離乳食のほうれん草はいつからOK? 調理・保存方法や初期、中期、後期、完了期のレシピを紹介

離乳食のほうれん草はいつから食べさせていいの?

離乳食のほうれん草はいつから食べさせていいの?

生後5ヶ月からOK! 10倍粥に慣れたタイミングで食べさせることができる

ほうれん草は、生後5~6ヶ月の離乳初期から赤ちゃんに与えることができます。赤ちゃんが10倍粥に慣れて野菜を試してみる段階になったら、ほうれん草を食べさせてみましょう。

ほうれん草の茎は繊維が多くすりつぶすのが大変なので、離乳初期~中期はほうれん草の葉だけを与え、茎は離乳後期になって赤ちゃんが上手にカミカミできるようになってから与えます。

赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
生後5ヶ月になったら赤ちゃんの様子をみて離乳食を開始しようと思っているパパママが多いのではないでしょうか。離乳食はいつから始めれば良いのか、離乳初期であげて良い食材の種類や量、離乳食の進め方についてご紹介します。
生後7ヶ月(離乳中期)はモグモグ期? 離乳食の量や進め方は? 
生後7ヶ月(離乳中期)はモグモグ期? 離乳食の量や進め方は? 
生後7ヶ月は離乳初期から中期に移行するタイミングになります。「移行する目安は?」「離乳食の1回の量はどのくらい?」「卵はどうするの?」といった疑問や悩みも増えてきます。今回は、生後7ヶ月の離乳食について解説します!
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。

赤ちゃんにほうれん草を食べさせる時のポイント

赤ちゃんにほうれん草を食べさせる時のポイント
ほうれん草はアクが強いので、しっかりとアク抜きすることを忘れないようにしましょう。ほうれん草の独特のくせやえぐみを感じ取って、赤ちゃんがなかなかほうれん草を食べてくれない場合もあります。

赤ちゃんがほうれん草を食べてくれない時は、バナナなど甘みのある果物やミルクと合わせて与えてみましょう。他にもほうれん草のペーストに片栗粉でとろみを付けてあげると、赤ちゃんが食べやすくなる場合もあるので試してみてくださいね。

離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
バナナは栄養豊富で甘みもあり赤ちゃんも食べやすいため、離乳食にはぴったりの食材です。冷凍保存も可能なので、時短レシピにも活用できますよ。バナナのアレルギーや加熱調理が必要なことも知っておきましょう。バナナの食べさせ方やおすすめレシピなどを紹介します。

ほうれん草の栄養素は?

ほうれん草の栄養素は?
ほうれん草は、緑黄色野菜の仲間で、鉄分、β-カロテン、ビタミン類などが豊富に含まれており、血液中の赤血球を作るもととなる鉄分の含有量は野菜の中でもトップクラスです。さらに鉄分吸収に役立つビタミンCも含まれているので、効率良く鉄分を吸収することができます。

β-カロテンは、抗酸化作用があり、免疫力を高め、皮膚や粘膜を強める働きがあり、このβ-カロテンは、加熱したり冷凍したりしても栄養が損なわれることがない栄養素です。さらにほうれん草は、葉酸やカルシウム、カリウム、食物繊維なども含まれていて栄養価が高いので、ぜひ赤ちゃんに食べさせたい野菜ですね。

ほうれん草にアレルギーはある?

ほうれん草にアレルギーはある?
ほうれん草は食物アレルギーを起こしにくい食材ですが、ほうれん草に含まれるヒスタミンが原因となり、皮膚が赤くなるなどのアレルギー反応が出る場合があります

初めて赤ちゃんにほうれん草を与える場合は、量は小さじ1だけにして、与える時間も万が一に備えて病院に行ける午前中にしましょう。また、アレルギーが出た食材を突き止めるために、普段赤ちゃんが食べ慣れたメニューにほうれん草をプラスしてみて、赤ちゃんにいつもと変わった症状が出ないか様子を観察してくださいね。

食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!

ほうれん草の調理方法は? アク抜きを忘れずに!

