新生児の赤ちゃんが手足をバタバタする理由は?寝ない・泣き止まない時の対処法を紹介!

赤ちゃんの手足バタバタとは? いつまで続く?

赤ちゃんの手足バタバタとは? いつまで続く?

生後2、3週間頃~生後8、9ヶ月頃が手足バタバタのピーク

赤ちゃんが泣きながら手足をバタバタさせていると「どこか痛いの?」「何か異常があるのでは…?」と不安を感じてしまうパパママは多いのではないでしょうか。泣いていない時でも、赤ちゃんが激しく手足をバタバタさせていると心配になってしまいますよね。赤ちゃんが手足をバタバタさせる行為は、赤ちゃんの成長に欠かせない行動の1つなので、落ち着いて対応してあげてくださいね。赤ちゃんが手足をバタバタさせる理由は次の章でご紹介します。

赤ちゃんの手足バタバタはママのお腹の中にいる頃からすでに始まっていると言われており、生後2週間~3週間頃から多く見られるようになります。赤ちゃんの手足バタバタが見られなくなる時期には個人差がありますが、生後8、9ヶ月頃に赤ちゃんがハイハイするようになったり自由に手足が動かせるようになると、だんだん手足をバタバタさせる動きは見られなくなります

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後7~8ヶ月といわれますが、赤ちゃんによってかなり個人差があります。「うちの子はなかなかはいはいしない!大丈夫?」と心配するパパママに、赤ちゃんがハイハイをする理由やしない赤ちゃんについてなど、ハイハイについての基礎知識をご紹介します。

新生児の赤ちゃんが手足をバタバタさせる理由

新生児の赤ちゃんが手足をバタバタさせる理由
新生児の赤ちゃんはどんな時に手足をバタバタさせているのでしょうか。赤ちゃんが手足をバタバタさせる理由を見ていきましょう。

赤ちゃんが手足をバタバタさせる理由1:運動機能のトレーニング

手足をバタバタさせる理由1:運動機能のトレーニング
生まれたばかりの赤ちゃんは、中枢神経や運動能力が未発達で、まだ体を自由に動かすことができません。赤ちゃんは手足をバタバタさせながら筋力を鍛え、トレーニングをしているのです。赤ちゃんが「こうすると腕が動くんだな」と考えていると思うとなんとも可愛いですね。

赤ちゃんが手足をバタバタさせる理由2:遊んでいる

手足をバタバタさせる理由2:遊んでいる
赤ちゃんは手足をバタバタさせて遊んでいることがあります。赤ちゃんの手足が布団にぶつかる「バタバタ」という音や、赤ちゃんの動きに反応したパパママの声が嬉しいのかもしれません。赤ちゃんは手足をバタバタさせて遊びながら、触覚や聴覚など、いろいろな感覚を養っています。赤ちゃんが手足をバタバタさせて遊んでいるなと思ったら、パパママも赤ちゃんにたくさん声をかけてあげるといいですね。

赤ちゃんが手足をバタバタさせる理由3:不快感を訴えている

手足をバタバタさせる理由3:不快感を訴えている
赤ちゃんが泣きながら手足をバタバタさせている場合は、お腹が空いた、おむつが濡れていて気持ちが悪いなど、何か不満や不快感を訴えている可能性があります。時間が経つにつれて赤ちゃんが泣いている理由が変わることもあるので、1度試したことでも根気よく試してみましょう。

赤ちゃんが手足をバタバタさせて泣いたり寝ない時の対処法は?

赤ちゃんが手足をバタバタさせて泣いたり寝ない時の対処法は?
赤ちゃんが手足をバタバタさせている時の対処法を8つご紹介します。新生児の赤ちゃんが寝ない、泣き止まない…と悩んでいるパパママはぜひ試してみてくださいね。

