれ違うだけでうつるといわれるほど感染力が強く、家族が水疱瘡にかかった場合の家庭内感染も心配ですよね。症状や感染経路など、水疱瘡について詳しくご紹介します。

赤ちゃん(2歳未満)の予防接種における定期接種スケジュール

赤ちゃん(2歳未満)の予防接種における定期接種スケジュール
予防接種にはたくさん数があり年齢制限もあるので、赤ちゃんが生後2ヶ月になって元気ならすぐに始めましょう。同時に接種できるワクチンもあるので確認しながら予定を立てることをおすすめします。同時接種でも安全性はかわりません。むしろ早い時期に免疫をつけられる、予定がすっきりして接種し忘れることがなくなるといったメリットがあります。ここでは国立感染症研究所が公表している標準的な接種期間を目安にしています。

関連リンク

国立感染症研究所 日本の定期/任意予防接種スケジュール

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 母乳回数や予防接種の予定は?
生後2ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 母乳回数や予防接種の予定は?
生後2ヶ月の赤ちゃんは、ふっくらした体型になり、泣いたり、笑ったりといろいろな表情を見せてくれるようになります。赤ちゃんの成長が嬉しい一方、生後2ヶ月になると予防接種がスタートし、パパママは初めてのことに戸惑うこともあるでしょう。ここでは、生後2ヶ月の赤ちゃんのお世話についてご紹介します。

生後2ヶ月

Hib①、
肺炎球菌①、
B型肝炎①(いずれも次は4週間後)

生後3ヶ月

Hib②、
肺炎球菌②(いずれも次は4週間後)、
B型肝炎②(次は1回目の接種から20週後)、
4種混合1期①(次は4週間後)

生後4ヶ月

Hib③(次は3回目から7ヶ月~13ヶ月以上あけて肺炎球菌と同時に接種)、
肺炎球菌③(次は生後12~15ヶ月未満のあいだ)、
4種混合1期②(次は4週間後)

生後5ヶ月

4種混合1期③(次は約1年後(6ヶ月後から接種可能))

生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 離乳食や夜泣き対策は?
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 離乳食や夜泣き対策は?
赤ちゃんが生後5ヶ月になると離乳食の準備や夜泣きの始まりなど、今までと違った悩みが一気に増えませんか? 赤ちゃんのお世話をするパパママは、毎日睡眠不足が続くことは珍しくありません。今回は生後5ヶ月の成長と発達、離乳食を始めるタイミングや夜泣き対策など解説します!

生後7ヶ月

B型肝炎③(終了)、
BCG(1回のみ)

1歳0ヶ月

麻疹・風疹混合(MR)1期①(次は5~7歳未満で就学前の1年間)、
水痘①(3ヶ月以上あけて、標準的には6~12ヶ月後)

1歳1ヶ月

Hib④、
肺炎球菌④(いずれも終了)

1歳6ヶ月

4種混合1期④、
水痘②(いずれも終了)

赤ちゃん(2歳未満)の予防接種のスケジュールを決めるポイント

赤ちゃん(2歳未満)の予防接種におけるスケジュールのポイント
赤ちゃんの予防接種はおおまかなスケジュールと予約のルールを決めておくことがポイントです。赤ちゃんの体調が悪く接種できない日もあれば、国内のワクチンが不足して受けられないという状況もあるかもしれません。余裕をもって予防接種のスケジュール計画しましょう。

1回目が終わったら次の予防接種を予約する

ワクチンを打ったらそのまま次回分の予約するようにすれば、接種間隔を守ることもできますし、予防接種の受け忘れも起こらないでしょう。

同じ曜日で固定しておく

1ヶ月後の〇曜日と決めておくと覚えやすく忘れにくいのではないでしょうか。「〇曜日は予防接種の日かもしれない」と気づけて他の予定を重複させるミスが少なくなります。

予約した日に行けなかったらすぐ次を予約

赤ちゃんの体調が悪いなど予約の日に受けられなかったら、すぐに予約を取り直しましょう。後回しにすると予定がどんどんずれて、推奨時期が過ぎてしまいます。

生後2ヶ月から1歳までは赤ちゃんの予防接種が毎月あると考えて

生後2ヶ月から1歳までは赤ちゃんの予防接種が毎月あると考えて
生後2ヶ月になり一度予防接種が始まると、毎月のように予防接種を受けることになります。怒涛のスケジュールでパパママも大変ですが、毎月あるものと考えていれば心理的な負担も減るかもしれません。当日は副反応が起きてもすぐに対処できるように、接種したあとに病院で30分ほど休ませることを求められます。赤ちゃんの予防接種直後に予定は入れず時間に余裕をもって予約しましょう。

