離乳食で食パンはいつからOK? パン粥やおすすめレシピ、使えるパンの種類も紹介

離乳食のパンはいつから食べさせられる? 耳は? そのままでOK?

離乳食のパンはいつから食べさせられる? 耳は? そのままでOK?
離乳食としてパンを赤ちゃんに食べさせられる時期や、食べさせ方についてご説明します。

離乳初期から10倍粥に慣れたら「パン粥」をあげてOK

離乳初期から10倍粥に慣れたら「パン粥」をあげてOK
パンは、生後5~6ヶ月頃の離乳初期から赤ちゃんに食べさせることができる食品です。ただし、パンはアレルギーを引き起こしやすい小麦粉や乳製品を原材料としているので、いきなり赤ちゃんにパン与えることは避け、赤ちゃんが10倍粥に十分に慣れた後にパン粥を試してみましょう

パンにはたくさんの種類がありますが、離乳初期では塩分や糖分、油分が少ない「食パン」を選んでくださいね。食パンの下ごしらえについては後ほど詳しくご説明します。

離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。
離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
チーズは種類によって離乳中期からあげることができますが、どんな種類をいつからあげることができるのでしょうか? 離乳食で赤ちゃんにチーズをあげる場合、塩分も気にする必要があります。アレルギーや加熱が必要かどうか、おすすめレシピなども紹介します。

食パンの耳を食べさせていいのは離乳後期から

食パンの耳を食べさせていいのは離乳後期から
食パンの耳は、固くて苦みがあるため、赤ちゃんには食べづらい部分です。離乳初期~後期では食パンの耳を取り除いて、白い部分だけを使います。離乳完了期になり、赤ちゃんが食パンの耳も食べられるようであれば耳も食べさせて大丈夫です。サンドイッチ用の食パンははじめから耳がないので、離乳食作りに便利でおすすめですよ。

そのままのパンを食べられるのは離乳後期から

そのままのパンを食べられるのは離乳後期から
赤ちゃんが食パンをお粥にせずそのままの状態で食べることができるうになるのは、離乳後期からです。食パンをそのまま与える場合は、赤ちゃんが食べやすいように小さくカットして赤ちゃんに与えましょう。

初めてパンをあげる時はアレルギーに注意

初めてパンをあげる時はアレルギーに注意
パンを作る主な原材料・小麦粉のもとである「小麦」は、アレルギーを起こしやすくアレルギー症状の重篤度も高いとして、消費者庁からアレルギー表示義務特定原材料7品目の1つとして指定されています。

また、パンの中には乳製品や卵が使われているもあり、「乳」と「卵」も、「小麦」と同様に特定原材料7品目の1つで、アレルギーを起こしやすい食品です。離乳初期では、卵白や乳製品などはまだ赤ちゃんに食べさせることができないので、原材料をよく確認し、卵や乳製品が使われていない「食パン」を選びましょう

初めて食パンを赤ちゃんに与える際、量は小さじ1だけにとどめ、その後アレルギー症状が出ないか、しばらく赤ちゃんの様子を見ましょう。アレルギー症状を発症した場合にすぐに病院に行けるように、初めて赤ちゃんに食パンを与える場合には、午前中の時間帯を選ぶことも大切です。 また、仮にアレルギー症状が出た場合にどの食材が原因なのかを特定するため、初めて食パンを与える場合は、他の食材は赤ちゃんが食べ慣れたものにしてくださいね。

食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!
アレルギーの子供にも誕生日ケーキを! 通販で買えるおすすめのショップ4選
アレルギーの子供にも誕生日ケーキを! 通販で買えるおすすめのショップ4選
アレルギーがある子供にも、誕生日やクリスマスなどのイベントのときはケーキを食べさせたいですよね。そんなパパママにおすすめしたいのはアレルギー対応のケーキです。通販で買えるおすすめのショップも紹介します。
【管理栄養士監修】離乳食の卵はいつから? 進め方は? マヨネーズや生卵は? 与える頻度やレシピも紹介
【管理栄養士監修】離乳食の卵はいつから? 進め方は? マヨネーズや生卵は? 与える頻度やレシピも紹介
栄養価が高く料理にも使いやすい卵は、卵黄のみ離乳食初期から使えます。卵白はいつ頃から与えるのかなど、アレルギーが気になる卵の離乳食の進め方や注意点を紹介します。卵の冷凍保存方法や離乳食の時期別レシピも参考にしてください。

食パンに含まれる栄養は?

