離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介

目次

離乳食でバナナはいつから食べさせても大丈夫?

離乳食でバナナはいつから食べさせても大丈夫?
バナナは、離乳食初期の生後5ヶ月〜生後6ヶ月以降から赤ちゃんに食べさせられる食材です。バナナは甘みがあるので赤ちゃんの食いつきもよく、バナナ単体ではもちろんミルクや野菜と組み合わせて与えることもできます。

バナナは栄養豊富で消化にいいので、離乳食初期からぜひ与えたい食材です。またバナナはカットやペースト加工がしやすく、加熱してもおいしい果物なのでパパママも使いやすいですね。

赤ちゃんの離乳食初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
赤ちゃんの離乳食初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
生後5ヶ月になったら赤ちゃんの様子をみて離乳食を開始しようと思っているパパママが多いのではないでしょうか。離乳食はいつから始めれば良いのか、離乳食初期であげて良い食材の種類や量、離乳食の進め方についてご紹介します。
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳食初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

バナナにはどんな栄養があるの?

バナナにはどんな栄養があるの?
バナナにはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、マグネシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換する手助けをしてくれ、ビタミンB2は赤ちゃんの発育に良いとされています。そしてビタミンB6は血や筋肉をつくり、マグネシウムは歯や骨をつくるのを助けてくれます。いずれも赤ちゃんだけでなく大人も不足しがちな栄養素なので、積極的にバナナを食べていきたいですね。

バナナと食べ合わせのいい食材は?

バナナと食べ合わせのいい食材は?
バナナは甘いので、同じく甘みのあるにんじんやさつまいも、かぼちゃといった野菜との相性がとても良いです。バナナの甘みを生かして、ほうれん草や小松菜といった葉物の苦味をやわらげることもできます。ほかにもきな粉やヨーグルトなどとあわせると、デザート感覚で赤ちゃんにバナナを与えることができますよ。バナナと相性のいい食材をいろいろ試してみてもいいですね。

赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
ヨーグルトは赤ちゃんにとって必要なカルシウムが豊富で、ぜひ離乳食に取り入れたい食材です。ただし、赤ちゃんに食べさせるときはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。ヨーグルトの選び方や食べさせ方とあわせて紹介していきます。

バナナでアレルギーが出ることはある?

バナナでアレルギーが出ることはある?
バナナは「特定原材料に準ずる20品目」のひとつで、アレルギー反応を起こす可能性がある食材です。初めて赤ちゃんにバナナを与える際は、加熱したものを小さじ1杯程度から与え、バナナ以外に初めて与える食材がないようにしましょう。赤ちゃんに初めて与える食材が一度の食事で2品目以上あると、万が一アレルギー反応が出た時にどの食材が反応したのか特定しづらくなるので気をつけましょう。

食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!

バナナを選ぶ時のポイント

バナナを選ぶ時のポイント
どのスーパーでも1年中置かれているバナナですが、どのようなバナナを選ぶとおいしく食べられるのでしょうか。

有機JASマークがついているものがおすすめ

市販されているバナナのほとんどが海外からの輸入品なので、農薬などが心配なパパママもいるかもしれませんね。気になる方は、バナナに限らず「有機JASマーク」というマークがついた商品を選ぶと安心です。「有機JASマーク」は、農薬や化学肥料といった科学物質に頼らず自然界で生産された食品を表しています。

房や茎、バナナの形や色で見極める

房や茎、バナナの形や色で見極める
皮が青っぽいバナナはまだ完熟しておらず、実は少し固く甘みも少ないです。室内で保管することで追熟することができるので、その分完熟するまで保存期間が長いとも言えます。子供が数人いたり大人もバナナを食べる場合は、もう少し全体的に黄色くなったバナナを購入した方がすぐにおいしくバナナを食べられるでしょう。バナナは一房に数本の実がついて販売されていることが多いので、ご家庭でのバナナの消費ペースなどを考えて選ぶといいですね。

バナナの房の付け根部分がしっかりとしていて、茎が太く短いバナナがおいしいとされています。バナナの房や茎、実の先端部分には農薬が溜まりやすいとされているので、この部分はしっかり取り除いてから赤ちゃんに与えることをおすすめします。バナナの形は角ばったものよりも、丸みを帯びたものを選びましょう。

シュガースポットは甘い証拠

シュガースポットは甘い証拠
バナナの皮に出てくる黒い斑点を「シュガースポット」と言います。シュガースポットが出ているバナナは、完熟してきた甘いバナナの目安となります。購入してすぐに赤ちゃんに食べさせてあげたい場合は、シュガースポットが出始めているバナナを選ぶと甘くて赤ちゃんの食いつきがよくなるかもしれません。

