離乳食でうどんはいつからOK? 量や冷凍保存の方法、レシピなどを紹介

離乳食でうどんはいつから食べさせていいの?


うどんは、生後5~6ヶ月頃の離乳初期から赤ちゃんに食べさせることができます。ただし、うどんは食物アレルギーを起こしやすい小麦からできているので、離乳食開始後早々にうどんを与えるのは避け、赤ちゃんが10倍粥に慣れたらうどんを試してみましょう

はじめは、うどんをクタクタになるくらいに柔らかく茹でて、なめらかにすりつぶしペースト状にして、湯冷ましやだし汁と合わせて赤ちゃんに与えます。

赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
生後5ヶ月になったら赤ちゃんの様子をみて離乳食を開始しようと思っているパパママが多いのではないでしょうか。離乳食はいつから始めれば良いのか、離乳初期であげて良い食材の種類や量、離乳食の進め方についてご紹介します。
生後5ヶ月に赤ちゃんの離乳食は始めるべき? 生後5ヶ月の離乳初期の進め方、コツは? 
生後5ヶ月に赤ちゃんの離乳食は始めるべき? 生後5ヶ月の離乳初期の進め方、コツは? 
赤ちゃんが生後5ヶ月くらいになると、「離乳食はいつから始めるの?」「どうやって進めたらいいの?」といった疑問が湧きますよね。離乳食を始めるタイミングや事前に準備しておくもの、進め方のポイントなどを紹介します。
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。

初めて離乳食のうどんをあげる時はアレルギーに注意


うどんの原料である小麦は、アレルギー症状を起こしやすく、症状も深刻であるとして、消費者庁によってアレルギー表示義務7品目の1つに指定されています

赤ちゃんにうどんを初めて与える時は、小さじ1杯の量から始めて様子を見ましょう。アレルギーは、時間が経って症状が出てくる場合もあります。時間帯も、万が一アレルギー症状が出た場合に病院にかかれる午前中を選んで与えることが大切です。1度うどんを試してみて赤ちゃんに変わった症状が出ないようであれば、次回からは小さじ1杯から徐々に量を増やしていきましょう。

食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。

離乳食であげるうどんの量は?


離乳食で赤ちゃんに与える1回あたりのうどん量は、以下を参考にしてくださいね。

    

時期 与える量の目安
離乳初期 5g~20g(最初は小さじ1程度から始めましょう)
離乳中期 35g~55g
離乳後期 60g~90g
離乳完了期 105g~130g

離乳食に使えるうどんの選び方


うどんには、乾麺、生麺、茹でうどん、冷凍うどんなどいくつか種類がありますよね。離乳食にはどのうどんを選んだらいいかをご説明します。

茹で麺がおすすめ


離乳食におすすめなのは、茹で麺です。茹で麺は、乾麺よりも塩分が少なく、すでに茹でてあるため柔らかくなりやすいのが特徴です。賞味期限は短いですが、赤ちゃんの離乳食や大人の食事にも活用できるので使い勝手がいいのでおすすめします。

茹で麺は、茹でる前に刻む方が下ごしらえしやすいので、濡らした包丁で細かく刻んでから茹でるか、袋の上から切ると包丁を汚さずにうどんを切ることができますよ。

うちたての状態でそのまま販売されている生麺のうどんも、比較的塩分量が少なく離乳食に使うことができますが、保存日数がとても短い場合があるので注意が必要です。

乾麺は塩分に注意


乾麺は、賞味期限が長く長期保存できるのでとても便利ですが、茹で麺などに比べると茹で時間が長く、さらに塩分量が多いという特徴もあります。

離乳食に乾麺のうどんを使う場合には、たっぷりのお湯で10~15分ほど茹で、茹で上がったらしっかりと水洗いして塩分を落としましょう。乾麺は、茹でる前に短く折ってから茹でると下ごしらえが簡単に済むのでおすすめですよ。

