赤ちゃんが人見知りするのはいつからいつまで? 

赤ちゃんが人見知りするのはいつからいつまで?

赤ちゃんが人見知りするのはいつからいつまで?
赤ちゃんの人見知りとは知らない人や見慣れない人に話しかけられたり、見つめられたりすると、泣く、怖がる、ママにしがみつくなどの反応をすることです。少し前までは誰に抱っこされてもニコニコとご機嫌だった赤ちゃんが、ママ以外の人にはギャン泣きしてしまうなどの反応を示したら、人見知りの始まりかもしれませんよ。

赤ちゃんが人見知りするのは生後6ヶ月~2歳頃まで

人見知りには個人差がありますが、一般的には生後6ヶ月~2歳頃までといわれています。人見知りは早い赤ちゃんだと生後3~4ヶ月頃から、4~5歳まで続くこともあります。人見知りの程度や期間はその子が持つ気質が関係していることが多く、赤ちゃんによって個人差があります。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

赤ちゃんの人見知りのピークは生後7~9ヶ月

生後7~9ヶ月は視力の成長が著しく、赤ちゃんの視力は0.1程度です。記憶する脳が発達するので人の顔を覚えられるようになります。顔だけではなく、声やにおいなどでもパパママを認識し、他人と区別できるようになるので人見知りが激しくなるのがこの時期です。また、赤ちゃんとママとの愛着が形成されるのもこの時期。ママが1番安心できる存在だと分かり、ママのそばにいて安心感を得ようとしたり、ママと触れ合っていたいという愛着行動が見られるようになったりします。

関連記事

赤ちゃんの目はいつからどのくらい見えているの? 視力の発達や目の病気について紹介

赤ちゃんが人見知りする理由

赤ちゃんが人見知りする理由
赤ちゃんが人見知りするのは、大きく分けて2つの理由があります。

人を見分けられるようになったから

生後6ヶ月頃になると脳が成長して、いつも触れ合っているママを記憶できるようになります。知っている人と知らない人を見分けられるようになり、人見知りが始まります。見慣れない人に見つめられたり、触られたりすると怖いと感じ、ママのそばにいて安心感を得ようとするのです。

「近づきたいけど怖い」という心の葛藤

赤ちゃんは、見知らぬ人を怖いと感じながらもその人に対して興味を持つようになります。科学技術振興機構の研究で人見知りは単なる怖がりではなく、「近づきたいけど怖い」という心の葛藤であることが分かりました。「相手に近づきたい」「でも怖い」という2つの感情を持ち、どちらを選ぶか迷った結果人見知りになっているというのです

怖がりだけど好奇心旺盛な赤ちゃんは、人見知りが強くなる傾向があります。また、人見知りは赤ちゃんの生まれつき持つ気質が大きく関係しているので、育った環境はあまり関係ありません。ママがあまり外出せずに家にいたから、ママが内向的な性格だからなどの外的要因はさほど影響はないので、ママは自分を責める必要はありませんよ。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

赤ちゃんの人見知り対策

赤ちゃんの人見知り対策
人見知りは個性なので、無理になおそうとする必要はありません。ですが、赤ちゃんに頻繁に泣かれてしまうとパパママも困ってしまいますよね。赤ちゃんの人見知りを対策をいくつかご紹介します。

赤ちゃんに注目しない

親戚の集まりやお友達との集まりで赤ちゃんが可愛くてつい注目してしまいますが、一度に大勢の見知らぬ人に見つめられるのは赤ちゃんにとってはとても怖いことなのです。なので「今は見られると誰に対しても泣いてしまうんです」などと説明するようにしましょう。なるべく注目せず、さりげなく見守ってあげるといいですね。

また、赤ちゃんは目を見られると本能的、反射的に恐怖を感じてしまいます。赤ちゃんの目を見る、赤ちゃんをじっと見つめるのは避けて、なるべく目を合わせないようにするといいですよ

