離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介

離乳食のしらすはいつからOK?

離乳食のしらすはいつからOK?
しらすは、生後6ヶ月頃の離乳初期、離乳食開始後1ヶ月程度経って赤ちゃんが食べ物を飲み込むのが上手になってきた頃から食べさせることができます。ただし、初めてのたんぱく質食材としては豆腐が良いとされているので、赤ちゃんが豆腐を食べるのに慣れた後に、次のたんぱく質食材としてしらすを与えてみましょう。初めてしらすを赤ちゃんに与える場合は、しっかりとしらすの塩抜きをして、なめらかにすり潰し、お湯で伸ばしてスプーン1杯分から与えてみましょう。

赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
生後5ヶ月になったら赤ちゃんの様子をみて離乳食を開始しようと思っているパパママが多いのではないでしょうか。離乳食はいつから始めれば良いのか、離乳初期であげて良い食材の種類や量、離乳食の進め方についてご紹介します。
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。
人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
離乳食がそろそろ始まる生後5ヶ月の赤ちゃんがいる方、離乳食は始まったけど今後どう進めて行ったらいいのか分からない方には離乳食アプリがおすすめ。離乳食アプリのメリットや人気の離乳食アプリを紹介します!

しらすに含まれる栄養素は? 離乳食におすすめ理由

成長に欠かせないたんぱく質やカルシウムが豊富

成長に欠かせないたんぱく質やカルシウムが豊富
しらすには、栄養素として主に、筋肉や内臓など体を作るたんぱく質、丈夫な骨や歯を作るために欠かせないカルシウム、血液を作るために必要となる鉄分、カルシウムの吸収を促進するビタミンDが含まれています。しらすには、記憶力や集中力を向上させ学習能力を高めるDHCも含まれており、しらすは赤ちゃんの成長のためにぜひ食べさせたい食材の1つです。

しらすは調理も簡単で離乳食におすすめ

しらすは調理も簡単で離乳食におすすめ
しらすを離乳食として使う場合、基本的にはしらすをお湯にひたして塩抜きし、すり潰すだけで調理完了なので、さほど手間がかかりません。手早く離乳食の準備ができるので、しらすはママにも嬉しい食材です。栄養が豊富で調理も簡単なしらすは、積極的に離乳食に取り入れていくといいですね。

しらすを食べさせる時の注意点

しらすを食べさせる時の注意点
栄養価が高く調理も簡単なしらすですが、赤ちゃんは体が未熟なため、離乳食としてしらすを食べさせる場合にはいくつかの注意点があります。順番にご説明します。

しらすは塩分が多いので塩抜きが必要

しらすは塩分が多いので塩抜きが必要
しらすは製造過程で塩茹でされていて塩分が多いので、赤ちゃんに離乳食として与える場合には塩抜きが必須です。塩分が多いまましらすを与えてしまうと、赤ちゃんの内臓は未熟なため負担になってしまいます

また、濃い味に慣れてしまうと、赤ちゃんは薄味の食べ物を食べたがらなくなってしまいます。特に離乳初期では、味付けせずに赤ちゃんに素材の味をそのまま味わわせてあげることが基本となりますから、しっかりとしらすの塩抜きを行いましょう。しらすの塩抜きは、離乳食が完了する1歳~1歳半頃までは行う必要があります

しらすはおかゆや野菜に混ぜて食べさせるのがおすすめ

しらすはおかゆや野菜に混ぜて食べさせるのがおすすめ
しらすは、鮮度によってはすり潰すと苦味が出る場合があります。苦味が出てしまうと、たとえお湯やだしで伸ばして薄めても苦味はなくならず、赤ちゃんが嫌がってしらすを受け付けなくなってしまう可能性があります。調理後にパパママが味見してみて、しらすに苦味が出ている場合は、おかゆや野菜のペーストと混ぜたり、すり潰した豆腐と混ぜたりして、他の食材と合わせてから赤ちゃんに与えるのがおすすめです。

離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食に豆腐はいつから使えるのでしょうか。アレルギーや下ごしらえ、保存方法も気になりますね。離乳食といえば絹ごし豆腐のイメージですが、木綿豆腐や高野豆腐、玉子豆腐は? 離乳食にまつわる豆腐のこと、離乳食時期別レシピもあわせて紹介します。

しらすの食べ過ぎは胃に負担がかかる

しらすの食べ過ぎは胃に負担がかかる
栄養価の高いしらすですが、赤ちゃんは胃腸が未熟なため、食べ過ぎると胃腸に負担がかかり消化不良につながるおそれがあります。しらすを離乳食として与える場合は、初期はスプーン1杯程度の少量にとどめ、離乳食の段階に応じて、少しずつ食べさせる量を増やしていきましょう。

