赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?

新生児~1歳までに赤ちゃんはどのくらい成長するの?


新生児期の赤ちゃんはグングン成長するものです。ちゃんと順調に成長しているのか、他の家の子供と比べて我が子の成長が早いのか遅いのか、気になるパパママは多いと思います。この記事では、新生児期から1歳になるまでの平均的な成長例を紹介します。ただし、成長には個人差があるので気にしすぎはNG! 出生体重、母乳やミルクの飲み方、睡眠時間などは赤ちゃんによって違うため、成長のスピードは違って当たり前です。あくまで参考程度にしてくださいね。

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
なかなか寝てくれない赤ちゃんがいる一方、長い時間寝る子もいます。寝なくても寝すぎていても心配になりますよね。赤ちゃんにとって最適な睡眠時間はどのくらいなのでしょうか。寝る時間が遅い・長いといったママたちのお悩みと合わせて解説していきます。

赤ちゃんは1歳になるまでに体重は3倍、身長は約25㎝成長する


赤ちゃんは1歳になるまでの約1年ほどで、なんと体重は3倍、身長は約25㎝ほど成長します。新生児~1歳になるまでの赤ちゃんは、人が生まれてから一番成長する時期なので、これほど成長するのです。1歳を過ぎるとここまでのペースで赤ちゃんが成長することはありません。生まれてから1歳になるまでの赤ちゃんの成長の速さは今、思い返しても懐かしい思い出です。

【男女別】新生児~1歳の平均身長や体重の一覧表

0歳~1歳の平均身長や体重は、厚生労働省が男女別に発表する「乳幼児身体発育値」という調査データがあります。現在は、平成22年に調査した結果が最新のものです。母子手帳にも平均身長と体重の身体発育曲線のグラフが掲載されているので、見たことがあるママもいるかもしれませんね。

母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
母子手帳をもらうことは、妊婦さんにとって大きなステップとなります。母子手帳が手元にくることで改めて妊娠したことを実感する人もいるでしょう。今回は母子手帳はいつ、どこでもらえるのか、などを詳しく見ていきましょう。

新生児~1歳までの赤ちゃんの平均体重と平均身長:男の子

月齢 平均身長 平均体重
産まれたての赤ちゃん 48.7cm 2.98kg
生後1ヶ月〜生後2ヶ月未満 55.5cm 4.78kg
生後2ヶ月〜生後3ヶ月未満 59.0cm 5.83kg
生後3ヶ月〜生後4ヶ月未満 61.9cm 6.63kg
生後4ヶ月〜生後5ヶ月未満 64.3cm 7.22kg
生後5ヶ月〜生後6ヶ月未満 66.2cm 7.76kg
生後6ヶ月〜生後7ヶ月未満 67.9cm 8.01kg
生後7ヶ月〜生後8ヶ月未満 69.3cm 8.30kg
生後8ヶ月〜生後9ヶ月未満 70.6cm 8.53kg
生後9ヶ月〜生後10ヶ月未満 71.8cm 8.73kg
生後10ヶ月〜生後11ヶ月未満 72.9cm 8.91kg
生後11ヶ月〜生後12ヶ月未満 73.9cm 9.09kg

男の子の平均身長と平均体重を見てみると、出生児から1歳になるまでに、身長は約25cm伸び、体重は約6kg増えています。1歳を過ぎると子供は成長が早い子供でも月に1㎝ほどの成長が一般的ですから、いかに1歳までの赤ちゃんの成長が速いのかがわかりますね。

新生児~1歳までの赤ちゃんの平均体重と平均身長:女の子

月齢 平均身長 平均体重
産まれたての赤ちゃん 48.3cm 2.91kg
生後1ヶ月〜生後2ヶ月未満 54.5cm 4.46kg
生後2ヶ月〜生後3ヶ月未満 57.8cm 5.42kg
生後3ヶ月〜生後4ヶ月未満 60.6cm 6.16kg
生後4ヶ月〜生後5ヶ月未満 62.9cm 6.73kg
生後5ヶ月〜生後6ヶ月未満 64.8cm 7.17kg
生後6ヶ月〜生後7ヶ月未満 66.4cm 7.52kg
生後7ヶ月〜生後8ヶ月未満 67.9cm 7.79kg
生後8ヶ月〜生後9ヶ月未満 69.1cm 8.01kg
生後9ヶ月〜生後10ヶ月未満 70.3cm 8.20kg
生後10ヶ月〜生後11ヶ月未満 71.3cm 8.37kg
生後11ヶ月〜生後12ヶ月未満 72.3cm 8.54kg

女の子の平均身長と平均体重を見てみると、出生児から1歳になるまでに、身長は約24cm伸び、体重は約5.6kg増えています。子供のころは女の子の方が成長が速いというイメージがありましたが、平均身長、平均体重はわずかですが男の子の方が上回っているのが少し意外です。

赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんがちゃんと成長しているのか、どの家庭のパパママも気になるでしょう。そんなときベビースケールがあれば、赤ちゃんの体重を日々測ることができます。ベビースケールを使ったママたちの体験談、おすすめのベビースケールやレンタルでの利用について紹介します。

