離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選

目次

離乳食スプーンとは? いつから? 使い方は?

離乳食スプーンとは? いつから? 使い方は?
離乳食は初期・中期・後期・完了期と4つのステップがあり、それぞれの時期で離乳食の進み具合や赤ちゃんの成長に合わせて離乳食用スプーンの使い方も変わります。

子供用スプーンと離乳食スプーンの違い

子供用スプーンと離乳食スプーンの違い
離乳食をスタートする時に必要となるのは、パパママが赤ちゃんに食べさせるために使う離乳食スプーンです。離乳後期になると赤ちゃんがパパママが使っている離乳食スプーンに興味を持ち始め、自分で離乳食を食べたがるようになります。赤ちゃんが自分で食べる練習を始めるのに適しているのは、赤ちゃんが持ちやすく自分で食べやすい工夫がされた離乳食スプーンです。離乳食スプーンと言っても、離乳初期にパパママが使う場合と赤ちゃんが自分で食べる場合で、選ぶ離乳食スプーンの特徴が異なるようです。

子供用スプーンは、赤ちゃんが自分で食べる用のスプーンですが、離乳後期に使う離乳食スプーンとはどこが違うのでしょうか。子供用スプーンと離乳後期に使う離乳食スプーンの違いは、離乳後期に使う離乳食スプーンは離乳食期の赤ちゃんが自分で食べる練習をサポートするのに特化しているという点です

生後5ヶ月に赤ちゃんの離乳食は始めるべき? 生後5ヶ月の離乳初期の進め方、コツは? 
生後5ヶ月に赤ちゃんの離乳食は始めるべき? 生後5ヶ月の離乳初期の進め方、コツは? 
赤ちゃんが生後5ヶ月くらいになると、「離乳食はいつから始めるの?」「どうやって進めたらいいの?」といった疑問が湧きますよね。離乳食を始めるタイミングや事前に準備しておくもの、進め方のポイントなどを紹介します。
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。

離乳初期・中期は「パパママが赤ちゃんに食べさせる」

離乳初期・中期は「パパママが赤ちゃんに食べさせる」
離乳食デビューでは、赤ちゃんが初めて離乳食スプーンの舌触りを感じたり、母乳やミルク以外の食事を経験します。離乳食を初めて口にする時は、哺乳瓶やママのおっぱいと口触りの違う離乳食スプーンに戸惑う赤ちゃんもいるでしょう。離乳食デビューの時は、離乳食スプーンを嫌がらないように、まずは唇にそっと触れるところから始め、食べさせることよりも離乳食スプーンに慣れさせることを重視しましょう

離乳初期は、口の中に食べものを運んで飲み込む練習をする時期です。離乳食スプーンを赤ちゃんの下唇の上に置いたら、上唇で離乳食を取り込むのを待ってくださいね。離乳食をあげる時に、離乳食スプーンを口に入れ過ぎないように注意してください。

赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
生後5ヶ月になったら赤ちゃんの様子をみて離乳食を開始しようと思っているパパママが多いのではないでしょうか。離乳食はいつから始めれば良いのか、離乳初期であげて良い食材の種類や量、離乳食の進め方についてご紹介します。
赤ちゃんの離乳中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんの離乳中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんが上手にゴックンができるようになると、離乳中期にステップアップします。離乳中期はモグモグ期とも呼ばれ、赤ちゃんが食材を舌で潰し、口をモグモグと動かして食べる練習をします。離乳中期の赤ちゃんに合った食事方法ができるように、離乳初期から調理の仕方を変える必要がありますね。離乳中期の進め方のポイントや離乳中期から食べられる食材もご紹介します。
赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
ヨーグルトは赤ちゃんにとって必要なカルシウムが豊富で、ぜひ離乳食に取り入れたい食材です。ただし、赤ちゃんに食べさせるときはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。ヨーグルトの選び方や食べさせ方とあわせて紹介していきます。