ママが優しく抱っこしてあげる

ママが優しく抱っこしてあげる
赤ちゃんに激しく泣かれるとママも焦ってしまいますよね。ですが、人見知り真っ最中の赤ちゃんは不安な気持ちでいっぱいになっています。まずはママが優しく笑顔で赤ちゃんを抱きしめて安心感を与えてあげましょう。泣いている赤ちゃんにママも戸惑いや不安な気持ちがあるかもしれませんが、ママの不安な気持ちは赤ちゃんに伝わります。気持ちに余裕を持って、おおらかな気持ちで赤ちゃんを包み込んであげてくださいね。

事前に会う人の写真を見せておく

赤ちゃんの恐怖心を少しでも和らげるために、これから会う人の顔を写真などであらかじめ見せておくのも効果的です。その時に見せる写真は、できれば顔が正面を向いていない写真がおすすめ。人見知りの激しい赤ちゃんは、人が横を向いている顔(自分の方を向いていない顔)をよく観察する傾向があります。写真を見せることで赤ちゃんが相手の顔をじっくり観察し、実際に会った時に慣れやすくなるかもしれません。

可能なら家に会いに来てもらう

可能なら家に会いに来てもらう
赤ちゃんは初めての場所や見慣れない場所に行くと不安を感じてしまい、「場所見知り」してしまうことがあります。人に対する恐怖に加えて場所への不安を感じてしまうと赤ちゃんは落ち着きませんよね。人見知りが激しい時期は、できれば自宅に遊びに来てもらう方がいいでしょう。赤ちゃんが慣れている家であれば安心できるので、人に対しての恐怖心も和らぐかもしれませんよ。

児童館や子育てサロンでおともだちをつくる

大人とだけではなく、赤ちゃんが集まる場所に行って月齢の近い子と遊ぶ機会を作るのもいいでしょう。自分と同じくらいの子と接することは、赤ちゃんにとって良い刺激を与えてくれます。最初はびっくりして泣いてしまうかもしれません。無理やり触れ合わせるのではなく、赤ちゃんのペースに合わせてあげるようにしましょう。おともだちと触れ合うことで徐々に人に慣れていくことができ、人見知りも落ち着いてくるかもしれませんよ

関連記事

子育て支援センターとは? どんなときに頼りになる施設なの?
赤ちゃんが泣き止む方法!抱っこ、歌、最新の動画まとめ

人見知り中の赤ちゃんへのNG行動

人見知り中の赤ちゃんへのNG行動
人見知りを改善させたいママの気持ちは分かりますが、ママの行動が赤ちゃんにとって逆効果のことがあります。ついやってしまいがちなNG行動をご紹介します。

無理に人に慣れさせようとする

人見知りを改善しようとして、赤ちゃんが慣れない人に無理やり抱っこさせたり、人が多いところに連れ歩いたりするのはやめましょう。不安な気持ちを増幅させてしまうことになり、逆効果です。「人に近づきたい」という気持ちは持っているので、赤ちゃんのペースで徐々に人に慣れていってもらうことが大切ですよ。赤ちゃんが自分から近づいていけるようになるまで、ママはあたたかく見守ってあげましょう。

赤ちゃんが慣れる前に触れたり抱っこさせたりする

赤ちゃんが慣れる前に触れたり抱っこさせたりする
可愛い赤ちゃんを目の前にすると、抱っこしたりほっぺを触ったりしたくなるものですよね。ですが人見知りの赤ちゃんにとっては、見知らぬ人が近づいてきて触れられるのは恐怖でしかありません。まずは赤ちゃんが安心できるママのもとで、今の状況を理解することが優先です。相手には今は人見知りが激しく慣れるまでに時間がかかることを伝えて、理解してもらえるようにしましょう。

