赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

新生児~1歳までに赤ちゃんはどのくらい成長するの?


新生児期の赤ちゃんはグングン成長するものです。ちゃんと順調に成長しているのか、他の家の子供と比べて我が子の成長が早いのか遅いのか、気になるパパママは多いと思います。今回は新生児期から1歳になるまでの平均的な成長例をご紹介します。ただし、成長には個人差があるので気にしすぎはNG! 出生体重、母乳やミルクの飲み方、睡眠時間などは赤ちゃんによって違うため、成長のスピードは違って当たり前です。あくまで参考程度にしてくださいね。

関連記事

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう

赤ちゃんは1歳になるまでに体重は3倍、身長は25㎝ほど成長する


赤ちゃんは1歳になるまでの約1年ほどで、なんと体重は3倍、身長は約25㎝ほど成長します。新生児~1歳になるまでの赤ちゃんは、人が生まれてから一番成長する時期なので、これほど成長するのです。1歳を過ぎるとここまでのペースで赤ちゃんが成長することはありません。生まれてから1歳になるまでの赤ちゃんの成長の速さは今、思い返しても懐かしい思い出です。

【男女別】新生児~1歳の平均身長や体重の一覧表

0歳~1歳の平均身長や体重は、厚生労働省が「乳幼児身体発育値」という調査データで発表しています。この調査は男の子と女の子で分けて行われており、赤ちゃんの発育の平均数値はこの調査データを見ればわかります。現在は、平成22年に調査した結果が最新のものになります。母子手帳にも平均身長と体重の身体発育曲線のグラフが掲載されているので、見たことがあるママもいるかもしれませんね。こちらでも厚生労働省の調査結果をもとに男女別に一覧表をご紹介しましょう。

関連記事

母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説

新生児~1歳までの赤ちゃんの平均体重と平均身長:男の子

月齢 平均身長 平均体重
産まれたての赤ちゃん 48.7cm 2.98kg
生後1ヶ月〜生後2ヶ月未満 55.5cm 4.78kg
生後2ヶ月〜生後3ヶ月未満 59.0cm 5.83kg
生後3ヶ月〜生後4ヶ月未満 61.9cm 6.63kg
生後4ヶ月〜生後5ヶ月未満 64.3cm 7.22kg
生後5ヶ月〜生後6ヶ月未満 66.2cm 7.76kg
生後6ヶ月〜生後7ヶ月未満 67.9cm 8.01kg
生後7ヶ月〜生後8ヶ月未満 69.3cm 8.30kg
生後8ヶ月〜生後9ヶ月未満 70.6cm 8.53kg
生後9ヶ月〜生後10ヶ月未満 71.8cm 8.73kg
生後10ヶ月〜生後11ヶ月未満 72.9cm 8.91kg
生後11ヶ月〜生後12ヶ月未満 73.9cm 9.09kg

男の子の平均身長と平均体重を見てみると、出生児から1歳になるまでに、身長は約25cm伸び、体重は約6kg増えています。1歳を過ぎると子供は成長が早い子供でも月に1㎝ほどの成長が一般的ですから、いかに1歳までの赤ちゃんの成長が速いのかがわかりますね。

新生児~1歳までの赤ちゃんの平均体重と平均身長:女の子

月齢 平均身長 平均体重
産まれたての赤ちゃん 48.3cm 2.91kg
生後1ヶ月〜生後2ヶ月未満 54.5cm 4.46kg
生後2ヶ月〜生後3ヶ月未満 57.8cm 5.42kg
生後3ヶ月〜生後4ヶ月未満 60.6cm 6.16kg
生後4ヶ月〜生後5ヶ月未満 62.9cm 6.73kg
生後5ヶ月〜生後6ヶ月未満 64.8cm 7.17kg
生後6ヶ月〜生後7ヶ月未満 66.4cm 7.52kg
生後7ヶ月〜生後8ヶ月未満 67.9cm 7.79kg
生後8ヶ月〜生後9ヶ月未満 69.1cm 8.01kg
生後9ヶ月〜生後10ヶ月未満 70.3cm 8.20kg
生後10ヶ月〜生後11ヶ月未満 71.3cm 8.37kg
生後11ヶ月〜生後12ヶ月未満 72.3cm 8.54kg