ほうれん草の調理方法は? アク抜きを忘れずに!
ほうれん草の根元部分には土や埃が付いているので、ボウルなどにためた水の中でよく振り洗い、土や埃を落としてから調理をしましょう。ほうれん草を加熱する方法には、鍋で茹でる方法と電子レンジで加熱する方法の2通りあるので、やりやすい方を選んでみてくださいね。

また、ほうれん草はアクが強い野菜なので、鍋で茹でた場合も電子レンジで加熱した場合も、水によくさらして、しっかりとアク抜きしてから調理しましょう。アク抜きをしないと、ほうれん草独特のえぐみが出てしまい、赤ちゃんがとても食べづらくなってしまいます。

鍋で茹でる方法

鍋で茹でる方法
鍋に水かお湯を入れ、沸騰させます。離乳食用にほうれん草を使う場合は、塩は入ないようにしましょう。沸騰したお湯にほうれん草を入れ、通常の茹で時間よりも長めに2分ほど茹でましょう。その後ほうれん草をざるに取り、冷水によくさらしてアク抜きします。アク抜きをしたら、ほうれん草を手で強めに絞ります。

電子レンジで加熱する方法

電子レンジで加熱する方法
ほうれん草を洗ったら、水気を残したまま耐熱容器などに入れ、ふわっとラップをかけます。ほうれん草の葉1枚の場合、600Wで20秒を目安に加熱します。加熱後、冷水にとってアク抜きをします。その後、ほうれん草を固めに絞って水気を取りましょう。

茹でた後は、茹でて固く絞ったほうれん草を繊維を断ち切るようにして包丁でカットします。葉先部分と茎部分を分け、離乳初期~中期は葉先だけ、離乳後期以降は茎も含めて離乳食の段階に合った下ごしらえをします。

離乳初期|すり鉢やブレンダーですりつぶす

離乳初期|すり鉢やブレンダーですりつぶす
離乳初期は、ほうれん草を加熱し柔らかくしたら、ほうれん草の葉先部分だけを使いすり鉢を使ってなめらかにすりつぶします。すりつぶしづらい場合は、少量の野菜スープを加えてすりつぶしてみましょう。量が多い場合はブレンダーを使ってもいいでしょう。

離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
赤ちゃんの生後5ヶ月ごろから始まる離乳食。手間がかかる離乳食作りの強い味方が「ブレンダー」です。ブレンダーは離乳食作りにかかる時間を大幅に短縮してくれて、忙しいママにおすすめ。ブレンダーは、離乳食作りにどう使えるのか、離乳食におすすめのタイプなどを筆者の実体験からご紹介します!

離乳中期~|離乳食の進み具合に合った大きさに刻む

離乳中期~|離乳食の進み具合に合った大きさに刻む
ほうれん草を加熱後、離乳中期以降は、離乳食の段階に合わせてほうれん草を刻み、赤ちゃんが食べやすいようにします。離乳中期は、ほうれん草の葉先部分を細かく刻みましょう。離乳後期になったら、大きさ3mm~4mm、離乳完了期では、5mm~1cmくらいの大きさを目安に刻みましょう。

離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。

おいしいほうれん草の選び方

おいしいほうれん草の選び方
赤ちゃんに食べさせるほうれん草は、何よりも新鮮なことが大切です。葉がみずみずしくピンとしていて、緑色が濃いものを選びましょう。茎は、太すぎると育ちすぎている可能性があるので、太すぎず短めで、しっかりしているものがおすすめです。

ほうれん草は1年中手に入る野菜ですが、旬は冬で、11~2月頃のほうれん草は美味しさを増し、さらに栄養価も高くなっています。旬のほうれん草をぜひ赤ちゃんに味わわせてあげたいですね。

ほうれん草は冷凍できる? おすすめの保存方法は?