冷凍うどんは柔らかくなりにくい


冷凍うどんは、保存期間が長く冷凍庫に常備しておけて便利なほか、茹で時間も短いのが特徴ですが、コシが強く、茹でても柔らかくなりづらい商品が多いです。

冷凍うどんだとすりつぶしてペースト状にするのが難しい場合があるので、離乳初期では、冷凍うどん以外のうどんを選んだ方がいいですね。

離乳食用のベビーうどんも活用しよう


離乳食用に売られているベビーうどんを活用するのもおすすめです。ベビーうどんは、短くカット済みの乾麺うどんや、短くカットされすでに柔らかく茹でてある冷凍うどんなどがあります。食塩が含まれていない商品が多く、また、下茹でなしでそのまま煮込んで調理できる商品もあり、とても手軽に離乳食の準備ができますよ。

コシが強いうどんは離乳食には向かない


讃岐うどんや稲庭うどん、氷見うどんなどコシの強いうどんは、もちもちとした食感で食べごたえがあり大人にはとても美味しく感じますよね。しかし、讃岐うどんや稲庭うどんは、長く茹でてもなめらかにはすりつぶしにくく、離乳食には不向きです。赤ちゃんが食感でうどんを嫌がってしまう場合もあるので、離乳初期はコシの強いうどんは避けましょう。

離乳食のうどんの茹で時間、下ごしらえ方法、味付けは?


うどんの下ごしらえで気を付けたいポイントをご説明します。

下茹でしてしっかりと塩分を落とそう

うどんには、どのタイプのうどんにも塩分が含まれているので、離乳食に使う場合には下茹でして塩分を落としましょう。

うどんの中でも乾麺は特に塩分が多いので、乾麺の場合は大人よりも長めに10~15分ほど長めに茹でて、茹で上がった後にしっかりと水で洗い流します。

茹で麺の場合は、湯通しするか軽く茹でて塩分を落としましょう。

どのタイプのうどんも、下茹ですることで8割くらいの塩分を減らすことができますよ。茹で上がったうどんは、離乳食の段階に応じてすりつぶしたり刻んだりします。

離乳初期

うどんを細かく切り、すり鉢などを使ってすりつぶしなめらかなペースト状にします。湯冷ましやだしを加えてトロトロにしましょう。

赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
生後5ヶ月になったら赤ちゃんの様子をみて離乳食を開始しようと思っているパパママが多いのではないでしょうか。離乳食はいつから始めれば良いのか、離乳初期であげて良い食材の種類や量、離乳食の進め方についてご紹介します。

離乳中期

うどんをみじん切りにして粗くすりつぶします。湯冷ましやだしを加えてジャムくらいの食感にします。

生後7ヶ月(離乳中期)はモグモグ期? 離乳食の量や進め方は? 
生後7ヶ月(離乳中期)はモグモグ期? 離乳食の量や進め方は? 
生後7ヶ月は離乳初期から中期に移行するタイミングになります。「移行する目安は?」「離乳食の1回の量はどのくらい?」「卵はどうするの?」といった疑問や悩みも増えてきます。今回は、生後7ヶ月の離乳食について解説します!

離乳後期

うどんを1cm~2cmくらいの長さに切り刻みます。

離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。
生後9ヶ月の離乳食の量や進め方は? 手づかみレシピや1日のスケジュール
生後9ヶ月の離乳食の量や進め方は? 手づかみレシピや1日のスケジュール
生後9ヶ月を過ぎると離乳食は3回食になります。でも、どのタイミングで3回食にしたらいいの? 1回の量はどのくらい? といったさまざまな疑問が出てきますよね。生後9ヶ月の離乳食の量や進めるコツ、手づかみレシピなどについて解説します。

離乳完了期

うどんを2cm~3cmくらいの長さに切り刻みます。うどんを切る場合には、ハサミ状やカッター状のヌードルカッターを使うと簡単ですよ。

おすすめのヌードルカッター

KJC エジソンママの離乳食はさみ

992円(01/27 02:04時点)
Amazonの情報を掲載しています
お肉や野菜、麺類を簡単にカットできる、ヌードルカッターです。お皿を傷つけないように、はさみの先端が丸くなっていて安全なのも嬉しいポイントですね。外出先でも使えるので1つ持っておくと便利ですよ。
離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。

味付けは薄味にしよう

下ごしらえしたうどんを調理して味付けする際には、うどんを下茹でしても麺自体にまだ塩分が残っている点に注意する必要があります。濃い味は赤ちゃんに負担がかかってしまうため、味付けは薄めただしなどで薄味に仕上げましょう。離乳食が進んだとしても、塩や醤油などの調味料は最小限にとどめるように心がけるといいですね。

離乳食で使ううどんの冷凍方法は?


