おむつはいつサイズアップする? 目安と人気メーカーのテープタイプのサイズを徹底比較

赤ちゃんのテープタイプのおむつ サイズはどうやって選ぶ?

赤ちゃんのおむつ サイズはどうやって選ぶ?
おむつのサイズを選ぶときは、赤ちゃんの体重を目安にしましょう。各メーカーのおむつのパッケージには、赤ちゃんの体重とそのサイズが表示されており、基本的にこの数字を参考にしておむつを選んでいきます。ですが同じ体重でもほっそりした子、太ももがむちむちした子、お腹がぽっこりしている子など赤ちゃんによってさまざま。体型に違いがあると合うおむつのサイズも変わってくるんです。他にもおしっこの量や回数によってサイズが変わるので、赤ちゃんの体重や体型、おしっこの様子などを見ながらサイズを選びましょうね。

ぴったりサイズのおむつを選ぶポイント

ぴったりサイズのおむつを選ぶポイント
では一体どうやっておむつを選べばいいのでしょうか?赤ちゃんにピッタリ合うおむつを選ぶ際のポイントを紹介します。

おむつのサイズを確認する

まずはおむつのパッケージに書いてある体重の目安を参考にして、どれが赤ちゃんに当てはまるのか確認します。

赤ちゃんの体型に合っているか

新生児の頃の赤ちゃんは、ママのお腹の中にいたときのように丸くなった体形をしており、成長と共に背骨がだんだんまっすぐになってきます。それぞれの時期の骨格や体形に合っていないおむつを選んでしまうと、体とおむつの間に隙間ができて漏れる原因になってしまうので、赤ちゃんの体に合うサイズを選びましょう。

赤ちゃんの体にフィットするか

実際に赤ちゃんがおむつを履いた状態で体にフィットしているのか確認します。

・お腹まわり
おむつのテープがちゃんと止まる位置で付けられるか確認します。指1本程度の隙間ができていればOK。

・足まわり
赤ちゃんがおむつを履いた状態で足を軽く持ち上げ、フィットしているか確認しましょう。お腹まわりと足まわりがフィットしていないと漏れる原因に。なのでしっかりと確認しましょうね。赤ちゃんにぴったりサイズのおむつを選ぶことで赤ちゃんも快適に過ごすことができますよ。

人気のおむつメーカー比較! テープタイプのサイズ一覧

人気おむつメーカーのサイズを比較
各メーカーから販売されているおむつには、それぞれ特徴やサイズに違いがあり、どのメーカーのおむつを購入すれば良いのか悩むママもいるかと思います。そんなママに人気おむつメーカーのサイズや特徴を比較してご紹介しましょう。

各メーカーのテープタイプのおむつの特徴

同じおむつでもメーカーによってものは全然違います。事前に各メーカーの特徴をチェックしましょう。

パンパース さらさらケア

他のメーカーに比べて形が薄いパンパースは、独自の「3つのマジック吸収体」で大量のおしっこもしっかり吸収。赤ちゃんのおしりをさらさらに保ちます。足まわりのギャザーはしっかりと足にフィットし、テープも伸び縮みが良いので漏れを防ぎ、赤ちゃんが動いても安心です。

パンパース はじめての肌へのいちばん

パンパース史上最高の肌触りを誇るはじめての肌へのいちばんは、まるで羽毛のようにやわらかくふわふわ。「3D穴あきメッシュシート」がゆるゆるうんちを吸収し、赤ちゃんのおしりかぶれを防ぎます。さらさらケアと同様に「3つのマジック吸収体」を採用しており、最長12時間は肌がさらさら。赤ちゃんのはじめてのおむつにぴったりです。

ムーニー

吸収力に優れ、全面通気シートで夏でもムレずに過ごせるムーニーは、超立体型成形で赤ちゃんの骨格にまるくフィット。太ももと背中部分の「のび〜るフィットギャザー」が漏れやずれを防いでくれます。おむつの内側にはエアシルキー素材を採用。赤ちゃんも快適に過ごすことができますよ。

