生後7ヶ月の赤ちゃんの成長 身長や体重はどのくらい? 育児のポイントや遊び方も紹介

生後7ヶ月の赤ちゃんの成長目安

生後7ヶ月の赤ちゃんの成長目安
生後7ヶ月の赤ちゃんは、離乳食のスタートで身長や体重が少しずつ大きくなり、日々の成長を感じる時期です。生後7ヶ月の赤ちゃんはどのくらい成長するのか、平均身長や体重、母乳回数の目安を確認していきましょう。

平均身長と平均体重

男の子 女の子
身長 65.0~73.6cm 63.1~71.9cm
体重 6.73~9.87kg 6.32~9.37kg

中央値を見ると1ヶ月前と比べて身長は約3~5cm、体重は約0.3~0.5kg増えることがわかります。これらは目安であり離乳食の進み具合や授乳量などで個人差がありますが、生後7ヶ月で10kg近い体重の赤ちゃんもいます。抱っこが重くて大変なときは、パパママは無理のない範囲で抱っこ以外のスキンシップを積極的に取り入れてみましょう。

乳幼児身体発育調査|厚生労働省
0歳~6歳の赤ちゃん、幼児の平均身長と体重は? 小学校に上がるまでの子供の成長の目安を紹介!
0歳~6歳の赤ちゃん、幼児の平均身長と体重は? 小学校に上がるまでの子供の成長の目安を紹介!
赤ちゃんや小学校に上がる前の子供は短期間でグーンと成長します。では、月齢・年齢で赤ちゃん、子供はどのくらい成長するのでしょうか。厚生労働省がまとめた0歳~6歳までの子供の平均的な身長、体重のデータをまとめたので参考までにご覧ください。

授乳の回数と量

授乳の回数と量
生後7ヶ月の授乳回数と量は「1日3回+離乳食後2回」が基本です。母乳の場合は、赤ちゃんが飲みたいだけ与えても心配ありません。

離乳食後のミルクの量は、食事の量に合わせて140~160ml、ミルクだけの場合は200~220mlが目安です。赤ちゃんがもっとミルクを欲しがる場合は、離乳食の量を増やすなどバランスを見て調整しましょう。

【助産師監修】赤ちゃんの授乳時間が知りたい! 長い時や短い時、切り上げるタイミングは?
【助産師監修】赤ちゃんの授乳時間が知りたい! 長い時や短い時、切り上げるタイミングは?
母乳は粉ミルクと違い、赤ちゃんがどのくらいの量を飲んでいるのかを目で確認することが難しいですよね。授乳時間が長いと飲みすぎではないか、授乳時間が短いと十分な量が飲めていないのではないか心配しているママはいませんか? 授乳時間の目安や長い時、短い時の対処法をご紹介します。

睡眠の特徴

睡眠の特徴
生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間は、お昼寝と夜の睡眠を合わせて1日約13~14時間になってきます。日中は起きて過ごすことが多いですが、夜泣きなどで夜間眠れなかった赤ちゃんは、昼寝時間を長くとることで1日の睡眠リズムを整える傾向があります。日中遊んでばかりで昼寝をほとんどしない子や、夜に何度も目覚めてしまう子など、赤ちゃんによって睡眠のとり方はそれぞれですが、睡眠のリズムを整えるためにもパパママは規則正しい毎日を意識しましょう。

厚生労働科学研究費補助金:未就学児の睡眠・情報通信機器使用研究班(編)

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別の平均時間や特徴を見てみよう
赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別の平均時間や特徴を見てみよう
なかなか寝ない赤ちゃんがいる一方で、長時間寝る子もいます。睡眠は子供の成長に大切なため、ちゃんと眠れているのか心配になりますよね。では、赤ちゃんにとって最適な睡眠時間はどのくらいなのでしょう?寝る時間が短い・長いといったお悩みとあわせてご紹介します。

排便の特徴

排便の特徴
生後7ヶ月になると膀胱も成長し、1度に出るおしっこの量が増え回数は減ってきます。また、少しずつ離乳食に慣れ食べる量も増えるため、うんちに形ができ始めます。大体1日におしっこを約11~13回、うんちは約1~2回にまとまってくる赤ちゃんが増えますが、大人と同じように個人差も大きいです。おむつを取り替える回数は以前より減りますが、まだ消化器官が未熟なため食べた物によってはお腹が緩くなることもあるでしょう。うんちをした時はすぐにおむつを取り替えて、おしりがかぶれないように気をつけてください。

おしっこで成長と健康チェック!(ムーニー)

赤ちゃんのおむつかぶれの原因、予防、対処法! ママが自宅でケアする方法、お薬はある?
赤ちゃんのおむつかぶれの原因、予防、対処法! ママが自宅でケアする方法、お薬はある?
赤ちゃんのおむつ替えの時におしりをふいたら痛がって泣いた…おしりを見たら肌が赤くなっている…これがおむつかぶれです。では、何が原因でおむつかぶれになってしまうのでしょうか? お家でできるおむつかぶれの予防法や対処法、お薬などをご紹介します。

