【管理栄養士監修】生後7ヶ月(離乳中期)はモグモグ期? 離乳食の量や進め方は? 

記事の監修者の紹介

管理栄養士志田修平

管理栄養士 志田修平(いちじく王子)

調理師、管理栄養士、柔道整復師。管理栄養士として4年間勤務し、病院や学校給食などの調理・献立作成、栄養指導を担当。その後、フリーランスとして身体に優しいケータリングやキッチンカー運営の活動を経て、地元活性の想いから、実家山形のいちじくを使ったいちじく料理専門店を西麻布にオープン。

子供食堂やママ起業家コミュニティとの連携を中心とした活動も行う。11月に第一子の誕生予定。出張作り置きサービス「シェアダイン」でも活躍中。

生後7ヶ月の離乳食はモグモグ期

生後7ヶ月の離乳食はモグモグ期
生後7ヶ月~8ヶ月は離乳中期に入り、モグモグ期と呼ばれる時期になります。赤ちゃんが口をモグモグと動かして、舌と上アゴを上手に使って食材をつぶし、飲み込む練習をし始めます。赤ちゃんによって離乳食の進むペースは異なるので、月齢はあくまでも目安。ママは焦らずゆっくりと進めていきましょう。

赤ちゃんの離乳中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんの離乳中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんが上手にゴックンができるようになると、離乳中期にステップアップします。離乳中期はモグモグ期とも呼ばれ、赤ちゃんが食材を舌で潰し、口をモグモグと動かして食べる練習をします。離乳中期の赤ちゃんに合った食事方法ができるように、離乳初期から調理の仕方を変える必要がありますね。離乳中期の進め方のポイントや離乳中期から食べられる食材もご紹介します。
生後8ヶ月の離乳食の進め方は? スケジュールやレシピ、嫌がる時の対策などを紹介
生後8ヶ月の離乳食の進め方は? スケジュールやレシピ、嫌がる時の対策などを紹介
生後8ヶ月は離乳初期から離乳中期に移行している時期です。離乳食を食べてくれないと悩むパパママもいるでしょうか。生後8ヶ月の離乳食のスケジュールや調理ポイント、おすすめレシピなどを紹介します。手づかみ食べに興味を示す赤ちゃん用のレシピも紹介します。

離乳初期から離乳中期へ移行する目安は?

離乳初期から離乳中期へ移行する目安は?
「離乳食を始めてから2ヶ月を経過した」「上手に飲み込めるようになった」「お粥だけでなく野菜や魚も食べ始めた」など、ママが次のステップに進めそうだなと感じたときが、離乳中期へ移行のタイミングです。食材の大きさを変えたり、新しい食品を増やしたりと、少しずつ変化をつけられるといいですね。

生後7ヶ月の離乳食と授乳やミルクのあげ方は?

生後7ヶ月の離乳食と授乳やミルクのあげ方は?
生後7ヶ月の離乳食は、午前と午後の1日2回。時間帯に決まりはないので、パパママが準備しやすい時間やパパママと一緒に食事ができる時間を選び、毎日、同じ時間帯に与えることを心がけましょう。母乳はこれまでと同様に飲みたいだけ与えます。ミルクは1日3回+離乳食後2回が目安です。

生後7ヶ月の離乳食 1回の目安量は?

生後7ヶ月の離乳食 1回の目安量は?

食材 目安量(例)
炭水化物 7倍粥 50~80g
食パン15〜25g
うどん30〜55g
野菜・果物 大根・人参20~30g
りんご・バナナ20〜30g
タンパク質
※どれかひとつ、または量を調整する
鶏肉・豚肉10~15g
白身魚10~15g
豆腐30〜40g
卵1/3個
ヨーグルト50〜70g

生後7ヶ月に入ったら、徐々に離乳食の1回量を増やしていきましょう。「お粥の50〜80gという量がピンとこない」というママは、大さじ3〜5を子供茶碗に入れて、1回量を覚えて目安にしてください。炭水化物と野菜・果物、タンパク質の3つの栄養バランスを取り入れたメニューを作り、さまざまな食材を味わわせてあげましょう。