ほうれん草は冷凍できる? おすすめの保存方法は?
ほうれん草を茹でてアク抜きし、固く絞ったほうれん草は、冷凍保存することができます。葉先を重ねラップに包んで冷凍すれば、使いたい時に使いたい分だけ凍ったまますりおろして使えるので便利です。

離乳食の段階に応じてすりつぶしたり細かく刻んだりしたほうれん草を、小分けにして製氷皿などに入れ、冷凍することもできます。

ジッパー付きの保存袋に下ごしらえしたほうれん草を入れ、箸で区切りの線を付けておくと、使いたい時に区切りごとに折って使うこともできますよ。

いずれの方法でも、冷凍したほうれん草は赤ちゃんにそのまま与えるのではなく、再加熱して与えるようにしましょう。冷凍したほうれん草は、冷凍後風味も栄養も落ちていくので、冷凍後1週間を目安に使い切りましょう。

ほうれん草を使った離乳食におすすめのレシピ8選

ほうれん草を使った離乳食におすすめのレシピ8選
おすすめのほうれん草レシピを離乳食の段階ごとにご紹介します。

離乳初期におすすめ:ほうれん草のミルク粥

まずは食べ慣れたお粥にほうれん草のペーストを合わせて赤ちゃんに食べさせてあげましょう。ほうれん草は独特のくせがある場合がありますが、粉ミルクを入れ甘みを足すことで赤ちゃんでも食べやすくしてあります。

外部リンク

ほうれん草のミルク粥/Rakutenレシピ

離乳初期におすすめ:ほうれん草バナナマッシュ

ほうれん草の青臭さやえぐみが苦手でなかなか食べてくれない赤ちゃんにおすすめのレシピです。甘みのあるバナナとほうれん草ペーストを混ぜ合わせるので、赤ちゃんもとても食べやすくなりますよ。

外部リンク

ほうれん草バナナマッシュ/palsystem

離乳中期におすすめ:豆腐とほうれん草のあんかけ

ほうれん草と豆腐を使った和風のあんかけレシピです。ほうれん草で鉄分やβ-カロテン、豆腐でたんぱく質がとれます。大人用のほうれん草と豆腐の味噌汁メニューから取り分けて作れますね。ほうれん草は細かく刻んで赤ちゃんが食べやすいようにしましょう。

外部リンク

豆腐とほうれん草のあんかけ/Rakutenレシピ

離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食に豆腐はいつから使えるのでしょうか。アレルギーや下ごしらえ、保存方法も気になりますね。離乳食といえば絹ごし豆腐のイメージですが、木綿豆腐や高野豆腐、玉子豆腐は? 離乳食にまつわる豆腐のこと、離乳食時期別レシピもあわせて紹介します。

離乳中期におすすめ:ほうれん草としらすのやわらか煮

ほうれん草としらすと合わせた煮物レシピです。ほうれん草は細かいみじん切りにしましょう。しらすは調理が簡単な上にたんぱく質やカルシウムが豊富で、離乳食におすすめの食材です。ただし塩分が多いので、しっかりと塩抜きしてからしらすを使いましょう。

外部リンク

ほうれん草としらすのやわらか煮/palsystem

離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食はお粥や野菜からスタートしますが、徐々に魚や豆腐からタンパク質を取る必要がありますよね。しらすは栄養素も豊富で、離乳食にぴったりの食材です。しらすはいつからあげていいでしょうか? アレルギーや塩抜き、冷凍保存方法、レシピもご紹介します。

離乳後期におすすめ:ほうれん草の納豆あえ

納豆が食べられる赤ちゃんなら、ほうれん草と合わせて与えてみましょう。離乳後期になったら、ほうれん草は3mm~4mmくらいの大きさに刻みます。納豆は、ひきわり納豆を使いましょう。納豆の風味でほうれん草の青臭さもやわらぎますよ。

外部リンク

ほうれん草の納豆あえ/kurashiru

離乳後期におすすめ:ほうれん草とひき肉卵焼き

ほうれん草と鶏ひき肉を使った卵焼きレシピです。ほうれん草は小さく刻んで卵に入れて焼きましょう。卵と鶏ひき肉で良質なたんぱく質がとれます。卵はじっくりと焼いて、完全に火を通してから赤ちゃんに与えるようにしましょう。

外部リンク

ほうれん草とひき肉卵焼き/cookpad

離乳完了期におすすめ:鮭とほうれん草のバター炒め

ほうれん草のバター炒めは定番料理ですよね。離乳完了期になったら、ほうれん草はやや大きめの5mm~1cm程度に刻んで調理しましょう。たんぱく質補給として、鮭の代わりに卵やひき肉などを使ってアレンジするのもいいですね。大人の料理からの取り分けも簡単にできるメニューです。