バナナは購入後すぐに冷蔵庫で保管するとシュガースポットが出にくく、常温保存すると早く熟れます。完熟ししたものはすぐに傷んでしまうので、なるべく早く消費するか、シュガースポットが出てからすぐに食べない場合は冷蔵庫で保管するようにしましょう。またバナナの皮に傷がついた場合、その傷も茶色くなりますがシュガースポットではないので注意しましょう。

はじめは離乳食のバナナを加熱してあげよう

はじめは離乳食のバナナを加熱してあげよう
バナナに限らず離乳食を作る際は、基本的にどの食材も加熱してから使うようにとされていることが多いです。バナナのような果物でも加熱する必要があるの? と思うパパママもいるかもしれませんが、加熱することで殺菌や酵素の働きを止める効果があるので、離乳食期で特に赤ちゃんが初めて食べる食材の場合は、加熱したバナナを与えましょう。またバナナの実は、加熱すると甘みや香りが強くなります。最初は加熱したペースト状のバナナを小さじ1杯程度から与え、徐々に量や形状を変えていくといいでしょう。

離乳食のバナナの加熱方法は?

離乳食のバナナの加熱方法は?
バナナを加熱する際は、電子レンジを使うと簡単で便利です。バナナ1/2本あたりを食べやすい大きさにカット、またはペースト状に潰して耐熱容器に入れ、電子レンジで30~40秒ほど加熱しましょう。加熱しすぎるとバナナが爆発することがあるので、様子を見ながら加熱するようにしてください。加熱が不十分だと感じたら、再度10秒ほど加熱して様子を見ましょう。またバナナを使用した離乳食レシピによっては、調理過程でフライパンやオーブントースターなどで加熱できる場合もあります。

離乳食で生のバナナが食べられるのはいつから?

離乳食で生のバナナが食べられるのはいつから?
離乳食で生のバナナを与える場合は、離乳食中期以降から可能とされています。離乳食中期以降であっても、バナナを与えるのが初めてであれば加熱したものを与える方が安心でしょう。赤ちゃんの様子を見ながら、生のバナナを与えたり加熱したバナナを与えたりしてみてください。

離乳食中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
離乳食中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんが上手にゴックンができるようになると、離乳食中期にステップアップします。離乳食中期はモグモグ期とも呼ばれ、赤ちゃんが食材を舌で潰し、口をモグモグと動かして食べる練習をします。離乳食中期の赤ちゃんに合った食事方法ができるように、離乳食初期から調理の仕方を変える必要がありますね。離乳食中期の進め方のポイントや離乳食中期から食べられる食材もご紹介します。

離乳食のバナナは冷凍保存できる?

離乳食のバナナは冷凍保存できる?
バナナは冷凍保存が可能な食材です。その時々の赤ちゃんが食べやすい形状で保存しておくと、離乳食の準備が楽ですよ。バナナの便利な保存方法をいくつか紹介します。

おすすめの冷凍保存方法1:丸ごと1本を冷凍

おすすめの冷凍保存方法1:丸ごと1本を冷凍
まずはバナナを丸ごと1本冷凍保存する方法です。皮をむいたバナナを丸ごと1本ラップで包み、そのまま冷凍庫に入れて保存します。まるごと凍らせたバナナは、そのまますりおろして使うことができます。バナナは凍らせても適度な柔らかさが残っているので、楽にすりおろすことができますよ。使う分だけすりおろせば、量を調整できるのも嬉しいですね。

ただしすりおろす時の体温でバナナが少し溶けてしまうので、何度も同じバナナをすりろして冷凍することを繰り返すと品質が落ちてしまうので注意しましょう。またバナナをすりおろす際は、ラップを巻いた部分を手で持つようにすると汚れず衛生的です。すりおろしたバナナはそのままでも食べられますが、必要に応じて電子レンジで加熱してください。

おすすめの冷凍保存方法2:バナナペーストを冷凍

おすすめの冷凍保存方法2:バナナペーストを冷凍
次にペースト状にしたバナナを冷凍保存する方法です。皮をむいたバナナをフリーザーバッグ(またはポリ袋)に入れ、フリーザーバッグの口を閉じます。フリーザーバッグの上から麺棒や重みのある食器などを使って、バナナを押しつぶしましょう。手でもつぶすことができますが、麺棒などを使った方が滑らかなペースト状にしやすいです。バナナをより滑らかにしたい場合は、いったんフリーザーバッグからバナナを出してスプーンで潰したりザルで裏ごしするといいでしょう。

