離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介

離乳食のチーズはいつからOK?

離乳食のチーズはいつからOK?

離乳中期の生後7、8ヶ月頃からOKなチーズもある

離乳食にチーズが使えるようになるのは、生後7、8ヶ月頃の離乳中期からです。ただし、チーズは塩分と脂肪分が多いものもあるため、種類によっては離乳後期や完了期以降に与えるように気をつけるものもあります。どのチーズの種類がいつから離乳食に使っていいのかは、後ほど詳しくご説明します。

生後7ヶ月(離乳中期)はモグモグ期? 離乳食の量や進め方は? 
生後7ヶ月(離乳中期)はモグモグ期? 離乳食の量や進め方は? 
生後7ヶ月は離乳初期から中期に移行するタイミングになります。「移行する目安は?」「離乳食の1回の量はどのくらい?」「卵はどうするの?」といった疑問や悩みも増えてきます。今回は、生後7ヶ月の離乳食について解説します!
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。
離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。

チーズに含まれる栄養は?

チーズに含まれる栄養は?
チーズは牛乳の10倍もの栄養が含まれていて、栄養的にとても優れた食品です。特に豊富に含まれているのはカルシウムです。カルシウムは、一般的に体内に吸収されにくい栄養素なのですが、チーズはカルシウム吸収率が高く、小魚を食べるよりもチーズを食べる方がカルシウム摂取に有効とされています。

また、チーズのたんぱく質は、体で作ることができない必須アミノ酸を含み、赤ちゃんの健康な体作りの素になります。さらに、免疫力を高め皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAと、体の脂肪燃焼や疲労回復に役立つビタミンB2を多く含んでいます。

離乳食で食べさせていいチーズの量は?

離乳食で食べさせていいチーズの量は?
赤ちゃんに食べさせるチーズの量は、1~3gを目安にしましょう。チーズは塩分と脂肪分が多い食べ物なので、与えすぎると未熟な赤ちゃんの胃腸の負担になってしまいます

基本的にチーズは赤ちゃんに毎日食べさせていい食べ物ではありません。使う場合も、少量を調味料代わりや風味付けに使うだけにして、頻繁に使うことは避けましょう。

離乳食ではチーズのアレルギーに注意

離乳食ではチーズのアレルギーに注意
チーズは牛乳を原料としていますが、「乳」は消費者庁が指定するアレルギー表示義務7品目のうちの1つで、アレルギー症状を起こしやすく、症状も重篤とされています。

チーズを赤ちゃんに初めて食べさせる場合は、「量」と「時間」に注意してください。与える量は小さじ1杯程度にして、その後アレルギー症状が出ないかどうか様子を見ましょう。万が一アレルギー症状が出た場合に備えて、病院にかかることができる午前中のうちに試してみることも大切です。

離乳食のチーズは加熱が必要?

離乳食のチーズは加熱が必要?
チーズは、とろけるチーズ(シュレッドチーズ)だけは加熱が必要ですが、そのほかのチーズは加熱なしでそのまま赤ちゃんに食べさせることができます。ただし、モッツァレラチーズなどのナチュラルチーズの中には、非加熱のものもあるので注意が必要です。赤ちゃんには加熱殺菌してあるチーズを与え、非加熱のチーズを赤ちゃんに与える場合は加熱してから与えるようにしましょう

チーズの保存方法は? 冷凍保存できる?

チーズの保存方法は? 冷凍保存できる?
チーズは賞味期限が長めで、長く冷蔵保存しておけるものが多いです。チーズを一度開封したら、乾燥しないよう切り口をしっかりとラップで覆って、密閉できる保存容器入れ保存します。チーズはほかの食材の匂いが移りやすいので、匂いがきつい食材とは離して保存しましょう。

チーズは種類によっては冷凍できるものもあり、冷凍すれば約1ヶ月間保存可能になります。冷凍できるチーズの種類は、以下を参考にしてくださいね。ただし、一度冷凍して解凍した後は、チーズの風味や食感が変わってしまいます。解凍後は、そのまま食べずに加熱調理して食べるようにしましょう。

冷凍保存できるチーズ

  • シュレッドチーズ(ピザ用チーズ、とろけるチーズ)
  • 粉チーズ
  • スライスチーズ
  • プロセスチーズ
  • クリームチーズ
  • モッツァレラチーズ
  • カマンベールチーズ

とろけるチーズは冷凍しやすいですが、普通に冷凍すると、細かいチーズがくっついて固まり、いざ使おうとする時に不便です。そんな時はとろけるチーズをパラパラに冷凍させる方法が便利です。方法は、タッパーにとろけるチーズを入れ冷蔵庫で1時間保存後、タッパーをシャカシャカと振った後に冷凍庫で保存します。一工夫で離乳食や料理に使いやすくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

離乳食で食べさせていいチーズの種類は?