子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。

まとめ

現在の日本では予防接種はどれも「義務」ではなく「推奨」であり、受けるかどうかは最終的に親の判断にまかせられています。だからこそ感染症やワクチン、副反応について正しい知識をつけ、予防接種を受けることがどんなに大切かを理解しなければなりません。注射ばかりで赤ちゃんがかわいそうだと思ってしまいそうですが、だいじな命を守るため予防接種は必要なこと。赤ちゃんが大変な病気にかからないように予防接種を受けさせることは、パパママができる大切な役目なのです。

妊婦が注意すべき感染症「風疹」のリスクって? 大人の風疹の抗体検査・予防接種について
妊婦が注意すべき感染症「風疹」のリスクって? 大人の風疹の抗体検査・予防接種について
妊娠中に気をつけたい感染症「風疹」。妊婦さんが妊娠中に風疹に感染した際の、お腹の赤ちゃんへの影響について解説します。ママだけでなく、パパも風疹にかからないように風疹の抗体検査をしておくことが大切です。
夏に子供に流行りやすい感染症とは? 大人もかかる? 感染症を予防する方法は?
夏に子供に流行りやすい感染症とは? 大人もかかる? 感染症を予防する方法は?
夏になり気温や湿度が高くなってくるとママは食中毒を心配するでしょう。しかし、夏に流行るのは食中毒だけではありません。未就学児が夏にかかりやすいといわれる感染症はいくつかあります。感染症の種類や初期症状、予防法を知り、備えておきましょう。
手足口病の症状は? 感染経路は? 熱は出るのか? 詳しく解説
手足口病の症状は? 感染経路は? 熱は出るのか? 詳しく解説
夏が近づくと流行する感染症のひとつが手足口病です。口の中や手足に発疹ができたり、爪が割れたりする症状があります。2019年現在は西日本を中心に過去最大級の大流行をしています。大人にも感染するのかなど、正しい知識を持って予防と治療に備えておきたいですね。
プール熱(咽頭結膜熱)の症状は? 登園・登校はいつからできるのか
プール熱(咽頭結膜熱)の症状は? 登園・登校はいつからできるのか
夏が近づくと流行する感染症のひとつにプール熱(咽頭結膜熱)があります。プール熱は俗称で正しくは咽頭結膜熱です。プール、と名前についているためプールで感染するイメージを持つ人もいるでしょう。正しい知識を持って予防と治療に備えておきたいですね。
【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
赤ちゃんはいつから予防接種を受けられるのでしょうか。まだ抵抗力が弱い赤ちゃんは予防接種をすることで感染症から身を守ることになります。ママは赤ちゃんの予防接種のスケジュールをたてることになりますね。今回は予防接種の中でも定期接種にしぼってみていきます。
赤ちゃんの定義って? 何歳何ヶ月までが赤ちゃん? 赤ちゃんの後は何て呼べばいい?
赤ちゃんの定義って? 何歳何ヶ月までが赤ちゃん? 赤ちゃんの後は何て呼べばいい?
子供が1歳前後になると「もう赤ちゃんじゃなくなってきたなぁ…」とママは感じ始めますよね。では、子供が何歳になると、どんなことができるようになれば赤ちゃんではなくなるのでしょう? 赤ちゃんじゃなくなったら何て呼べばいいのでしょう? 法律上の赤ちゃんの定義についても調査してみました。
おたふく風邪の初期症状は? 治す方法は? 予防接種は? 詳しく解説!
おたふく風邪の初期症状は? 治す方法は? 予防接種は? 詳しく解説!
おたふく風邪にかかるのは3歳~7歳くらいの子供が多く、感染力が強い病気です。最初はただの風邪だと思って登園を続けてしまい、保育園や幼稚園でおたふく風邪の集団感染が起こる場合も多く、注意が必要です。おたふく風邪にはどういった症状があるのでしょうか。
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長目安と発達 体重・身長はどのくらいになる? 睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長目安と発達 体重・身長はどのくらいになる? 睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんはどのくらい体重が増え、身長が伸びるのでしょうか? 授乳回数や睡眠・排便の特徴などを見てみましょう! 生後3ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイントや遊び方も紹介します。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!