つぶしてペースト状にしたバナナはフリーザーバッグごと冷凍庫に入れて保存します。解凍する時は必要な量のバナナペーストをぽきっと折り、耐熱容器にいれて電子レンジで解凍します。冷凍庫に入れる前にペースト状にしたバナナをきれいに平らにして、菜箸などで折り目をつけておくと解凍する際に必要な量を折って取り出しやすいですよ

フリーザーバッグやポリ袋を使ってバナナペーストを作ると、洗い物が出ずそのまま保存ができるので楽です。またフリーザーバッグを使わずに、食器の中でバナナを潰してペースト状にする方法も一般的ですよ。その場合は、製氷皿や離乳食用の保存容器に小分けにして冷凍保存しておくと便利です。

おすすめの冷凍保存方法3:輪切りのバナナを冷凍

おすすめの冷凍保存方法3:輪切りのバナナを冷凍
最後は輪切りにしたバナナを冷凍保存する方法です。皮をむいたバナナを輪切りにし、フリーザーバッグに入れて冷凍庫で保存します。必要な分だけ取り出し、電子レンジで加熱します。包丁とまな板が必要になりますが、必要な量だけ解凍するのは先に述べた2つよりも簡単です。加熱後は輪切りのままでも、潰して使うこともできます。

バナナを使ったおすすめ離乳食レシピ8選

バナナ単体で与えても赤ちゃんは喜んでくれることが多いですが、バナナをよりおいしく食べることができるレシピを紹介します。

離乳食初期におすすめ1:にんじんバナナ

離乳食初期に与えることが多い食材のひとつであるにんじんのペーストとバナナを合わせたレシピです。にんじんペーストにバナナペーストを加えることでほどよくとろみがつき、甘みも増すので赤ちゃんのくいつきもよさそうですね。

外部リンク

にんじんバナナ/Nabia

離乳食初期におすすめ2:バナナかぼちゃ

かぼちゃ、バナナともに電子レンジで簡単に調理することができます。きな粉も入れているので、たんぱく質をとれるのも嬉しいですね。

外部リンク

バナナかぼちゃ/cookpad

離乳食中期におすすめ3:バナナヨーグルトパン粥

ヨーグルトやパン粥単体では食が進まない赤ちゃんでも、バナナを加えることで食いつきがよくなりそうですね。果物と炭水化物、たんぱく質を一度に摂取できるのも嬉しいポイントです。きな粉やほかの果物・野菜と組み合わせてバリエーションを増やせそうですね。

外部リンク

バナナヨーグルトパン粥/cookpad

離乳食中期におすすめ4:バナナ豆乳プリン

卵黄が食べられる赤ちゃんには、デザート感覚で食べられるプリンも栄養満点でおすすめです。バナナと豆乳のみの優しい甘みなので、離乳食中期以降も赤ちゃんの手作りおやつとして重宝しそうですね。バナナ以外の食材でも応用できそうです。

外部リンク

バナナ豆乳プリン/cookpad

離乳食後期におすすめ5:バナナのもちもちパンケーキ

離乳食後期におすすめ5:バナナのもちもちパンケーキ
パンケーキは手づかみ食べの練習にももってこいです。バナナだけでなく、ほうれん草などと組み合わせて栄養価をアップしてもよさそうですね。パンケーキは一度で多めに作って冷凍保存しておくこともできますよ。

外部リンク

バナナのもちもちパンケーキ/Rakutenレシピ

離乳食後期におすすめ6:豆腐とバナナの野菜おやき

おやきも手づかみ食べの練習に適した離乳食メニューのひとつです。豆腐と組み合わせることでしっとりしたおやきになり、たんぱく質も摂取できるのが嬉しいですね。レシピではにんじんが使われていますが、茹でたブロッコリーやアスパラガスもおすすめです。

外部リンク

豆腐とバナナの野菜おやき/Rakutenレシピ

離乳食後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳食後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳食後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳食中期から離乳食後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳食後期の進め方のポイントや、離乳食後期から食べられる食材などをご紹介します。

離乳食完了期におすすめ7:バナナきな粉ロールサンド

見た目もかわいくて上手に食べられると手も汚れにくいロールサンドは、離乳食完了期におすすめです。使用しているバナナと牛乳は加熱をしていないので、生のバナナや牛乳を食べたことがある赤ちゃんに与えてくださいね。

