生後2ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 母乳回数や予防接種の予定は?

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長目安


赤ちゃんが順調に成長しているのか気になるパパママは多いと思います。生後2ヶ月の平均的な成長目安はどのくらいなのでしょうか?

平均身長と平均体重

男の子 女の子
身長 54.5~63.2cm 53.3~61.72cm
体重 4.4~7.1kg 4.1~6.6kg

生後2ヶ月の赤ちゃんの身長と体重は生後1ヶ月の頃と同様に個人差の幅が大きくなっています。身長、体重については「ウチの子は体重が軽すぎるのでは?」などと神経質になり過ぎないようにしましょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、産まれたばかりの赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょう。平均的な成長をしているのかが気になるパパママもいるでしょう。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長やお世話の特徴、発熱や肌トラブルへの対応方法などもご紹介します。
赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんの体重を測るベビースケールは育児に必要? 不要? 先輩ママの声とおすすめ品を紹介
赤ちゃんがちゃんと成長しているのか、どの家庭のパパママも気になるでしょう。そんなときベビースケールがあれば、赤ちゃんの体重を日々測ることができます。ベビースケールを使ったママたちの体験談、おすすめのベビースケールやレンタルでの利用について紹介します。

授乳の回数と量

母乳の場合は基本的に赤ちゃんが欲しがった時に欲しがるだけあげましょう。生後2ヶ月になるとママも赤ちゃんも授乳に慣れてくるため、1回の授乳にかかる時間が短くなる場合もあります。1回の授乳時間は、左右各10~30分が目安です。30分以上飲み続ける場合は遊び飲みの可能性がありますので、一旦切り上げてもよいでしょう。

1日の授乳回数は1日7~8回が目安ですが、体重が順調に増えいているようであれば、あまり回数にこだわる必要はありません。粉ミルクの場合はパッケージに記載されている量を目安にしましょう。赤ちゃんが欲しがるとつい与えたくなりますが、規定量以上に与えると栄養のとりすぎとなる場合もあるので注意してください。

どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの成長に欠かせない栄養を届ける授乳ですが、赤ちゃんがきちんと飲めているのか考え出すときりがありません。少しでも授乳に関する不安を解消すべく、月齢別の授乳間隔とよくあるトラブルと対処法をご紹介したいと思います。授乳を楽しむコツも紹介しているので見ていきましょう。
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児は赤ちゃんとのスキンシップの時間が楽しい一方、昼夜問わずの授乳生活に正直疲れてしまうこともありますよね。中には1日20回の頻回授乳をしているママも。なぜ赤ちゃんの授乳間隔があかないのか、その理由をご紹介します。頻回授乳でよくあるトラブルの対処法も紹介いたします。
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの? 注意点と選ぶポイント
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの? 注意点と選ぶポイント
粉ミルクは月齢や赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんに合ったものを選ぶ必要があります。でも、種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、粉ミルクの種類や選ぶ時の注意点、そして選ぶポイントについてご紹介したいと思います。
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? 人気のピジョンなど、おすすめ5選!
赤ちゃんの哺乳瓶の選び方! いつまで使う? 消毒は毎回必要? 人気のピジョンなど、おすすめ5選!
赤ちゃんの授乳には欠かせない哺乳瓶はピジョンやコンビなどの育児用品メーカーから、いろいろな種類が販売されています。どれを買うべきか迷ってしまいますよね。どのサイズを買えばいいのか? 哺乳瓶の消毒は利用の度に必要なのか? おすすめは? などパパママの疑問にお答えします。

睡眠の特徴

生後2ヶ月の赤ちゃんは、一度に飲めるミルクの量が増えるため、睡眠時間が長くなる場合もあります。朝はできるだけ決まった時間に起こし、日中は日差しを浴びて活動させましょう。夜、寝るときは部屋を薄暗くして、静かに眠れる環境を整えてあげることも大切です。夜中に赤ちゃんが泣いてしまったらまずはおむつを確認し、その後、授乳しましょう。それでも泣き止まない場合は、背中をトントンしたり、子守唄を歌ったり、抱っこをしてあげるとよいでしょう。