アレルギーの発症に注意(魚卵・えび・かになど)

アレルギーの発症に注意(魚卵・えび・かになど)
しらすを赤ちゃんに初めて与える場合は、スプーン1杯程度(小さじ1くらい)の量だけ与え、アレルギー症状が出ないかどうか24時間程度注意深く観察しましょう。しらすには、捕獲された時点で小さなえびやかにが混ざってしまっている場合があり、そのまま販売されているので、意図せず甲殻類アレルギーの原因となるえびやかにを赤ちゃんに与えてしまうおそれがあります。

また、しらすには卵巣があり、卵アレルギーの原因となる可能性もあります。万が一アレルギーを発症してもすぐに病院に連れていけるように、初めてしらすを赤ちゃんに与える場合は、午前中にすることも大切です。

食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!

どんなしらすを買うべき? ちりめんじゃこでもいいの?

どんなしらすを買うべき? ちりめんじゃこでもいいの?

しらす干しや釜揚げしらすを選ぼう

赤ちゃんにしらすを与える場合、水分量が多くて柔らかい釜揚げしらすか、しらす干しを選びましょう。しらすには種類があり、水分量が80%程度のしらすが「釜揚げしらす」、70%程度のしらすが「しらす干し」、50%程度のしらすが「ちりめんじゃこ」ですが、ちりめんじゃこは赤ちゃんには固く離乳食には向いていないので避けましょう。ただし、水分量が多い種類のしらすは、傷みやすい面もあるので、賞味期限にかかわらず購入後なるべく早めに使い切りましょう。

しらすの調理方法

しらすの調理方法
離乳食としてしらすを赤ちゃんに与える場合の調理方法をご説明します。

しらすを塩抜きする

まずはしらすを塩抜きしますが、塩抜きには3つの方法があります。一番おすすめなのは、しっかりと塩抜きできる熱湯で茹でる方法です。しかし、鍋で茹でるのはやや手間がかかるので、茶こしを使って熱湯にひたす方法や、レンジで加熱する方法で手早く塩抜きしてもいいでしょう。しらすを塩抜きすると風味が損なわれるのではないかと感じるかもしれませんが、むしろ塩気が抜けてお魚本来の味が生き、美味しく感じられるようになりますよ。

熱湯で茹でる

鍋でお湯を沸かし沸騰したらしらすを入れて、1分ほど茹でて、その後ざるや茶こしにあげて水気を切ります。

レンジで加熱する

耐熱容器にしらすと、しらすがかぶるくらいの水を入れ、ラップをしてレンジにかけます。加熱時間の目安は、しらす小さじ1程度で1分くらいです。その後ざるなどにあげて水を切りましょう。

茶こしを使って熱湯にひたす

器に持ち手付きの茶こしをセットして、しらすを入れ熱湯を注ぎます。しらすをお湯に浸した状態で数分置き、水気を切ります。しらすに熱湯を回しかけるだけでは十分に塩抜きできないので注意してくださいね。

しらすの塩抜きをする場合に、持ち手の付いた茶こしが便利で役に立ちます。ざるよりも目が細かいため、しらすが目に詰まったり流れ出てしまったりすることもありません。茶こしは、しらすを入れお湯にひたして塩抜きするのに使えるほか、しらすの水切りにざる代わりに使ったり、しらすを裏ごししたりするのにも使えます。茶こしは100均でも手に入りますよ。

離乳初期:すり潰す・裏ごしする

離乳初期では、塩抜きしたしらすをすり鉢とすりこぎ棒を使ってすり潰すか、裏ごし器を使って裏ごしして、なめらかなペースト状にします。裏ごし器の代わりに茶こしを使って裏ごしすることもできますよ。

離乳中期:刻む

離乳中期では、塩抜きしたしらすをみじん切りにして食べやすい大きさにします。

離乳食の2回食はいつから始まる? 量は? あげる時間は? 手作りに便利な食材も!
離乳食の2回食はいつから始まる? 量は? あげる時間は? 手作りに便利な食材も!
赤ちゃんが離乳食を始めて1ヶ月を過ぎたくらいから、2回食への移行を始めましょう。2回食では赤ちゃんにいろいろな食材に慣れてもらうため、料理の手間も増えますね。母乳・ミルクとのバランスやよくあるトラブルなども詳しく解説します。
赤ちゃんの離乳中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんの離乳中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんが上手にゴックンができるようになると、離乳中期にステップアップします。離乳中期はモグモグ期とも呼ばれ、赤ちゃんが食材を舌で潰し、口をモグモグと動かして食べる練習をします。離乳中期の赤ちゃんに合った食事方法ができるように、離乳初期から調理の仕方を変える必要がありますね。離乳中期の進め方のポイントや離乳中期から食べられる食材もご紹介します。

離乳後期以降:塩抜きだけ! そのままの形でOK

離乳後期以は、塩抜きしたしらすをそのまま与えられます。大きいしらすがあった場合だけ、食べやすい大きさに切ってあげましょう。

離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。

しらすの保存方法は?

