赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介

赤ちゃんにヨーグルトをあげていいのはいつから?

赤ちゃんにヨーグルトをあげていいのはいつから?
赤ちゃんがヨーグルトを食べられるのは生後7~8ヶ月頃、離乳食中期以降が基本です。ベビー用のヨーグルトなど、製品によっては離乳食をスタートして1ヶ月過ぎた頃から食べられるものもあります。ヨーグルトは加熱せずにそのまま食べさせることができ、離乳食期にとてもおすすめな食材です。ぜひ積極的に取り入れてくださいね。

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳食初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

赤ちゃんにあげるヨーグルトはどれがいい?


市販のヨーグルトにはたくさん種類があるので、どれを買うべきか迷ってしまうパパママも多いのではないでしょうか。赤ちゃんのヨーグルトの選び方やポイントをみていきましょう。

基本は砂糖不使用のプレーンタイプ

明治 ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン【クール便】(400g×6コ) 特定保健用食品

まずは原材料をチェック。砂糖などの甘味料が含まれていないものを選びましょう。加糖タイプは甘みが強く赤ちゃんにとって糖分が多すぎるため、離乳食での使用はおすすめできません。
離乳食初期(生後5~6ヶ月頃)は調味料などで味付けをせず、離乳食中期(生後7~8ヶ月)以降も調味料はなるべく使わないか、ごく少量におさえることが基本。無糖タイプを選んで、素材そのものの味を教えてあげましょう。

酸味が苦手な赤ちゃんは「生乳100%」がおすすめ

【高千穂牧場】プレーンヨーグルト(食べるタイプ)450g*3個セット 香料・砂糖不使用 生乳100%使用

酸っぱいものが苦手な赤ちゃんには生乳100%のヨーグルトがおすすめ。酸味が控えめなので、砂糖などを加えなくても食べやすいものが多いですよ。

ベビー用なら加糖もあり

ダノン ベビーダノン いちご (45g×4) 6パック入

ベビー用のヨーグルトは、加糖タイプでも甘さ控えめで糖分の量も調節されているため、安心して食べさせることができます。ただし与えすぎには注意してくださいね。

はちみつが入っていないか要注意!

はちみつが入っていないか要注意!
はちみつは1歳未満の赤ちゃんには厳禁です。はちみつにはボツリヌス菌が混入していることがあり、「乳児ボツリヌス症」と呼ばれる神経麻痺性の中毒症状を起こす恐れがあります。ヨーグルト製品の中にははちみつが含まれているものもありますので、購入する際にはパッケージの原材料表示をよく確認しておきましょう。

関連リンク

消費者庁 ハチミツによる乳児のボツリヌス症

赤ちゃんにヨーグルトをあげるときの注意点

赤ちゃんにヨーグルトをあげるときの注意点
ヨーグルトや牛乳、チーズなどの乳製品は赤ちゃんが食物アレルギーを起こしやすい食材のひとつ。特に初めて食べさせるときには注意が必要です。

最初は小さじ1杯の量から

最初は小さじ1杯の量から
他の食材と同様に、最初は小さじ1杯から始めて徐々に量を増やしていきます。初めて食べさせるときは平日の午前中に。万が一アレルギー反応が出てもすぐに病院を受診できるようにしておきます。特に、パパママに乳製品アレルギーがある場合は要注意。赤ちゃんもアレルギーを起こす恐れがあります。気になることがあるときは、赤ちゃんに食べさせる前にあらかじめかかりつけの小児科医に相談しておくとよいでしょう。

異変を感じたら病院に相談

異変を感じたら病院に相談
ヨーグルトを食べたあとに次のような症状が見られる場合は、乳製品に対するアレルギーを起こしている可能性がありますので、すぐに医療機関を受診しましょう。

  • 湿疹・じんましんなどの皮膚の異常
  • 吐き気や嘔吐、下痢
  • 呼吸困難
  • ぐったりしていて元気がない

なお、下痢の症状だけがみられ他に異常がないときは乳糖不耐症かもしれません。乳糖不耐症とは、乳製品に含まれる乳糖をうまく分解できず、下痢や腹痛などを起こしてしまう体質のことです。乳製品アレルギーと乳糖不耐症のどちらも症状の程度には個人差があり、人によって対処方法が異なります。自己判断で乳製品を除去するのではなく、まずは病院で相談しましょう