女の子の平均身長と平均体重を見てみると、出生児から1歳になるまでに、身長は約24cm伸び、体重は約5.6kg増えています。子供の頃は女の子の方が成長が速いというイメージがありましたが、平均身長、平均体重はわずかですが男の子の方が上回っているのが少し意外です。

関連記事

赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介

0歳〜1歳までの発育について


それでは早速、新生児期から1歳になるまでの赤ちゃんの月齢ごとの発育について詳しくご紹介していきます。今の赤ちゃんの状態と比べてみたり、来月はどんなことができるようになるのかを知っておくと赤ちゃんの成長がより楽しくなりますよ。

新生児の赤ちゃんの発育


生後3日〜4日の赤ちゃんは、生理的体重減少といって一時的に体重が減ります。これは母乳やミルクを飲む量より、おしっこや汗などで出て行く水分の方が多いために起こります。それ以降は1日に30g〜40g、1ヶ月に500g〜1kgほど赤ちゃんの体重は増えていきます。赤ちゃんは少しずつでも体重が増えていれば大丈夫とされていますが、体重が増えるペースが遅い場合は、1ヶ月検診のときにミルクを足すように指示があるかもしれません。

生後1ヶ月の赤ちゃんの発育


生後1ヶ月をすぎると、赤ちゃんは生まれたときより約1kgほど体重が増え、赤ちゃんの体は少しずつふっくらしてきます。また、赤ちゃんが手足をバタバタさせたりと、少しずつ動きもでてくるでしょう。生後1ヶ月の赤ちゃんは視力の発達はまだまだで、色覚が発達しはじめる頃です。ただ、周囲のものを目で追いかけるので、パパママは目が合ったと感じることもあるでしょう。

関連記事

新生児の赤ちゃんが手足をバタバタさせる理由、泣き止まない時の対処法を紹介!
赤ちゃんの目はいつからどのくらい見えているの? 視力の発達や目の病気について紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介

生後2ヶ月の赤ちゃんの発育


生後2ヶ月になると、母乳やミルクを飲む量が増えてきて赤ちゃんの体がさらにムチムチになってきます。握力もつきはじめ物を握れるようになるので、出産前に用意しておいたガラガラなどのおもちゃの出番がついにやってきます! この頃には指しゃぶりを始める赤ちゃんもいるようです。ママの声に反応したり、ママと目が合うとニコッとしたり、ママを目で追いかけたり…と少しずつコミュニケーションがとれてくる時期です

関連記事

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 母乳回数や予防接種の予定は?

生後3ヶ月の赤ちゃんの発育


生後3ヶ月になると、体重が生まれた頃の約2倍、身長も10cmほど伸びているでしょう。この頃から赤ちゃんが母乳やミルクを飲む量や回数が安定し、体重の増え方がゆるやかになってきます。また、この時期は赤ちゃんの生活リズムが整ってくる頃でもあります。成長の早い赤ちゃんは首が据わってきて、縦抱きの抱っこもしやすくなります

生後4ヶ月の赤ちゃんの発育


多くの赤ちゃんの首が据わる時期となります。赤ちゃんの動きも広がり、自分から手を伸ばして興味があるものに触ろうとしたりします。赤ちゃんの聴覚や視覚が発達し、声や音の方向を向けるようにもなるので、沢山話しかけてあげると良いでしょう。

生後5ヶ月の赤ちゃんの発育


厚生労働省のデータでは、生後5ヶ月までに90%の赤ちゃんの首が据わる(赤ちゃんを仰向けに寝かせて両手を持って引き起こした時に首が遅れないでついてくる)としています。赤ちゃんの背骨もしっかりしてきて、腕や脚の筋力もついてきます。この頃には赤ちゃんの体重は1ヶ月に500gほどしか増えなくなりますが、授乳がしっかりできていて、排泄もあり、元気そうであれば、体重増加が少しでも問題はありません。

関連記事

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法

生後6ヶ月の赤ちゃんの発育


生後6ヶ月は赤ちゃんが寝返りをしはじめる時期です。赤ちゃんの近くに興味を持ちそうなおもちゃを置いておくと、「触りたい」という思いから寝返りをしてくれるかもしれません。赤ちゃんの身長の伸びは落ち着いてくる時期なので、あまり身長が変わらず、心配するママもいるかもしれません。また、離乳食を始めても良い時期です。

関連記事

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?

