赤ちゃんが寝返り返りができるのはいつ? 練習は必要? うつ伏せの注意点も紹介

赤ちゃんの寝返り返りって何?

寝返り返りって何?
寝返りは、赤ちゃんが仰向けで寝ている状態から自分で身体の向きを変えてうつ伏せになることですが、寝返り返りは、寝返りに対して、赤ちゃんがうつ伏せの状態から仰向けに体の向きを変えることです。一般的に、赤ちゃんのは寝返りの次に寝返り返りを習得することが多いようですが、寝返りより先に寝返り返りができるようになる赤ちゃんもいます。

関連記事

赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?

赤ちゃんはいつ寝返り返りができるようになるの? しない赤ちゃんもいるの?

寝返り返りはいつできるようになるの? しない赤ちゃんもいるの?
赤ちゃんが生後5ヶ月~生後6ヶ月頃になると、初めての寝返りに成功する赤ちゃんが増えてきます。寝返り返りは、寝返りを覚えた1ヶ月~2ヶ月にできるようになることが多いとされています。しかし、赤ちゃんの成長は個人差が大きいため、寝返り、寝返り返りの順にできるようになるとは限りません。寝返り返りをせずに、ずりばいやハイハイといった次のステップに進む子もいます。

うつ伏せの練習中に頭の重みを支えられずに倒れることで、寝返りより先に自然と寝返り返りをマスターする赤ちゃんもいるようです。赤ちゃんの成長の仕方によって、寝返りや寝返り返り、ハイハイをしない子もいます。寝返り返りができなくても、赤ちゃんの個性だと思って焦らず見守ってあげましょう

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

赤ちゃんの寝返り返りの練習は必要?

寝返り返りの練習は必要?

寝返り返りは自然にできるようになる

寝返り返りは自然にできるようになるので、特に練習する必要はありません。しかし、寝返りはできるけど寝返り返りができない赤ちゃんの場合、仰向けに戻れなくて泣き出してしまうことがあります。寝返り返りができないとうつ伏せの時間が長くなるので、窒息しないかという心配もありますね。赤ちゃんが夜中に寝返りをして仰向けに戻りたいと何度も起こされるなど、パパママの負担が大きい場合には寝返り返りの練習をしてみましょう

寝返り返りの練習方法

寝返り返りの練習方法
寝返り返りの練習は、寝返り返りの感覚を覚えさせることから始めます。パパママが、うつ伏せ状態の赤ちゃんの腰を左右に揺らし、赤ちゃんの肩と腰を支えてころんと反転させてあげましょう。赤ちゃんが慣れてきたら、タオルやクッションで坂を作って、赤ちゃんが自力で寝返り返りできるようパパママがサポートしてあげてくださいね。

赤ちゃんのうつ伏せ姿勢の窒息を防ぐには?

うつ伏せ姿勢の窒息を防ぐには?
赤ちゃんがうつ伏せで上体を起こすことができても、疲れて突っ伏した際に口が塞がってしまうかもしれません。これからご紹介する赤ちゃんの窒息を防ぐための対処法を参考にし、赤ちゃんの安全対策を十分に行いましょう。

やわらかい寝具やクッションを置かない

やわらかい寝具やクッションを置かない
うつ伏せ姿勢での窒息防止で1番気を付けたいのが赤ちゃんが寝る場所の環境です。赤ちゃん用の布団は、体重で体が沈みこまないようにかための布団が推奨されています。やわらかすぎないかための布団は、赤ちゃんが寝る姿勢を保つだけでなく、窒息事故防止にも有効です。寝返りをした弾みで赤ちゃんが寝具に埋もれないように、やわらかい寝具やクッションは赤ちゃんが寝る場所に置かないようにしましょう。ベビーベッドガードやぬいぐるみなども口を塞ぐ危険性があるので注意しましょう。