離乳食で食パンはいつからOK? パン粥やおすすめレシピ、使えるパンの種類も紹介
離乳食で食パンはいつからOK? パン粥やおすすめレシピ、使えるパンの種類も紹介
離乳食での主食はご飯だけでなく、食パンも取り入れることができますが、いつからどのようにあげてもいいのでしょうか? おすすめレシピや添加物が含まれていない食パンの選び方、ロールパンなど初期~完了期にあげることができるパンの種類も紹介します。
離乳食の蒸しパンはいつから? 食べさせ方の注意点と簡単レシピ10選
離乳食の蒸しパンはいつから? 食べさせ方の注意点と簡単レシピ10選
離乳食の蒸しパン、いつから食べさせてもいいのか悩んでいませんか? 離乳食中期からOKですが、食べさせ方やアレルギーに注意が必要です。離乳食の蒸しパンの食べさせ方やホットケーキミックスを使ってもいい時期、おすすめのレシピ10個を紹介します。
離乳食の鶏肉はいつからOK? ささみから? 進め方やおすすめのレシピも紹介
離乳食の鶏肉はいつからOK? ささみから? 進め方やおすすめのレシピも紹介
離乳食の鶏肉(ささみ、ひき肉、もも肉、胸肉)はいつから食べさせてもいいのか悩みませんか? アレルギーの心配があるので、進め方に注意しなくてはいけません。離乳食の鶏肉がOKな時期や進め方、おすすめレシピを動画ありで9つ紹介します。

生後7ヶ月の離乳食のポイントは?

生後7ヶ月の離乳食のポイントは?
野菜は大人の指でつぶせる程度の固さにします。また、離乳中期からの食材を使って献立を決め、味の幅を少しずつ広げることもポイントです。赤ちゃんが口の中でモグモグしながら食べられるように、きざみ方や大きさを工夫してみてくださいね。具体的なきざみ方としてはひきわり納豆ほどの大きさを目安としてください。

離乳中期の注意点は?

離乳中期の注意点は?
生後7ヶ月の赤ちゃんはまだアレルギーの症状がでやすい時期です。ここからご紹介する注意点を参考にして、離乳食づくりに役立ててくださいね。

初めての食材が増える時期なのでアレルギーに注意

初めて食べる食材も増えていく時期なので、アレルギーに注意をしましょう。初めての食材は体調がいいときに、少量ずつ与えて様子をみてください。風邪を引いていたり、体調が優れなかったりする場合には、新しい食材を控えて食べ慣れたものを献立に取り入れましょう。

食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!
離乳食のパスタはいつから? 時期ごとのレシピと調理方法を紹介
離乳食のパスタはいつから? 時期ごとのレシピと調理方法を紹介
離乳食でパンやお粥、うどんが食べられるようになったら、パスタにチャレンジしてみましょう。パスタは形によっては手づかみ食べにも使えて、便利な食材。いつから食べてOKなのか、赤ちゃんが好きなレシピなどを紹介します。

便秘や下痢になる場合も

離乳食を進めていくと赤ちゃんが便秘になったり下痢をしたりするケースもあります。症状が続き、赤ちゃんの具合が悪いようなら、早めにかかりつけの小児科へ相談しましょう。うんちを観察していると、食べたものがそのまま出てきていることもあります。生後7ヶ月の赤ちゃんはまだ消化する力が不十分なので、あまり気にしなくても問題ありませんが、食材を少し小さくしてみたりきざみ方を変えてみたりと、いろいろ試してみるのもおすすめですよ。

赤ちゃんが便秘になったらどうする?マッサージや綿棒浣腸のやり方を知りたい!
赤ちゃんが便秘になったらどうする?マッサージや綿棒浣腸のやり方を知りたい!
赤ちゃんのうんちが2、3日出ていないと便秘かな? とパパママは心配になりますよね。赤ちゃんは便秘だと、機嫌が悪かったり、ご飯を食べてくれないなど症状も見られます。赤ちゃんが便秘になってしまっても、焦らずに対応できるように赤ちゃんの便秘解消法を知っておきましょう。

次のページでは生後7ヶ月におすすめの離乳食メニュー、離乳食を食べてくれないときにどうすればいいのかをご紹介します。

続きを読む
管理栄養士 志田修平(いちじく王子)

管理栄養士 志田修平(いちじく王子)

調理師、管理栄養士、柔道整復師。管理栄養士として4年間勤務し、病院や学校給食などの調理・献立作成、栄養指導を担当。その後、フリーランスとして身体に優しいケータリングやキッチンカー運営の活動を経て、地元活性の想いから、実家山形のいちじくを使ったいちじく料理専門店を西麻布にオープン。 子供食堂やママ起業家コミュニティとの連携を中心とした活動も行う。11月に第一子の誕生予定。出張作り置きサービス「シェアダイン」でも活躍中。