離乳食中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!

離乳食中期はいつから?

離乳食中期はいつから?
離乳食中期の赤ちゃんの月齢目安は、生後7ヶ月~生後8ヶ月頃です。生後7ヶ月~生後8ヶ月の赤ちゃんは、一人で上手にお座りできるようになっているでしょう。この時期には赤ちゃんの前歯も生えはじめます。生後7ヶ月~生後8ヶ月になったら赤ちゃんは必ず離乳食中期に進むわけではありません。赤ちゃんが離乳食を開始した時期や離乳食初期の進み具合によっても、離乳食中期へステップアップする時期は変わってきます。離乳食初期の最後で、すり潰したお米や野菜、白身魚などの離乳食を上手に飲み込めるようになってきたと感じたら、離乳食中期へステップアップできる準備ができていると思って良いでしょう

関連記事

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介

離乳食中期の進め方のポイント

離乳食中期の進め方のポイント
離乳食中期は離乳食初期とどのような違いがあるのでしょうか。離乳食中期の進め方のポイントをご紹介します。

離乳食中期の進め方1:食材は舌で潰せる固さで薄味に調理する

離乳食中期の進め方1:食材は舌で潰せる固さで薄味に調理する
離乳食中期になって急に調理方法を変えると、赤ちゃんが違和感を感じ、離乳食を食べなくなるかもしれません。離乳食初期から中期に移行する時期は、少しずつ調理方法を変えていきます。食材は舌で潰せる豆腐くらいの固さを目安に調理しましょう。おかゆを少しずつ固くしたり、野菜のすりおろしの中にみじん切りを加えたりと、ゆるやかに食材の調理方法を変えていくようにしてください。離乳食中期のおかゆのかたさ目安は7倍がゆです。味付けは中期になっても初期と変わらずに風味をつける程度にし、素材の味を赤ちゃんに感じてもらうことが大切です。また、中期からは赤ちゃんが食べられる食材も増やしていきます

関連記事

赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!

離乳食中期の進め方2:離乳食は1日2回、授乳は欲しがるだけあげて大丈夫

離乳食中期の進め方2:離乳食は1日2回、授乳は欲しがるだけあげて大丈夫
離乳食中期は1日2回食で、リズムをつけるためにもパパママの食事の時間に合わせて設定するとよいでしょう。母乳やミルクは赤ちゃんが欲しがるだけあげて構いませんが、授乳にもリズムをつけるようにし、離乳食を食べさせたあとに赤ちゃんに授乳すると離乳食の妨げになりません

離乳食中期の進め方3:上手にモグモグできているか確認しながら進める

離乳食中期の進め方3:上手にモグモグできているか確認しながら進める
離乳食中期の赤ちゃんは、歯茎で噛んだり舌を上あごにこすりつけたりして食材を潰します。赤ちゃんが上手にモグモグできているかを観察しましょう。上手にできなければ食材の固さを調節します。赤ちゃんが1人でお座りできるようになったら、離乳食を安定した姿勢で食べることができるように、ベビーチェアを使うと良いでしょう。

ストッケ トリップトラップ ベビーチェア

ストッケ トリップトラップ ベビーチェア

参考価格:26,500円
楽天で見る
amazonで見る

ストッケのベビーチェアは、椅子の高さを調整することで、赤ちゃんから大人まで使うことができます。ベビーハーネスを一緒に購入すれば、赤ちゃんでも安全に座ることができるので、安心ですね。インテリアになじむスタイリッシュなデザインがおしゃれです。カラーバリエーションも豊富な点も人気の理由です。

関連記事

ママから人気のベビーチェア特集! おしゃれなものからカワイイものまで紹介

離乳食中期の1日のスケジュール例

6:00 授乳
10:00 離乳食+授乳
14:00 授乳
18:00 離乳食+授乳
22:00 授乳

離乳食の量は、2回とも同じ量になるようにあげましょう。離乳食の量が増えると授乳の量は減ってきますが、赤ちゃんが欲しがるだけあげて大丈夫ですが、離乳食の前に授乳をすると離乳食の食べが悪くなってしまうので、授乳のリズムにあわせて離乳食をあげるようにするといいでしょう。暑い日や赤ちゃんが汗をかいた時は、赤ちゃん用の麦茶や果汁などで水分補給もするように注意してくださいね。

関連記事

赤ちゃんにはいつから麦茶を飲ませていいの? 大人用でもOK?

離乳食中期の1回の食事量は?