赤ちゃんの手足バタバタの対処法1:おっぱいやミルクをあげて授乳をする

手足バタバタの対処法1:おっぱいやミルクをあげて授乳をする
月齢の低い赤ちゃんは、母乳やミルクを1度に飲める量が少ないことや、授乳のリズムが整っていないことから、頻繁に「お腹が空いた」と泣くことがあります。特に母乳の場合は消化が良いため、ミルクを飲んでいる赤ちゃんよりもお腹の減りが早いと言われています。授乳の間隔を決めていても、赤ちゃんの様子を見て母乳やミルクをあげましょう。ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、あまり頻繁にミルクをあげてしまうと胃に負担がかかってしまいます。ミルク缶に記載されている規定量を守り、前回の授乳から3時間は空けるようにしましょう。赤ちゃんが母乳やミルクを飲んでお腹が満たされたり、安心することでそのまま眠ってくれる場合もあるようですよ。

赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの成長に欠かせない栄養を届ける授乳ですが、赤ちゃんがきちんと飲めているのか考え出すときりがありません。少しでも授乳に関する不安を解消すべく、月齢別の授乳間隔とよくあるトラブルと対処法をご紹介したいと思います。授乳を楽しむコツも紹介しているので見ていきましょう。
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。

赤ちゃんの手足バタバタの対処法2:おむつを替える

手足バタバタの対処法2:おむつを替える
赤ちゃんはおしっこやうんちをしている場合、濡れたおむつが気持ち悪くて手足をバタバタさせることがあります。おしっこやうんちが付いたおむつが長時間変えないと、かぶれやかゆみの原因にもなってしまいます。赤ちゃんがおしっこやうんちをしたら、すぐに交換してあげるようにしましょう。赤ちゃんのおむつが汚れていなくても、おむつ交換をすることで気分転換になり、泣くのがピタッとおさまることもありますよ

紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
初めての育児では、赤ちゃんにどんなおむつを選べば良いのか悩んでしまいますよね。おむつメーカーによって、素材や価格、機能性などが異なります。おむつのサイズアップの時期、テープタイプからパンツタイプに切り替えるタイミング、おむつをはずす時期についてご紹介します。
赤ちゃんのおむつかぶれの原因、予防、対処法! ママが自宅でケアする方法、お薬はある?
赤ちゃんのおむつかぶれの原因、予防、対処法! ママが自宅でケアする方法、お薬はある?
赤ちゃんのおむつ替えの時におしりをふいたら痛がって泣いた…おしりを見たら肌が赤くなっている…これがおむつかぶれです。では、何が原因でおむつかぶれになってしまうのでしょうか? お家でできるおむつかぶれの予防法や対処法、お薬などをご紹介します。
おむつ漏れの原因と対策! 赤ちゃんのおむつ漏れを防ぐ4つの方法
おむつ漏れの原因と対策! 赤ちゃんのおむつ漏れを防ぐ4つの方法
赤ちゃんのおむつからおしっこやウンチが漏れてしまい、困った経験があるパパママは多いのではないでしょうか。洋服やお布団が汚れてしまうおむつ漏れは、洗い物を減らすためにも予防したいですが、赤ちゃんも汚れたおむつを不快に感じてしまいます。おむつ漏れの原因と対策をご紹介しましょう。

赤ちゃんの手足バタバタの対処法3:抱っこする

手足バタバタの対処法3:抱っこする
赤ちゃんにとって、ママの抱っこは何よりも安心できるものです。赤ちゃんはママに抱っこして欲しくて、手足をバタバタさせているのかもしれません。生まれたばかりの赤ちゃんは、眠たいのにうまく眠れずに泣くことも珍しくありません。パパママが赤ちゃんを抱っこし優しくゆらゆら揺れているうちに、赤ちゃんが安心して寝てしまうこともありますよ。赤ちゃんを抱っこしながら、パパママが子守歌を歌ってあげるのもおすすめです。