離乳食に適したチーズのそれぞれの特徴と、離乳食に使うポイントをご紹介します。

一覧

種類 初期 中期 後期 完了期
カッテージチーズ ×
リコッタチーズ ×
粉チーズ(パルメザンチーズ) ×
プロセスチーズ × ×
モッツァレラチーズ × ×
クリームチーズ × ×
マスカルポーネチーズ × ×
とろけるチーズ × ×
スモークチーズ × × ×
カマンベールチーズ × × × ×

カッテージチーズ

カッテージチーズ
カッテージチーズは、生乳から脂肪分を抜いた脱脂乳から作られたチーズで、チーズの中でも塩分と脂肪分が少なくクセがないので、離乳中期から与えることができます。

市販のカッテージチーズは、裏ごしされたなめらかなタイプと、固形分が残ったつぶつぶのタイプがあります。離乳食のおかずにトッピングしたり、野菜や果物と和えるのがおすすめです。

リコッタチーズ

リコッタチーズ
リコッタチーズは、チーズを作る時に出てくるホエイを加熱し固めてできるチーズで、低脂肪でさっぱりしています。柔らかで口当たりが良く、優しい甘みがあるリコッタチーズは赤ちゃんも食べやすいでしょう。また、塩分も少なくクセもありません。赤ちゃんには離乳中期から少しずつ与えることができます。リコッタチーズはそのまま赤ちゃんに与えてもOKですし、パンケーキなどに入れてみてもいいでしょう。

粉チーズ(パルメザンチーズ)

粉チーズ(パルメザンチーズ)
パルメザンチーズは、長い間熟成された硬いチーズで、塩分と脂肪分が濃縮されています。パルメザンチーズを細かくしたものが粉チーズです。粉チーズは塩分、脂肪分ともに他のチーズよりも多いので、赤ちゃんに与える場合は量に注意しましょう。離乳中期から、おかずにほんの少しふりかけて風味づけに使うくらいが適量です。粉チーズは、加熱せずにそのまま使うことができます。

プロセスチーズ

プロセスチーズ
プロセスチーズは、ナチュラルチーズを加工して作られたチーズです。ベビーチーズとしてもおなじみですよね。プロセスチーズは離乳後期から与えることができますが、塩分・脂肪分ともに多く、赤ちゃんに与えすぎるのはよくありません。プロセスチーズは細かく刻んで食べやすくし、少量をそのまま与えるか、風味付けに他の食材に混ぜ合わせて与えましょう。プロセスチーズは加熱の必要はありません。

塩分が控えめで、1歳から食べることができるチーズです。手づかみ食べもしやすく、歯が生えそろっていない赤ちゃんでも食べやすい工夫がされています。子供のおやつとしてもピッタリですね。

モッツァレラチーズ

モッツァレラチーズ
モッツァレラチーズは、本来は水牛の乳を原料としていましたが、現在ではほとんどが牛乳から作られています。モッツァレラチーズは塩分がとても少ないことが特徴ですが、脂肪分は多いため、離乳後期から少量を与えます。食感はとてもなめらかなので、赤ちゃんにも与えやすいでしょう。

そのまま与えても大丈夫とされていますが、最初は念のため茹でるなどして加熱してから与えるようにしましょう。加熱するととろけるので、パンなどの食材の上に少量を乗せて加熱して与えるのもおすすめです。

クリームチーズ

クリームチーズ
クリームチーズは、生クリームから、または生クリームと牛乳を合わせたものから作られるチーズで、食感は柔らかくなめらかで、やや酸味があります。塩分はそれほどではありませんが、脂肪分がとても多いチーズなので、離乳後期から少量を味付け程度で使い始めるのがいいでしょう。パンに乗せたり、フルーツと合わせたりして使ってみましょう。

マスカルポーネチーズ

マスカルポーネチーズは、生乳とクエン酸から作られ、自然な甘みがあり、とてもなめらかで固めの生クリームのような食感です。ティラミスに使われることでおなじみですよね。マスカルポーネチーズは塩分はあまり多くないものの、脂肪分が多いので、赤ちゃんには離乳後期から少しずつ与えます。フルーツと合わせたり、パンやパンケーキにつけたりして使ってみましょう。