食パンに含まれる栄養は?
パンには、主に炭水化物(糖質)や、カルシウム、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2などが含まれています。中でも1番多く含まれる炭水化物(糖質)は体の一番のエネルギー源として、体で消化・吸収され血液と共に全身をめぐって、体を動かすもととなるため、赤ちゃんに欠かせない栄養素です。

【管理栄養士監修】離乳食でうどんはいつからOK? 量や冷凍保存の方法、レシピなどを紹介
【管理栄養士監修】離乳食でうどんはいつからOK? 量や冷凍保存の方法、レシピなどを紹介
うどんは1皿で野菜もいっしょに取れるレシピが豊富で、調理が簡単なのも魅力ですが、離乳食ではいつから赤ちゃんに食べさせることができるのでしょうか? 初めは小麦アレルギーや下ごしらえ方法に注意が必要です。生麺や乾麺の茹で時間やおすすめレシピなどを紹介します。

離乳食で使える食パンの量は?

離乳食で使える食パンの量は?

時期 目安量(8枚切りの場合)
初期 1/8枚
中期 1/4枚
後期 3/4枚
完了期 1枚

離乳初期はすりつぶしてパン粥に、離乳中期は細かくしてパン粥に、離乳後期は小さくちぎるかスティック状に、離乳完了期はスティック状にして赤ちゃんに食べさせましょう。

【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつからどう進める?  離乳初期~完了期までそれぞれ紹介!
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食はいつからどう進める?  離乳初期~完了期までそれぞれ紹介!
赤ちゃんが生後5、6ヶ月になり、下の前歯が生え始める頃に離乳食が始まります。初めて子育てをするパパママは、初めての離乳食でどのような物を食べさせればいいのか不安でしょう。離乳食の基本的な内容を、離乳初期、中期、後期、完了期に分けて紹介します。

離乳食で使う食パンの選び方

離乳食で使う食パンの選び方
離乳食で使う食パンを選ぶ際、ポイントとなる点をご説明します。

原材料をチェックしよう

原材料をチェックしよう
離乳食で使う食パンを選ぶ際、まずは原材料をチェックして、なるべく無添加のものを選ぶことが大切です。乳化剤、イーストフードなどの添加物が入っている食パンは離乳食向きではありません。また、マーガリンではなくバターが使われた食パンを選ぶことも大切です。

離乳食作りでママに人気な食パンは「超熟」?

スーパーでも手に入りやすく、離乳食作りで多くのママに選ばれているのがPASCOが販売している「超熟」です。超熟は乳化剤やイーストフードが不使用なので、赤ちゃんの離乳食にも安心して使うことができますね。

しかし「超熟」にはバター入りマーガリンが使われていたり、国内産小麦は3%しか使われていないと記載があるため、気になるママは次に紹介する食パンがおすすめです。

「超熟 国産小麦」はより安心

「超熟 国産小麦」は、国産小麦を100%使用しています。輸入小麦の場合、発がん性があると言われているポストハーベスト農薬が使用されていることも考えられます。もちろん、輸入小麦でも農薬量がきちんとチェックされ、問題ないとされたものだけが出回っているので過度に避ける必要はないですが、ポストハーベスト農薬が使われない国産小麦の方が安心できるのは確かですね。

さらに、「超熟 国産小麦」は、マーガリンではなくバターが使われている点、添加物が完全に入っていない点も特徴です。無添加でも柔らかく美味しいと評判の食パンです。

離乳食の食パンの下ごしらえ方法は?

離乳食の食パンの下ごしらえ方法は?
食パンの下ごしらえ方法を離乳食の段階ごとにご説明します。

離乳初期

離乳初期の赤ちゃんは、10倍粥に慣れたら食パンの耳を取り除いて細かくし、水分を加えてとろとろになるまで煮ます。そしてなめらかにすりつぶしたパン粥を赤ちゃんに与えましょう。

離乳中期

離乳中期は、食パンの耳を取り除いて1cm角くらいの大きさに小さく切り、水分を加えて軽く煮ます。赤ちゃんが食べづらいようであれば粗くすりつぶしてもいいでしょう。

【管理栄養士監修】離乳中期にあたる生後7ヶ月 離乳食の量や進め方は? 
【管理栄養士監修】離乳中期にあたる生後7ヶ月 離乳食の量や進め方は? 
生後7ヶ月は離乳初期~中期に移行するタイミングです。「移行する目安は?」「離乳食の1回の量はどのくらい?」「卵はどうするの?」といった疑問や悩みも増えてきます。今回は、生後7ヶ月の離乳食について解説します!
赤ちゃんの離乳中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんの離乳中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんが上手にゴックンができるようになると、離乳中期にステップアップします。離乳中期はモグモグ期とも呼ばれ、赤ちゃんが食材を舌で潰し、口をモグモグと動かして食べる練習をします。離乳中期の赤ちゃんに合った食事方法ができるように、離乳初期から調理の仕方を変える必要がありますね。離乳中期の進め方のポイントや離乳中期から食べられる食材もご紹介します。

