離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!

離乳後期はいつから?

離乳後期はいつから?

生後9ヶ月〜10ヶ月頃が離乳後期の目安

離乳後期は生後9ヶ月〜10ヶ月頃からが目安です。モグモグ期を進めると、赤ちゃんは茹でた野菜や魚など舌でつぶせるくらいの固さの食材を食べられるようになっていきます。離乳後期へステップアップする基準としては、このモグモグ期で柔らかいかたまりの食材を口を動かしモグモグして食べる、離乳食を手づかみで食べようとするなどがあげられます。赤ちゃんがこのように食事をするようになれば離乳後期に進んでいきましょう。

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。
生後9ヶ月の離乳食の量や進め方は? 手づかみレシピや1日のスケジュール
生後9ヶ月の離乳食の量や進め方は? 手づかみレシピや1日のスケジュール
生後9ヶ月を過ぎると離乳食は3回食になります。でも、どのタイミングで3回食にしたらいいの? 1回の量はどのくらい? といったさまざまな疑問が出てきますよね。生後9ヶ月の離乳食の量や進めるコツ、手づかみレシピなどについて解説します。
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数と量は?
生後9ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数と量は?
生後9ヶ月の赤ちゃんはどのくらい成長するの? 平均身長や体重、授乳と離乳食の回数、睡眠の特徴などをチェックしてみましょう! 生後9ヶ月の赤ちゃんと一緒にパパママも楽しめるおすすめの遊び方を紹介するので、ぜひやってみてくださいね。
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
少しずつ行動範囲が広がり始める生後10ヶ月の赤ちゃん。体重や身長はどのくらいになるのでしょうか? 気になる発達の特徴やお世話のポイント、遊び方などを紹介します。たくさんコミュニケーションをとって赤ちゃんとの楽しい生活を満喫しましょう。

離乳後期の進め方のポイント

離乳後期の進め方のポイント
離乳後期には少しずつ歯も生えてきている時期ですが、固すぎる食材は噛み切れません。食材はバナナくらいの固さが調度良いでしょう。ご飯は5倍がゆ~軟飯へと進めていきます。離乳食作りは手間がかかりますが、1回の食事で主食、主菜、副菜と栄養バランスの取れた献立が理想的です。

この時期の赤ちゃんは急激に成長するため、鉄分が不足しやすくなります。そのため鉄分補給が出来るようなメニューも大切です。栄養バランスを考慮しながら毎日すべてを手作りするのも大変なので、ベビーフードを活用しても良いでしょう。手づかみ食べも始まるため、野菜スティックやおにぎりなど赤ちゃんが握りやすいメニューも加えてください。食欲をそそるよう彩りも考慮してみると良いですね

食材によっては大人と同じものを取り分けても構いませんが、味が濃すぎるものは控えましょう。食材そのものの味を覚える時期でもあるため味付けは風味付け程度でOKです。離乳後期では3回食が始まるため、朝、昼、夜という食事のリズムを覚えさせることも大切です。おやつはまだあげる必要はありません。おやつを食べすぎると離乳食が進まなくなることもあるため、ぐずった時の気分転換程度にしておきましょう。出来るだけ一緒に食事をして楽しい食卓作りをしていきましょうね。

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
バナナは栄養豊富で甘みもあり赤ちゃんも食べやすいため、離乳食にはぴったりの食材です。冷凍保存も可能なので、時短レシピにも活用できますよ。バナナのアレルギーや加熱調理が必要なことも知っておきましょう。バナナの食べさせ方やおすすめレシピなどを紹介します。
人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
離乳食がそろそろ始まる生後5ヶ月の赤ちゃんがいる方、離乳食は始まったけど今後どう進めて行ったらいいのか分からない方には離乳食アプリがおすすめ。離乳食アプリのメリットや人気の離乳食アプリを紹介します!

離乳後期の1日のスケジュール例

時間 食事内容
6:00 フォローアップミルク
10:00 離乳食+フォローアップミルク
12:00 おやつ
14:00 離乳食+フォローアップミルク
18:00 離乳食+フォローアップミルク
22:00 フォローアップミルク

離乳後期は、1日3回食にステップアップし、離乳食をあげる間隔は3~4時間があくようにしましょう。1日3回食に慣れたら、パパママと同じ時間に離乳食を食べれるようにします。夜の離乳食は、遅くても19時までに食べ終えるようにしましょう。離乳食で栄養が足りていない分をフォローアップミルクで補う場合があります。おやつはあげなくても大丈夫ですが、気分転換程度にあげる場合は、甘みの少ない赤ちゃんせんべいやビスケットを1〜2枚程度あげても大丈夫です。おやつをあげる時は、離乳食に差し障りのない時間にあげるようにしましょう。

フォローアップミルクは絶対に必要? いつからいつまで飲ませるの? おすすめ5選!
フォローアップミルクは絶対に必要? いつからいつまで飲ませるの? おすすめ5選!
赤ちゃんの離乳食が進むと、育児用ミルクからフォローアップミルクへ切り替えを考えるパパママもいるのではないでしょうか。フォローアップミルクと育児用ミルクの違いを理解して、赤ちゃんの成長にあった栄養補給を行えると良いですね。フォローアップミルクのおすすめ商品もご紹介します。