赤ちゃんの正しい抱っこの方法は? コツってあるの? NGな抱き方は? 詳しく解説
赤ちゃんの正しい抱っこの方法は? コツってあるの? NGな抱き方は? 詳しく解説
赤ちゃんの抱っこが上手くいかない、自分が抱っこしたら赤ちゃんが泣きだしたり、のけぞったりしてしまう、と悩んでいるパパママもいるでしょう。ここでは赤ちゃんの体の特性も紹介しながら、基本的な抱っこの方法について解説します。
赤ちゃんが泣き止む抱っこ方法、動画、音は? 泣き止ませるコツはある?
赤ちゃんが泣き止む抱っこ方法、動画、音は? 泣き止ませるコツはある?
どのパパママも育児で必ず経験しているのが赤ちゃんが泣き止まないこと。もし、赤ちゃんを簡単に泣き止ませる方法があったら、子育ても楽になりますよね。赤ちゃんが安心する抱っこの方法や、赤ちゃんが泣き止む動画、音などをご紹介するので、試してみてください!
「抱き癖がつく」は嘘? 最新の育児論と赤ちゃん抱っこ事情を紹介
「抱き癖がつく」は嘘? 最新の育児論と赤ちゃん抱っこ事情を紹介
「抱き癖がつくから抱っこはダメ!」うるさく言われたことがあるママも多いのではないでしょうか。一昔前は「抱き癖がつくのは良くない」とされていましたが、今は違います。むしろ抱き癖をつけた方が良いことばかり!どんなプラスがあるのか詳しく解説します。

赤ちゃんの手足バタバタの対処法4:げっぷをさせる

手足バタバタの対処法4:げっぷをさせる
赤ちゃんは母乳やミルクと一緒に空気を飲み込んでしまうことがあります。赤ちゃんが授乳時に飲んでしまった空気が原因で、赤ちゃんのお腹が張り、苦しくて手足をバタバタさせているのかもしれません。授乳後に1度げっぷをさせていても、赤ちゃんのお腹の中の空気を全部出しきれていないことがあります。赤ちゃんは泣いている時も空気を飲み込んでしまうので、お腹に空気が溜まって苦しいのかな? と思ったら、赤ちゃんを縦抱きにして背中をトントンたたき、げっぷ出しを試してみましょう。

赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法
赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法
赤ちゃんが自分でげっぷを出せるようになるまではママのサポートが必要です。げっぷを出さないと何が危険なのでしょう。げっぷ出しのコツをわかりやすく、動画でも紹介します。げっぷ出しが必要な時期、げっぷが出ない時や吐き戻した時の対処法も知っておきましょう。

赤ちゃんの手足バタバタの対処法5:体温調整や室温調整をする

手足バタバタの対処法5:体温調整や室温調整をする
赤ちゃんは大人よりも体温が高いため、大人がちょうど良いと感じる気温でも、「暑い」と不快に感じている可能性があります。赤ちゃんの手足が冷えていると「寒いのかな?」と考えてしまいますが、お腹が温かければ問題ありません。赤ちゃんは汗をかきやすく、「濡れた衣服が気持ち悪い」、「汗が冷えて寒い」ということもあります。赤ちゃんの体温調整ができているか不安な場合は、赤ちゃんの平熱と言われている36.5~37.5℃におさまるように衣服や布団、エアコンなどで調整してあげてください

新生児の体温は37度が正常値!? 赤ちゃんの体温の特徴と受診の目安
新生児の体温は37度が正常値!? 赤ちゃんの体温の特徴と受診の目安
新生児は平熱が高く、37度を超えることも珍しくありません。また、赤ちゃんは体温調節機能が未熟なため、測る時間・場所によっても体温は大きく変わってしまいます。赤ちゃんの体温の特徴やどのくらいの熱だと要注意なのか、赤ちゃんの「体温」について解説します。

赤ちゃんの手足バタバタの対処法6:おひな巻きをする

「いろいろ試してみたけど、赤ちゃんの手足バタバタがおさまらない…」という場合は、ママのお腹の中が恋しいのかもしれません。そんな時はおひな巻きがおすすめです。おひな巻きで赤ちゃんの体をお腹の中にいた時と同じように丸くしてあげることで、赤ちゃんがリラックスする効果があります。おくるみのような布が1枚あれば簡単にできるので、試してみてくださいね。

おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
ベビー用品として人気なおくるみ。赤ちゃんをおくるみで包み込んであげることで、赤ちゃんを安心させる効果があります。赤ちゃんがおくるみですっぽり包まれている姿も可愛いですよね。この記事では、おくるみのメリットや選び方、おすすめのおくるみをご紹介します。
スワドルミーってどう使うの? おくるみは必要? いつまで使える? ママの疑問を解決
スワドルミーってどう使うの? おくるみは必要? いつまで使える? ママの疑問を解決
スワドルミーという育児グッズをご存知でしょうか? スワドルミーは赤ちゃんを抱っこするときやねんねのときにも使えるおくるみの一種です。口コミなどでは機能面からママたちの信頼が厚いとされています。今回は編集部独自の視点からスワドルミーの魅力と機能を解説します。