メリーズ

通気性にこだわったメリーズは、独自の3層エア通気でムレをしっかり追い出し、赤ちゃんのおしりに負担をかけません。シートには凹凸加工がされており、ゆるゆるうんちも漏らさずキャッチ。おむつの中で広がることなく赤ちゃんも快適です。テープの角がまるい設計なので肌にやさしく、何度も貼り直せてとても便利。赤ちゃんが触れてもチクチクしない素材なのも嬉しいですね。

グーン

ふんわりとしたやさしい素材で赤ちゃんの敏感な肌をやさしく守ってくれるグーンは、グーン史上NO.1の「スピード通気性」で、ムレることなく肌さらさら。生まれてすぐの赤ちゃん用3SからSサイズまでは、おしっこを素早く吸収する「まっさらさらシート」を。M.Lサイズには同様の効果を持つ「まっさらさら吸収体」を。ビッグサイズの外側素材にはムレを追い出す「全面通気性シート」をそれぞれ採用。サイズによって表面シートの肌触りが異なるのもグーンの特徴です。

新生児サイズ(テープタイプ)

パンパース(さらさらケア) パンパース(肌へのいちばん) ムーニー メリーズ グーン
目安の体重 お誕生〜5kgまで お誕生〜5kgまで お誕生〜5kgまで お誕生〜5kgまで お誕生〜5kgまで
全長 36.5cm 36cm 33.5cm 36cm 36cm
特徴 パンパース独自の弱酸性のシートが肌への刺激を防いでくれる。 おしっこをした後もずっとさらさら感が続く。テープ部分にのびのびストレッチ機能付き。動くたびに伸び縮みし、背中漏れを防ぐ。 吸収が良く、新生児とSサイズのみいろいろな姿勢にフィットする「勝手にフィットギャザー」を採用。 通気性が良いので赤ちゃんの肌に負担がかかりにくい。 ふんわりやわらかな表面シートを採用し、赤ちゃんとおむつの接触面積が少なく済むので肌にやさしい。

Sサイズ(テープタイプ)

パンパース(さらさらケア) パンパース(肌へのいちばん) ムーニー メリーズ グーン
目安の体重 4〜8kgまで 4〜8kgまで 4〜8kgまで 4〜8kgまで 4〜8kgまで
全長 42cm 39.5cm 38cm 39.8cm 39cm
特徴 テープが良く伸び縮みするので赤ちゃんにフィットし、漏れを防ぐ。(全てのサイズも同様) 全体的に大きめ。お腹まわりと足まわりが良く伸びる。 おむつの中も赤ちゃんの肌もさらさら。 足まわりの伸びが良いので、太ももむっちりちゃんに使える。 新生児用と同様に、ふんわり柔らかな表面シートを採用。

Mサイズ(テープタイプ)

パンパース(さらさらケア) パンパース(肌へのいちばん) ムーニー メリーズ グーン
目安の体重 6〜11kgまで 6〜11kgまで 6〜11kgまで 6〜11kgまで 6〜11kgまで
全長 43cm 43cm 40.5cm 42.5cm 43cm
特徴 たくさんおしっこをしても立体感をキープ。 スリムなのに吸収力が抜群。テープの粘着力はやや強めでしっかりくっつく。 自然に立体的に丸くなるので、赤ちゃんの背中や動きにフィット。 うんちスポット吸収でゆるゆるうんちを広げない。 テープの幅が広めなので止めたときに安定感がある。

Lサイズ(テープタイプ)

パンパース(さらさらケア) パンパース(肌へのいちばん) ムーニー メリーズ グーン
目安の体重 9〜14kgまで 9〜14kgまで 9〜14kgまで 9〜14kgまで 9〜14kgまで
全長 46cm 46.5cm 46.5cm 47cm 47cm
特徴 他のメーカーに比べて若干小さめなので、スリムな赤ちゃんに向いている。 さらさらケアと共に、全てのサイズのおしっこサインがわかりやすい。(全てのサイズに共通) 「あんよらくらくギャザー」でずりずり動いてもハイハイしても赤ちゃんにやさしくフィット。 ふわぽこエアリーメッシュでさっとおしっこを吸収するのにふわふわ、ふかふか。 M.Lサイズ共になめらかなシートを採用。動きまわる赤ちゃんと、おむつがこすれることでおきる刺激を軽減してくれる。

