生後9ヶ月の離乳食の量や進め方は? 手づかみレシピや1日のスケジュール

生後9ヶ月は離乳食が3回へ! タイミングや時期はいつ?

生後9ヶ月は離乳食が3回へ! タイミング時期はいつ?
生後5~6ヶ月頃の「ゴックン期」と呼ばれる時期から始まった離乳食は、生後9ヶ月になると「カミカミ期」と呼ばれるようになります。「ゴックン期」は離乳初期、「カミカミ期」は離乳後期にあたります。

「カミカミ期」は、離乳完了期にあたる生後12ヶ月(1歳)からの「パクパク期」へ向けてのステップアップの時期です。それに伴って、1日にあげる離乳食の回数も増え、今まで午前と午後に1回ずつあげていたのが、朝・昼・夕にそれぞれ1回、大人と同じように1日3回になります。

この時期にパパママが悩むのは3回食にするタイミングだと思います。まずは2回食から3回食へと進める目安をいくつか挙げていきますので、参考にしてみてくださいね。

離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。
赤ちゃんの離乳食3回食の進め方は? フォローアップミルクは必要? 取り分けレシピ本も!
赤ちゃんの離乳食3回食の進め方は? フォローアップミルクは必要? 取り分けレシピ本も!
離乳食の2回食が順調に進み、赤ちゃんのお口の発達が確認できたら3回食への移行を考えましょう。赤ちゃんが自分で手づかみ食べができるようになると、ママ・パパはお掃除が大変という場合もありますね。フォローアップミルクの要否や3回食でよくあるトラブルなども詳しく解説します。

やわらかい食材をモグモグ食べている

やわらかい食材をモグモグ食べている
豆腐などのやわらかい食材の塊を、歯ぐきを使って食べているかどうかがひとつの目安です。離乳食をあげる際、食べ物を口に入れたら、すぐに飲み込まずにきちんと口をモグモグと動かして噛んでいるか確認してあげましょう。

これまでの離乳食と比べて、食材が大きくなったり少し固くなったりするので、喉に詰まってしまわないようにしっかり噛んで食べることが必要になります。赤ちゃんが離乳食を食べている時は気を付けて見てあげましょう。

離乳食を嫌がることなく食べる

離乳食を嫌がることなく食べる
赤ちゃんの口に離乳食を運んだ時に、肉や魚、野菜などのいろいろな食材を組み合わせたものを美味しそうに食べているか見てみましょう

この時期は、食材の種類が増えたり、薄く味付けされているものを食べられるようになったり、離乳完了期へ向けて少しずつ離乳食のバリエーションが増えていきます。栄養面や成長も気になりますが、離乳食を嫌がらず美味しく食べられるかどうかもステップアップのポイントです。

赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。

離乳食を手で食べようとしている

離乳食を手で食べようとしている
今までスプーンから食べるだけだった離乳食ですが、この時期からは少しずつ「手づかみ食べ」が始まります。この頃には、食べ物をじっと見たり手でつかもうとしたりする姿が見られるようになります。このような姿が見られるのは、だんだんと食べることに興味が出てきている証拠で、そろそろ3回食にしても問題ないというサインでもあります。赤ちゃんが食べ物を手でつかもうとするようになり、自分で食べたいという意思が感じられたら、赤ちゃんの様子を見つつ3回食へと切り替えてみましょう。

遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
子供や赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」「手で料理をコネコネする」など、遊び食べにイライラするパパママも多いでしょう。子供の栄養面を考えると無理にでもご飯を食べさせるべきか悩みますよね。遊び食べの原因や効果的な対処方法を詳しく解説します。

生後9ヶ月の離乳食のスケジュールは?

時間 離乳食(授乳)
6:00 授乳
10:00 離乳食1回目+授乳
14:00 離乳食2回目+授乳
18:00 離乳食3回目+授乳
22:00 授乳

上表に、離乳食と授乳はどのようなスケジュールにするのが良いのかを表にまとめてみました。 離乳食の目安の回数は1日3回となっています。この表に記載している時間はあくまでも目安です。あまり時間を気にしすぎるとストレスになってしまうこともありますので、遅くなりすぎない程度に、赤ちゃんとパパママの生活リズムに合わせるのが良いですね。赤ちゃんの寝かしつけの時間などもあるかと思いますので、可能な限りは遅くても19時までにはあげるようにするとパパママの時間にも余裕ができますよ。

生後9ヶ月の授乳やミルクの量

生後9ヶ月の授乳やミルクの量
3回食になると、1日に必要な栄養の半分以上の量を離乳食で補うことができるようになります。しかし、まだこの時期は母乳やミルクによるサポートも欠かせません。離乳食を沢山食べてくれる赤ちゃんだと、母乳やミルクはどのくらいあげたら良いか悩むこともあるかもしれませんね。