赤ちゃんの手足バタバタの対処法7:ベビーマッサージをする


赤ちゃんがご機嫌な状態で手足をバタバタさせている時は、赤ちゃんとスキンシップがとれるベビーマッサージをしてあげても良いでしょう。ベビーマッサージをすることで赤ちゃんが安心し、そのまま寝てくれることもあるようです。ベビーマッサージを通して赤ちゃんの全身に触れることで、パパママが赤ちゃんのお肌や体調の変化に気付けることもあります。赤ちゃんのお肌がカサカサしている場合は保湿をしっかりしてあげましょう。

ベビーマッサージは、赤ちゃんの体に負担がかかりやすい食後30分以内、予防接種後48時間以内は避けるようにしましょう。また、赤ちゃんのお肌は刺激に弱いため、滑りを良くし、お肌を保護するベビーオイルは必須アイテムです。アロマ入りなど香りのあるベビーオイルを使うと、ママもリラックスできますよ。

赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
ベビーオイルは成分によって効果が違います。赤ちゃんの肌は生後3ヶ月をすぎると乾燥しやすくなるので、ベビーオイルで保湿してあげましょう。ベビーオイルの成分や選び方から、赤ちゃんのデリケートな肌に合うおすすめベビーオイルまでをご紹介します。
【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
赤ちゃんはいつから予防接種を受けられるのでしょうか。まだ抵抗力が弱い赤ちゃんは予防接種をすることで感染症から身を守ることになります。ママは赤ちゃんの予防接種のスケジュールをたてることになりますね。今回は予防接種の中でも定期接種にしぼってみていきます。

赤ちゃんの手足バタバタの対処法8:手遊びや歌を歌ってあげる

不快感を取り除いてあげても赤ちゃんの手足のバタバタがおさまらない場合は、パパママに甘えたいのかもしれません。そんな時はお腹の中にいる時から聞いているパパママの声で安心させてあげたり、スキンシップを取りながら赤ちゃんの感覚を刺激する手遊び歌がおすすめです。新生児でも楽しめる手遊び歌もたくさんありますよ!

新生児におすすめの手遊び歌1:きゅうりができた

赤ちゃんの体をきゅうりに見たてて、タッチしたり揺すったりしながら遊びます。歌も単調で覚えやすいので、初めての手遊びにおすすめです。

新生児におすすめの手遊び歌2:ぞうきんのうた

頭から足まで撫でられるのが気持ち良いのか、筆者の娘もお気に入りの一曲です。「チクチク」や「ジャブジャブ」といった擬音語が多く、赤ちゃんもママも楽しく遊べます。

新生児におすすめの手遊び歌3:あたま、かた、ひざ、ポン

昔からよく知られている手遊び歌の1つですね。あたま、かた、ひざと歌いながら触るため、赤ちゃんが体の部位を覚えるのをサポートしてくれるかもしれません。

乳児・幼児も楽しめる手遊び歌を教えます! 0歳からママと歌を楽しもう
乳児・幼児も楽しめる手遊び歌を教えます! 0歳からママと歌を楽しもう
手遊び歌ならまだ言葉を話せない赤ちゃんでも楽しむことができます。ママは赤ちゃんに話しかけるとともに手遊び歌も覚えるといいでしょう。ママの記憶にあるような昔からある手遊び歌から平成になってできた手遊び歌までバリエーション豊かに紹介していきます。
手遊び歌を子供と一緒に楽しもう。夏や秋におすすめの遊び歌動画10選!
手遊び歌を子供と一緒に楽しもう。夏や秋におすすめの遊び歌動画10選!
子供が幼稚園や保育園で手遊びを覚えてくるようになると成長を感じるものです。そこで、今度は親の方から子供に手遊び歌を教えて、子供と一緒に遊んでみませんか? ここでは、夏と秋におすすめの手遊び歌の動画についてご紹介したいと思います。