テープタイプのおむつをサイズアップする目安

おむつをサイズアップする目安
赤ちゃんの成長に伴っておむつもサイズアップしていきます。サイズアップは基本的に赤ちゃんの月齢や体重を目安にしますが、目安になるポイントはいくつかあるんです。おむつのサイズが赤ちゃんに合っていないと漏れる原因になるので、ポイントをしっかり確認し、おむつのサイズアップをしましょう。

おむつのゴム跡がくっきり残る

赤ちゃんのお腹まわりや太ももにおむつのゴム跡がくっきり残り始めたら、サイズアップする時期です。その他にも、全体的にきつそう、おへそが見えるようになったらおむつがきつくなったサインですよ。

うんちやおしっこが漏れるようになってきた

赤ちゃんが成長すると1回のおしっこの量も多くなり、おむつの吸収量が足りなくなるので、うんちやおしっこが漏れることも。その他に、おむつの表面におしっこのベタベタ感が残るのもサイズアップのサインです。ミルクや母乳を飲む量が増えるとうんちやおしっこの量も増えてくるので、こちらもひとつの目安にしてみてくださいね。

おむつ漏れの原因と対策! 赤ちゃんのおむつ漏れを防ぐ4つの方法
おむつ漏れの原因と対策! 赤ちゃんのおむつ漏れを防ぐ4つの方法
赤ちゃんのおむつからおしっこやウンチが漏れてしまい、困った経験があるパパママは多いのではないでしょうか。洋服やお布団が汚れてしまうおむつ漏れは、洗い物を減らすためにも予防したいですが、赤ちゃんも汚れたおむつを不快に感じてしまいます。おむつ漏れの原因と対策をご紹介しましょう。

テープを貼る位置が外側になってきた

テープを貼る位置や貼り付け部分の目盛が外側になってきたら、お腹まわりが大きくなったサインなので、おむつをサイズアップしてみてください。これらはおむつをサイズアップする目安にしますが、どうするか悩んでしまったときは、思い切って一度サイズアップして様子をみても。意外にちょうど良かったと言うママの声も聞こえました。

紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
初めての育児では、赤ちゃんにどんなおむつを選べば良いのか悩んでしまいますよね。おむつメーカーによって、素材や価格、機能性などが異なります。おむつのサイズアップの時期、テープタイプからパンツタイプに切り替えるタイミング、おむつをはずす時期についてご紹介します。

テープタイプからパンツタイプに切り替える目安

パンツタイプに切り替える目安
テープタイプは主に赤ちゃんが生まれてから、たっちやはいはいをする時期まで使うのが一般的です。足をばたばたさせたり、寝返りをしたり、はいはいやたっちをするようになったり、おむつ替えが大変になったり、テープがずれるようになったりしたら、パンツタイプに切り替えてみましょう。また、はいはいやたっちをする時期でも、おむつ替えが大変、赤ちゃんがよく動く、寝返りするなどがみられたら、パンツタイプを試してみるのもいいですよ。

おむつのサイズに関する疑問 先輩ママたちに聞いてみよう!

おむつのサイズに関する疑問 先輩ママたちに聞いてみよう!
まだまだおむつのサイズに関する疑問がたくさん! そこで、ママたちが知りたいおむつのサイズに関する疑問を先輩ママたちがお答えします。

パンツタイプにはいつ切り替えた?

  • 月齢や体重の目安を超えた
  • お腹がきつそうだったので切り替えた
  • 足の付け根にギャザーの跡がつくようになった
  • 赤ちゃんがたっちするようになり、パンツを履かせられるようになった

やはり多くの先輩ママたちは赤ちゃんの月齢や体重、赤ちゃんの体の状態で判断し、パンツタイプに切り替えていました。なかには「動きまわる昼間はパンツタイプ、寝ている間はテープタイプ」など状況によって使い分けた先輩ママも。自分で判断が難しい場合は、まわりの先輩ママに聞いてみるのもアリですよ。

サイズアップするとやっぱり違うもの?