生後7ヶ月の赤ちゃんの発達の特徴

生後7ヶ月の赤ちゃんの発達の特徴
赤ちゃんが生後7ヶ月になると、少しずつできることが増えるため、育児の楽しみも広がります。生後7ヶ月の赤ちゃんには、どのような発達が見られるのでしょうか。

寝返りをマスター・支えなしで座る

寝返りをマスター・支えなしで座る
ほとんどの赤ちゃんは、生後7ヶ月には寝返りができるようになります。赤ちゃんのなかには、寝返りをしたものの自分では元に戻れず泣いてママを呼ぶ子もいます。また、寝返りで思いがけない場所まで移動し、ママを驚かせる子もいるでしょう。成長した分、目が離せなくなる時期です。さらに、おすわりも少しずつ上手にできるようになり、パパママの支えなく1人でおすわりできる赤ちゃんもいるでしょう。おすわりができると視界が広がり、たくさんのことに興味を示します。

赤ちゃんの寝返り返りとは? いつから? 寝返り時期の注意点は?
赤ちゃんの寝返り返りとは? いつから? 寝返り時期の注意点は?
赤ちゃんが「寝返り返り」できるようになる時期は、いつごろなのでしょう。寝返りができたらすぐにできるの? 練習は必要なの? などの疑問点について解説します。また寝返り時期に赤ちゃんがうつ伏せになる時の注意点も見ていきましょう。
赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
赤ちゃんの首が完全に座り、手足の動きが活発になってくると「そろそろおすわり?」と期待が高まります。赤ちゃんのおすわりはいつから? またおすわり間近の赤ちゃんへの接し方は?そんな疑問を解消します。

おもちゃを床などに叩きつける

おもちゃを床などに叩きつける
おもちゃを渡しても握るだけだった赤ちゃんは、生後7ヶ月あたりから自分で欲しいおもちゃに手を伸ばして取れるようになります。さらに、握ったおもちゃを床やテーブルなどにガンガン叩きつけ、キャッキャと笑いながら音を楽しむ姿も見られます。まだハイハイができない子が多いため、遠くにあるおもちゃに手を伸ばす姿はとても微笑ましい光景ですね。

赤ちゃんのおもちゃを選ぶなら手作りがおすすめ! 素材選びと作るヒント集
赤ちゃんのおもちゃを選ぶなら手作りがおすすめ! 素材選びと作るヒント集
赤ちゃんの成長を感じられるようになったら、もっといろいろなものを見せてあげたいと思うものですよね。ここでは、赤ちゃんにおすすめのおもちゃについて、手作りする場合の素材の選び方や、見本となる赤ちゃん用のおもちゃをチェックできるお店についてご紹介したいと思います。

人が遊んでいるおもちゃに興味を示す

人が遊んでいるおもちゃに興味を示す
誰かがおもちゃで遊んでいると、そのおもちゃを欲しがる姿が度々見られるようになります。例えば、上の子が楽しそうに遊んでいるおもちゃへ手を伸ばす、隣で遊んでいる赤ちゃんが持つおもちゃを一緒に握ったりすることも。声を出して欲しがることもあります。おもちゃだけではなく、テレビの音やパパママの声がする方など、興味のある方向に全身を向けることもできます。

0~2歳には音の出るおもちゃがおすすめ! 年齢別の人気商品を紹介
0~2歳には音の出るおもちゃがおすすめ! 年齢別の人気商品を紹介
子供の力を伸ばすには月齢、年齢に合ったおもちゃを用意してあげることが大切です。赤ちゃんは「見る」よりも「聞く」方が得意なので、音の出るおもちゃが大好き! 年齢に合った、一緒に楽しめるおすすめのおもちゃを紹介します。

ハイハイの練習「ずりばい」が始める

ハイハイの練習「ずりばい」が始める
生後7ヶ月の赤ちゃんは、ハイハイの練習である「ずりばい」を少しずつ覚えます。ズリバイは両足に力を入れず、両手だけで前進や後進することです。まるで、ほふく前進のような形で行き止まりまで前進や後進することもあるため、冬の時期は暖房器具などの危険な物に気をつけましょう。

赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?
赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?
寝返りを覚えた赤ちゃんが、近頃手足をバタバタもじもじ。もしかしたら「ずりばい」をし始めているのかしれません。本記事では、赤ちゃんがずりばいをするようになる時期や「ハイハイ」との違いを紹介します。ずりばいが早い・遅いといったママ達の気になるポイントも解説!
赤ちゃんがハイハイするのはいつから? しない理由や練習方法5選も紹介
赤ちゃんがハイハイするのはいつから? しない理由や練習方法5選も紹介
赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後8ヶ月ごろからと言われますが、個人差があるものです。なかなかハイハイしないとパパママも心配にもなるでしょう。ハイハイしない赤ちゃんや練習方法についてもご紹介します。



次のページでは、7ヶ月の赤ちゃんとの遊び方や注意点、育児のポイントを解説します

続きを読む
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!