なかなか泣き止まない場合は、おくるみで包んであげる、バウンサーに乗せてゆっくり揺らすなども効果的です。なかなか赤ちゃんが泣き止まなくて、パパママが疲れてしまったときは、赤ちゃんを安全なベビーベッドなどに寝かせて、少しの間その場を離れましょう。イライラして赤ちゃんを強く揺さぶってしまうと死亡事故につながる恐れもありますので、疲れたら一旦赤ちゃんから離れてリフレッシュしてから、また赤ちゃんと向き合いましょう。

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
なかなか寝てくれない赤ちゃんがいる一方、長い時間寝る子もいます。寝なくても寝すぎていても心配になりますよね。赤ちゃんにとって最適な睡眠時間はどのくらいなのでしょうか。寝る時間が遅い・長いといったママたちのお悩みと合わせて解説していきます。
子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
育児をしていてどのパパママも経験するのが、子供がなかなか寝てくれず、寝かしつけに苦労すること。どうして子供がなかなか寝ない日があるのでしょうか? その原因がわかれば寝かしつけがスムーズになるはず。寝かしつけのコツもご紹介します。

排便の特徴

まだ母乳しか飲んでいない生後2ヶ月の赤ちゃんのうんちは水っぽく、1日に8回程度出ます。粉ミルクの赤ちゃんのうんちは少しかためで、1日3回程度出ます。この時期のゆるいうんちは漏れやすいため、おむつは赤ちゃんの体型に合ったものを選びましょう。出かける際は多めに着替えを持っていくと安心です。

排便の回数も個人差があり、回数が少ないからといって一概に便秘とは言えません。何日もうんちが出ていない、うんちをする時に痛そうにしている、機嫌が悪く泣いてばかりいる、下腹部が固く張っているなどの症状があれば便秘の可能性があります。その場合は、病院を受診してください。

紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
初めての育児では、赤ちゃんにどんなおむつを選べば良いのか悩んでしまいますよね。おむつメーカーによって、素材や価格、機能性などが異なります。おむつのサイズアップの時期、テープタイプからパンツタイプに切り替えるタイミング、おむつをはずす時期についてご紹介します。
赤ちゃんが便秘になったらどうする? 便秘の予防や解消方法
赤ちゃんが便秘になったらどうする? 便秘の予防や解消方法
赤ちゃんのうんちが2、3日出ていないと便秘かな? とパパママは心配になりますよね。赤ちゃんは便秘だと、機嫌が悪かったり、ご飯を食べてくれないなど症状も見られます。赤ちゃんが便秘になってしまっても、焦らずに対応できるように赤ちゃんの便秘解消法をご紹介します。
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。

生後2ヶ月の赤ちゃんの発達の特徴

声を発する、追視をするようになる

生後2ヶ月頃になると「あー」「うー」など、クーイングという発声ができるようになります。赤ちゃんが声を発したら、パパママは返事をしてあげましょう。パパママを見て笑ったり、おもちゃを目で追ったりするようになり、少しずつコミュニケーションが取れるようになってくるので積極的に話しかけて遊んであげましょう。また、よだれが増えてくる時期ですので、服が汚れる場合はスタイがおすすめです。

よだれかけを賢く選ぼう! 月齢別、タイプ別のおすすめスタイ11選
よだれかけを賢く選ぼう! 月齢別、タイプ別のおすすめスタイ11選
赤ちゃん用のスタイ(よだれかけ)は素材やデザインの違いで、赤ちゃんに合っているかどうかが変わります。見た目が可愛いスタイばかりを買っても、使い勝手が悪くタンスの肥やしになるなんてことも…。スタイにはたくさん種類があるので、赤ちゃんの月齢や使うシーンを想定して、使い勝手が良いスタイを選びましょう。

生後2ヶ月の赤ちゃんのお世話


生後2ヶ月の赤ちゃんは、お世話をする上でどんなことに気をつけるとよいのでしょうか。

赤ちゃんのスキンケアをする

赤ちゃんの肌は薄くてとてもデリケートです。肌の機能も未熟なため、しっかりとスキンケアをしてあげることが大切です。肌を清潔に保ち、お風呂上がりには必ず保湿をしましょう。肌が乾燥していると湿疹ができやすくなるため、保湿には伸びやすく、肌馴染みの良いベビーオイルがおすすめです。湿疹などの肌トラブルが出た場合は、病院でを受診しましょう。

赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
ベビーオイルは成分によって効果が違います。赤ちゃんの肌は生後3ヶ月をすぎると乾燥しやすくなるので、ベビーオイルで保湿してあげましょう。ベビーオイルの成分や選び方から、赤ちゃんのデリケートな肌に合うおすすめベビーオイルまでをご紹介します。
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?
ベビーローションは赤ちゃんにとって必要なの? そう思っているママ!ぜひ使ってあげてください。赤ちゃんの肌を守るだけでなく、塗るときのベビーマッサージは素敵なコミュニケーションタイムにもなるんです。ママが使っているおすすめのベビーローションもご紹介します。

安全な部屋作りで誤飲ややけどに気を付ける

生後2ヶ月の赤ちゃんはまだ自分で移動することはできませんが、手を伸ばしたり、足を伸ばしたりすることが多くなってきます。赤ちゃんの周りから危険を取り除いて、怪我や事故を未然に防ぎましょう。赤ちゃんが過ごす部屋が安全かどうかチェックしておきましょう。赤ちゃんを寝かせたベビーベッドから離れる際は必ず柵を上げて、転倒事故を防ぎましょう。また、冬場はホットカーペットや電気毛布を使っている場合は、低温やけどにも注意が必要です。赤ちゃんの肌は大人と比べて薄いため、火傷してしまうことがあります。

赤ちゃんのベビーベッドはいつまで使う? 買うかレンタルかで迷うママ向けのアドバイス!
赤ちゃんのベビーベッドはいつまで使う? 買うかレンタルかで迷うママ向けのアドバイス!
赤ちゃんを迎えるためにベビーベッドを検討しているけど、買った方がいいのかそれとも借りるべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。そこで、ベビーベッドを買うかレンタルにすべきか迷っている人のために、それぞれの特徴や選び方についてご紹介したいと思います。
赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
生まれたばかりの赤ちゃんはまだ自分の力や判断で動くことができなかったり、赤ちゃんが成長してハイハイや一人歩きができるようになっても、好奇心旺盛な赤ちゃんの周りでは危険なことがたくさんあります。パパママは、赤ちゃんに起きやすい事故を理解し、正しい安全対策を行いましょう。

予防接種が受けられるようになる

生後2ヶ月になった日より予防接種が受けられます。自治体より配布される予防接種カレンダーを確認しておきましょう。最初に受ける予防接種は、B型肝炎(1回目)、ロタウイルス(1回目)、ヒブ(1回目)、小児用肺炎球菌(1回目)の4種類です。すべて同時に受けることもできますが、心配な場合は分けて受けることもできるため、病院の医師と相談しましょう。0歳児が受けられる予防接種は全部で6~7種類あり、1種類につき複数回打つ必要があるので、全部で15回以上打つことになります。

生後2ヶ月
B型肝炎 1回目
ロタウイルス 1回目
ヒブ 1回目
小児用肺炎球菌 1回目

【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう
赤ちゃんはいつから予防接種を受けられるのでしょうか。まだ抵抗力が弱い赤ちゃんは予防接種をすることで感染症から身を守ることになります。ママは赤ちゃんの予防接種のスケジュールをたてることになりますね。今回は予防接種の中でも定期接種にしぼってみていきます。
【任意接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 任意接種の種類とは
【任意接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 任意接種の種類とは
予防接種には自治体が費用を負担してくれる定期接種と自費となる任意接種に分かれています。赤ちゃんに任意接種を受けさせるかどうかはママパパの判断に任されています。今回は任意接種について詳しく解説していきます。任意接種が必要かを判断する材料にしましょう。

生後2ヶ月の赤ちゃんとの遊び方

手遊び

手足を動かせるようになってくる生後2ヶ月の赤ちゃんは、手遊びが大好きです。「とんとんとんとんひげじいさん」「むすんでひらいて」などが有名ですが、そのほかにも「きゅうりができた」「ぞうきんのうた」「大きな山をのぼりましょう」など、寝ている赤ちゃんの足を動かしたり、体に触れたりしながらできる手遊びもあります。赤ちゃんはパパママに触れられることが大好きですので、体に触れながらコミュニケーションをとってあげましょう