新生児の赤ちゃんの成長


生後3日〜4日の赤ちゃんは、生理的体重減少といって一時的に体重が減ります。これは母乳やミルクを飲む量より、おしっこや汗などで出て行く水分の方が多いために起こります。それ以降は1日に30g〜40g、1ヶ月に500g〜1kgほど赤ちゃんの体重は増えていきます。赤ちゃんは少しずつでも体重が増えていれば大丈夫とされていますが、体重が増えるペースが遅い場合は、1ヶ月検診のときにミルクを足すように指示があるかもしれません。

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長


生後1ヶ月をすぎると、赤ちゃんは生まれたときより約1kgほど体重が増え、赤ちゃんの体は少しずつふっくらしてきます。また、赤ちゃんが手足をバタバタさせたりと、少しずつ動きもでてくるでしょう。生後1ヶ月の赤ちゃんは視力の発達はまだまだで、色覚が発達しはじめる頃です。ただ、周囲のものを目で追いかけるので、パパママは目が合ったと感じることもあるでしょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイントは? 育児の悩みと対応方法も紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、新生児の赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょうか? 生後1ヶ月は育児の悩みや不安も増えてくるころでもあります。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長や育児のポイント、母乳不足や発熱などの対応方法などもご紹介します。

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長


生後2ヶ月になると、母乳やミルクを飲む量が増えてきて赤ちゃんの体がさらにムチムチになってきます。握力もつきはじめ物を握れるようになるので、出産前に用意しておいたガラガラなどのおもちゃの出番がついにやってきます! この頃には指しゃぶりを始める赤ちゃんもいるようです。ママの声に反応したり、ママと目が合うとニコッとしたり、ママを目で追いかけたり…と少しずつコミュニケーションがとれてくる時期です

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 授乳間隔や睡眠、体重、予防接種の予定は?
生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 授乳間隔や睡眠、体重、予防接種の予定は?
生後2ヶ月の赤ちゃんは、ふっくらした体型になり、泣いたり、笑ったりといろいろな表情を見せてくれるようになります。赤ちゃんの成長が嬉しい一方、生後2ヶ月になると予防接種がスタートし、パパママは初めてのことに戸惑うこともあるでしょう。ここでは、生後2ヶ月の赤ちゃんの育児についてご紹介します。

生後3ヶ月の赤ちゃんの発育


生後3ヶ月になると、体重が生まれた頃の約2倍、身長も10cmほど伸びているでしょう。この頃から赤ちゃんが母乳やミルクを飲む量や回数が安定し、体重の増え方がゆるやかになってきます。また、この時期は赤ちゃんの生活リズムが整ってくる頃でもあります。成長の早い赤ちゃんは首が据わってきて、縦抱きの抱っこもしやすくなります

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長目安と発達 体重・身長はどのくらいになる? 睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんの成長目安と発達 体重・身長はどのくらいになる? 睡眠時間は?
生後3ヶ月の赤ちゃんはどのくらい体重が増え、身長が伸びるのでしょうか? 授乳回数や睡眠・排便の特徴などを見てみましょう! 生後3ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイントや遊び方も紹介します。

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長


多くの赤ちゃんの首がすわる時期です。赤ちゃんの動きも広がり、自分から手を伸ばして興味があるものに触ろうとしたりします。赤ちゃんの聴覚や視覚が発達し、声や音の方向を向けるようにもなるので、沢山話しかけてあげると良いでしょう。首がすわることで、頭からかぶせて着せるタイプの服が着せやすくなり、ベビー服を選ぶのが楽しくなりますね。

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安は? 体重や身長は? 寝返り&スプーン練習スタート!
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安は? 体重や身長は? 寝返り&スプーン練習スタート!
生後4ヶ月の赤ちゃんは、どのくらい成長しているのでしょうか? この時期は、誤飲などもあるので目が離せません。生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安や発達、お世話について詳しく紹介します!

生後5ヶ月の赤ちゃんの成長


厚生労働省のデータでは、生後5ヶ月までに90%の赤ちゃんの首が据わる(赤ちゃんを仰向けに寝かせて両手を持って引き起こした時に首が遅れないでついてくる)としています。赤ちゃんの背骨もしっかりしてきて、腕や脚の筋力もついてきます。このころには赤ちゃんの体重は1ヶ月に500gほどしか増えなくなりますが、授乳がしっかりできていて、排泄もあり、元気そうであれば、体重増加が少しでも問題はありません。また医師から特別な指示がない限りは、生後5ヶ月~6ヶ月ごろには、離乳食をスタートします。

生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 寝返りはいつごろ? 離乳食や夜泣き対策を解説
赤ちゃんが生後5ヶ月になると首がすわって寝返りができる子もいます。この時期は離乳食の準備や夜泣きの始まりなど、パパママの育児の悩みも変化してくるころ。生後5ヶ月の平均身長や体重などの成長と発達、離乳食を始めるタイミングや夜泣き対策、過ごし方のポイントを解説します!
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

生後6ヶ月以降の赤ちゃんの成長は次のページで解説します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!