離乳後期・完了期は「赤ちゃんが自分で離乳食を食べる」

離乳後期・完了期は「赤ちゃんが自分で離乳食を食べる」
離乳後期になると、赤ちゃんが自分でスプーンを使いたがるようになります。手づかみ食べが始まったり、離乳食スプーンに興味を持ち始めたら、離乳食スプーンを渡して少しずつ慣れさせましょう。赤ちゃんが自分で食べる練習をする時は、離乳初期に使う柄の長いスプーンだとうまく口に運べなかったり誤って喉をついてしまう危険があります。赤ちゃんが握りやすく、食べやすい離乳食スプーンを用意してあげてくださいね

赤ちゃんが自分で離乳食を食べようとしても、最初はスプーンを上から握るだけで精一杯です。パパママが口に運ぶ動きをサポートすることで、徐々に手首を使って自分で食べられるようになっていきます。その後、スプーンを下から握らせるなど、段階を踏んで練習しましょう。

離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。
離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。

離乳食スプーンの素材の違いを知ろう

離乳食スプーンの素材の違いを知ろう
離乳食スプーンは素材ごとにメリットデメリットがあるので、赤ちゃんの性格や状況に合わせて適した離乳食スプーンを選びましょう。

離乳食スプーンの素材1:シリコン

離乳食スプーンの素材1:シリコン

メリット

離乳初期におすすめなのが、やわらかいシリコン製の離乳食スプーンです。シリコン製の離乳食スプーンは、赤ちゃんの唇や歯茎を傷つける心配がありません。シリコン製の離乳食スプーンは哺乳瓶の乳首に通じる口当たりで赤ちゃんが違和感を抱きにくく、離乳食デビューにぴったりの離乳食スプーンですよ。

デメリット

シリコン製の離乳食スプーンのデメリットは食材の色が移りやすいところです。油汚れも落ちにくいので、しっかり洗うように気をつけましょう。シリコンは熱に強い素材なので食洗器も使えますが、しっかり汚れが落ちているかを確かめながら手洗いした方がいいかもしれません。

離乳食スプーンの素材2:プラスチック

離乳食スプーンの素材2:プラスチック

メリット

シリコン製より固いものの、口当たりがなめらかで軽いのがプラスチック製の離乳食スプーンです。プラスチック製の離乳食スプーンは、食材をすくいやすく、離乳食スプーンとして使い勝手の良さが魅力です。離乳初期から完了期まで長く使えるのもプラスチック製の離乳食スプーンのメリットです。ただし、金属製の離乳食スプーンに比べると強度は劣るので、歯が生え始めると噛んで離乳食スプーンを傷付けてしまうかもしれません。

デメリット

プラスチック製の離乳食スプーンは多少色移りしやすいので、食材に合わせて何本か用意しておくのもおすすめです。プラスチック製の離乳食スプーンで耐熱温度が100度以上と高いものであれば、食洗器の利用も問題ありません。

離乳食スプーンの素材3:木製

離乳食スプーンの素材3:木製

メリット

木製の離乳食スプーンは、温かみのあるナチュラルなおしゃれさが魅力です。天然木を使った国産の離乳食スプーンなら、赤ちゃんが口にするものとして安心できますね。木製の離乳食スプーンはつやを出すための塗料が使われていないものを選ぶようにしましょう。木製の離乳食スプーンは優しい口当たりで、プラスチック製と同じく離乳初期から完了期まで長く使えます。木製の離乳食スプーンは熱を伝えにくいので、スプーン自体が熱くなりにくいのも嬉しいポイントです。

デメリット

木製の離乳食スプーンは水を吸いやすいため、水気をそのままにしないよう注意が必要ですよ。水につけっぱなしにしていると劣化しやすく、離乳食スプーンが割れてしまう可能性があるのです。木製の離乳食スプーンは食洗器や電子レンジは使わないようにしましょう。