とろけるチーズ

とろけるチーズ
ピザなどに使われるとろけるチーズは、シュレッドチーズとも言って、製品によって使われているチーズの種類はさまざまです。いずれにしても塩分と脂肪分は多いので、与え過ぎないようにします。離乳後期から、細かく刻んで少量を風味付けに使いましょう。とろけるチーズは、しっかりと加熱して使いましょう。お粥に乗せてドリア風にしたり、野菜や魚などに乗せてチーズ焼きにするのもおすすめです。

スモークチーズ

スモークチーズ
スモークチーズは、チーズを保存用に燻製して作られるチーズですが、燻製の香りが独特なので、赤ちゃんが嫌がる場合は無理に与えない方がいいでしょう。スモークチーズも塩分が高いため、与えるとしたら離乳完了期以降に、小さく切って少しだけ与えましょう。そのまま与えてもいいですし、スパゲッティの具として使うのもおすすめです。

カマンベールチーズ(離乳食には不向き)

カマンベールチーズ(離乳食には不向き)
カマンベールチーズは、白カビに包まれたチーズで、独特の風味があり、塩分・脂肪分が多いので、離乳食、幼児食には不向きです。与えるとしたら、2歳以降にした方がいいでしょう。

チーズを使った離乳食レシピおすすめ7選

チーズを使った離乳食レシピおすすめ7選
栄養豊富なチーズを使った離乳食レシピをご紹介します。

1.【リコッタチーズ使用】リコッタとバナナのパンケーキ

チーズと相性がいいバナナを使ったパンケーキレシピです。リコッタチーズを使うことでコクが出ますよ。バナナは加熱することで一層甘みが増し、赤ちゃんも食べやすくなります。手づかみ食べの練習ができるのもいいですね。

外部リンク

リコッタとバナナのパンケーキ/cookpad

2.【カッテージチーズ使用】みかんのカッテージチーズあえ

赤ちゃん向けデザートにぴったりのレシピです。カッテージチーズは淡白な味わいなので、フルーツの甘みや酸味ともよくマッチします。砂糖の量は、月齢や離乳食の段階に応じて加減しましょう。他のフルーツでアレンジするのもいいですね。

外部リンク

みかんのカッテージチーズあえ/cookpad

離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
りんごといえば風邪の時の病人食として活躍しますね。赤ちゃんの離乳食にも向いていると思うママも多いでしょう。では、具体的にいつごろから赤ちゃんにりんごを与えても良いのでしょうか? アレルギー対策は? レシピや保存方法についても詳しく説明します。

3.【モッツァレラチーズ使用】トマトとチーズのカプレーゼ

ミニトマトとモッツァレラチーズを使った、見た目もきれいなカプレーゼです。ミニトマトは普通のトマトに代えてもいいでしょう。カプレーゼなら、大人用の食事から取り分けして作れるところがいいですね。リコッタチーズなど、他のチーズに代えるのもいいでしょう。

外部リンク

トマトとチーズのカプレーゼ/cookpad

離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。

4.【クリームチーズ使用】クリームチーズオムレツ

オムレツにチーズを使うのは定番ですよね。クリームチーズはなめらかな舌触りなので、赤ちゃんも嫌がらずに食べてくれそうです。ほうれん草などの野菜を少し加えてもいいですね。アレルギー症状が出ないように、卵にはしっかりと火を通しましょう。

外部リンク

クリームチーズオムレツ/cookpad

離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介
鉄分が豊富なほうれん草は、いつから赤ちゃんに食べさせてもいいのでしょうか? ほうれん草は正しくあく抜きをして下ごしらえしないと、赤ちゃんが食べてくれないことがあります。調理や冷凍保存の方法、離乳初期、中期、後期、完了期のレシピなどを紹介します。

5.【マスカルポーネチーズ使用】よくばりパンケーキ

魚肉ソーセージといろいろなお野菜が入った、カラフルパンケーキです。マスカルポーネチーズを使うことでふわふわな仕上がりになりますよ。見た目がきれいなので、赤ちゃんが喜んでくれそうですね。ホットケーキミックスを使うので手軽に作れます。

外部リンク

よくばりパンケーキ/cookpad

6.【粉チーズ使用】こうや豆腐のグラタン

高野豆腐を使った赤ちゃん用のグラタンで、粉チーズをふってトースターで焼きます。高野豆腐はたんぱく質、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれ、赤ちゃんにぜひ食べさせたい食材です。ホワイトソースはベビーフードを使って、簡単に作るのもいいでしょう。

外部リンク

こうや豆腐のグラタン/palsystem

離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食に豆腐はいつから使えるのでしょうか。アレルギーや下ごしらえ、保存方法も気になりますね。離乳食といえば絹ごし豆腐のイメージですが、木綿豆腐や高野豆腐、玉子豆腐は? 離乳食にまつわる豆腐のこと、離乳食時期別レシピもあわせて紹介します。