赤ちゃんの機嫌が良さそうな時は手足バタバタを見守ろう

赤ちゃんの機嫌が良さそうな時は手足バタバタを見守ろう
生まれてすぐの赤ちゃんはまだうまく笑うことができません。赤ちゃんが手足をバタバタさせていると「何か不快なのかも」と考えてしまいますが、泣いていないということはご機嫌な証拠です。また、赤ちゃんの手足バタバタは成長過程の1つなので、慌てず見守ってあげてくださいね。

赤ちゃんが手足をバタバタさせる時の注意点

赤ちゃんが手足をバタバタさせる時の注意点
赤ちゃんがご機嫌で手足をバタバタさせている時にも気をつけなければならないのが、赤ちゃんの落下と窒息です。「まだ動けないだろう」と思っていても、赤ちゃんが手足をバタバタさせているうちにソファやベッドの上から移動し、思わぬ事故につながることがあります。また、赤ちゃんの顔周りに置いてあるぬいぐるみや布団が赤ちゃんの手足に引っかかって顔にかぶさってしまうこともあります。首が据わっていない赤ちゃんは、顔に布がかぶさっても振り払うことができないので注意が必要です。赤ちゃんをソファやベッドの隅に寝かさない、赤ちゃんの顔周りにはぬいぐるみや柔らかい寝具を置かないのはもちろん、パパママが赤ちゃんから目を離さないようにしましょう

赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
生まれたばかりの赤ちゃんはまだ自分の力や判断で動くことができなかったり、赤ちゃんが成長してハイハイや一人歩きができるようになっても、好奇心旺盛な赤ちゃんの周りでは危険なことがたくさんあります。パパママは、赤ちゃんに起きやすい事故を理解し、正しい安全対策を行いましょう。
赤ちゃんのベビーベッドはいつまで使う? 買うかレンタルかで迷うママ向けのアドバイス!
赤ちゃんのベビーベッドはいつまで使う? 買うかレンタルかで迷うママ向けのアドバイス!
赤ちゃんを迎えるためにベビーベッドを検討しているけど、買った方がいいのかそれとも借りるべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで、ベビーベッドを買うかレンタルにすべきか迷っている人のために、それぞれの特徴や選び方についてご紹介したいと思います。
ベッドガードとベビーベッドガードは同じもの? 利用方法と違いを正しく理解しよう
ベッドガードとベビーベッドガードは同じもの? 利用方法と違いを正しく理解しよう
赤ちゃんを迎える準備として、ベビーベッドガードの購入を検討しているママは多いのではないでしょうか?でも、調べてみると色々な種類があり、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。そこで、今回はベッドガードの種類とその使い方を詳しくまとめてみました。

まとめ

まとめ
赤ちゃんが手足をバタバタさせる理由は、不満や不快感だけでなくご機嫌のサインでもあります。日々赤ちゃんと向き合っていると、だんだん赤ちゃんがどうして泣いているのかが分かってくるパパママもいるようです。

手足バタバタは赤ちゃんが自由に体を動かせるようになると自然と減っていく行動です。短い期間しか見られない姿を楽しみながらお世話をするぞ! という気持ちの切り替えをしてみるのも良いかもしれませんよ。

赤ちゃんがビクっとするモロー反射って何? いつからいつまで? 点頭てんかんとの違いは?
赤ちゃんがビクっとするモロー反射って何? いつからいつまで? 点頭てんかんとの違いは?
生まれたばかりの赤ちゃんが、急にビクッとすることはありませんか? その動きは、モロー反射といいます。モロー反射が起こる理由、どんな時に起こるのか、いつまで起こるのかなどを解説します。
新生児の髪の量が多い、少ないの違いがあるのはなぜ? 赤ちゃんの髪の毛の初めてのカットはいつする?
新生児の髪の量が多い、少ないの違いがあるのはなぜ? 赤ちゃんの髪の毛の初めてのカットはいつする?
赤ちゃんの髪の毛は、生まれたときからしっかり生えていたり、薄かったりと個人差が大きいもの。とくに髪の毛が薄いと不安になるパパママもいるのでは? 新生児期の赤ちゃんの髪の毛の量や、乳幼児期の髪の毛の成長スピードや髪質などの個人差、日頃のケアの方法などを詳しく解説します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!