うどんは、下茹でして離乳食の段階に合わせてすりつぶしたり刻んだりして下ごしらえした後に、冷凍保存することができます。また、煮込んだり焼いたりした調理済みのうどんも冷凍することができますよ。

冷凍保存の方法は、うどんを1食分の量に小分けにして、ラップに包むか冷凍保存容器に入れるなどして冷凍しましょう。

冷凍後はどんどん風味が落ちてしまうので、冷凍後約1週間を目安になるべく早めに使い切るといいですよ。

冷凍したうどんを解凍する際は、雑菌が繁殖する場合があるので、自然解凍ではなく電子レンジで加熱してくださいね。なお、冷凍うどんを再度冷凍するのは品質や風味が落ちるためやめましょう。

離乳食でうどんを使ったレシピ8選 離乳初期~完了期まで


うどんを使ったおすすめレシピを、離乳食の段階ごとにご紹介します。

離乳初期におすすめ:うどんペースト

10倍粥に慣れて、初めて赤ちゃんにうどんを試してみる時は、うどんペーストを与えてみましょう。うどんを柔らかく茹で、なめらかにすりつぶし水を加えてトロトロにするだけなので、とても簡単です。水をだし汁に代えてもいいですね。

外部リンク

うどんペースト/cookpad

離乳初期におすすめ:かぼちゃのダシ♪うどん

うどんに自然な甘みのある食材のかぼちゃを合わせたレシピです。うどん自体はとてもシンプルな味わいなので、かぼちゃの素朴な甘みが際立ちますね。かぼちゃにはβ-カロテンが豊富です。うどんに野菜をプラスすることで、うどんにはない栄養を補えますね。

外部リンク

かぼちゃのダシ♪うどん/cookpad

かぼちゃは離乳初期からOK! 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃは離乳初期からOK! 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃは離乳初期からあげることができる食材です。かぼちゃ自体に甘味があるので、赤ちゃんもパクパク食べてくれることが多いですが、あげすぎは注意が必要です。硬いかぼちゃの下ごしらえを楽にする方法や月齢別におすすめのレシピ、ベビーフードなどをご紹介します。

離乳中期におすすめ:ツナと野菜の煮込みうどん

うどんに野菜、ツナを入れたレシピです。離乳中期に入ったら、このようにうどんにいくつかの野菜やたんぱく質を加えてみましょう。お野菜は他のものでも代用可能ですね。調理後に食べきれない分は、小分けにして冷凍しておくと便利です。

外部リンク

ツナと野菜の煮込みうどん/cookpad

離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
にんじんは栄養もあり、彩もいいので離乳食にピッタリですが、赤ちゃんにはいつから食べさせることができるのでしょうか。甘みもあるので離乳食の初めての野菜としても適しています。にんじんペーストの作り方、冷凍保存の方法、おすすめのレシピなどを紹介します。

離乳中期におすすめ:赤ちゃん大好き!納豆うどん

うどんに納豆、しらす、野菜を加えた栄養満点のレシピです。人参とほうれん草を使うので、色合いもきれいな上に、鉄分やβ-カロテンなどの栄養も取れますよ。しらすからはたんぱく質やカルシウムを取ることができます。しらすの塩抜きはしっかりとしましょう。

外部リンク

赤ちゃん大好き!納豆うどん/cookpad

離乳後期におすすめ:手づかみお焼きうどん

うどんで作るお焼きレシピです。お焼きは、手づかみ食べの練習にぴったりですよね。人参などの野菜もプラスするので、彩りが良く、栄養もアップしますよ。魚やひき肉などたんぱく質を一緒に入れるのもいいですね。

外部リンク

手づかみお焼きうどん/cookpad

離乳後期におすすめ:焼きうどん

いつものかけうどんや煮込みうどんメニューに飽きてきたら、焼きうどんを作ってみましょう。味付けはほとんどせず、油や野菜の風味を活かすのがコツです。具材もアレンジがきくので、いろいろな野菜で作ってみましょう。

外部リンク

焼きうどん/palsystem

離乳完了期におすすめ:かき玉うどん

彩りがきれいな、かき玉うどんレシピです。離乳完了期になったら、うどんもやや長めの2cm~3cmくらいにカットしましょう。大人用から取り分けて、赤ちゃんの分はスープを薄くしてあげるやり方でもいいですね。

外部リンク

かき玉うどん/palsystem

離乳完了期におすすめ:味噌煮込み風うどん

一風変わった味噌風味のうどんレシピです。味噌汁の上澄み液を使ってスープにするので、簡単に作れますね。大人用の味噌汁メニューから取り分けて作ることができます。

外部リンク

味噌煮込み風うどん/cookpad

離乳食であげられるうどん以外の麺の種類は?