しらすの保存方法は?

冷凍ストックがおすすめ

しらすは冷凍できる食材なので、下ごしらえした後に冷凍保存しましょう。方法としては、塩抜きし水気を切った後、離乳食の段階に合わせてすり潰したり刻んだりして下ごしらえします。その後、小分けにして製氷皿や離乳食用フリージングトレーなどに入れ、冷凍します。

冷凍保存期限は約1ヶ月ですが、冷凍保存後しらすの風味や栄養はどんどん損なわれていくので、なるべく早めに使い切りましょう。ちなみに冷蔵保存の場合は、期限が3日ほどなので、使い切れないと思ったら早めに冷凍保存しましょう。

しらすを使った離乳食レシピ8選!

しらすを使った離乳食レシピ8選!
しらすを使ったおすすめ離乳食レシピを、離乳食の段階ごとにご紹介します。

離乳初期におすすめ:しらす粥

まずはじめは、赤ちゃんが食べ慣れた10倍粥にしらすを混ぜて食べさせてあげましょう。しらすをすり潰した後、苦味が出ていないか味見して確認してみてくださいね。しらすをなめらかにすり潰してあげると、赤ちゃんが食べやすくなります。

外部リンク

しらす粥/cookpad

離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。

離乳初期におすすめ:シラスとホウレン草のスープ

ほうれん草は、鉄分やβ-カロテン、ビタミンCが豊富に含まれ、離乳初期から食べさせることができます。離乳初期では、ほうれん草の葉先の柔らかい部分を使います。ほうれん草の繊維が残ると赤ちゃんが食べにくいため、しっかりとすり潰しなめらかにして、スープと合わせましょう。

外部リンク

シラスとホウレン草のスープ/cookpad

離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
鉄分が豊富なほうれん草は、いつから赤ちゃんに食べさせてもいいのでしょうか? ほうれん草は正しくあく抜きをして下ごしらえしないと、赤ちゃんが食べてくれないことがあります。調理や冷凍保存の方法、離乳初期、中期、後期、完了期のレシピなどを紹介します。

離乳中期におすすめ:シラスと人参のにゅうめん

そうめんは、はじめから短く折って茹でる方法のほか、そうめんを長いまま茹でて、茹で上がってから細かく刻む方法でも大丈夫です。茹でたそうめんは柔らかく赤ちゃんも食べやすいので、離乳食にぴったりですね。人参はβ-カロテン、食物繊維、カリウムを含み栄養価が高く、人参を使うことで彩りも鮮やかになります。

外部リンク

シラスと人参のにゅうめん/Rakutenレシピ

離乳中期におすすめ:キャベツとしらすあえ

キャベツは、くせのない味なのでいろいろな食材との相性が良く、もちろんしらすとの相性もぴったりです。キャベツ自体にほんのりとした甘みがあるので、赤ちゃんも嫌がらずに食べてくれそうですね。キャベツにはカルシウムやビタミンCが含まれているので、しらすとの相乗効果で赤ちゃんのしっかりとした骨づくりに役立つでしょう。

外部リンク

キャベツとしらすあえ/palsystem 子育て123

離乳後期におすすめ:じゃがいもとしらすのおやき

おやきは、離乳後期の手づかみ食べの練習にぴったりです。じゃがいもも、くせのない味でほんのり甘みがあるので、赤ちゃんが好んで食べます。じゃがいもはビタミンCを多く含みますが、加熱してもビタミンCが壊れにくいのが特徴です。アレンジでひじきを入れてみるのもいいですね。

外部リンク

じゃがいもとしらすのおやき/palsystem 子育て123

離乳後期におすすめ:小松菜としらすのあんかけ

野菜は、刻んだままだと赤ちゃんはまだ食べづらいので、あんかけにしてとろみをつけてあげるといいですね。小松菜は、β-カロテンにカルシウム、ビタミンC、鉄分と栄養が豊富なので、赤ちゃんにぜひ食べさせたい食材です。離乳初期・中期では小松菜の葉先だけ使いますが、離乳後期になれば茎の部分も与えることができます。