外部リンク

鮭とほうれん草のバター炒め/cookpad

離乳完了期におすすめ:ポパイチャーハン

ほうれん草のチャーハンレシピです。ごはんに溶き卵を混ぜることで、簡単にパラパラとしたチャーハンを作ることができます。卵以外にも、しらすやひき肉などを混ぜるのもいいですね。味付けは少量の塩だけで、薄味に仕上げましょう。

外部リンク

ポパイチャーハン/palsystem

ほうれん草のベビーフードや離乳食作りにあると便利なアイテム

ほうれん草は栄養価が高く、ぜひ離乳食に取り入れたい食材ですが、すりつぶしたり細かく刻んだりといった下ごしらえはなかなか大変ですよね。離乳食づくりが負担にならないよう、ベビーフードを上手に活用するのもおすすめです。

和光堂 はじめての離乳食 裏ごしほうれんそう(生後5ヶ月~)

フリーズドライの裏ごしほうれん草です。お湯を注ぐただけで簡単に裏ごしほうれん草が準備できるので助かりますね。お粥にプラスしたり、スープでのばしておかずスープにしたりすることができます。国産ほうれん草使用で、砂糖・食塩は使われていないので安心ですね。

和光堂 ほうれん草と小松菜(生後5ヶ月~)

手作り応援 ほうれん草と小松菜 (2.0g×8包)×6個

1,194円(01/26 23:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

お湯を注ぐただけで簡単にペーストが出来上がります。お湯の量を調節すれば、離乳食の段階に合わせた固さにできますよ。工夫次第でいろいろな離乳食メニューに役立てそうです。カルシウムたっぷりの小松菜も一緒に含まれているのがいいですね。

離乳食に活躍! 和光堂のベビーフードのおすすめ商品は? 選び方や使い方は?
離乳食に活躍! 和光堂のベビーフードのおすすめ商品は? 選び方や使い方は?
離乳食といえば「毎日手作りが大変」「せっかく作ったのに食べてくれない」といった悩みがありませんか? そんな時は和光堂のベビーフードがおすすめ! 和光堂は毎日の離乳食をサポートしてくれるポイントがたくさんあります。月齢別におすすめ商品を紹介します。

栄養マルシェ 鮭とほうれん草の雑炊弁当(生後9ヶ月~)

栄養マルシェ 鮭とほうれん草の雑炊弁当×3個

751円(01/26 23:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

調理済みで、温めなくてもそのまま赤ちゃんに食べさせることができるほうれん草が使われたベビーフードです。使い捨てスプーンも付いているので、外出先で離乳食を食べさせる場合などとても役立ちますね。具材に使われている野菜はすべて国産で安心です。

キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!

はたらくママと、こどものための「おやさいパウダー(ほうれんそう)」

さらさらしたパウダー状のほうれん草です。2gのスティックが10包入っていて、1回の離乳食で1包使い切れてとても便利です。小分けになっているので、清潔に保存できますね。お粥に足したりするほか、蒸しパンづくりなどにも役立ちそうですね。

和光堂 赤ちゃんのおやつ+Ca カルシウム ほうれん草と小松菜せんべい

赤ちゃんの初めてのおやつにぴったりな、ほうれん草と小松菜のおせんべいです。口どけが良く、赤ちゃんでもつまみやすく握りやすい形状に工夫されています。香料・着色料・保存料は使われていません。赤ちゃんにぜひ与えたい栄養素である鉄分・カルシウムも含まれています。

まとめ

まとめ
ほうれん草は鉄分がとても多く、その他の栄養素もたくさん含んでいる優秀な野菜なので、ぜひ赤ちゃんに食べさせてあげたい野菜の1つですね。赤ちゃんはほうれん草の独特のえぐみや青臭さを敏感に感じ取ってなかなかほうれん草を食べてくれないこともあるので、しっかりとアク抜きして、赤ちゃんがほうれん草に慣れるまでは甘みもある食材と合わせ食べさせてあげましょう。簡単にペーストが作れるフレーク状やフリーズドライ状の便利なほうれん草もあるので、毎日の離乳食づくりに取り入れてみるのもおすすめですよ。

