赤ちゃんが歩きはじめるのはいつから? 歩く練習は本当に必要なの?

赤ちゃんが歩き始める時期や前兆

赤ちゃんが歩き始める時期や前兆
パパママにとっては赤ちゃんが歩くというのは一大イベントですよね。「早く歩かないかな」と楽しみにしている方も多いと思いますが、はじめに赤ちゃんが歩き始める平均の時期や過程についてお話しします。

赤ちゃんが歩き始める時期はいつ?

赤ちゃんが歩き始める時期はいつ?
赤ちゃんが自分1人で歩き始める時期は個人差がありますが、平均で1歳頃です。早い赤ちゃんだと生後10ヶ月頃から歩き始める子もいますが、あくまで平均なので「1歳になったのに全然歩かない!」と不安になる必要はありません。赤ちゃんは生後7ヶ月頃からずりばいをはじめ、ハイハイ・つかまり立ち・伝い歩き・1人歩きと少しずつ成長していくので、ゆっくり見守ってあげましょう。

関連記事

赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
つかまり立ちはいつできるようになるの? 練習方法や安全対策を紹介

赤ちゃんが歩きはじめる前兆は?

赤ちゃんが歩きはじめる前兆は?
親としては赤ちゃんが初めて歩く瞬間を見たいものですよね。そんな瞬間を逃したくない!では赤ちゃんが歩き始める前兆はどんな時でしょうか? 伝い歩きが上手に出来てきて、一瞬でも1人でたっちが出来るようになったら、歩き始めはもう目前です。座っている状態から立とうとしたり、少し離れた位置のおもちゃを取ろうとしたりした時はチャンスです。いつもより意識して注意してみるようにすると、歩く瞬間を見ることができるかもしれませんよ。

歩き始めが早いのはどんな子?

歩き始めが早いのはどんな子?
早ければ10ヶ月頃から歩く子もいると言いましたが、早く歩き出す赤ちゃんは以下の3つの特徴がある子が多いです。
・上に兄姉がいる
・怖いもの知らずで好奇心旺盛な性格
・ハイハイをする時期が早かった
上に兄弟がいたり、好奇心旺盛でなんでもやりたがる子はやはり自分で歩こうとすることが多く、歩くのが早めな傾向にあります。ハイハイをするのが早い子はしっかり筋力がついていて、体のバランスがとれる子なので歩く時期も早い子が多いです。

赤ちゃんが歩きはじめる時期が遅くて不安

赤ちゃんが歩きはじめる時期が遅くて不安
ほとんどの子は1歳半には歩き始めますが、あくまで目安なので歩かなくても焦ることはありません。「1歳をすぎてもなかなか歩かない」と不安なママも多いと思いますが、赤ちゃんが歩き始める時期は個人差があるので安心して下さい。歩くのが遅い赤ちゃんは以下のような特徴があり、体格や性格が影響していることが多いです。
・体重が重く、体が大きい
・慎重で怖がりな性格
・ハイハイが好き
体格がいい赤ちゃんは体が大きい分バランスをとるのが難しいため、歩くのが遅めな傾向にあります。また自分1人で歩くのが怖かったり、ハイハイでの移動が楽だと感じている赤ちゃんはなかなか初めの一歩を踏み出すのに時間がかかりそうですね。

赤ちゃんに歩く練習は必要?

赤ちゃんに歩く練習は必要?
赤ちゃんが歩くのは嬉しいことですし、早く歩くのを見たいというパパママも多いですよね?しかし無理やり歩かせる練習をしても早く歩けるようにはなりませんので、無理に歩く練習をする必要はありません。歩きやすい環境を整えて、遊びながらサポートしてあげましょう。

赤ちゃんに無理に歩く練習はさせる必要はない

赤ちゃんに無理に歩く練習はさせる必要はない
歩く練習をしたからと言ってすぐに歩けるようにはなりませんし、早く歩けたからすごいわけではありません。無理やり歩かせて転んだりしてしまうと危険ですし、歩きたがらなくなってしまうこともあるので無理強いはしないようにして下さい。赤ちゃんに負担をかけないよう、歩きそうなときに名前を呼んであげたり、「こっちおいで」と声掛けしたりするのがおすすめです。