離乳後期の1回の食事量

離乳後期の1回の食事量
離乳食はたくさん食べる赤ちゃんもいれば少量でも満足する赤ちゃんもいますので、あくまで目安として確認してください。まずはご飯やパンなどの炭水化物についてです。5倍がゆなら90g、軟飯なら80gが目安です。子供茶碗に軽く一杯くらいの分量ですね。サンドイッチ用の食パンなら1枚、ゆでうどんなら1/3玉が目安です。 ビタミンやミネラルを補給する野菜や果物はどちらも30~40gが目安です。ミニトマト一個が10g程なので、それを基準に考えるとわかりやすいですね。続いてタンパク質です。魚や肉は15g、豆腐なら45g、全卵だと1/2個、ヨーグルトやチーズなどの乳製品の場合は80gが目安です。

赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
ヨーグルトは赤ちゃんにとって必要なカルシウムが豊富で、ぜひ離乳食に取り入れたい食材です。ただし、赤ちゃんに食べさせるときはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。ヨーグルトの選び方や食べさせ方とあわせて紹介していきます。
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。
離乳食で食パンはいつからOK? パン粥やおすすめレシピ、使えるパンの種類も紹介
離乳食で食パンはいつからOK? パン粥やおすすめレシピ、使えるパンの種類も紹介
離乳食での主食はご飯だけでなく、食パンも取り入れることができますが、いつからどのようにあげてもいいのでしょうか? おすすめレシピや添加物が含まれていない食パンの選び方、ロールパンなど初期~完了期にあげることができるパンの種類も紹介します。

離乳後期から食べられる食材

種類 食材
炭水化物 米(5倍がゆ~軟飯)
タンパク質 あじ、いわし、さんま、豚肉・牛肉(赤身)、ツナ缶
野菜・いも類 ねぎ、にら、山芋
卵・乳製品 卵(全卵1/2)
海藻 わかめ

離乳後期では食べられる食材が増えますが、噛み切りにくい貝類やお刺身などの生魚は消化に悪いのであげないようにしましょう。離乳後期から山芋をあげることができますが、生のものをあげると口まわりがかゆくなるので、加熱したものをあげるようにしましょう。

生後11ヶ月は離乳後期! 離乳食のスケジュールや進め方のポイントは?
生後11ヶ月は離乳後期! 離乳食のスケジュールや進め方のポイントは?
生後11ヶ月の離乳食は、離乳後期の後半に入ります。完了期(生後12ヶ月以降)に向けて、生後11ヶ月の食事の量や食材の固さはどれくらいがいいのだろうかと悩みませんか? 生後11ヶ月の離乳食の進め方のポイントや離乳食を食べてくれない時の対策方法を紹介します。

離乳後期におすすめな鉄分が含まれる食材

離乳後期におすすめな鉄分が含まれる食材
「肉」「魚」「大豆」「野菜」の中でも鉄分補給におすすめの食材をご紹介します。肉類ではレバーや赤身肉、魚であればかつおやマグロがおすすめです。大豆製品では、納豆やきな粉、高野豆腐も良いでしょう。野菜では小松菜やほうれん草、海藻ならひじきや青のりを食べるように意識してください。鉄分が不足して鉄欠乏性貧血になると、「身長が伸びない」「言葉が理解できない」「爪が皮膚に食い込む」など成長にも影響を及ぼすこともあります。そのため鉄分が含まれる食材を離乳食の献立に積極的に取り入れていきましょう。

離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
鉄分が豊富なほうれん草は、いつから赤ちゃんに食べさせてもいいのでしょうか? ほうれん草は正しくあく抜きをして下ごしらえしないと、赤ちゃんが食べてくれないことがあります。調理や冷凍保存の方法、離乳初期、中期、後期、完了期のレシピなどを紹介します。

離乳後期は鉄分が豊富な鶏レバーがおすすめ

離乳後期は鉄分が豊富な鶏レバーがおすすめ
レバーの中でも臭みが少なく柔らかいため、離乳後期の食材として鶏レバーは最適です。鶏レバーは鮮度が重要な食材なので購入したらすぐに下処理をするようにしましょう。下処理したレバーはそのまま冷凍保存が出来るため、小分けにして保存しておけば少しずつ離乳食に加えられるため便利です。冷凍レバーは1週間を目安に使い切るようにしてください。

冷凍レバーはおろし金ですりおろすと簡単になめらかにすることができます。鶏レバーは臭みが少ないとはいえ、食感や味にクセがあるためそのままでは食べてくれないということも多いようです。そのためすりおろしたり細かく刻んで他の料理に混ぜたりしながら取り入れていきましょう。レバーの活用メニューとしては、ひき肉と混ぜてハンバーグにする、野菜と一緒に煮込んでスープにする、トマトソースに混ぜて料理にかけるなどがおすすめです。市販のベビーフードにも、レバーを使った料理やレバーペーストがあるため、ぜひ活用してみてください