子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。

赤ちゃんOK 市販のおすすめヨーグルト


赤ちゃんも食べられるおすすめのヨーグルトをご紹介します。ヨーグルトはメーカーによってさまざまな特徴があるので、ぜひ参考にしてくださいね。

森永乳業 ビヒダスBB536プレーンヨーグルト 400g 無糖

大腸まで届くビフィズス菌「BB536」配合。整腸作用のほか、ウイルスへの感染予防や花粉症などのアレルギーの予防に効果があるとされています。原材料がシンプルなので、赤ちゃんにも安心して食べさせることができますね。

小岩井乳業 生乳100%ヨーグルト 400g

小岩井 生乳100%ヨーグルト400g 6個セット

小岩井 生乳100%ヨーグルト400g 6個セット

1,750円(12/05 23:18時点)
Amazonの情報を掲載しています
生乳100%タイプのヨーグルトです。酸味が控えめでとてもクリーミー。使用されているビフィズス菌「BB-12」は他のビフィズス菌に比べて腸管細胞への付着性が高いことが特徴です。お腹の調子を整える、免疫力を高めるなどの効果が期待できます。

明治 プロビオヨーグルトLG21 プレーン 112g(12個セット)

商品名にもなっている「LG21」という乳酸菌は胃粘膜に付着しやすく、ピロリ菌の活動の抑制などに効果があるとされています。少量タイプなので使い切りにも便利ですね。

ダノン ダノンビオプレーン 砂糖不使用 4ポット

製品中のビフィズス菌「BE80」は、食べ物が腸の中を通過する時間を短縮させる働きがあるため、便秘の予防・改善などの効果が期待できます。
なお、こちらのヨーグルトは原材料にゼラチンを含みます。ダノンの公式ホームページによると離乳食期から食べられるとのことですが、ゼラチンアレルギーが心配というパパママの声も聞かれます。ゼラチンの摂取は1歳以降が推奨されていますので、こちらを食べさせる場合は1歳を過ぎてから、ゼラチンのアレルギーがないことを確認しておくと安心でしょう。

ダノン ベビーダノン 黄色の野菜10

かぼちゃやさつまいも、小松菜などの10種類の野菜ソースが入ったヨーグルトです。野菜嫌いな子でも食べやすく、おいしく栄養を摂ることができますよ。

ママおすすめのヨーグルトアレンジレシピ!

ママおすすめのヨーグルトアレンジレシピ!
そのまま食べてもおいしいヨーグルトですが、他の食材を加えてアレンジすることでヨーグルトには含まれていない栄養を補うことができます。また、赤ちゃんの味覚の発達や食欲増進にもつながりますので、ぜひ作ってみてくださいね。

定番アレンジ バナナヨーグルト

荒くすりつぶしたバナナをヨーグルトで和えるだけで、あっという間に出来上がり。バナナの優しい甘みが加わるので、ヨーグルトの酸味が苦手な赤ちゃんでも食べやすくなりますよ。

関連リンク

cookpad 【離乳食】バナナヨーグルト

離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
バナナは栄養豊富で甘みもあり赤ちゃんも食べやすいため、離乳食にはぴったりの食材です。冷凍保存も可能なので、時短レシピにも活用できますよ。バナナのアレルギーや加熱調理が必要なことも知っておきましょう。バナナの食べさせ方やおすすめレシピなどを紹介します。

手づかみ食べに さつまいものヨーグルトボール

茹でてつぶしたさつまいもとヨーグルトを混ぜて、コロコロとボールの形に丸めるだけ。見た目もかわいいので、赤ちゃんも喜んでくれそうですね。手づかみ食べにもおすすめです。

関連リンク

cookpad 離乳食☆さつまいものヨーグルトボール

記念日におすすめ! ヨーグルトケーキ

ヨーグルトと食パン、苺、ボーロがあれば赤ちゃんでも食べられるケーキができちゃいます! 1歳の誕生日には手作りのケーキをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

関連リンク

cookpad 1歳の誕生日に♪離乳食ケーキ

離乳食中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
離乳食中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんが上手にゴックンができるようになると、離乳食中期にステップアップします。離乳食中期はモグモグ期とも呼ばれ、赤ちゃんが食材を舌で潰し、口をモグモグと動かして食べる練習をします。離乳食中期の赤ちゃんに合った食事方法ができるように、離乳食初期から調理の仕方を変える必要がありますね。離乳食中期の進め方のポイントや離乳食中期から食べられる食材もご紹介します。
離乳食後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳食後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳食後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳食中期から離乳食後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳食後期の進め方のポイントや、離乳食後期から食べられる食材などをご紹介します。
離乳食完了期(パクパク期)の進め方とおすすめレシピを紹介!
離乳食完了期(パクパク期)の進め方とおすすめレシピを紹介!
離乳食完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳食完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。

赤ちゃんとヨーグルトQ&A

赤ちゃんとヨーグルトQ&A
赤ちゃんにヨーグルトを食べさせるときの疑問や気になる点についてお答えします。

1日に食べて良い量はどのくらい?