離乳後期

離乳後期は、耳を取り除き、小さくちぎるか、スティック状にしましょう。加熱せずそのまま赤ちゃんに与えてもOKですし、トーストしてもOKです。

【管理栄養士監修】離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
【管理栄養士監修】離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。
生後9ヶ月の離乳食の量やスケジュールは? 手づかみレシピも紹介
生後9ヶ月の離乳食の量やスケジュールは? 手づかみレシピも紹介
生後9ヶ月を過ぎると離乳食は3回食になります。でも、どのタイミングで3回食にしたらいいの? 1回の量はどのくらい? といったさまざまな疑問が出てきますよね。3回食の離乳食の量や進めるコツ、手づかみレシピなどについて解説します。

離乳完了期

離乳完了期は、スティック状に切り、そのまま赤ちゃんに与えるか、軽くトーストしてあげましょう。

【管理栄養士監修】離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
【管理栄養士監修】離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。
1歳0ヶ月(生後12ヶ月)の赤ちゃんの成長とお世話! 食事量の目安や遊び方は?
1歳0ヶ月(生後12ヶ月)の赤ちゃんの成長とお世話! 食事量の目安や遊び方は?
1歳の誕生日を迎えた赤ちゃんは1年で大きく成長したことでしょう。離乳食も完了期に入りますが、1回の食事量はどのくらいになるのか、食事量の目安や予防接種などお世話のポイントをまとめました。おすすめの遊び方やおもちゃについても解説します。

離乳食で使う食パンやパン粥は冷凍保存できる? 保存方法のコツ!

離乳食で使う食パンやパン粥は冷凍保存できる? 保存方法のコツ!
離乳食用の食パンやパン粥を冷凍で保存できると、便利ですよね。食パンの保存方法とパン粥の保存方法を紹介します。

食パンの保存方法

食パンの保存方法
食パンは、1枚ごとにラップに包んで、ジッパー付き袋などに入れて冷凍保存すると便利です。食パン1斤を丸ごと冷凍してしまうと、1枚1枚が取り出しにくくなってしまうので、1枚ごとに分けて冷凍するのがポイントです。

ジッパー付きの袋などに入れて密閉することで冷凍焼けを防げますよ。冷凍したパンは固いまますりおろして使えるので、パン粥作りがラクになります。冷凍した食パンは、味が落ちていくため1週間を目安にできるだけ早く使い切りましょう。

パン粥の保存方法

パン粥の保存方法
調理済みのパン粥も冷凍保存することができます。調理済みのパン粥は、製氷皿やフリージングトレーを使って、小分けにして冷凍しましょう

冷凍したパン粥も、霜が付いたり乾燥したりしてどんどん味が落ちていくため、1週間以内に使い切るようにしましょう。冷凍したパン粥は、加熱して使いましょう。電子レンジで加熱することもできますし、少量の水と一緒に鍋で煮込む方法でも大丈夫です。

食パンを使ったレシピ8選 離乳初期~完了期まで紹介

食パンを使ったレシピ8選 離乳初期~完了期まで紹介
食パンを使ったおすすめレシピを、離乳食の段階ごとにご紹介します。

離乳初期におすすめ:パン粥

赤ちゃんが10倍粥に慣れたら、パンのスタートとしてまずはパン粥から始めてみましょう。最初はとろとろに煮てなめらかにすりつぶすのがポイントです。このパン粥をベースに、赤ちゃんが慣れてきたらフルーツや野菜など他の食材ペーストも加えてみましょう。

パン粥/cookpad

離乳初期におすすめ:ほうれん草とりんごのパンがゆ

ほうれん草の緑が鮮やかな変わりパン粥です。ほうれん草で鉄分、りんごからは有機酸やカリウムがとれますよ。りんごの風味で、ほうれん草の独特のえぐみが和らぎ、赤ちゃんも食べやすくなりますよ。