また、生後2ヶ月頃の赤ちゃんは「いないいないばあ」も大好きです。成長には個人差がありますので、あまり反応しない赤ちゃんもいるかもしれませんが試してみてくださいね。

乳児・幼児も楽しめる手遊び歌を教えます! 0歳からママと歌を楽しもう
乳児・幼児も楽しめる手遊び歌を教えます! 0歳からママと歌を楽しもう
手遊び歌ならまだ言葉を話せない赤ちゃんでも楽しむことができます。ママは赤ちゃんに話しかけるとともに手遊び歌も覚えるといいでしょう。ママの記憶にあるような昔からある手遊び歌から平成になってできた手遊び歌までバリエーション豊かに紹介していきます。

おもちゃ&絵本

生後2ヶ月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃは、メリーやガラガラなどです。音が鳴るものや、動きのあるおもちゃに興味を示します。また、読み聞かせにおすすめの絵本は、色鮮やかなイラストのものや、赤ちゃんの好きな繰り返しのフレーズが出てくるものです。おすすめは「あかあかくろくろ」「いないいないばあ」「じゃあじゃあびりびり」です。

0歳の赤ちゃんが喜ぶおすすめ絵本 定番から知育にぴったりなしかけ絵本まで
0歳の赤ちゃんが喜ぶおすすめ絵本 定番から知育にぴったりなしかけ絵本まで
「いつから読み聞かせをしたらいいのだろう?」こんな悩みを抱いたことがありませんか? 本に触れるのに「早い」ということはありません。0歳の赤ちゃんも絵本を通してたくさんの刺激を受け成長します。プレゼントにもおすすめの0歳児向け絵本を紹介します。

まとめ


生後2ヶ月頃になるとパパママにも少し余裕ができ、赤ちゃんとの時間をさらに楽しめるようになってくる時期です。手遊び歌や絵本の読み聞かせなどで、赤ちゃんとたくさんコミュニケーションをとってみてくださいね。いろいろな遊びやおもちゃがあるので、赤ちゃんの好みのものを見つけてあげてくださいね。

【育児漫画・育児あるあるvol.1】「ベビー服のサイズ選びは難しい」
【育児漫画・育児あるあるvol.1】「ベビー服のサイズ選びは難しい」
育児経験者のパパママならきっと共感する、育児あるあるエピソードを育児漫画でご紹介! あなたも一度はやったことがあるのではないでしょうか? 忙しい日々の育児や家事の合間に漫画を読んで、ほっと一息ついてくださいね。
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから? 新生児から楽しめるおすすめ絵本も紹介
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから? 新生児から楽しめるおすすめ絵本も紹介
絵本は言葉がわからなくても、生まれたばかりの赤ちゃんでも楽しめます。絵本デビューにおすすめな人気作品や赤ちゃんも思わず泣き止む絵本を紹介します。これから絵本を選ぼうと思っているパパママはぜひ参考にしてみてください!
赤ちゃんと動物園に行くのはいつからがおすすめ? 動物アレルギーは大丈夫? 病気への免疫力がつくって本当?
赤ちゃんと動物園に行くのはいつからがおすすめ? 動物アレルギーは大丈夫? 病気への免疫力がつくって本当?
「赤ちゃんのうちに動物園に連れて行くとアレルギーにならない」そんな話を聞いたことはありませんか。動物園に行くことで病気への免疫がつくのは本当なのかを解説します。赤ちゃんと動物園を楽しむポイントやおすすめ動物園も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
赤ちゃんの「クーイング」はいつから? パパママはどう反応したらいい?
赤ちゃんの「クーイング」はいつから? パパママはどう反応したらいい?
生後1~3ヶ月ごろの赤ちゃんが、「あー」や「うー」など泣き声でない不思議な声を発しているとき、ありませんか?この声は鳩の鳴き声「クー」に似ていることから「クーイング」と呼ばれています。クーイングの特性を理解して赤ちゃんとのコミュニケーションをもっと楽しみませんか?
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!