歩くのにベストな環境

歩くのにベストな環境
赤ちゃんの歩き始めはバランスがまだとりづらいのでたくさん転びますが、その時にけがをしないよう床にマットなどを敷いてあげるといいでしょう。滑りづらくもなるので歩く練習にも最適です。また、つかまれるものがあるとすぐに伝い歩きをしてしまうので、なるべく物を片づけて広いスペースを作りましょう。

赤ちゃんの歩く練習におすすめなおもちゃ

赤ちゃんの歩く練習におすすめなおもちゃ
近年、歩行器は無理に歩かせるので赤ちゃんの体の発達にあまり良くないと言われています。伝い歩きが出来るようになったら、自分の意志で進むことが出来る手押し車を使うのがおすすめです。かわいいギミックがついていたり、音がなったりするものもあるので赤ちゃんが興味を持つものを選んであげましょう。素材も木製からプラスチックとさまざまですが、赤ちゃんが使うものなので安全性はしっかり確認するようにして下さい。

関連記事

赤ちゃんに手押し車は必要? 選び方と人気のおすすめ商品紹介
赤ちゃんの歩行器はいつから使う? おすすめ商品・レンタルも紹介

歩き始めの赤ちゃんで注意すべきポイント

歩き始めの赤ちゃんで注意すべきポイント
赤ちゃんが歩き始めると成長を感じて嬉しいですよね。しかし、歩き始めはまだバランスが不安定なので注意して見てあげる必要があります。

赤ちゃんに靴下を履かせない

赤ちゃんに靴下を履かせない
室内で歩く際は基本的にはすべらないように素足がおすすめです。寒い時期で靴下やタイツをはかせる時には裏に滑り止めが付いたものを選びましょう。

家の安全対策はしっかりと

家の安全対策はしっかりと
歩き始めの赤ちゃんはこれまで手が届かなかったところにも手が届くようになり、いろんなことに興味を持つので、家の中の安全対策は今まで以上に必要になってきます。
・テーブルなどの角にカバーをつける
・浴室などドアを開けられないようにする
・手の届くところに危険物を置かない
このような対策をして、赤ちゃんを危険から守ってあげましょう。

赤ちゃんの足に合った靴を準備する

赤ちゃんの足に合った靴を準備する
歩けるようになったらファーストシューズを準備しましょう。サイズや靴底の硬さ・つま先部分に余裕があるかなど、足に合っているか実際に履かせてみることが重要です。店舗によっては足のサイズや足幅などを計測してくれるお店もあるので、困ったら利用してみましょう。サイズも小さいしかわいいのでついデザインで選んでしまいがちですが、赤ちゃんの足に負担のかからないファーストシューズを選んであげましょう。

関連記事

子供の靴はどう選ぶ? 1歳児、2歳児、3歳児で年齢ごとのサイズ選びのポイント!
ベビーシューズはどうやって選んだらいいの? 赤ちゃんの靴選びのコツ

まとめ:赤ちゃんが歩く時期は個人差!焦らず見守ろう

まとめ:赤ちゃんが歩く時期は個人差!焦らず見守ろう
赤ちゃんが歩きはじめる時期は10ヶ月~1歳半ごろです。しかし、赤ちゃんの発達は個人差が大きいので、周りと比べないことが大切です。親の焦りは赤ちゃんにも伝わってしまうので、無理な練習はせずにじっくりサポートしてあげましょう。私も2人の子供がいますが、上の子は1歳5ヶ月・下の子は11ヶ月で歩き出したので同じ兄弟でも個人差や性格があるのだなと実感しました。

上の子は体重も重く慎重な性格で歩き出しが遅い子の特徴にピッタリ当てはまっていて、まだ歩かないかなと不安な時期もありましたが、現在は元気に走り回っています。歩き出しが遅くてもそれはその子の個性ですし、マイペースな子もいるので環境を整えてあたたかく見守ってあげましょう。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!