赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 先輩ママへのアンケート結果も紹介

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?
赤ちゃんが生まれて、ママが少しずつ新しい生活に慣れてきた頃にやってくるイベント「夜泣き」。個人差があり長期に渡り夜泣きをする子から全くしない子まで、さまざまなタイプの赤ちゃんがいます。いつから始まるのかはハッキリしていないのですが、これまでのデータで出た平均的な時期がありますので参考にしてみてください。

赤ちゃんの夜泣きは生後3ヶ月~1歳半頃に多い

夜泣きは早い赤ちゃんですと生後3ヶ月頃から始まります。おしゃべりが少しずつ上手になる1歳半頃まで続くことが多いのですが、2歳でも夜泣きが終わらない場合もあります。3ヶ月の赤ちゃんは平均身長60cm前後、体重6kg前後、一方、1歳半の赤ちゃんの平均身長は78cm前後、体重10kg前後と大分違います。このため後ほど具体的に述べますが、月齢別に夜泣きの原因も大きく異なってきます。

関連記事

1歳6ヶ月~2歳の子供をもつママの悩み事を解決!1歳6ヶ月健診、言葉、体重など成長の心配まで

夜泣きのピークは生後7~9ヶ月頃

夜泣きがピーク時の赤ちゃんは、首、腰が据わりハイハイをし始め、離乳食が進み体力が付きできることが増え、それに比例し声も大きくなります。脳の成長も著しく周りの状況を理解できるようになるので、嬉しそうにしたり人見知りをしたりなど個性がどんどん出てくるでしょう。「夜泣き」の状況は激しさを増すのですが、他の人に興味をしめしたり人見知りをしたりすることで、順調な成長をしていると確認できますね。

関連記事

赤ちゃんが人見知りするのはいつからいつまで?
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!

赤ちゃんが夜泣きする原因

赤ちゃんが夜泣きする原因
理由も分からずひたすら泣き叫ぶ赤ちゃんを見て、「何とかしてあげたい」「何とかしなくては」と思うのがパパママです。「何とか」するには原因を突き止めなければなりません。ここでは「夜泣き」の原因を探ってみたいと思います。

実は「はっきりした理由」はない

オムツの交換をし、母乳・ミルクを飲ませ、着替えをして快適な室温にしてもなお、泣いてぐずって寝てくれず理由がわからない状態を「夜泣き」と言います。原因が何かしらあって不快なものを解決してあげて泣き止むのは、泣くことで不満を訴えていただけなのです。

どちらの場合も個人差があり、同じ赤ちゃんでも声の大きさや泣く時間は日によっても異なることもあります。はっきりとした理由がありきちんと対処しても、赤ちゃんの気持ちが高ぶって「夜泣き」に発展してしまうこともあるでしょう。

このように赤ちゃんも自分のコントロールができず何をしても泣いてしまうのは、急成長をしている身体と脳によるものと考えられています。急激な成長の変化に赤ちゃんの脳が対応しきれていないのです。

関連記事

赤ちゃんが泣き止む方法!抱っこ、歌、最新の動画まとめ

月齢別 赤ちゃんの発達と夜泣きとの関係

表から成長と夜泣きの関係性を見て、赤ちゃんの様子と比べてみましょう。また月齢別で夜泣きの様子が変わるのが確認できますね。

月齢 発達具合 夜泣きの様子
新生児(生後1ヶ月) 体の成長が最も早い時期。眠る体力がなくコントロールができない。 眠れないことやお腹がすいたことによる「寝ぐずり」の場合が多い。
生後2~4ヶ月 自分の手を見たりなめたりして世界を広げ始める。睡眠サイクルは少しずつ作られているがまだまだ未完成。 オムツや暑い、寒いなど泣く理由が少しずつ増える。「寝ぐずり」の場合が多い。
生後5~6ヶ月 離乳食が始まり、初めての乳歯が生え始める。脳の発達も著しい。 昼間受けた刺激を覚えていることができるようになるので「夜泣き」の状態が多くなる。
生後7~11ヶ月 ハイハイ、腰が据わる、つかまり立ち、早い子は歩きはじめる。声を出し音の種類が出てくる。 体力がつくので、余った力が夜の「夜泣き」につながることも。のけぞったり力いっぱい泣いたりする「夜泣き」のピークの時期。歯がいくつか生え始めているので口がむずがゆい可能性もある。
1歳頃 歩き始める子も。簡単な単語「まー(ママ)」「ちー(うんち)」としゃべりだす。感情表現がより豊かになってくる。 浅い眠りの状態が長く、この時間に「夜泣き」をする。むにゃむにゃ何かを言う「寝言泣き」をする子もいる。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

赤ちゃんの夜泣き対処法

赤ちゃんの夜泣き対処法
「夜泣き」は長期戦を覚悟しなければならないので、「いつから始まるかな」「どのくらい長く夜泣きするのかな」と身構えずに、対処方法をいくつか用意して心構えをしておくことが大切です。

生活リズムを整えルーティンを作る

すぐに夜泣きが無くなる訳ではないですが、まずは生活リズムを整えてあげましょう。朝7時頃には赤ちゃんを起こしカーテンを開け太陽の光に当てます。お昼寝を一日に2度する月齢の若い赤ちゃんは、午前10時と午後2時頃には寝かしつけを始めましょう。午前中は1時間以内、午後は2時間くらいが目安です。