ほうれん草とりんごのパンがゆ/palsystem

【管理栄養士監修】離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
【管理栄養士監修】離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
りんごは体調が悪い時も食べやすく、簡単に栄養補給ができる果物です。赤ちゃんの離乳食にも向いていると思うママも多いでしょう。具体的にいつごろから赤ちゃんにりんごを与えても良いのでしょうか? アレルギー対策は? レシピや保存方法についても詳しく説明します。
ほうれん草の離乳食レシピ8選! 下ごしらえや保存方法、注意点も紹介
ほうれん草の離乳食レシピ8選! 下ごしらえや保存方法、注意点も紹介
ほうれん草は鉄分などの栄養素が豊富で、離乳食にも積極的に使いたい食材です。アク抜きなど下ごしらえや冷凍保存の方法、初期にも使えるペーストの作り方、離乳初期、中期、後期、完了期のおすすめレシピなど解説します。

離乳中期におすすめ:きな粉入りパンがゆ

パン粥にきな粉を合わせて赤ちゃんに食べさせるのもおすすめですよ。きな粉からは良質なタンパク質を取ることができます。風味もいいので、赤ちゃんが好んで食べてくれますよ。きな粉は扱いがラクなので、いつものパン粥にサッと加えるだけで簡単にきな粉パン粥ができあがりますよ。

きな粉入りパンがゆ/palsystem

離乳中期におすすめ:バナナヨーグルトパン粥

パン粥にバナナとプレーンヨーグルトを足して、パン粥のバリエーションを増やすのもいいですね。赤ちゃんが大好きな甘味のあるバナナを使うので、喜んで食べてくれそうですね。ヨーグルトの風味も爽やかです。バナナに代えて他のフルーツで作ってみるのもいいですね。

バナナヨーグルトパン粥/cookpad

【管理栄養士監修】離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
【管理栄養士監修】離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
バナナは栄養豊富で甘みもあり赤ちゃんも食べやすいため、離乳食にはぴったりの食材です。冷凍保存も可能なので、時短レシピにも活用できますよ。バナナのアレルギーや加熱調理が必要なことも知っておきましょう。バナナの食べさせ方やおすすめレシピなどを紹介します。
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
ヨーグルトは赤ちゃんにとって必要なカルシウムが豊富で、ぜひ離乳食に取り入れたい食材です。ただし、赤ちゃんに食べさせるときはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。ヨーグルトの選び方や食べさせ方とあわせて紹介していきます。

離乳後期におすすめ:赤ちゃんフレンチトースト

手づかみ食べできる赤ちゃん向けのフレンチトーストレシピです。離乳後期では手づかみ食べの練習もしたいので、離乳食のレパートリーにぜひ加えたいですね。優しい甘みで食べやすいですよ。卵を使うため、食物アレルギーには十分注意してくださいね。

赤ちゃんフレンチトースト/cookpad

離乳後期におすすめ:パンプディング

いつもの離乳食パンメニューに、少し変わったパンプディングを加えてみるのはいかがでしょうか。野菜も加えるので、パンにはない栄養を補うことができますよ。電子レンジ調理で簡単にできてしまいます。忙しいパパママに嬉しいお役立ちメニューですね。

パンプディング/rakutenレシピ

【管理栄養士監修】離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
【管理栄養士監修】離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
にんじんは栄養もあり、彩もいいので離乳食にピッタリですが、赤ちゃんにはいつから食べさせることができるのでしょうか。甘みもあるので離乳食の初めての野菜としても適しています。にんじんペーストの作り方、冷凍保存の方法、おすすめのレシピなどを紹介します。
【管理栄養士監修】離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
【管理栄養士監修】離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
さつまいもは、甘くて赤ちゃんにも食べやすい食材です。離乳初期からさつまいもを食べさせてもいいのでしょうか? 固いさつまいもを簡単に下ごしらえする方法も知っておくと便利ですよ。アレルギーや調理する時の注意点、おすすめのレシピなども紹介します。
離乳食のかぼちゃはいつから? 初期・中期・後期以降のレシピや下ごしらえのコツも紹介
離乳食のかぼちゃはいつから? 初期・中期・後期以降のレシピや下ごしらえのコツも紹介
離乳食のかぼちゃは離乳初期の赤ちゃんから食べさせられる食材です。自然な甘みがあり、赤ちゃんもよく食べてくれるかもしれませんが、あげすぎには注意が必要です。硬いかぼちゃの下ごしらえの方法やコツ、中期・後期・完了期のアレンジレシピも紹介します。