離乳食に活躍! 和光堂のベビーフードのおすすめ商品は? 選び方や使い方は?
離乳食に活躍! 和光堂のベビーフードのおすすめ商品は? 選び方や使い方は?
離乳食といえば「毎日手作りが大変」「せっかく作ったのに食べてくれない」といった悩みがありませんか? そんな時は和光堂のベビーフードがおすすめ! 和光堂は毎日の離乳食をサポートしてくれるポイントがたくさんあります。月齢別におすすめ商品を紹介します。

離乳後期のおすすめメニュー

離乳後期のおすすめメニュー
離乳後期には、手づかみ食べが出来るメニューや多種類の食材を混ぜて作れるメニューがおすすめです。例えば、軟飯に野菜や魚などを混ぜて一口大に丸めたおにぎりです。ホットケーキやサンドイッチも手で食べられるためおすすめです。食材単体では赤ちゃんが食べてくれないという場合には、肉や魚、野菜などを混ぜて作れるおやきやお好み焼きもおすすめです。

また、野菜や肉を煮込んで作るミートソースもいつもの料理に加えるだけで味の変化が楽しめ栄養バランスも取れるため人気です。野菜をたくさん使えるスープや煮物なども離乳後期には最適です。スープは離乳初期からも食べさせられて、月齢に合わせて食材の大きさや固さをステップアップさせていけるため離乳食の定番メニューとなっています。調味料は離乳中期から使えるバターや砂糖に加え、塩やしょうゆ、みそなども少量使用出来るようになります

遊び食べによる服や床などの汚れ対策がおすすめ

遊び食べによる服や床などの汚れ対策がおすすめ
赤ちゃんにとって食べ物は初めて見る不思議なものばかりです。おもちゃと食べ物の区別はまだつかないため、興味を持つと手で触って潰して投げて…と、食卓はぐちゃぐちゃになってしまいます。パパママを悩ませる遊び食べですが、これも立派な成長の証です。遊び食べを通じて赤ちゃんは指先で食材の感覚を確かめたり、自分で食べ物を上手に口に運ぶ練習をしていくのです。そのため出来るだけ見守ってあげましょう。離乳食が床に落ちても掃除しやすいようテーブルの下に食べこぼしマットを引く、カーペットの上では食べさせないなどの汚れ対策をすることで、お掃除のイライラを防ぐことができます

遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
子供や赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」「手で料理をコネコネする」など、遊び食べにイライラするパパママも多いでしょう。子供の栄養面を考えると無理にでもご飯を食べさせるべきか悩みますよね。遊び食べの原因や効果的な対処方法を詳しく解説します。

まとめ:離乳食トレーニングも後半戦、赤ちゃんと一緒に食事を楽しみましょう

まとめ:
離乳後期になると、食べられる食材や調味料が増え、手づかみ食べも始まるためメニューの幅も広がっていきますね。離乳食を考えるのは一苦労ですが、ベビーフードも活用しながら赤ちゃんにたくさんの味や食感を覚えさせてあげてくださいね!

キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
りんごといえば風邪の時の病人食として活躍しますね。赤ちゃんの離乳食にも向いていると思うママも多いでしょう。では、具体的にいつごろから赤ちゃんにりんごを与えても良いのでしょうか? アレルギー対策は? レシピや保存方法についても詳しく説明します。
離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
赤ちゃんの生後5ヶ月ごろから始まる離乳食。手間がかかる離乳食作りの強い味方が「ブレンダー」です。ブレンダーは離乳食作りにかかる時間を大幅に短縮してくれて、忙しいママにおすすめ。ブレンダーは、離乳食作りにどう使えるのか、離乳食におすすめのタイプなどを筆者の実体験からご紹介します!
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食はお粥や野菜からスタートしますが、徐々に魚や豆腐からタンパク質を取る必要がありますよね。しらすは栄養素も豊富で、離乳食にぴったりの食材です。しらすはいつからあげていいでしょうか? アレルギーや塩抜き、冷凍保存方法、レシピもご紹介します。
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
さつまいもは、甘くて赤ちゃんにも食べやすい食材です。離乳初期からさつまいもを食べさせてもいいのでしょうか? 固いさつまいもを簡単に下ごしらえする方法も知っておくと便利ですよ。アレルギーや調理する時の注意点、おすすめのレシピなども紹介します。
離乳食になすはいつから食べられる? 冷凍保存はできる? 下ごしらえの方法や簡単レシピ集
離乳食になすはいつから食べられる? 冷凍保存はできる? 下ごしらえの方法や簡単レシピ集
どんな料理にも相性がいい「なす」。しかし「離乳食はいつから使えるの?」「種や皮は取り除くべき?」と悩む食材でもあります。せっかく離乳食を作るなら、赤ちゃんに美味しく食べて欲しいですよね! 離乳食になすが使える時期やアレルギー、レシピなど詳しく紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!