生後9ヶ月以降は午後のみお昼寝が理想ですが、夕方5時には起きるようにします。体力が付いてきて夕方まで活動できるようになったら、昼寝時間を徐々に短くしましょう。午後の昼寝前に外出して外の空気に触れさせます。母乳やミルク、離乳食は決まった時間に取るようにし、食事と昼寝の合間は一緒に遊びます。

寝るための準備は段階を踏んで「これから寝る」意識を植えさせます。パジャマに着替えたら部屋を暗めにし、絵本や優しい音楽、アロマなどを利用してみましょう。赤ちゃんの生活の出来事は時間を決めてしばらく続けてみると、赤ちゃんの「夜泣き」の様子に変化が出るかもしれません。

関連記事

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
赤ちゃんの授乳時間が知りたい! 長い時や短い時、切り上げるタイミングは?
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから? 新生児から楽しめるおすすめ絵本も紹介

少しの間放置する

放置と言っても赤ちゃんを独りにして完全にほったらかしにするのではなく、周囲にある事故につながりそうなものを排除し、遠くからもしくは近くで泣いている様子をしばらく見守ります。このときも赤ちゃんの様子を確認し、ぐずぐずし続けるのか、ずっと大泣きしているのかをチェックしてください。「放置」することで起きる赤ちゃんの変化を見るのが「放置」の目的です。もしかしたら、疲れて自分で寝てしまうかもしれませんよ。

先輩ママにアンケート1 夜泣きはいつから始まった?

先輩ママにアンケート1 夜泣きはいつから始まった?

  • 新生児の頃から昼夜問わずよく泣く子で、全体的に睡眠が浅い気がしました。ただ、泣き声が大きく近所に迷惑になるな、と感じたのは生後5ヶ月くらいの時です。
  • いつから始まるかな、とどきどきして1歳の誕生日を迎え、もう泣かないなと油断していたら始まりました。気を抜いた時だったのでなんの準備もせずただビックリして、泣きわめく我が子を前にしばらく呆然としてしまったのを覚えています。
  • 生後8ヶ月に少しずつ泣き方が激しくなり、ピークは生後9ヶ月から1歳前後まで続きました。3歳差の兄が同じ夜泣きをして慣れていたと思いましたが、兄の夜泣きが終わったと思ったら弟の夜泣きが始まり、ほぼ連続で夜泣きの対処をしなければならなかったので、本当に疲れました。

先輩ママにアンケート2 夜泣きはいつまで続いた?

先輩ママにアンケート2 夜泣きはいつまで続いた?

  • 生後3ヶ月辺りから、夜だけ横にすると起きてしまう「夜だけ背中スイッチ」がある子でした。それが無くなったのは幼稚園に入ってからです。年少の時に徐々に無くなっていきました。
  • 仕事を始めるので、1歳2ヶ月の時に断乳しました。これを境に「夜泣き」が少なくなっていった気がします。でも、完全になくなったのは3歳前でした。
  • いつから始まったのか、あまり覚えていない程夜泣きに悩まされました。早く終わって~と思いながら何年も続いていくかのような感覚でやり過ごしました。夜泣きが終わり振り返ったら1年も経っていませんでした。自分の感覚ではもっと長く、数年悩んでいたと思っていたので驚きました。

関連記事

断乳はいつからどんな方法で進めるの? 卒乳との違いは?

先輩ママにアンケート3 夜泣きの時期どう乗り越えた?

先輩ママにアンケート1 夜泣きはいつから始まった?

  • とても敏感な子で横にすると泣くので、立て抱っこで座って寝てました。だいたいそれが半年くらいですが、時々立て抱っこしても大泣きして泣き止まないので、夜中に外をふらふらと抱っこしながら歩き回ったり、大通りに出てずっと車が走るのを見ていたりしました。大泣きして泣き止まない時は、外の空気で落ち着くみたいだったのですが、ママは辛かったです。
  • 都市部で家が隣接した地域だったので、夜泣きがいつまで続くのか分からず、そして長く続きそうだったのもあって、とりあえず両隣と前の家には事情を説明して、何かに付けてお菓子や果物や他に色々とお渡ししてあいさつしました。本当にうるさかったので。そのおかげか、時々心配してもらえたり、お返しに飲み物とかいただいたりして良くしてもらいました。

まとめ

同じ親から生まれた兄弟でも「夜泣き」をする子としない子がいて、子供の個性ととらえて対処をする先輩ママの意見が多いです。できることをやれるだけやっても泣き止まないのが赤ちゃんなので、最後は覚悟を決めてとことん付き合ってあげましょう。ママはパパなど家の人に赤ちゃんを預けて、マッサージに行ったり、時々一人でカフェに行ったり、1時間でもゆっくり寝たりするなどして、自分への労いも必ずしてくださいね。

関連記事

ひょっとして私、育児ノイローゼ? 症状と原因、ストレス軽減、予防法や対処法について
これって黄昏泣き? 原因や対処法、コリックとの上手な付き合い方
夫婦共働き世帯で家事分担する時のポイント! 妻が夫にストレスをためない方法は?