離乳食スプーンの素材4:ステンレス

離乳食スプーンの素材4:ステンレス

メリット

ステンレス製の離乳食スプーンは、耐久性が高く使いやすいのが特徴です。ステンレスは熱に強いため変形しにくく、食洗器が使えるので日々のお手入れも簡単です。汚れが落ちやすく衛生的なのも、ステンレス製のメリットのひとつです。

デメリット

ステンレス製のスプーンは、赤ちゃんが口に入れた瞬間に「冷たい」と感じて嫌がるかもしれません。スープやおかゆなどの熱も伝わりやすいため、赤ちゃんの口に付ける前に離乳食スプーンの温度を確認するようにしましょう。ステンレス製の離乳食スプーンは食材をすくいやすいので、自分で離乳食スプーンを使って食事ができるようになる離乳後期での使用がおすすめです。

離乳食スプーンの素材5:陶器

離乳食スプーンの素材5:陶器

メリット

陶器の離乳食スプーンは、土の自然素材で作られた焼き物なので、赤ちゃんにも安心して使うことができます。陶器の離乳食スプーンは汚れがするっと落ちやすいので、毎日のお手入れにも手間が掛かりません。

デメリット

細かな傷が入りにくいのは陶器のメリットですが、落としたりぶつかったりして衝撃が加わると割れてしまうことがあります。赤ちゃんが落とす可能性があるので、離乳初期のフーディングスプーンとして使うか、赤ちゃんがしっかり離乳食スプーン握れるようになってから使うのがおすすめです。陶器の離乳食スプーンは、耐熱陶器であれば電子レンジや食洗器を使えることが多いですが、事前に食洗器対応かどうかを確かめておきましょう。

離乳食スプーン選び方

離乳食スプーン選び方
離乳食の時期によって異なる離乳食スプーンの選び方をご紹介します。

離乳初期・中期の離乳食スプーン

離乳初期・中期の離乳食スプーン
離乳初期に用意する離乳食スプーンは、柄が長く、離乳食スプーンの先端は赤ちゃんの口の半分ほどの大きさのものを選ぶと良いでしょう。離乳初期は、離乳食スプーンの先端があまり深いと食べにくいのでくぼみが浅いスプーンを用意しましょう。食べることに慣れてきた離乳中期頃には、少し大きめのスプーンに替えるのもいいですね。

離乳食の2回食はいつから始まる? 量は? あげる時間は? 手作りに便利な食材も!
離乳食の2回食はいつから始まる? 量は? あげる時間は? 手作りに便利な食材も!
赤ちゃんが離乳食を始めて1ヶ月を過ぎたくらいから、2回食への移行を始めましょう。2回食では赤ちゃんにいろいろな食材に慣れてもらうため、料理の手間も増えますね。母乳・ミルクとのバランスやよくあるトラブルなども詳しく解説します。

離乳後期・完了期の離乳食スプーン

離乳後期・完了期の離乳食スプーン
離乳後期になると、赤ちゃんにも自我が芽生え、パパママに食べさせてもらうのではなく、自分でスプーンを持ちたがるようになります。赤ちゃんが自分で離乳食を食べたがる様子が見られたら、赤ちゃんが持ちやすいスプーンに替えてあげましょう

離乳後期頃は、赤ちゃんが上からも下からもつかみやすい離乳食スプーンがおすすめです。離乳食スプーンの柄の長さは、赤ちゃんの5本指でしっかり握れるくらいが目安です。また、先端が浅すぎるとうまくすくえないので、離乳初期のスプーンよりもしっかりくぼんだものを選びましょう。

おでかけ用の離乳食スプーンがあると便利

おでかけ用の離乳食スプーンがあると便利
お出掛け時の離乳食スプーンは、持ち運ぶことを考えるとケース付きがベストです。使い慣れた離乳食スプーンでないと離乳食を食べないこともあるので、離乳食スプーンを買う時にケース入りを選び、外出先でもお家で使っている離乳食スプーンを使うのもおすすめです。