うどん以外で、赤ちゃんに食べさせられる麺をご紹介します。

一覧表

種類 初期 中期 後期 完了期
そうめん
冷やむぎ
中華麺 × ×
スパゲッティ ×
マカロニ ×
そば × ×
フォー・春雨・ビーフン・くずきり × ×

そうめん


そうめんは、離乳初期から赤ちゃんに食べさせることができます。離乳初期はすりつぶしてペースト状に、離乳中期はみじん切りに、離乳後期は1cmの長さに、離乳完了期は2cmの長さにしましょう。

そうめんには塩分が含まれているので、茹でた後にしっかりと水洗いし塩分を落としましょう。そうめんは茹でる前に短く折って茹でると簡単に下ごしらえできますよ。

冷やむぎ


冷やむぎは、そうめんより少し麺が太いものを指すのが一般的ですが、特に区別をつけずそうめんを冷や麦と呼ぶこともありますよね。冷や麦は離乳初期から赤ちゃんに食べさせることができます。離乳初期はすりつぶしてペースト状に、離乳中期はみじん切りに、離乳後期は1cmの長さに、離乳完了期は2cmの長さにしましょう。

冷やむぎにもそうめんと同様に塩分が含まれているので、茹でた後にしっかりと水洗いし塩分を落とします。冷やむぎも茹でる前に短く折って茹でるのがおすすめです。

中華麺


中華麺は、麺に弾力があるため、赤ちゃんが歯茎で噛めるようになる離乳後期から食べさせましょう。離乳後期は1cmの長さに、離乳完了期は2cmの長さにカットします。焼きそば用の蒸し麺の場合は、麺に油がまぶしてあるので、調理前に湯通ししましょう。

スパゲッティ


スパゲッティは、麺に弾力があるため、離乳中期にうどんやそうめんに赤ちゃんが慣れてから赤ちゃんに与えるようにしましょう。離乳中期はみじん切りに、離乳後期は1cmの長さに、離乳完了期は2cmの長さにします。

乾麺の場合は、先に離乳食の段階に合わせ短く折り、塩を加えず、指でつぶせるくらいまで柔らかく茹でます。早茹でタイプやサラダ用スパゲッティを使うと ラクですよ。

マカロニ


マカロニは、離乳中期から赤ちゃんに食べさせることができます。離乳中期はみじん切りに、離乳後期は1cmの長さに、離乳完了期は2cmの長さにします。弾力が強いタイプのマカロニは使わず、茹で時間は大人よりも長めにして柔らかく茹でましょう。

そば


そばは、離乳後期から赤ちゃんに食べさせることができます。十割そばは噛みづらいので、離乳後期からにします。離乳後期は1cmの長さに、離乳完了期は2cmの長さにしましょう。

そばはアレルギー表示義務7品目の1つで、さらに卵や小麦粉がつなぎに使われている場合もあるため、赤ちゃんに与える場合は食物アレルギーに十分注意しましょう。

フォー・春雨・ビーフン・くずきり


フォー・春雨・ビーフン・くずきりは、離乳後期から赤ちゃんに食べさせることができます。離乳後期は1cmの長さに、離乳完了期は2cmの長さにカットします。どの麺も、通常大人が食べる際の茹で時間よりも長めに茹でて柔らかくしましょう。

まとめ


赤ちゃんがうどんを食べられるようになると、主食のメニューの幅も広がりますよね。うどんの主な栄養素は炭水化物でとても消化が良いため、うどんは胃腸が未熟な赤ちゃんにも適した食材です。しかし、アレルギー表示義務7品目に指定される小麦を原料としているため、赤ちゃんに初めて与える場合は注意が必要です。うどんは煮込むだけでなく、焼きうどんにしたりお焼きにしたりすることもできます。いろいろなうどんメニューを作ってみてくださいね。