母乳に関しては、赤ちゃんが欲しがるだけあげて問題ありません。離乳食の時間の直前は避けるようにして、あとは赤ちゃんのリズムに合わせて飲ませてあげましょう。ミルクの場合は、フォローアップミルクを1日5回あげます。このうちの2回は200ml、残りの3回は離乳食の後に50ml~150mlとなっています。ミルクの場合でも、赤ちゃんの様子を見て、もし離乳食の量が十分に足りていないような時には追加で飲ませてあげてくださいね。

生後9ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数と量は?
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数と量は?
生後9ヶ月の赤ちゃんはどのくらい成長するの? 平均身長や体重、授乳と離乳食の回数、睡眠の特徴などをチェックしてみましょう! 生後9ヶ月の赤ちゃんと一緒にパパママも楽しめるおすすめの遊び方を紹介するので、ぜひやってみてくださいね。

生後9ヶ月の離乳食の量と食品の固さはどれくらい?

生後9ヶ月の離乳食の量と食品の固さはどれくらい?
この頃の離乳食はどのような固さが適しているのでしょうか。また、どのくらいの量を与えたら良いのでしょうか。離乳後期は離乳食のバリエーションが増える時期です。食材ごとのの固さやあげる量などの疑問を確認していきましょう。

生後9ヶ月の離乳食の大きさと固さ

食材 固さ 大きさ
おかゆ 5倍がゆ~7倍がゆ ご飯粒が5割残る程度
パン ミルクに浸し柔らかくする 小さくちぎる
うどん 指でつぶれるくらい 1~2cmくらいに切る
いも類 歯ぐきでつぶせる 粗くつぶす
にんじん、大根 歯ぐきでつぶせる 5~8mm角に切る
白身魚 歯ぐきで噛むとほぐれる 4~6mm角くらいにほぐす
鶏肉 歯ぐきで噛める 粗いみじん切り

まずは、生後9ヶ月頃の離乳食の固さや大きさを表にしてみました。この頃は、歯ぐきでつぶせるバナナくらいの固さが目安です。魚や肉のような食材は、調理方法や種類などによっては飲み込みにくい場合もあります。そのような時は、水溶き片栗粉などでとろみをつけてあげると赤ちゃんも食べやすくなりますよ。表は大体の目安なので、赤ちゃんの噛む力などに合わせて様子を見ながら、固さや大きさを調節したり調理方法を変えたりしてみてくださいね。

離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
にんじんは栄養もあり、彩もいいので離乳食にピッタリですが、赤ちゃんにはいつから食べさせることができるのでしょうか。甘みもあるので離乳食の初めての野菜としても適しています。にんじんペーストの作り方、冷凍保存の方法、おすすめのレシピなどを紹介します。

1日の離乳食の目安量

食材
おかゆ 80~90g
パン 80~90g
野菜・果物 30~40g
魚・肉 15g

上表は、離乳食の食材の1回あたりの目安の量をまとめたものです。この時期にあげるおかゆは5倍がゆが目安です。5倍がゆに慣れてきたら、徐々に軟飯に移行してみましょう。軟飯とは、お米の粒がはっきりしている2倍がゆです。軟飯に進める目安としては、離乳後期の後半頃からとなっています。パンは、そのままあげる他にも、パンがゆなどにすると、アレンジの幅もさらに広がりますよ。

赤ちゃんの噛む様子などを見ながら、サンドイッチにするのも良いでしょう。また、この頃は離乳食だけではなく母乳やミルクも必要な時期なので、母乳やミルクをよく飲む赤ちゃんは基準の量を食べられないこともあります。これはあくまでも目安の量なので、食べないからと言って無理に食べさせる必要はありません。赤ちゃんの食べる様子を見て、無理なく食べられる量をあげるようにしましょう。

離乳食を食べない! 生後9ヶ月のおすすめ手づかみレシピ

離乳食を食べない! 生後9ヶ月のおすすめ手づかみレシピ
この時期は3回食になったばかりで、食べムラが出てくる赤ちゃんも多い頃です。少しずつ自我も芽生え始めるので、赤ちゃんに食事を楽しいと思ってもらえるような工夫が必要になってきます。ここでは、赤ちゃんが楽しく食事をしてくれる簡単な手づかみメニューを紹介しますので、参考にしてみてください。自分の手でつかんで食べることで、赤ちゃんも食事の時間が楽しくなりますよ。

離乳後期から! さつま芋の手づかみおやき

みじん切りにした野菜を一緒に混ぜ込むなど、赤ちゃんに合わせてアレンジしやすいレシピです。工程も簡単で作りやすいですよ。

離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
さつまいもは、甘くて赤ちゃんにも食べやすい食材です。離乳初期からさつまいもを食べさせてもいいのでしょうか? 固いさつまいもを簡単に下ごしらえする方法も知っておくと便利ですよ。アレルギーや調理する時の注意点、おすすめのレシピなども紹介します。