生後7ヶ月の赤ちゃんの発育


生後7ヶ月までに90%の赤ちゃんが寝返りができるようになるとされています。ずりばいをして前に動き始める赤ちゃんもいます。寝返りやずりばいで今までより動くことが増えると、少しスリムな体型になってくるでしょう。また、赤ちゃんの人見知りが始まったり、乳歯が生え始めるのもこの時期です。

関連記事

赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?
赤ちゃんが人見知りするのはいつからいつまで? 

生後8ヶ月の赤ちゃんの発育


生後8ヶ月になるとおすわりやハイハイを始める赤ちゃんもいます。月齢が大きくなればなるほど赤ちゃんの成長には個人差がでてくるので焦る必要はありません。中々ハイハイにならず、ひたすらずりばいをする赤ちゃんもいます。この頃は、赤ちゃんの運動量がさらに多くなるので体が引き締まってきます。また、手の機能が発達して小さなものをつまめるようになります

関連記事

赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法

生後9ヶ月の赤ちゃんの発育


生後9ヶ月になると、ずりばいやハイハイなどで赤ちゃんの行動範囲が広くなり視線が高くなることもあり、いろいろなものに興味をもち始めます。赤ちゃんがパパママの手遊びや動きを真似したりもできてきます。また、赤ちゃんがパパママの後追いをし始めるので、このくらいの時期からパパママは少し大変になるかもしれません。

関連記事

赤ちゃんの後追いはいつからいつまで? 理由や注意点・対処法を紹介!

生後10ヶ月の赤ちゃんの発育


生後10ヶ月の赤ちゃんの90%はハイハイとおすわり(1分以上支えなしで、両手を床につかない状態で赤ちゃんが一人で座っていられる状態)ができるようになるとしています。生後10ヶ月を過ぎると、赤ちゃんが声をだしたり指をさして何かをママに訴える仕草をすることも増えてくるでしょう。

生後11ヶ月の赤ちゃんの発育


生後11ヶ月になると、つかまり立ちをしたり、伝い歩きができるようになります。赤ちゃんは手や指を器用に使えるようになって、蓋の開け閉めができるようになるかもしれません。また、ママの「ちょうだい」に対して赤ちゃんが「どうぞ」と持っているものを渡してくれるようなやり取りもできるようになります。

生後12ヶ月の赤ちゃんの発育


生後12ヶ月までに90%の赤ちゃんがつかまり立ち(長時間かかっても何かに捕まって一人で立ち上がれる)ができるようになるとされています。一人歩き(何かにつかまらずに2~3歩くらい歩ける)ができるようになる赤ちゃんもいますが、個人差があるのでパパママは慌てなくて大丈夫です。

関連記事

赤ちゃんが歩きはじめるのはいつから? 歩く練習は本当に必要なの?

まとめ:発育スピートはそれぞれ。赤ちゃんの成長を楽しみながら見守ろう!


生まれてからあっという間に大きくなっていく赤ちゃん。特に1歳までの成長スピードはとても早いです。他の子より成長が遅くても焦らずに、その瞬間しか見ることのできない赤ちゃんの成長を楽しみながら過ごしてくださいね。

関連記事

赤ちゃんの1歳児健診は必要? 有料? 受診は義務? 検査内容は? 小児科でも受診できる?
赤ちゃんの身体に大きいほくろが! メラノーマとの違いは? いつから手術できる? 詳しく解説
赤ちゃんのベビー布団の選び方、現役ママライターが選ぶおすすめのベビーサイズ布団5選
お食い初めは木曽路がおすすめ! そのほかお食い初めプランがある東京のレストラン・料理店も紹介
カウプ指数でわかる赤ちゃんの太りすぎ・痩せすぎ

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!