月齢 1回あたりのヨーグルトの量
7~8ヶ月頃 50~70g
9~11ヶ月頃 80g
1歳~1歳6ヶ月頃 100g

上表は、ヨーグルトのみで赤ちゃんに必要なタンパク質を摂る場合の目安です。大豆製品や魚、肉など、他のタンパク質源となる食品とバランスよく組み合わせて、ヨーグルトの量を調整してくださいね。

冷たいままあげても良い?

冷たいままあげても良い?
ヨーグルトは加熱せずに食べさせることができます。ただし赤ちゃんが冷たいものを食べ慣れていない場合、冷蔵庫から出したばかりの冷えたヨーグルトを嫌がることもあります。慣れるまでは早めに冷蔵庫から出しておいて、常温の状態にしてから食べさせるとよいでしょう

下痢したら食べさせるのはやめた方が良い?

下痢したら食べさせるのはやめた方が良い?
ヨーグルトや牛乳などの乳製品は下痢を悪化させる恐れがあります。また、脂肪分や糖分の多いもの、食物繊維の多い野菜類など消化しにくい食材も避けるようにしましょう。

赤ちゃんはちょっとしたことでお腹を壊しやすいです。赤ちゃんの様子が元気で下痢以外に異常が見られないときは心配のないケースがほとんど。家庭で様子を見ながら、離乳食の内容や食べた量のほかに、お腹が冷えていないかなどをチェックしておきましょう。なお、乳製品を食べる度に下痢をする場合は乳糖不耐症やアレルギーの可能性が考えられますので、医療機関で相談しましょう。

余ったヨーグルトは冷凍保存できる?

余ったヨーグルトは冷凍保存できる?
甘みの入っていないプレーンヨーグルトは冷凍すると水分が分離してしまい、解凍しても元の状態には戻りません。また、風味や食感も損なわれていますので、赤ちゃんには冷蔵で保存されている新鮮なものを食べさせるようにしましょう。冷凍保存する場合はしっかり加糖したうえで、大人が食べるようにしてくださいね。

まとめ

まとめ
カルシウムや乳酸菌・ビフィズス菌など、ヨーグルトには赤ちゃんに摂取してほしい栄養がたくさん入っています。また、生のまま食べさせることもできて、アレンジが自由自在ということもおすすめのポイント。離乳食期に大活躍する食材ですので、ぜひ積極的に取り入れてくださいね。

キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!
離乳食スプーンの選び方! 離乳食初期・中期・後期・完了期のおすすめ10選
離乳食スプーンの選び方! 離乳食初期・中期・後期・完了期のおすすめ10選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富に販売されています。離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによっても選ぶ離乳食スプーンは変わってきますよね。離乳食スプーンの選び方やリッチェルやコンビなどおすすめ商品をご紹介します。
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器には、素材や形、デザインもざまざまでどれを選ぶか迷ってしまいますよね。離乳食用の食器には赤ちゃんが安全に食事をしやすいような工夫がされていて普通の食器の選び方とポイントが少し違います。この記事を参考に、赤ちゃんのための離乳食用食器を選んでみてくださいね。
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
りんごといえば風邪の時の病人食として活躍しますね。赤ちゃんの離乳食にも向いていると思うママも多いでしょう。では、具体的にいつごろから赤ちゃんにりんごを与えても良いのでしょうか? アレルギー対策は? レシピや保存方法についても詳しく説明します。
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳食初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食はお粥や野菜からスタートしますが、徐々に魚や豆腐からタンパク質を取る必要がありますよね。しらすは栄養素も豊富で、離乳食にぴったりの食材です。しらすはいつからあげていいでしょうか? アレルギーや塩抜き、冷凍保存方法、レシピもご紹介します。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!