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富に販売されています。離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによっても選ぶ離乳食スプーンは変わってきますよね。離乳食スプーンの選び方やリッチェルやコンビなどおすすめ商品をご紹介します。
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器には、素材や形、デザインもざまざまでどれを選ぶか迷ってしまいますよね。離乳食用の食器には赤ちゃんが安全に食事をしやすいような工夫がされていて普通の食器の選び方とポイントが少し違います。この記事を参考に、赤ちゃんのための離乳食用食器を選んでみてくださいね。
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
子供や赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」「手で料理をコネコネする」など、遊び食べにイライラするパパママも多いでしょう。子供の栄養面を考えると無理にでもご飯を食べさせるべきか悩みますよね。遊び食べの原因や効果的な対処方法を詳しく解説します。
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)のかわいい乳歯も虫歯になるのでしょうか? 乳歯が虫歯になる原因や乳歯の虫歯の見分け方を解説します。また、虫歯にならないための予防方法も紹介するので、子供の大切な歯を守りましょう!
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
子供が1歳になると、これまでにはなかった悩みが多く出てくるものです。夜泣きが始まった、ご飯を食べない、体重が増えない、どうしたらいいの…と不安になるかもしれません。多くのママが乗り越えてきたそれらの悩みを一緒に解消していきましょう。
2歳児の食事のポイント! 食べられない食材は? 献立例や食べない時の対処法などを紹介
2歳児の食事のポイント! 食べられない食材は? 献立例や食べない時の対処法などを紹介
2歳になると離乳食から幼児食に変わりますが、まだ大人と全く同じメニューを食べることはできません。2歳児が食べられない食材には注意が必要です。2歳児におすすめの献立例、ご飯を食べてくれない時の対処法などもご紹介します。
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
さつまいもは、甘くて赤ちゃんにも食べやすい食材です。離乳初期からさつまいもを食べさせてもいいのでしょうか? 固いさつまいもを簡単に下ごしらえする方法も知っておくと便利ですよ。アレルギーや調理する時の注意点、おすすめのレシピなども紹介します。
離乳食のオートミールはいつから? 量やレシピを中期・後期・完了期ごとに紹介!
離乳食のオートミールはいつから? 量やレシピを中期・後期・完了期ごとに紹介!
オートミールは栄養豊富な食材で、赤ちゃんの離乳食にも使えますが、いつからあげてもいいのでしょうか? どの種類のオートミールを使うかも注意が必要です。離乳中期・後期・完了期ごとに食べさせてもいい量やおすすめレシピを紹介するので、参考にしてみてください。
離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
チーズは種類によって離乳中期からあげることができますが、どんな種類をいつからあげることができるのでしょうか? 離乳食で赤ちゃんにチーズをあげる場合、塩分も気にする必要があります。アレルギーや加熱が必要かどうか、おすすめレシピなども紹介します。
離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
鉄分が豊富なほうれん草は、いつから赤ちゃんに食べさせてもいいのでしょうか? ほうれん草は正しくあく抜きをして下ごしらえしないと、赤ちゃんが食べてくれないことがあります。調理や冷凍保存の方法、離乳初期、中期、後期、完了期のレシピなどを紹介します。
離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
いちごを離乳食に使いたいけど「いつから食べさせてもいいの?」「冷凍できるの?」といった悩みがたくさんありませんか? 赤ちゃんにも甘酸っぱいいちごを食べさせたいですよね。離乳食のいちごはいつから食べさせられるのか、便利に使える保存方法などを詳しく解説します。
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
りんごといえば風邪の時の病人食として活躍しますね。赤ちゃんの離乳食にも向いていると思うママも多いでしょう。では、具体的にいつごろから赤ちゃんにりんごを与えても良いのでしょうか? アレルギー対策は? レシピや保存方法についても詳しく説明します。
離乳食で食パンはいつからOK? パン粥やおすすめレシピ、使えるパンの種類も紹介
離乳食で食パンはいつからOK? パン粥やおすすめレシピ、使えるパンの種類も紹介
離乳食での主食はご飯だけでなく、食パンも取り入れることができますが、いつからどのようにあげてもいいのでしょうか? おすすめレシピや添加物が含まれていない食パンの選び方、ロールパンなど初期~完了期にあげることができるパンの種類も紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!