離乳食中期の1回の食事量は?
厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド 実践の手引き」によると、離乳食中期の1回の食事量目安は、全がゆ50〜80g、野菜・果物20〜30g、魚または肉10〜15gです。魚や肉の代わりに豆腐や卵、乳製品をあげる場合は、豆腐30〜40g、卵は卵黄1〜全卵1/3個、乳製品50〜70gが目安です。離乳食中期は7倍がゆをお茶碗半分くらいの量からスタートするのを目安にするとわかりやすいです。この食事量は目安なので、赤ちゃんの食欲や成長に合わせて離乳食の量を調整しましょう。1回の離乳食で、肉や豆腐、乳製品を組み合わせてあげる場合は、1種類の量を調整してあげましょう。離乳食中期の赤ちゃんのために、栄養バランスのとれたメニューを考えてみてください。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

離乳食中期で食べられるおすすめの食材と調理方法

離乳食中期で食べられるおすすめの食材と調理方法
離乳食中期では食べられる食材が増えます。離乳食中期から食べられる食材とその調理方法をご紹介します。

離乳食中期から食べられる食材

種類 食材
炭水化物 米(5~7倍がゆ)、コーンフレーク
タンパク質 鮭、まぐろ(赤身)、ツナ缶、レバー、鶏肉
野菜・いも類 ピーマン、もやし、里芋、いんげん、きのこ
果物 ぶどう
卵・乳製品 卵(卵黄1〜全卵1/3)、牛乳、ヨーグルト、チーズ
海藻 焼きのり、ひじき

離乳食中期の調理方法1:野菜や果物

離乳食中期の調理方法1:野菜や果物
離乳食中期では、野菜は粗くつぶしたり、みじん切りにします。根菜は1cm~2cmの厚さの輪切りにして茹でると、細かく切ってから茹でるより早く野菜がやわらかくなりますよ。人参や玉ねぎなどは1mm〜2mmのみじん切り、じゃがいもやさつまいもなどの芋類は4mm〜5mmの角切りにしたり、粗くつぶします。ほうれん草などの葉物は茹でてみじん切りにします。

また、葉物の野菜は離乳食中期の赤ちゃんでも食べやすいように茎の部分を除き、とろみをつけてあげると良いですよ。みじん切りや粗くつぶした野菜は、製氷皿に入れて冷凍ストックを作っておくと使いたい時に解凍すれば良いだけなので便利ですよ。芋類の角切りは冷凍ストックに向いていないので、芋類は粗くつぶして冷凍するようにしましょう。

果物は基本的には加熱しなくても大丈夫ですが、アレルギーが気になる場合は、加熱して赤ちゃんの様子を見ながら少しずつあげてみましょう。バナナやいちごなどの果物はフォークの背で粗く潰します。さくらんぼやぶどうは皮をむき種を取り除きみじん切りにしたり、潰したりしてあげましょう。さくらんぼは、熱湯に5秒ほどくぐらせて湯むきをすると簡単に皮をむくことができますよ。

離乳食中期の調理方法2:うどん

離乳食中期の調理方法2:うどん
消化にもよいうどんはエネルギー源である炭水化物です。離乳食中期ではクタクタになるまで茹でて、細かく刻みます。離乳食用のはさみはうどんのカットが簡単にできる便利アイテムなので用意しておくといいでしょう。うどんのスープは昆布や鰹などの出汁で味をつけます。野菜と合わせれば他の栄養も一緒に摂ることができますね。保存が効く乾麺は塩を多く含むので、茹でた後にしっかり水にさらして塩抜きをしましょう。離乳食用にあらかじめ短くカットされた乾麺も売られています。うどんには小麦が含まれているので、アレルギー症状に注意しながらあげてください。

離乳食中期の調理方法3:鶏肉(ささみ)

離乳食中期の調理方法3:鶏肉(ささみ)
離乳食中期の鶏肉は、タンパク質が豊富で低脂肪なささみがおすすめ。生のささみを包丁やフードプロセッサーで細かく刻みひき肉にします。冷凍したささみをおろし金ですりおろすと、細かくなめらかで調理がしやすくなります。また、加熱したささみは細かくほぐしてから調理しましょう。パサつきやすいので片栗粉でとろみをつけると食べやすくなりますよ。野菜と一緒に鶏肉を煮てスープにしたり、おかゆやうどんに加えたりするとバリエーションが増えますね。ささみは加熱前、加熱後と冷凍保存ができますが、冷凍してから1週間で使い切るようにしてください。

離乳食中期の調理方法4:鮭

離乳食中期の調理方法4:鮭
鮭にはタンパク質やDHAが含まれています。塩分があまり含まれていない鮭の切り身を選び、塩を抜いてから茹で、すりつぶします。万が一骨が残ったら危ないので、フードプロセッサーよりもすり鉢などで小骨に注意しながら調理した方が安心です。鮭も細かくつぶし片栗粉でとろみをつけると食べやすくなります。

