生後6ヶ月は赤ちゃんのハーフバースデーをお祝いしよう! 離乳食ケーキや写真撮影が人気!

赤ちゃんのハーフバースデーとは?

赤ちゃんのハーフバースデーとは?
最近よく耳にするハーフバースデーについて皆さんご存知でしょうか? ハーフバースデーはもともとアメリカやイギリスの習慣で、夏休みや年末年始のような長期休暇中に誕生日を迎える子のための誕生日のお祝いでした。「長期休暇中に誕生日を迎える子供はお友達にお祝いしてもらえないのでかわいそう」という考えから、誕生日の6ヶ月前か6ヶ月後に学校の仲間でお祝いをしていたのがルーツです。このハーフバースデーは赤ちゃん限定のイベントというわけではありません。

一方、日本で普及しつつあるハーフバースデーは、赤ちゃんの生後6ヶ月を記念してお祝いをしようというイベントです。お食い初めをする百日祝いや1歳の誕生日のように盛大にお祝いするというイベントではなく、パパママが赤ちゃんの成長を振り返ったり写真を撮ったりする、家族でのちょっとした記念日がハーフバースデーだと考えてください。

関連記事

お食い初めはいつ、どうやればいいの? お食い初めの献立に決まりはある?
1歳の誕生日プレゼントは何がいい? どう選ぶ? 思い出に残る誕生日の過ごし方

赤ちゃんのハーフバースデーをお祝いする理由

赤ちゃんのハーフバースデーをお祝いする理由
赤ちゃんは、生まれてからハーフバースデーまでの短い期間ですくすくと成長します。寝返りをしたりパパママの支えでおすわりができたり、歯が生え始めたら離乳食も始まります。あっという間に赤ちゃんが成長する中で生後6ヶ月を節目と考え、成長を振り返るためにハーフバースデーをお祝いします。子供は何歳になっても可愛いものですが、産まれてからの半年は驚くほど成長します。生後半年を無事に迎えたお祝いと、産まれてからの半年をパパママが赤ちゃんと振り返る機会があってもいいのではないでしょうか。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

赤ちゃんのハーフバースデーのお祝いの仕方

ハーフバースデーのお祝いの仕方
ハーフバースデーのお祝いに特別な決まりはありません。ですが、せっかくのお祝いなので記念に残ることや赤ちゃんの喜ぶことをしたいと考えるパパママが多いのではないでしょうか? では具体的にどんなお祝いをしたらよいのでしょう。

離乳食ケーキを作る

離乳食ケーキを作る
生後6ヶ月の赤ちゃんは離乳食が始まっている頃なので、離乳食の進み具合に合わせた食材を使って「離乳食ケーキ」を作ってみましょう。おかゆでケーキの土台を作り野菜ペーストでカラフルに飾ったり、パンと野菜ペーストで作ったケーキの土台に水切りして崩した豆腐をクリームに見立ててデコレーションしたりと、赤ちゃんの好きな材料を使ってオリジナルの離乳食ケーキを作ってあげてください。

お気に入りのキャラクターの形にするのもおすすめです。かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、トマトなどを彩よく飾ると赤ちゃんの食も進むかもしれませんね。ケーキと赤ちゃんの写真も撮っておきたい定番の記念日ショットです。味付け不要の簡単なケーキなので、気軽にトライしてみましょう。

関連記事

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!

部屋の飾り付けをする

部屋の飾り付けをする
お祝いの雰囲気を高めるには部屋の飾り付けがおすすめです。ハーフバースデーのお祝いにお出かけもいいですが、生後6ヶ月の赤ちゃんはまだ外で食べられるものは少なく、長時間の外出は大変です。慣れた自宅でのんびりお祝いした方が、赤ちゃんもパパママも気兼ねなく過ごせるでしょう。定番のガーランドや風船のほか、マスキングテープを使えば壁に赤ちゃんの名前や「HAPPY HALF BIRTHDAY」の文字を飾ることができます。

また、生まれてからハーフバースデーまでの写真を飾ると成長を振り返るのが楽しくなりますね。飾り付けの材料は100円ショップやネットで購入することができます。また、壁に飾るペーパーアイテムを無料でダウンロードできるwebサイトもあります。そうやってかわいく飾り付けた部屋で赤ちゃんの写真や家族写真を撮るとハーフバースデーの記念になりますね。飾り付けた壁の前で写真を撮りたいけれどまだおすわりが安定しない赤ちゃんは、バンボなどの椅子を使って撮るとよいでしょう。写真撮影用の小物として、帽子や王冠、花かんむりなどのアイテムがあるとより一層かわいい写真が撮れそうですね。

関連記事

バンボマルチシートは買うそれともレンタル? 2種類のバンボの特徴と選び方

赤ちゃんのおひるねアートを撮影する

寝相アートを撮影する
おひるねアート(寝相アート)とは、寝かせた赤ちゃんに背景をつけて真上から撮影するアート写真のことです。布団やタオル、お気に入りのおもちゃなどを使って背景をデザインします。ハーフバースデーの記念として人気のデザインは、やはり数字の1/2にまつわる背景です。赤ちゃんを1に見立て2は小物を使って表現したり、「1/2」と書いたボードを並べたりします。

1/2のボードがなくてもスマホアプリで加工して「1/2」と文字を入れることもできますね。おひるねアートは眠っている時やご機嫌な時はもちろん、泣いている瞬間の写真もいい思い出になります。また、ハーフバースデーの時期に気に入っているおもちゃや愛用のタオルなどを背景に入れると、あとから見た時に懐かしく思い返せるでしょう。

関連記事

子供の撮影にオススメなカメラ(写真)アプリ9選【多彩なフィルターやコラージュ機能】

赤ちゃんのスタジオ撮影や出張撮影をお願いする

赤ちゃんのスタジオ撮影や出張撮影をお願いする
写真撮影はプロに! という時には、ハーフバースデー専用の撮影プランがある写真スタジオを利用してみましょう。撮影した写真はフォトパネルやアルバムにすると記念に残りますね。また、スタジオに出かけなくても写真撮影が頼める出張撮影プランのあるスタジオやカメラマンもいます。自宅や公園のような指定の場所に呼ぶことができるので、慣れた場所を選べば緊張せずに撮影ができます。

普段、パパが写真を撮ることが多い家庭だと、パパと赤ちゃんの写真が少ないのではないでしょうか。パパは何も言っていないとしても、赤ちゃんと自分の写真も欲しいと思っているはず。そんな家庭もカメラマンに撮影を依頼すればパパママ、赤ちゃんが一緒になった家族写真を撮ることができますよ。スタジオでの撮影なら撮影用の小物や装飾、衣装なども充実しています。家族写真をたくさん残したい時にはぴったりですね。また、6ヶ月の赤ちゃんを見ながら部屋の飾り付けや離乳食ケーキの準備は大変…という時は、記念写真だけでも残しておけば十分な記念になります。

ハーフバースデーにおすすめのアイテム

それではハーフバースデーのお祝いや記念写真撮影におすすめなアイテムをご紹介します。手作りで飾り付けを作るのも楽しいですが、すべてを手作りするのは大変です。下記で紹介するハーフバースデーグッズを上手く利用しながら、一生に一度の思い出作りを楽しんでください。

ハーフバースデーの撮影用の王冠

Instagramなどでハーフバースデーの写真を探すと、王冠をかぶった赤ちゃんの写真をよく見かけます。1/2のサインが入っていない王冠もありますが、せっかくのハーフバースデーですから、1/2サインが入ったものを選んでもいいでしょう。

ウサギ耳のカチューシャ

赤ちゃんの撮影用のカチューシャは探せばいろいろなものが販売されています。ウサギ耳のカチューシャだけでも何種類もあります。赤ちゃんがカチューシャをつけている姿を想像しながら、一番似合いそうなモノを選んであげてください。

おひるねアート撮影用のシーツ

おひるねアートの撮影にチャレンジしたことがある人はご存知ですが、赤ちゃんのまわりをいろいろなアイテムで飾っても、赤ちゃんが飾り付けを掴んだり、食べたりして、思うような写真はなかなか撮れません。そんなときにおひるねアート撮影用のシーツがあれば、飾り付けのことは心配する必要が無くなるので、あとはカメラ目線などのシャッターチャンスを狙うだけで、赤ちゃんの記念写真を撮ることができます。

記念写真撮影用のフォーマルなベビー服

ハーフバースデーの撮影以外にも使える、少しフォーマルなベビー服も用意してはいかがでしょう? 赤ちゃんが着るのを嫌がらないようなロンパーススタイルのベビー服もあります。こちらで紹介したアイテム以外にもいろいろなフォーマルベビー服があるので、好みのものを探してみてください。

ハーフバースデーの飾り付け

ハーフバースデーの家族写真を家で撮影するときに、壁を背にして写真を撮る家族が多いですが、何も飾られていない壁だと少し味気なく映ります。そんな時のための飾り付けセットがいろいろ販売されているので、好みのものを見つけてください。飾り付けは非常に軽いので、取り付けはテープで壁に貼り付けるだけでOKなものがほとんどです。家の壁を思い思いのデザインに飾り付けて、赤ちゃんとの楽しい記念写真を撮影してください。

月齢カード

ハーフバースデーに限ったアイテムではありませんが、産まれてから1歳~2歳頃まで毎月記念写真を撮影するための月齢カードも用意してはいかがでしょうか? 筆者は子供が1歳になるまでは毎月、赤ちゃんに月齢カードを持たせて撮影していました。お昼寝アートを撮影するときに、赤ちゃんのそばにそっと添えて撮影するような使い方も便利ですよ。

まとめ


生まれてから1歳までの赤ちゃんにはお祝いごとがたくさんあります。赤ちゃんの成長を振り返り、喜ぶ機会は多い方がいいですよね。ハーフバースデーのお祝いは、赤ちゃんが生まれてパパママになった「パパママ半年記念」のお祝いでもあります。赤ちゃんとパパママ、みんなが主役になってハーフバースデーをお祝いしましょう。そしてこれから先も、節目節目で成長を振り返りお祝いができるといいですね。