離乳完了期におすすめ:しらすマヨトースト

しらすを使ったトーストメニューです。しらすはパンとも相性が良く、良質なタンパク質、カルシウムなどがたくさん含まれているので、ぜひ赤ちゃんに食べさせたいですね。粉チーズはチーズの風味が香ばしいですが、塩分が多いため、使いすぎには注意してくださいね。

しらすマヨトースト/cookpad

【管理栄養士監修】離乳食のしらすはいつからOK? 注意点・保存方法・レシピも紹介
【管理栄養士監修】離乳食のしらすはいつからOK? 注意点・保存方法・レシピも紹介
おかゆや野菜からスタートした離乳食も、進むにつれて豆腐や魚からタンパク質を摂る必要が出てきます。そこでおすすめなのが、しらすです。栄養も豊富で、離乳食にぴったりのしらすは、いつから食べられるのでしょうか?アレルギーや塩抜き、保存方法やレシピなどを紹介します。

離乳完了期におすすめ:コールスロー風ロールサンド

食パンで作るロールサンドレシピです。ささみとキャベツを使うので、タンパク質やビタミンなどをとれる上に、ボリュームもアップして食べごたえがありますね。赤ちゃんが手づかみ食べしやすいように、しっかりと巻いてあげましょう。

コールスロー風ロールサンド/palsystem

離乳食の鶏肉はいつからOK? ささみから? 進め方やおすすめのレシピも紹介
離乳食の鶏肉はいつからOK? ささみから? 進め方やおすすめのレシピも紹介
離乳食の鶏肉(ささみ、ひき肉、もも肉、胸肉)はいつから食べさせてもいいのか悩みませんか? アレルギーの心配があるので、進め方に注意しなくてはいけません。離乳食の鶏肉がOKな時期や進め方、おすすめレシピを動画ありで9つ紹介します。

離乳食で食べられるパンの種類と時期まとめ

離乳食で食べられるパンの種類と時期まとめ
離乳食で赤ちゃんに食べさせることができるパンの種類と時期をご紹介します。

一覧表

種類 初期 中期 後期 完了期
食パン
ロールパン
スティックパン × ×
ライ麦パン × × ×
ベーグル × × × ×
蒸しパン × × ×
フランスパン(バケット) × ×
胚芽入り食パン × ×
イングリッシュマフィン × ×

食パン

食パン
食パンは、10倍粥に慣れたら、離乳初期から赤ちゃんに食べさせることが可能です。離乳初期~後期は食パンの耳を取り除き、白い部分をパン粥にします。離乳後期からは加熱しないでそのまま食パンを与えることもできます。また、食パンをトーストして食べさせるのは離乳後期からOKです。

ロールパン

ロールパン
ロールパンは、離乳初期から赤ちゃんに食べさせることが可能です。ただし、脂質が多いため、離乳中期までは与えすぎに注意してくださいね。

離乳後期では、茶色い表面部分は取り除いて、白い部分だけをすりつぶしてパン粥にします。離乳中期では細かくし、離乳後期では小さくちぎり、離乳完了期になったら1cm幅にして赤ちゃんに与えましょう。

スティックパン

スティックパン
スティックパンは、離乳後期から赤ちゃんに食べさせることが可能です。スティックパンは、糖分や脂質を多く含んでいたり、添加物が使われていたりするものが多いため、離乳初期~中期に赤ちゃんに与えるのはやめましょう。

離乳後期は、小さくちぎって少量を赤ちゃんに与えましょう。離乳完了期からはスティック状のまま赤ちゃんに与えてOKです。

ライ麦パン

ライ麦パン
ライ麦パンは、離乳完了期から赤ちゃんに食べさせることが可能です。ライ麦パンは赤ちゃんには消化しづらく食べづらいため、離乳初期~後期は赤ちゃんに与えないようにしましょう。離乳完了期では、ライ麦パンをスティック状にして与えましょう。

ベーグル

ベーグル
ベーグルは赤ちゃんが食べづらいため、離乳食期は避け離乳食が完了し幼児食に移行したら赤ちゃんに食べさせましょう。ベーグルを与える場合は、小さくちぎって赤ちゃんが食べやすくします。

蒸しパン

蒸しパン
蒸しパンは、生後7~8ヶ月頃の離乳中期から赤ちゃんに食べさせることが可能です。最初は、赤ちゃんの様子を見ながら、小さくした蒸しパンを少しずつ与えてください。市販の蒸しパンは糖分が多いため、手作りの蒸しパンがおすすめです。電子レンジで簡単に作れる離乳食向けの蒸しパンがあるのでぜひ作ってみてくださいね。