離乳食中期の調理方法5:納豆

離乳食中期の調理方法5:納豆
栄養満点の納豆は体を作る働きを助け、エネルギー源としても必要な栄養素を多く含んでいます。便秘の解消や鉄分の補給にも適しています。赤ちゃんが1歳になるまでは、火を通してからあげるようにしましょう。ネバネバが苦手な赤ちゃんには、お湯で洗うと粘りが抑えられます。慣れるまではやわらかくなるまで煮てから潰して、出汁でのばします。離乳食が順調に進むようなら、細かく刻んだ納豆を茶こしなどにいれ、お湯をかけ湯通しするだけでよいでしょう。既に刻まれた状態のひきわり納豆は手軽に使えますね。刻んだ納豆はごはんと一緒に食べるのはもちろん、スープやうどんに加えたり野菜と和えたりするのもおすすめの調理方法です。ただし、赤ちゃんに大豆アレルギーがでることも考えられるので注意しましょう。

離乳食中期の調理方法6:ヨーグルト

離乳食中期の調理方法6:ヨーグルト
ヨーグルトはたんぱく質を含み、カルシウムの補給や腸内環境を整える働きがあります。善玉菌が豊富なので便秘がちな赤ちゃんにおすすめです。ヨーグルトの酸味が苦手な赤ちゃんもいるので、かぼちゃやにんじんのような甘みのある野菜やフルーツと混ぜるとよいかもしれません。パサパサしてむせやすいきな粉と混ぜたり、魚や肉を食べやすくするためのとろみとして和えたりと広くアレンジができます。スーパーで売られている小分けになった赤ちゃん用のヨーグルトも便利です。筆者の家では子供が1歳半になる頃までは、冷蔵庫にベビーダノンを常備していました。ヨーグルトの原材料である乳は、アレルギーを引き起こす可能性があるので注意してください。

離乳食中期の調理方法7:卵

離乳食中期の調理方法7:卵
これまでもアレルギーに注意せねばならない食材がありましたが、卵は子供の3大アレルギー源の1つなので最も注意が必要です。万が一アレルギー症状がでたときのために、平日の昼間、病院が開いている時間に試してみましょう。卵白の方がアレルギー反応がでやすいため、卵黄を離乳食初期から少しずつ試しておきましょう。離乳食中期に赤ちゃんが卵黄1つを食べられるようになってから卵白にトライします。固茹でした卵を1/3個まで、みじん切りにして食べさせてみましょう。アレルギーの心配がある場合は離乳食中期に無理してあげる必要はありません。どのタイミングであれ、しっかり加熱することを心がけてください。

離乳食中期から使える調味料

離乳食中期から使える調味料
離乳食中期も離乳食の味付けは基本的には必要ありません。だし汁を活用して、離乳食に風味づけをする程度が好ましいです。離乳食中期では、だし汁の他に、バターや砂糖の調味料を使えるようになります。バターは離乳食中期の生後7ヶ月~8ヶ月頃から、4g(小さじ1)程度から与えても大丈夫だとされています。バターは塩分の少ない無塩バターを使うようにしましょう。離乳食中期の生後7ヶ月~8ヶ月から砂糖を使うこともできますが、赤ちゃんは野菜や果物からも糖分は摂取できています。ヨーグルトをあげる際も無糖を選ぶようにし、どうしても離乳食に砂糖を使う場合はごく少量にしましょう。しかし、黒砂糖にはボツリヌス菌が含まれている場合があるので、1歳まで与えないようにしましょう。

片栗粉で離乳食にとろみをつけてあげよう

片栗粉で離乳食にとろみをつけてあげよう
離乳食中期になると食材の形状が変わり、その舌触りが嫌で食べないことがあります。そんなときは片栗粉を使ってとろみをつけてみましょう。水と片栗粉を1:1で混ぜた水溶き片栗粉を用意し、加熱調理の際に離乳食に混ぜると簡単にとろみがつきます。とろみをつけると食べ物が飲み込みやすくなり、食事のメニューにも変化が生まれますね。最近では粉末や顆粒タイプになったとろみの粉が便利です。

関連記事

赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!

まとめ:離乳食中期以降も先は長いので慌てず離乳食を進めましょう

まとめ:離乳食中期以降も先は長いので慌てず離乳食を進めましょう
食べられる食材が増える離乳食中期、調理方法もさまざまです。どんな味付けが好きかな? モグモグが上手にできているかな? 赤ちゃんのペースを見守りながら進めてみましょう。まだまだ先は長いので頑張りすぎずに調理も楽しめるといいですね。

関連記事

赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット