赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから? ハイハイとの違いは?

赤ちゃんが「ずりばい」するのはいつから?

「ずりばい」するのはいつから?
ずりばいとは、赤ちゃんがうつぶせでお腹をつけたまま移動することです。『ずりばい』するのは生後何ヶ月から?と気になるパパママは多いでしょう。そこで、目安となる月齢と、具体的な『ずりばい』の動きの特徴を解説します。

赤ちゃんがずりばいを始める平均は生後7~8ヶ月頃から

平均は7~8ヶ月頃から
生後7~8ヶ月頃からずりばいをはじめる赤ちゃんが多いです。赤ちゃんがうつぶせのまま周りをキョロキョロしたり、飛行機ブーンのポーズをするようになったら、そろそろずりばいをするかもしれません。ずりばいは、よく『ほふく前進』に例えられますが、ほふく前進だけがずりばいの形ではありません。

前に進まず後ろに下がっていく赤ちゃんや、うつぶせで同じ場所をぐるぐる回っているなど、スタイルは様々です。なかには、ずりばいを全くせずに成長する子もいます。はじまる時期には個人差が大きく、早くても遅くても発達への心配はありません。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

早い子は4ヶ月頃からずりばいを始める

早い子は4ヶ月頃から
赤ちゃんが寝返りを始める生後4ヶ月頃から、ずりばいができる赤ちゃんもいます。「うちの子だけ早すぎない?」と心配しなくても大丈夫。うつぶせが好きな子であれば「あのおもちゃにさわりたい!」という意志によって、ずりずりと移動できるようになるのです。

関連記事

赤ちゃんは寝返りをいつできるようになる? 寝返りの練習方法や注意点は?

「ずりばい」と「ハイハイ」の違い

「ずりばい」と「ハイハイ」の違い
ずりばいとハイハイはどのように違うのでしょうか。見分け方のコツを紹介します。

ポイントは「お腹」がついているか

ポイントは「お腹」がついているか
『ずりばい』は、お腹からひざが床にくっついた状態です。腕をつかって前後にずりずりと移動します。腰がまだすわっていない(ひとりでお座りができない)ときに見られる行動です。脳からつながっている運動神経は、頭~首~背中~腰と上から下に発達していきます。運動神経が下半身まで到達すると、『ハイハイ』ができるようになります。ハイハイはお腹とおしりが床より高く上がった状態で、ひざが床についているのが特徴です。腕だけでなく、上半身と下半身をうまく連動させることで移動します。

関連記事

赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!

「ずりばい」は「ハイハイ」するまでの成長ステップ

「ハイハイ」するまでの成長ステップ
赤ちゃんの成長ステップは『寝返り→ずりばい→お座り→ハイハイ→歩く』と進んでいきます。中には『ひじばい』する赤ちゃんもいます。ひじばいとは、手のひらではなく肘を使って進むことです。目の前にあるおもちゃを掴みたいという思いが強い子や、上腕の筋力がある子に多く見られます。途中のステップを飛ばす赤ちゃんもたくさんいるため、他の子と比べて焦ったり不安がったりしなくても大丈夫です。

関連記事

赤ちゃんが歩きはじめるのはいつから? 歩く練習は本当に必要なの?

赤ちゃんが「ずりばい」してくれない…大丈夫?

「ずりばい」してくれない...大丈夫?
ずりばいは、赤ちゃんの成長ステップでとばしてしまっても大丈夫な行動です。頭では「赤ちゃんの成長には個人差がある」とわかっていても、つい焦ってしまいますよね。周りの赤ちゃんがずりばい、おすわり、ハイハイとどんどん成長していくのを目の当たりにし、ついわが子と比べ焦ってしまうことも。「うちの子、発達に異常あるかも」と夜も眠れないほど悩んだ経験が筆者にもあります。しかし、多くの場合子供は、時期がくればそんな悩みを忘れてしまうほど健やかに育っていくものです。

「ずりばい」しない赤ちゃんに考えられる原因

「ずりばい」しない赤ちゃんに考えられる原因
「うちの子だけ、ずりばいしてくれない」と不安になるときは、以下のポイントをチェックしてみましょう。

「ずりばい」しない原因1:うつぶせが苦手だから

「ずりばい」しない原因①:うつぶせが苦手だから
赤ちゃんからすると「本当はずりばいできるけど、うつぶせがイヤなの」なんて思っているだけかもしれません。月齢の低い頃から、うつ伏せに慣れている子とうつ伏せを嫌う子とでは、ずりばいを開始する月齢や頻度に違いがでることもあります。

「ずりばい」しない原因2:床がツルツルすぎて滑ってしまうから

「ずりばい」しない原因②:床がツルツルすぎて滑ってしまうから
多少の摩擦があると、力の弱い赤ちゃんでもずりばいがしやすくなります。たとえばコルクマットなど、クッション性があるベビー用ジョイントマットを敷くといいでしょう。赤ちゃんがずりばいがしやすくなる上、ケガ防止にもなります。

関連記事

ジョイントマットってどんなもの? 選び方やおすすめ10選を紹介
ベビージムの選び方、いつまで使えるの? メリット・デメリットやおすすめ10選を紹介
ベビーマットはいつから使う? 選び方のポイントとおすすめ10選

「ずりばい」しない原因3:座ったまま移動できるから

「ずりばい」しない原因③:座ったまま移動できるから
座ったまま移動する赤ちゃんを『シャフリングベビー』または『シャッフラー』といいます。尻ばい・座りばいは決して異常ではなく、赤ちゃんの個性です。だいたい40人に1人の割合で座ったまま移動する子がいます。ずりばいをするには、うつぶせになる必要がありますが「うつぶせ、苦手だな」という赤ちゃんは、なんとかうつぶせにならずに移動しようとします。

そして、お座りしたまま器用に動けるようになり「移動できた!」と本人も満足するんです。ずりばいは赤ちゃんにとって「移動したい」と思う意志行動。目的が達成したらずりばいしなくなるのも納得です。

どうしても「うちの子だけ他の赤ちゃんと違う」と気になるときは?

どうしても「うちの子だけ他の赤ちゃんと違う」と気になるときは?
不安なときはひとりで悩まず、専門機関(小児科、子育てセンター保健センターなど)で相談しましょう。また、障害や病気を早期に見つけるには、定期健診をきちんと受けることが重要です。ネット検索すると、発達障害や神経の病気などを疑う情報もあふれています。「ずりばいしないのは手足の力が弱いから?」「何か異常があるのでは」と心配になりますよね。赤ちゃんの発達に関しては、専門の医師でも見分けるのが難しいことです。親が判断できるものではないことを理解しておきましょう。

「ずりばい」の練習方法

「ずりばい」の練習方法
「ずりばいしてほしい」というパパママのために、効果的なずりばい練習方法を紹介します。注意点をふまえてやってみましょう。

「ずりばい」の練習方法1

足の裏に手を添え、押してあげる→手足を連動して動かすコツをつかむ効果があります。

「ずりばい」の練習方法2

親があおむけになり赤ちゃんをおなかに乗せ、目を合わせる→首や背筋をきたえます。

「ずりばい」の練習方法3

興味のあるおもちゃを、届きそうで届かない位置におく→手を伸ばしつかむ練習と、動きたくなる好奇心を育てます。「ずりばいする子は筋力がつく」「内臓が強くなる」と聞くと、なんだか練習させたくなるのが親心。とはいえ、嫌がっている赤ちゃんに、無理やりずりばい練習させるのはよくありません。ずりばい練習での注意点は、『時間は5分まで・ミルク後は避ける・柔らかすぎる布団の上ではしない』という3点です。赤ちゃんの状態をよくみて無理ない範囲で練習しましょう。

「ずりばい」を始めたら誤飲とワープに注意!

「ずりばい」を始めたら誤飲とワープに注意!
ずりばいできるようになると、赤ちゃんの行動範囲が想像以上に広がります。しっかり安全対策をしておきましょう。注意したいポイントを3つにまとめました。

安全対策1:誤飲に注意

赤ちゃんの目線と同じように、床にうつ伏せになってください。周りを見回して、手に届く場所に危ないものはありませんか?特におもちゃによく使う電池は危険です。食べこぼしも、アレルギーをもつお子さんにとっては命にもかかわることもあります。

安全対策2:ワープに注意

赤ちゃんが、音もなくいつの間にか足元にいることもあります。「えっどうやってここまで来たの?」とビックリすることも。踏んでしまわないように気をつけましょう。

安全対策3:コンセントに注意

赤ちゃんが落ちていたヘアピンや鍵などをコンセントの穴に差し込んでしまい、思わぬ事故につながる恐れがあります。コンセントカバーで対策を。日々成長する赤ちゃんに翻弄されパパママは疲労困憊ですが、そんなときこそしっかり安全対策が必要です。

関連記事

コンセントカバーで赤ちゃんの安全対策! 選び方とおすすめを紹介

「ずりばい」に関するママのお悩みQ&A

男の子用のプールバックのおすすめは?失敗しない定番アイテムとは【幼稚園児編】
パパママたちのずりばいに関するお悩みと解決策をご紹介。理由と対処法を知っておけば、不安もやわらぎます。

後ろにずりずり下がる…前に進まない!

後ろにずりずり下がる...前に進まない!
意外なことに、後ろにずりばいする赤ちゃんは多いのです。「どんどん後ろに下がって、壁で行き止まって進めず泣いてた」「家具のすき間におしりがハマってた」など、何とも可愛らしいエピソードも。

本人はきっと、前に進んでいるつもりなんでしょうね。赤ちゃんがずりばいで後ろに下がってしまう原因は、手足がまだうまく連動していないからです。そのうち自然と前に進めるようになります。今しか見れないキュートな後ろずりばいをビデオに撮っておけば、きっと良い思い出になりますよ。

高速でずりばいするのに、ハイハイに進化しない

高速でずりばいするのに、ハイハイに進化しない
ハイハイは、お座りが安定し離乳食も後期に突入する9ヶ月前後に見られます。ところが、ハイハイをせずに高速ずりばいで移動し続ける赤ちゃんもいるんです。「高速で部屋中を這いまわる」「まるでフローリングワイパーのよう」というパパママの声も。もしハイハイに進化させたいのなら『お掃除ごっこ』をしてみてはいかがでしょうか。親が四つん這いになって床を拭いている姿を見せると、まねっこ大好きな赤ちゃんはお腹を床から離して四つん這いをしてくれるかもしれません。ついでに床掃除もできて一石二鳥ですね。また、床にボールを何個も転がして遊ばせるのも効果的です。

関連記事

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!

まとめ


赤ちゃんがずりばいしはじめるのは生後4ヶ月~8ヶ月頃と個人差が大きく、早すぎても遅すぎても問題はありません。中にはずりばいをしない赤ちゃんもいますが、どの子も健やかに成長していきます。パパママはのんびり見守ってあげましょう。どうしても心配であれば、悩まず専門機関に相談してみてくださいね。