  • サイズアップしたらうんちやおしっこが漏れなくなった
  • 赤ちゃんも動きやすくなった
  • テープタイプのときは赤ちゃんが動くから替えにくかったけど、パンツタイプにしたら替えやすくなった
  • おむつがずれにくく、ずれても直しやすくなった

赤ちゃんが良く動くようになると、どうしてもテープタイプでは替えにくくなってしまいます。そんなときにパンツタイプに切り替えると、違いが一目瞭然。漏れにくくなった、赤ちゃんも動きやすくなるなどの違いも実感するようです

安いときに買い置きしておくべき?

安いときに買い置きしておくべき?

  • 新生児の頃に買い置きをしたけれど、すぐにサイズアウトしてしまった
  • 収納スペースに困る
  • 消耗品だから安いときに買い置きしとくべき
  • 赤ちゃんが小さいから買い置きしておくと頻繁に買いに行かなくても済む
  • 万が一の災害時に備えて2〜3パック買い置きしている

新生児の頃はおむつ替えをする頻度も多いので買い置きしている先輩ママがいましたが、すぐにサイズアウトして使いきる前に履けなくなってしまうことが。なので、新生児の頃は買う量を少なくするか、買い置きするのを控えておいた方が無難でしょう。また、赤ちゃんが小さい頃は買い物に出かけるのも大変でついおむつも買い置きしてしまいますが、収納スペースも困りがち。そんな場合は、あまり買い置きせずにネット通販を利用すると良いですよ。価格が安いときに買い置きする場合はスペースを確保し、まずは1〜2パックを目安に購入するなど、赤ちゃんの成長の様子を見て買い置きするか判断してみてくださいね。

サイズアウトしたおむつはどうしよう?

  • 飲み物をこぼしたときに雑巾代わりに使っている
  • 揚げ油を処理するときに使うと捨てるのが楽
  • 災害時や緊急時に簡易トイレとして使用
  • おまるの下に敷いておけばおしっこを吸い取ってくれるので、あとは丸めて捨てるだけで済む

吸収力が抜群のおむつは、水分を吸い取るのにぴったり。布団におねしょをした場合も、布団に水をかけてその部分におむつを当て足で踏み、その後で干せばおしっこのシミも臭いも軽減されます。サイズアウトしたおむつは意外に使い道があるので、ぜひ試してみてください。

まとめ

まとめ
おむつのサイズは赤ちゃんの体重や体型、おしっこの量によって選び、サイズアップする時期は、おむつのパッケージに表示されている体重と赤ちゃんの体型を目安にして決めましょう。おむつはさまざまなメーカーから販売されているので、どれを使用すれば良いのか悩んでしまいますが、機能性や肌触り、吸収性など重視したいものを決めておくと選びやすくなりますよ。

人気ブランドのおむつ徹底比較! かぶれにくい・漏れにくい・コスパがいいおむつはどれ?
人気ブランドのおむつ徹底比較! かぶれにくい・漏れにくい・コスパがいいおむつはどれ?
ベビー用品コーナーにずらりと並んだ紙おむつ。どれも同じだと価格だけを見て選んでいませんか? 実は同じように見えても、たくさんの違いがあるんです。通気性や価格などから、人気のおむつを徹底比較します! ママたちのリアルな口コミも紹介します。
紙おむつのおすすめをご紹介! 選び方やメーカーごとの特徴まとめ
紙おむつのおすすめをご紹介! 選び方やメーカーごとの特徴まとめ
紙おむつは新生児の時から長い期間子供の成長の側にあるものです。だからこそ、どのメーカーのものが子供に合って、どんな特徴があるのか知っておきたいもの。紙おむつの選び方や各メーカーのこだわりを知って、成長をサポートする紙おむつを決めましょう。
おむつかぶれの原因、予防、対処法! ママが自宅でケアする方法は?
おむつかぶれの原因、予防、対処法! ママが自宅でケアする方法は?
赤ちゃんのおむつ替えの時におしりをふいたら痛がって泣いた…おしりを見たら肌が赤くなっている! これがおむつかぶれです。赤ちゃんがおむつかぶれになってしまった時にお家でできる対処法や、おむつかぶれの原因、予防法をご紹介します。