外部リンク

バナナきな粉ロールサンド/cookpad

離乳食完了期におすすめ8:おやつバナナケーキ

オートミールやパウダー状にした高野豆腐などを使った、栄養たっぷりのおやつです。少し手順が多いですが、おやつでしっかり栄養補給ができるの食いしん坊な赤ちゃんはもちろん、食が細い赤ちゃんにも作ってあげたくなりますね。

外部リンク

おやつバナナケーキ/cookpad

離乳食完了期(パクパク期)の進め方とおすすめレシピを紹介!
離乳食完了期(パクパク期)の進め方とおすすめレシピを紹介!
離乳食完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳食完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。

バナナを使ったベビーフードやお菓子

市販のベビーフードや赤ちゃん向けのお菓子にも、バナナを使用したものが販売されているのでいくつか紹介します。

キューピー ベビーフード バナナプリン

裏ごししたバナナに卵黄と乳製品を加えた、赤ちゃんのためのプリンです。瓶のままデザートとして赤ちゃんに与えることができます。着色料や香料、保存料が使われていないのでパパママも安心ですね。開封前であれば、外出の際にも持ち歩けるので便利です。

キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!

和光堂 赤ちゃんのおやつ+Ca カルシウム バナナクッキー

バナナが練り込まれた、口どけの良い甘さ控えめのクッキーです。握りやすい形状のクッキーは個包装になっており、生後9カ月以降の赤ちゃんの間食1回分のカロリーを目安に1袋の量が決められているのでついついあげすぎてしまうことを防げるのが嬉しいですね。

まとめ

まとめ
バナナは小さな子供から大人まで好きな人が多く、今では安価で簡単に手に入る食材です。赤ちゃんもバナナが好きな子が多いので、ほかの食材と組み合わせつつ離乳食初期から取り入れてみましょう。赤ちゃんが生のバナナを食べてくれるようになると、離乳食を用意するパパママもとても楽になると思います。栄養豊富でおやつにも食事にも使えるバナナを、上手に活用して離乳食ライフを親子で楽しめるといいですね。

離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
りんごといえば風邪の時の病人食として活躍しますね。赤ちゃんの離乳食にも向いていると思うママも多いでしょう。では、具体的にいつごろから赤ちゃんにりんごを与えても良いのでしょうか? アレルギー対策は? レシピや保存方法についても詳しく説明します。
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
子供や赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」「手で料理をコネコネする」など、遊び食べにイライラするパパママも多いでしょう。子供の栄養面を考えると無理にでもご飯を食べさせるべきか悩みますよね。遊び食べの原因や効果的な対処方法を詳しく解説します。
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
子供が1歳になると、これまでにはなかった悩みが多く出てくるものです。夜泣きが始まった、ご飯を食べない、体重が増えない、どうしたらいいの…と不安になるかもしれません。多くのママが乗り越えてきたそれらの悩みを一緒に解消していきましょう。
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器には、素材や形、デザインもざまざまでどれを選ぶか迷ってしまいますよね。離乳食用の食器には赤ちゃんが安全に食事をしやすいような工夫がされていて普通の食器の選び方とポイントが少し違います。この記事を参考に、赤ちゃんのための離乳食用食器を選んでみてくださいね。
離乳食スプーンの選び方! 離乳食初期・中期・後期・完了期のおすすめ10選
離乳食スプーンの選び方! 離乳食初期・中期・後期・完了期のおすすめ10選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富に販売されています。離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによっても選ぶ離乳食スプーンは変わってきますよね。離乳食スプーンの選び方やリッチェルやコンビなどおすすめ商品をご紹介します。
離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
赤ちゃんの生後5ヶ月ごろから始まる離乳食。手間がかかる離乳食作りの強い味方が「ブレンダー」です。ブレンダーは離乳食作りにかかる時間を大幅に短縮してくれて、忙しいママにおすすめ。ブレンダーは、離乳食作りにどう使えるのか、離乳食におすすめのタイプなどを筆者の実体験からご紹介します!
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)のかわいい乳歯も虫歯になるのでしょうか? 乳歯が虫歯になる原因や乳歯の虫歯の見分け方を解説します。また、虫歯にならないための予防方法も紹介するので、子供の大切な歯を守りましょう!
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳食初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食はお粥や野菜からスタートしますが、徐々に魚や豆腐からタンパク質を取る必要がありますよね。しらすは栄養素も豊富で、離乳食にぴったりの食材です。しらすはいつからあげていいでしょうか? アレルギーや塩抜き、冷凍保存方法、レシピもご紹介します。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!