リッチェル おでかけランチくん レトルトパウチ用スプーン

レトルトパウチ用のスプーンは、お出かけ先でレトルトパウチの離乳食をあげる場合、柄の長いスプーンがあるとお皿に移す手間いらずで、底に溜まった離乳食をすくう時もパパママの手が汚れにくい便利なアイテムです。小包装になっているので、衛生的で赤ちゃんにも安心ですね。

使い捨てできる離乳食スプーンもあり、個包装になっているタイプだと、バッグにそのまま入れていても汚れないので安心ですね。また、柄が長い離乳食スプーンならレトルトパウチの奥まですくえます。レトルトパウチの離乳食をあげる時も、パパママの手が汚れないので後片付けも簡単ですよ。

離乳食スプーンの消毒は必要?

離乳食スプーンの消毒は必要?
哺乳瓶は使うたびに消毒が必要でしたが、離乳食スプーンはそこまで神経質になる必要はありません。離乳食が始まる生後5ヶ月~生後6ヶ月頃は、なんでも口に入れる時期です。口を使っていろいろと確かめる中で、知らずに雑菌も取り込んでることでしょう。

離乳食スプーンは消毒しなくても大丈夫ですが、哺乳瓶などの消毒の際に、離乳食スプーンも一緒に消毒できるのであれば手間はかかりませんね。離乳食スプーンの基本は洗剤洗いだけで大丈夫ですが、洗った後は水分を拭き取って雑菌が繁殖しないようにだけ気をつけましょう。離乳食の食器は使ったらすぐに洗うようにし、離乳初期は赤ちゃん用のスポンジと分けると安心です。

離乳初期・中期におすすめの離乳食スプーン9選

赤ちゃんに食べさせやすいものや長く使えるものなど、おすすめの離乳食スプーンを紹介します。

おすすめの離乳食スプーン1:レック アンパンマン 離乳食スプーン S

レック アンパンマン 離乳食スプーン S

529円(01/21 15:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

離乳初期でまだ口の小さい赤ちゃんにもぴったりサイズのスプーンです。アンパンマンの顔の裏側には器にひっかけることができる突起がついているので便利ですよ。またアンパンマンの顔は赤ちゃんの喉をつかないように目印になります。おでかけする際は持ち運びやすいようにケースが付いているのも嬉しいポイントですね。2つのサイズ展開があり、Sサイズは離乳初期、Mサイズは離乳中期におすすめです。

素材 シリコン
参考年齢 生後5ヶ月~
特徴 食洗機、煮沸消毒OK

おすすめの離乳食スプーン2:SKATER マッシャー and スプーン

ミッキーのイラストがかわいい離乳食スプーンです。一番の特徴は、スプーンのすくう側とは反対にマッシャーがついている点です。離乳初期~中期では食材を食べやすくするためにマッシャーが活躍するので、お家や外出先でもスプーン1本で対応できとても便利ですよ。持ち運びに便利なケースも付いています。ミッキーのイラストの他、ハローキティやいないいないばあのワンワンのイラストのスプーンも販売されているので、好みのデザインを選んでみてくださいね。

素材 ポリプロピレン、エラストマー樹脂
特徴 煮沸消毒OK

おすすめの離乳食スプーン3:ピジョン 離乳スプーン

ピジョン 離乳スプーン

411円(01/21 15:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

スープや果汁を飲ませるのに便利なピジョンの離乳食スプーンです。形が哺乳瓶に似ていることで、スプーンに慣れない赤ちゃんも受け入れやすい工夫がされています。スプーンをどうしても嫌がってしまう赤ちゃんは、このピジョンの離乳食スプーンがおすすめですよ。哺乳瓶を押すとスプーンの先には5ccのスープや果汁が出てくる点も便利という声もあがっています。スプーンに慣れさせる練習や、水分補給にも便利な離乳食スプーンです。

素材 ポリプロピレン
特徴 煮煮沸、薬液、電子レンジ消毒OK

おすすめの離乳食スプーン4:コンビ teteo フィーディングスプーン

離乳食のファーストスプーンにぴったりなゴックンスプーンと、量と回数が増えてからのモグモグスプーンのセットです。ゴックンスプーンの先端はやわらかいシリコン製で口当たりもなめらかです。スプーン1本を収納できるケースが付いています。