離乳後期からの手づかみ食べに♪簡単かぼちゃお焼き

かぼちゃと豆腐を使った、砂糖不使用で簡単なレシピです。冷凍保存も可能なので、離乳食だけではなく、おやつの時間にもぴったりですよ。

かぼちゃは離乳初期からOK! 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃは離乳初期からOK! 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃは離乳初期からあげることができる食材です。かぼちゃ自体に甘味があるので、赤ちゃんもパクパク食べてくれることが多いですが、あげすぎは注意が必要です。硬いかぼちゃの下ごしらえを楽にする方法や月齢別におすすめのレシピ、ベビーフードなどをご紹介します。

時短簡単♪手づかみ食べレシピ! 豆腐ハンバーグを作ろう

電子レンジで簡単にできて、いろいろな野菜を入れてアレンジすることができるレシピです。ボウルを使わずビニール袋で混ぜるので、洗い物も減らせて家事の時間の短縮にもなりますよ。

人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
離乳食がそろそろ始まる生後5ヶ月の赤ちゃんがいる方、離乳食は始まったけど今後どう進めて行ったらいいのか分からない方には離乳食アプリがおすすめ。離乳食アプリのメリットや人気の離乳食アプリを紹介します!

生後9ヶ月の離乳食は献立と食事スタイルを工夫しよう!


1日3回食になると、食べられる食材や使える調味料も増えてきます。その一方で、栄養バランスや食事の習慣作りなども少しずつ心がけていきましょう。できる範囲でかまいませんので、以下のことに気を配ってみてください。

不足しがちな栄養素を取り入れる

不足しがちな栄養素を取り入れる
生後9ヶ月は赤ちゃんの成長に伴って鉄分が不足しがちになる時期です

  • ほうれん草
  • 小松菜
  • ブロッコリー
  • 鶏レバー
  • 納豆
  • ひじき
  • わかめ

上記のような、鉄分が豊富で赤ちゃんでも食べやすい食材を積極的に取り入れ、今まで以上に栄養バランスを考えたメニューにすることが必要になってきます。

離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
鉄分が豊富なほうれん草は、いつから赤ちゃんに食べさせてもいいのでしょうか? ほうれん草は正しくあく抜きをして下ごしらえしないと、赤ちゃんが食べてくれないことがあります。調理や冷凍保存の方法、離乳初期、中期、後期、完了期のレシピなどを紹介します。

味付けや調理方法のバリエーションを増やす

味付けや調理方法のバリエーションを増やす
離乳後期になると、急に離乳食を食べてくれなくなって心配になることもあると思います。この頃は赤ちゃんが離乳食に慣れてきて好き嫌いも出始める時期なので、離乳食の味に飽きてきたのが原因かもしれません

その場合は、少しだけ調味料を使ったり出汁を活用したり、赤ちゃんが美味しく食べてくれるように味付けを工夫するのがポイントですよ。

食卓を囲む習慣づくり

食卓を囲む習慣づくり
赤ちゃんの離乳食の時間に家族みんなで食卓を囲んで、赤ちゃんと一緒に楽しみながら離乳食をあげることも大切です。だからといって、毎日3食とも赤ちゃんの離乳食と同じ時間に家族全員がそろって食事をするのは難しいですよね。

そのような時には、1日1回だけ、赤ちゃんの3回目の離乳食の時間にみんなで食事をするだけでも構いません。毎日が難しければ休日だけでもいいですね。赤ちゃんが離乳食を食べる時に家族も一緒に食事をすることで、赤ちゃんも安心して離乳食の時間を楽しむことができますよ。

まとめ

まとめ
生後9ヶ月の離乳食の進め方について、3回食にするタイミングや離乳食のスケジュール、1回にあげる離乳食の量などの目安を確認してみました。離乳後期になると、2回食から3回食になったり食べられる食材が増えたりと、食の変化が大きくなります。離乳食がステップアップするにつれてパパママも戸惑うこともあるでしょう。

しかし、離乳食は赤ちゃんが美味しく楽しく食べてくれることが大切です。目安を気にしすぎず、赤ちゃんとパパママのペースやライフスタイルに合わせて進めてみてくださいね。

離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
いちごを離乳食に使いたいけど「いつから食べさせてもいいの?」「冷凍できるの?」といった悩みがたくさんありませんか? 赤ちゃんにも甘酸っぱいいちごを食べさせたいですよね。離乳食のいちごはいつから食べさせられるのか、便利に使える保存方法などを詳しく解説します。
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
離乳食になすはいつから食べられる? 冷凍保存はできる? 下ごしらえの方法や簡単レシピ集
離乳食になすはいつから食べられる? 冷凍保存はできる? 下ごしらえの方法や簡単レシピ集
どんな料理にも相性がいい「なす」。しかし「離乳食はいつから使えるの?」「種や皮は取り除くべき?」と悩む食材でもあります。せっかく離乳食を作るなら、赤ちゃんに美味しく食べて欲しいですよね! 離乳食になすが使える時期やアレルギー、レシピなど詳しく紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!