離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富に販売されています。離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによっても選ぶ離乳食スプーンは変わってきますよね。離乳食スプーンの選び方やリッチェルやコンビなどおすすめ商品をご紹介します。
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器には、素材や形、デザインもざまざまでどれを選ぶか迷ってしまいますよね。離乳食用の食器には赤ちゃんが安全に食事をしやすいような工夫がされていて普通の食器の選び方とポイントが少し違います。この記事を参考に、赤ちゃんのための離乳食用食器を選んでみてくださいね。
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
子供や赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」「手で料理をコネコネする」など、遊び食べにイライラするパパママも多いでしょう。子供の栄養面を考えると無理にでもご飯を食べさせるべきか悩みますよね。遊び食べの原因や効果的な対処方法を詳しく解説します。
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)のかわいい乳歯も虫歯になるのでしょうか? 乳歯が虫歯になる原因や乳歯の虫歯の見分け方を解説します。また、虫歯にならないための予防方法も紹介するので、子供の大切な歯を守りましょう!
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
子供が1歳になると、これまでにはなかった悩みが多く出てくるものです。夜泣きが始まった、ご飯を食べない、体重が増えない、どうしたらいいの…と不安になるかもしれません。多くのママが乗り越えてきたそれらの悩みを一緒に解消していきましょう。
2歳児の食事のポイント! 食べられない食材は? 献立例や食べない時の対処法などを紹介
2歳児の食事のポイント! 食べられない食材は? 献立例や食べない時の対処法などを紹介
2歳になると離乳食から幼児食に変わりますが、まだ大人と全く同じメニューを食べることはできません。2歳児が食べられない食材には注意が必要です。2歳児におすすめの献立例、ご飯を食べてくれない時の対処法などもご紹介します。
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
離乳食でさつまいもはいつからOK? 下ごしらえのコツやレシピなどを紹介
さつまいもは、甘くて赤ちゃんにも食べやすい食材です。離乳初期からさつまいもを食べさせてもいいのでしょうか? 固いさつまいもを簡単に下ごしらえする方法も知っておくと便利ですよ。アレルギーや調理する時の注意点、おすすめのレシピなども紹介します。
離乳食のオートミールはいつから? 量やレシピを中期・後期・完了期ごとに紹介!
離乳食のオートミールはいつから? 量やレシピを中期・後期・完了期ごとに紹介!
オートミールは栄養豊富な食材で、赤ちゃんの離乳食にも使えますが、いつからあげてもいいのでしょうか? どの種類のオートミールを使うかも注意が必要です。離乳中期・後期・完了期ごとに食べさせてもいい量やおすすめレシピを紹介するので、参考にしてみてください。
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
りんごといえば風邪の時の病人食として活躍しますね。赤ちゃんの離乳食にも向いていると思うママも多いでしょう。では、具体的にいつごろから赤ちゃんにりんごを与えても良いのでしょうか? アレルギー対策は? レシピや保存方法についても詳しく説明します。
離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
チーズは種類によって離乳中期からあげることができますが、どんな種類をいつからあげることができるのでしょうか? 離乳食で赤ちゃんにチーズをあげる場合、塩分も気にする必要があります。アレルギーや加熱が必要かどうか、おすすめレシピなども紹介します。
かぼちゃは離乳初期からOK! 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃは離乳初期からOK! 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃは離乳初期からあげることができる食材です。かぼちゃ自体に甘味があるので、赤ちゃんもパクパク食べてくれることが多いですが、あげすぎは注意が必要です。硬いかぼちゃの下ごしらえを楽にする方法や月齢別におすすめのレシピ、ベビーフードなどをご紹介します。
離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
いちごを離乳食に使いたいけど「いつから食べさせてもいいの?」「冷凍できるの?」といった悩みがたくさんありませんか? 赤ちゃんにも甘酸っぱいいちごを食べさせたいですよね。離乳食のいちごはいつから食べさせられるのか、便利に使える保存方法などを詳しく解説します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!