素材 ポリプロピレン・シリコン
参考年齢 生後5ヶ月~
特徴 食洗機、電子レンジOK

おすすめの離乳食スプーン5:リッチェル おでかけランチくん 離乳食スプーンセット

お出掛けにも持っていける、ケース付きのスプーン2本セットです。赤ちゃんの口に優しいやわらか素材のフーディングスプーンは、柄が波打ったデザインが特徴的です。このナミナミラインが赤ちゃんの口を隠さず、パパママ目線で食べさせやすいスプーンです。

素材 ポリプロピレン・シリコン
特徴 食洗機、電子レンジOK(ケースを除く)

おすすめの離乳食スプーン6:Rattle Wood ベビー スプーン

あたたかみのある木製の離乳食スプーンです。食品衛生検査に合格したものなので、赤ちゃんにも安心して使うことができますね。木製のスプーンは口当たりもよく、ママの使いやすさにもこだわって作られています。食材をマッシュするのにも使えるので便利です。天然素材にこだわりのあるママにもおすすめのスプーンですよ。

素材 木製(サオ材 ウレタン塗装マット仕上げ)
対象年齢 離乳食
特徴 食洗機、電子レンジNG

おすすめの離乳食スプーン7:エジソン 離乳食スプーン3本セット

浅めでペースト状の離乳食を食べさせやすいスプーン、食材がこぼれにくいスープスプーン、具だけすくえる穴あきスプーンの3本セットです。どのスプーンも、食べさせながら食材を潰せるマッシャー機能付きなのが嬉しいですね。

素材 ポリプロピレン
対象年齢 生後5ヶ月〜
特徴 食洗機、電子レンジOK

おすすめの離乳食スプーン8:グリーンスプラウツ ラーニングスプーンセット

パパママが食べさせるためのスプーンと、赤ちゃんがつかみやすいベビースプーンのセットです。口当たりの良さと耐久性の高さという、シリコンとステンレスの良いとこどりした長く使えるスプーンです。

素材 シリコン・ステンレス
対象年齢 生後6ヶ月〜、生後9ヶ月〜
特徴 食洗機、電子レンジOK

おすすめの離乳食スプーン9:森修焼 ベビースプーン

シンプルで飽きのこない、日本製のベビースプーンです。赤ちゃんの口に入れるものだからこそ、安心で安全な素材にこだわって作られています。汚れが付きにくく落ちやすいのでお手入れは簡単ですよ。陶器製ですが、電子レンジや食洗器も使えます。

素材 陶器
特徴 食洗機、電子レンジOK

離乳後期・完了期におすすめの離乳食スプーン5選

続いては離乳後期、完了期におすすめな離乳食スプーンのご紹介です。

おすすめの離乳食スプーン10:ラトルウッド キッズ スプーン フォーク セット

温かみのある木の風合いが魅力的な、スプーン2本とフォークのセットです。小さい手でも持ちやすいように考えて作られており、しっかり赤ちゃんの手にフィットしてくれますよ。

素材 天然木
対象年齢 生後7ヶ月〜
特徴 食洗機・電子レンジNG

おすすめの離乳食スプーン11:リッチェル トライ やわらかにぎにぎスプーン・フォークセット

やわらか素材でお口に優しく握りやすい、スプーンとフォークのセットです。食べやすい角度とすべりにくい持ち手で、しっかり握って食べやすいのが嬉しいポイントですね。

素材 ポリプロピレン・シリコン
対象年齢 生後7ヶ月〜
特徴 食洗機・電子レンジOK

おすすめの離乳食スプーン12:ののじ 新はじめてのカトラリーセット

グッドデザイン賞を受賞した、赤ちゃんが食事と向き合うためのカトラリーセットです。赤ちゃんの一口分のフーディングスプーン、すくって口に運ぶがスムーズにできるスプーンとフォークの3本セットです。ゆるやかにカーブしたハンドルが食べさせやすさ、食べやすさのポイントですよ。