ママたちのお悩みQ&A

ママたちのお悩みQ&A
人見知りに関するママたちのいろいろな疑問にお答えします。

早い? 生後3ヶ月ですでに人見知り

一般的には生後6ヶ月頃から始まるといわれている人見知りが、生後3ヶ月頃から始まったとなると「早過ぎるのでは?」と不安に感じますよね。生後3ヶ月頃の赤ちゃんはママへの愛着が見られるようになります。ママ以外の人に抱っこされた時に泣く時は、「ママじゃなきゃいや!」「ママと触れ合っていたい」と訴えている可能性があります。一見、人見知りのようにみえますがママへの愛着から泣いている場合は厳密には人見知りではないんですよ。また、愛着からではなく人見知りをしている可能性もあります。成長の早い、遅いは赤ちゃんによって個人差があるので、生後3ヶ月で記憶する脳が発達している赤ちゃんもいます。人見知りが早いことはいけないことではないので、ママは安心して見守ってあげてくださいね。

関連記事

赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説

パパが抱っこするとギャン泣き…これがパパ見知り?

パパが抱っこするとギャン泣き
人見知りが始まる頃になるとパパが抱っこすると泣く子や、パパを見るだけで泣き出してしまう赤ちゃんがいます。これを「パパ見知り」と呼びます。ママとの時間が1番多い赤ちゃんにとってママが1番安心できる存在で、ママ以外の大人に対して恐怖心を抱いてしまうのです。仕事や出張などで頻繁に顔を合わせることができないパパの顔を記憶できず、「見知らぬ人」として捉えてしまっているのです。パパ見知りを克服するためには、とにかく赤ちゃんと顔を合わせることが大切。「見知らぬ人」から「自分のパパ」という認識に変えるためにも、毎日少しでも赤ちゃんと触れ合う時間を持つようにするといいですね。

人見知りの激しい赤ちゃん、預けるのはダメ?

人見知りの激しい赤ちゃん、預けるのはダメ?
人見知りが激しい時期は、赤ちゃんを祖父母や一時預かりなどに預けて大丈夫なのか不安になりますよね。預ける際には、赤ちゃんが少しでも不安にならないように対策が必要です。

  • 家以外の場所に慣れておく
  • 満腹、眠い状態で連れていく
  • 赤ちゃんが安心できるものを持っていく(保育園などに預ける場合は事前に確認が必要)
  • ママと離れることを赤ちゃんに数日前から伝えておく

 上記のことを行っておくと、赤ちゃんの負担が少なくなりますよ。預けるときにママが不安な顔をしていると赤ちゃんに伝わってしまいます。普段と違う環境で過ごすことは赤ちゃんにとってもママにとっても良い経験になりますので、「泣いて当然」という大きな気持ちで構えていてくださいね。

関連記事

0歳児保育のメリットとデメリット、乳児保育時は保育園でどう過ごすの?
保育園には何歳から入れる? 入園させやすい、保活が厳しくない年齢は?

人見知りしない…もしかして何か問題がある?

赤ちゃんの中には全く人見知りをしない子もいますが、人見知りしないからといって問題はありません。人見知りをする、しないは赤ちゃんの持つ気質によって変わってきます。人見知りをしない赤ちゃんは、社交的で好奇心旺盛な子や何事にも物怖じしない性格の子が多い傾向にあります。人見知りをしないのも赤ちゃんの個性ですので安心してくださいね。

また、赤ちゃんが人見知りをしているのにパパママが気付いていないことがあります。人見知りというと赤ちゃんがギャン泣きして嫌がるという反応だと考えがちですが、赤ちゃんの中には激しく反応をしない子もいます。見知らぬ人の前で赤ちゃんが固まっていたり、表情が硬くなっていたりする場合は人見知りをしているのせいかもれません。赤ちゃんの様子をしっかり確認してみてくださいね。

まとめ

成長過程のひとつでもある赤ちゃんの人見知り。すぐに泣かれてしまう人見知りの時期は、出かけるのが億劫になってしまいますよね。ですがいろいろな経験は赤ちゃんに刺激を与えて、心を成長させてくれます。赤ちゃんのペースに合わせながら、さまざまな場所に出向き人と触れ合う機会を作ってあげましょう。人見知りは一過性のものなので、赤ちゃんを優しく見守ってあげてくださいね。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!