外部リンク

小松菜としらすのあんかけ/cookpad

離乳完了期におすすめ:しらすとブロッコリーの蒸しパン

赤ちゃんも大好きなふわふわ食感の蒸しパンは、手づかみ食べにも最適です。ホットケーキミックスを使い電子レンジ加熱で調理するので、作るのもとても楽です。ブロッコリーはビタミンや鉄分が豊富で、茹でると甘みを増します。ブロッコリーは、中期・後期以降はつぶつぶの花蕾だけでなく茎も食べさせることができます。ブロッコリーを他の野菜に置き換えるなど、アレンジも楽しめますね。

外部リンク

しらすとブロッコリーの蒸しパン/palsystem 子育て123

離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。

離乳完了期におすすめ:しらすマカロニサラダ

マカロニとしらすを混ぜた、ちょっと和風なマカロニサラダです。大人用の食事から取り分けて、赤ちゃん用に味付けするのもいいでしょう。ブロッコリーは、茎も栄養価が高く甘みがあります。茎には固い筋があるものもあるので、皮は厚めにむいて柔らかく茹で、食べやすいように細かく切ってサラダに混ぜ込んであげるといいですね。

外部リンク

しらすマカロニサラダ/Rakutenレシピ

しらすを使ったベビーフードやふりかけもおすすめ

栄養マルシェ しらすの雑炊(生後7ヶ月頃~)

栄養マルシェ しらすの雑炊×3個

751円(01/23 12:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

生後7ヶ月頃から食べることができるしらすを使ったベビーフードです。大人が食べてもおいしい味付けですが、赤ちゃんへの塩分も考えてる作られているので安心してあげることができますね。温めてもいいですが、そのままでも赤ちゃんにあげることができます。お皿に移す必要もなく、スプーンが付いているので、おでかけにもピッタリですよ。

和光堂 グーグーキッチン 和風しらすチャーハン(生後9ヶ月頃~)

かつお昆布だしとごま油の風味がほのかに香るしらすチャーハンのベビーフードです。生後9ヶ月頃からあげることができます。離乳後期の赤ちゃんの成長に合わせ、食材のやわらかさや味付けなどが調整されています。卵と小麦が含まれているので、アレルギーがある赤ちゃんには避けてください。

栄養マルシェ 和風ハンバーグランチ(生後12ヶ月頃~)

和光堂 栄養マルシェ 和風ハンバーグランチ

248円(01/23 12:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

和風ハンバーグランチの1箱には、「しらすとわかめのご飯」と「和風ハンバーグ」が入っています。1箱で生後12ヶ月頃の赤ちゃんの1食をまかなえ、栄養も考えられており、おでかけにも便利ですよね。小麦が含まれているので、小麦アレルギーのある赤ちゃんには避けましょう。

キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!

和光堂 緑黄色野菜ふりかけ ソフト しらすわかめ(生後9ヶ月頃~)

緑黄色野菜ふりかけ ソフト しらすわかめ×6袋

1,273円(01/23 12:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、しらす、わかめが含まれているふりかけです。生後9ヶ月頃から手づかみ食べを意識したメニューを考えますよね。ご飯を赤ちゃんの一口サイズに丸めた「こにぎり」にふりかけを混ぜると、栄養も取れる上、赤ちゃんもおいしく食べることができるので一石二鳥です。ママの離乳食作りも楽になるので、ふりかけは便利ですよ。

離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
にんじんは栄養もあり、彩もいいので離乳食にピッタリですが、赤ちゃんにはいつから食べさせることができるのでしょうか。甘みもあるので離乳食の初めての野菜としても適しています。にんじんペーストの作り方、冷凍保存の方法、おすすめのレシピなどを紹介します。
離乳食に活躍! 和光堂のベビーフードのおすすめ商品は? 選び方や使い方は?
離乳食に活躍! 和光堂のベビーフードのおすすめ商品は? 選び方や使い方は?
離乳食といえば「毎日手作りが大変」「せっかく作ったのに食べてくれない」といった悩みがありませんか? そんな時は和光堂のベビーフードがおすすめ! 和光堂は毎日の離乳食をサポートしてくれるポイントがたくさんあります。月齢別におすすめ商品を紹介します。

まとめ

まとめ
栄養が豊富で調理が簡単なしらすは、離乳食のおすすめ食材です。ただし、赤ちゃんは体が未発達なので、十分な塩抜きや、アレルギー発症、食べさせ過ぎには気をつけましょう。下ごしらえには持ち手付き茶こしが役に立ちます。しらすの離乳食づくりでは、ぜひご紹介したレシピを参考にしてみてください。赤ちゃんがお魚好きになるきっかけになるといいですね。

赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富に販売されています。離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによっても選ぶ離乳食スプーンは変わってきますよね。離乳食スプーンの選び方やリッチェルやコンビなどおすすめ商品をご紹介します。
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器には、素材や形、デザインもざまざまでどれを選ぶか迷ってしまいますよね。離乳食用の食器には赤ちゃんが安全に食事をしやすいような工夫がされていて普通の食器の選び方とポイントが少し違います。この記事を参考に、赤ちゃんのための離乳食用食器を選んでみてくださいね。
離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
赤ちゃんの生後5ヶ月ごろから始まる離乳食。手間がかかる離乳食作りの強い味方が「ブレンダー」です。ブレンダーは離乳食作りにかかる時間を大幅に短縮してくれて、忙しいママにおすすめ。ブレンダーは、離乳食作りにどう使えるのか、離乳食におすすめのタイプなどを筆者の実体験からご紹介します!
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
バナナは栄養豊富で甘みもあり赤ちゃんも食べやすいため、離乳食にはぴったりの食材です。冷凍保存も可能なので、時短レシピにも活用できますよ。バナナのアレルギーや加熱調理が必要なことも知っておきましょう。バナナの食べさせ方やおすすめレシピなどを紹介します。
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
りんごといえば風邪の時の病人食として活躍しますね。赤ちゃんの離乳食にも向いていると思うママも多いでしょう。では、具体的にいつごろから赤ちゃんにりんごを与えても良いのでしょうか? アレルギー対策は? レシピや保存方法についても詳しく説明します。
赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
ヨーグルトは赤ちゃんにとって必要なカルシウムが豊富で、ぜひ離乳食に取り入れたい食材です。ただし、赤ちゃんに食べさせるときはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。ヨーグルトの選び方や食べさせ方とあわせて紹介していきます。
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
子供や赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」「手で料理をコネコネする」など、遊び食べにイライラするパパママも多いでしょう。子供の栄養面を考えると無理にでもご飯を食べさせるべきか悩みますよね。遊び食べの原因や効果的な対処方法を詳しく解説します。
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)のかわいい乳歯も虫歯になるのでしょうか? 乳歯が虫歯になる原因や乳歯の虫歯の見分け方を解説します。また、虫歯にならないための予防方法も紹介するので、子供の大切な歯を守りましょう!
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
子供が1歳になると、これまでにはなかった悩みが多く出てくるものです。夜泣きが始まった、ご飯を食べない、体重が増えない、どうしたらいいの…と不安になるかもしれません。多くのママが乗り越えてきたそれらの悩みを一緒に解消していきましょう。
2歳児の食事のポイント! 食べられない食材は? 献立例や食べない時の対処法などを紹介
2歳児の食事のポイント! 食べられない食材は? 献立例や食べない時の対処法などを紹介
2歳になると離乳食から幼児食に変わりますが、まだ大人と全く同じメニューを食べることはできません。2歳児が食べられない食材には注意が必要です。2歳児におすすめの献立例、ご飯を食べてくれない時の対処法などもご紹介します。
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
さつまいもは、甘くて赤ちゃんにも食べやすい食材です。離乳初期からさつまいもを食べさせてもいいのでしょうか? 固いさつまいもを簡単に下ごしらえする方法も知っておくと便利ですよ。アレルギーや調理する時の注意点、おすすめのレシピなども紹介します。
かぼちゃは離乳初期からOK! 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃは離乳初期からOK! 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃは離乳初期からあげることができる食材です。かぼちゃ自体に甘味があるので、赤ちゃんもパクパク食べてくれることが多いですが、あげすぎは注意が必要です。硬いかぼちゃの下ごしらえを楽にする方法や月齢別におすすめのレシピ、ベビーフードなどをご紹介します。
離乳食のオートミールはいつから? 量やレシピを中期・後期・完了期ごとに紹介!
離乳食のオートミールはいつから? 量やレシピを中期・後期・完了期ごとに紹介!
オートミールは栄養豊富な食材で、赤ちゃんの離乳食にも使えますが、いつからあげてもいいのでしょうか? どの種類のオートミールを使うかも注意が必要です。離乳中期・後期・完了期ごとに食べさせてもいい量やおすすめレシピを紹介するので、参考にしてみてください。
離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
チーズは種類によって離乳中期からあげることができますが、どんな種類をいつからあげることができるのでしょうか? 離乳食で赤ちゃんにチーズをあげる場合、塩分も気にする必要があります。アレルギーや加熱が必要かどうか、おすすめレシピなども紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!