素材 ステンレス
対象年齢 生後4ヶ月〜
特徴 食洗機・電子レンジNG
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安は? 体重や身長は? 寝返り&スプーン練習スタート!
生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安は? 体重や身長は? 寝返り&スプーン練習スタート!
生後4ヶ月の赤ちゃんは、どのくらい成長しているのでしょうか? この時期は、誤飲などもあるので目が離せません。生後4ヶ月の赤ちゃんの成長目安や発達、お世話について詳しく紹介します!

おすすめの離乳食スプーン13:ピジョン 食べるnoおうえん スプーン&フォークforベビー ケース付き

カラフルカラーとスマイルマークが可愛いスプーンとフォークのセットです。すくいやすい角度のスプーン先端は、口に入れやすく一口で残さず食べられる適量サイズです。すべりにくい素材で握りやすい柄の先端は球状になっており、お皿への滑り落ちを防いでくれますよ。

素材 ポリプロピレン
対象年齢 生後12ヶ月〜
特徴 食洗機・電子レンジOK

おすすめの離乳食スプーン14:オクソートット フォーク&スプーンセット

スタイリッシュなデザインとカラフルカラーがとてもおしゃれなスプーンとフォークです。やわらかくてすべりにくい持ち手グリップは、赤ちゃんの小さい手でも持ちやすい設計です。

素材 ポリプロピレン・ステンレス
対象年齢 生後12ヶ月〜
特徴 食洗機・電子レンジNG

まとめ

まとめ
離乳食の時期によって離乳食スプーンの使い方や必要な要素が変わるので、赤ちゃんの成長に合わせて離乳食スプーンを選びましょう。それぞれの時期に合った離乳食スプーンがセットになっているものや。赤ちゃんが好きなキャラクターもののリニュ色スプーンを選んでもいいですね。離乳食の時間を楽しく過ごせるように、パパママも赤ちゃんも使いやすい離乳食スプーンを探してみましょう。

キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
りんごといえば風邪の時の病人食として活躍しますね。赤ちゃんの離乳食にも向いていると思うママも多いでしょう。では、具体的にいつごろから赤ちゃんにりんごを与えても良いのでしょうか? アレルギー対策は? レシピや保存方法についても詳しく説明します。
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!
離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
赤ちゃんの生後5ヶ月ごろから始まる離乳食。手間がかかる離乳食作りの強い味方が「ブレンダー」です。ブレンダーは離乳食作りにかかる時間を大幅に短縮してくれて、忙しいママにおすすめ。ブレンダーは、離乳食作りにどう使えるのか、離乳食におすすめのタイプなどを筆者の実体験からご紹介します!
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食はお粥や野菜からスタートしますが、徐々に魚や豆腐からタンパク質を取る必要がありますよね。しらすは栄養素も豊富で、離乳食にぴったりの食材です。しらすはいつからあげていいでしょうか? アレルギーや塩抜き、冷凍保存方法、レシピもご紹介します。
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
さつまいもは、甘くて赤ちゃんにも食べやすい食材です。離乳初期からさつまいもを食べさせてもいいのでしょうか? 固いさつまいもを簡単に下ごしらえする方法も知っておくと便利ですよ。アレルギーや調理する時の注意点、おすすめのレシピなども紹介します。
離乳食になすはいつから食べられる? 冷凍保存はできる? 下ごしらえの方法や簡単レシピ集
離乳食になすはいつから食べられる? 冷凍保存はできる? 下ごしらえの方法や簡単レシピ集
どんな料理にも相性がいい「なす」。しかし「離乳食はいつから使えるの?」「種や皮は取り除くべき?」と悩む食材でもあります。せっかく離乳食を作るなら、赤ちゃんに美味しく食べて欲しいですよね! 離乳食になすが使える時期やアレルギー、レシピなど詳しく紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!