関連記事

ベッドガードとベビーベッドガードは同じもの? 利用方法と違いを正しく理解しよう

赤ちゃんから目を離さない

赤ちゃんから目を離さない
赤ちゃんの窒息に気を付けるには、パパママが赤ちゃんから目を離さないことが何より大切です。パパママが赤ちゃんからちょっと目を離した隙に思い掛けないことが起こるかもしれません。しかし、パパママが赤ちゃんずっと目を離さないのはなかなか大変ですよね。パパママは赤ちゃんに何かあった時でもすぐに気付ける距離にいるようにしてください。

赤ちゃんが寝返り返りできずに、仰向けに戻りたいと泣くこともあるでしょう。赤ちゃんがうつ伏せの状態で泣く回数が増えると、泣く度に仰向けに戻すパパママも大変だと思いますが、赤ちゃんの安全のためにもすぐにかけつけてあげるようにしましょう

赤ちゃんが別室で寝ている時はこまめに様子を見に行く

別室で寝ている時はこまめに様子を見に行く
別室で赤ちゃんを寝かせる場合は、赤ちゃんの異変をすぐに察知できる状態にしておきましょう。赤ちゃんが別室で寝ている時は、パパママがこまめに様子を見に行く、部屋のドアを開けておく、テレビの音量は小さくする、など赤ちゃんの泣き声に気づけるようにすることが大切です。それでも、赤ちゃんの泣き声が聞こえなかったり、口が塞がれて泣き声さえ出せなかったりする状況もあります。赤ちゃんが泣き出したら行けばいいと思わず、定期的に赤ちゃんの様子を見に行くようにしましょう。

赤ちゃんのSIDS(乳児突然死症候群)にも注意しよう

SIDS(乳児突然死症候群)にも注意しよう
睡眠中の赤ちゃんの死亡原因として、SIDS(乳児突然死症候群)という病気があります。読み方は「シッズ」です。厚生労働省によると、2017年にはSIDSで77名の赤ちゃんが亡くなり、SIDSが乳幼児の死亡原因第4位となっています。

SIDSの原因ははっきりしていませんが、発症率が低くなるというポイントとして赤ちゃんを仰向けに寝かせることが推奨されています。かかりつけ医の指示がある場合以外は、赤ちゃんを仰向けで寝かせるようにしましょう。寝ている時に赤ちゃんが寝返りした時は、仰向けに戻す必要はないとされていますが、寝返りしにくいように対策をしておけば、パパママが寝ている時の窒息事故防止にも有効です。丸めたバスタオルやペットボトルなどを赤ちゃんの脇の下に入れておくことで寝返りを防止できるようです。

赤ちゃんが寝返り返りができるようになったら注意すること

寝返り返りができるようになったら注意すること
赤ちゃんが寝返り返りをできるようになるまでは、特に窒息に気を付ける必要がありますよね。しかし、寝返り返りができるようになっても油断は禁物です。赤ちゃんが寝返りと寝返り返りをマスターすると、思った以上にどこまでもころころと移動してしまいます。赤ちゃんが思わぬところで寝返りや寝返り返りをするようになるので、身体の向きを変えた勢いで、固い床に頭や足をぶつけてしまうことがあります。赤ちゃんが寝返りや寝返り返りをするようになったら、ジョイントマットを敷くことで赤ちゃんが床にぶつかった時の衝撃を和らげることができます。

赤ちゃんをベビーベッドに寝かせる場合は、寝返りの際に落下してしまう危険性があるため、必ず柵を上げておきましょう。ハイローチェアを利用している場合は、赤ちゃんが寝返りや寝返り返りをはじめたらベビーベッドとして使うのは避けましょう。赤ちゃんの安全のためにも、パパママがしっかり対策してあげてくださいね。

まとめ

まとめ
多くの赤ちゃんは、生後6ヶ月~生後7ヶ月頃に寝返り返りができるようになります。しかし、成長具合には個人差があるので赤ちゃんが寝返り返りをする時期にこだわる必要はありません。寝返り返りをしない赤ちゃんもいるので心配しなくても大丈夫です。大切なのは、赤ちゃんの成長段階によって注意すべきポイントを押さえて、窒息やけがなどの事故を防ぐことです。安全対策がしっかりできていれば、寝返り返りは赤ちゃんのペースに任せましょう。