離乳食の蒸しパンはいつから? 食べさせ方の注意点と簡単レシピ10選
離乳食の蒸しパンはいつから? 食べさせ方の注意点と簡単レシピ10選
離乳食の蒸しパン、いつから食べさせてもいいのか悩んでいませんか? 離乳食中期からOKですが、食べさせ方やアレルギーに注意が必要です。離乳食の蒸しパンの食べさせ方やホットケーキミックスを使ってもいい時期、おすすめのレシピ10個を紹介します。

フランスパン(バケット)

フランスパン(バケット)
フランスパン(バケット)は、離乳後期から赤ちゃんに食べさせることが可能です。フランスパン(バケット)は塩分が多いので、離乳初期~中期までは赤ちゃんに与えないようにします。

離乳後期以降は、固く茶色い外側の部分は取り除き、中身の白い部分だけを与えます。加熱はしなくてもOKです。離乳後期では小さくちぎって少量を与え、離乳完了期になったら、スティック状にして与えましょう。

胚芽入り食パン

胚芽入り食パン
胚芽入り食パンは、離乳後期から赤ちゃんに食べさせることが可能です。胚芽入り食パンは、赤ちゃんには消化しづらく食べづらいため、離乳初期~中期は赤ちゃんに与えないようにしましょう。離乳後期では小さくちぎり、離乳完了期ではスティック状にして赤ちゃんに与えましょう。

イングリッシュマフィン

イングリッシュマフィン
イングリッシュマフィンは、離乳後期から赤ちゃんに食べさせることが可能です。イングリッシュマフィンは、赤ちゃんには消化しづらく食べづらいため、離乳初期~中期は赤ちゃんに与えるのは避けます。離乳後期では小さくちぎり、離乳完了期ではスティック状にして赤ちゃんに与えましょう。

【育児漫画・育児あるあるvol.3】「張り切って作った離乳食を食べさせると…!?」
【育児漫画・育児あるあるvol.3】「張り切って作った離乳食を食べさせると…!?」
毎日、育児に奮闘中のパパママが「あるある」と頷く育児エピソードを育児漫画でご紹介! 張り切って作った離乳食を赤ちゃんが食べてくれない…!? 忙しい日々の育児や家事の合間に漫画を読んで、ほっと一息ついてくださいね。

まとめ

まとめ
赤ちゃんが10倍粥に慣れたら、パン粥を食べさせてみましょう。パンにはたくさんの種類がありますが、赤ちゃんに食べさせられる時期はそれぞれ異なるので、ぜひご紹介した記事を参考にしてみてくださいね。パンには塩分や糖分、脂質が多いものもあるので、食べさせすぎには注意しましょう。パンは他の食材との相性が良く、メニューを組みやすいです。野菜やタンパク質食材を合わせて、栄養を補完するメニューを作ってみてくださいね。

家事が楽に! 時短家電おすすめ11選・揃えたいスマート家電も
家事が楽に! 時短家電おすすめ11選・揃えたいスマート家電も
共働きをしながら子育てする家庭にとって、家事は大きな負担! 忙しい毎日を過ごしているパパママにおすすめなのが「時短家電」です。最近は、外出先でも操作が可能なスマート家電も人気を集めています。選び方のポイントやおすすめ時短家電を詳しく紹介します。
子供が野菜を好き嫌いするのはなぜ? 野菜嫌いを減らすには? 保育士がアドバイス!
子供が野菜を好き嫌いするのはなぜ? 野菜嫌いを減らすには? 保育士がアドバイス!
子供の野菜嫌いは、多くのママを悩ませる問題です。子供が野菜を食べてくれずイライラしていませんか?子供はなぜ野菜が嫌いで、どうすれば解決できるのでしょうか? 保育士経験のあるママライターが、楽しい食事を目指すためのコツをご紹介します。
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ15選
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ15選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富で、離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによって選び方も変わってきます。選び方のポイントや、リッチェル、コンビなどおすすめ商品をご紹介します。
離乳食食器おすすめ19選! 素材、使いやすさ、安全性もチェック!
離乳食食器おすすめ19選! 素材、使いやすさ、安全性もチェック!
離乳食用の食器は素材やデザインが豊富にあり、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。赤ちゃんが使うものなので食べやすさはもちろんのこと、安全性も選ぶ際には大切なポイントです。赤ちゃんが安心して使えるように、おすすめの離乳食食器を素材別に紹介します。

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!