7.【とろけるチーズ使用】しらすチーズトースト

しらすとチーズが相性抜群のチーズトーストです。しらすはたんぱく質、カルシウム、鉄分などが含まれ、赤ちゃんの丈夫な体作りに役立ちます。レシピでは、小さく切ったお野菜を一緒に入れることもおすすめされていますよ。簡単に作れて、朝食や昼食にぴったりの1品です。

外部リンク

しらすチーズトースト/cookpad

離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食はお粥や野菜からスタートしますが、徐々に魚や豆腐からタンパク質を取る必要がありますよね。しらすは栄養素も豊富で、離乳食にぴったりの食材です。しらすはいつからあげていいでしょうか? アレルギーや塩抜き、冷凍保存方法、レシピもご紹介します。

まとめ

まとめ
離乳食向けに、さまざまな種類のチーズについてご紹介しました。体内吸収率が高いチーズは、カルシウム摂取に最適ですが、塩分や脂肪分が多いチーズもたくさんあることに注意が必要です。赤ちゃんには塩分や脂肪分がなるべく少ないチーズを選び、使いすぎないように気をつけましょう。チーズは種類によって風味や食感が変わります。赤ちゃんがカッテージチーズに慣れた後、少しずつ他のチーズも試して、いろいろなチーズを味わわせてあげましょう。

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富に販売されています。離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによっても選ぶ離乳食スプーンは変わってきますよね。離乳食スプーンの選び方やリッチェルやコンビなどおすすめ商品をご紹介します。
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器には、素材や形、デザインもざまざまでどれを選ぶか迷ってしまいますよね。離乳食用の食器には赤ちゃんが安全に食事をしやすいような工夫がされていて普通の食器の選び方とポイントが少し違います。この記事を参考に、赤ちゃんのための離乳食用食器を選んでみてくださいね。
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
バナナは栄養豊富で甘みもあり赤ちゃんも食べやすいため、離乳食にはぴったりの食材です。冷凍保存も可能なので、時短レシピにも活用できますよ。バナナのアレルギーや加熱調理が必要なことも知っておきましょう。バナナの食べさせ方やおすすめレシピなどを紹介します。
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
子供や赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」「手で料理をコネコネする」など、遊び食べにイライラするパパママも多いでしょう。子供の栄養面を考えると無理にでもご飯を食べさせるべきか悩みますよね。遊び食べの原因や効果的な対処方法を詳しく解説します。
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)のかわいい乳歯も虫歯になるのでしょうか? 乳歯が虫歯になる原因や乳歯の虫歯の見分け方を解説します。また、虫歯にならないための予防方法も紹介するので、子供の大切な歯を守りましょう!
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
子供が1歳になると、これまでにはなかった悩みが多く出てくるものです。夜泣きが始まった、ご飯を食べない、体重が増えない、どうしたらいいの…と不安になるかもしれません。多くのママが乗り越えてきたそれらの悩みを一緒に解消していきましょう。
2歳児の食事のポイント! 食べられない食材は? 献立例や食べない時の対処法などを紹介
2歳児の食事のポイント! 食べられない食材は? 献立例や食べない時の対処法などを紹介
2歳になると離乳食から幼児食に変わりますが、まだ大人と全く同じメニューを食べることはできません。2歳児が食べられない食材には注意が必要です。2歳児におすすめの献立例、ご飯を食べてくれない時の対処法などもご紹介します。
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
さつまいもは、甘くて赤ちゃんにも食べやすい食材です。離乳初期からさつまいもを食べさせてもいいのでしょうか? 固いさつまいもを簡単に下ごしらえする方法も知っておくと便利ですよ。アレルギーや調理する時の注意点、おすすめのレシピなども紹介します。
離乳食のオートミールはいつから? 量やレシピを中期・後期・完了期ごとに紹介!
離乳食のオートミールはいつから? 量やレシピを中期・後期・完了期ごとに紹介!
オートミールは栄養豊富な食材で、赤ちゃんの離乳食にも使えますが、いつからあげてもいいのでしょうか? どの種類のオートミールを使うかも注意が必要です。離乳中期・後期・完了期ごとに食べさせてもいい量やおすすめレシピを紹介するので、参考にしてみてください。
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!
離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
いちごを離乳食に使いたいけど「いつから食べさせてもいいの?」「冷凍できるの?」といった悩みがたくさんありませんか? 赤ちゃんにも甘酸っぱいいちごを食べさせたいですよね。離乳食のいちごはいつから食べさせられるのか、便利に使える保存方法などを詳しく解説します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!