生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 身長や体重、離乳食の回数や遊び方は?

生後10ヶ月の赤ちゃんの成長目安

生後10ヶ月の赤ちゃんの成長目安
生後10ヶ月を迎えた赤ちゃんの平均的な身長、体重はどのくらいでしょうか? 食事や睡眠、排便の成長目安についてもお伝えします。

平均身長と平均体重

男の子 女の子
身長 68.4〜77.4cm 66.5〜75.6cm
体重 7.3〜10.5kg 6.8〜10kg

生まれたばかりのころよりも体重や身長の成長スピードが落ち着いてきます。成長には個人差があるので、先月より身長・体重が増えていれば問題ないでしょう。

乳幼児身体発育調査|厚生労働省

0歳~6歳の赤ちゃん、幼児の平均身長と体重は? 小学校に上がるまでの子供の成長の目安を紹介!
0歳~6歳の赤ちゃん、幼児の平均身長と体重は? 小学校に上がるまでの子供の成長の目安を紹介!
赤ちゃんや小学校に上がる前の子供は短期間でグーンと成長します。では、月齢・年齢で赤ちゃん、子供はどのくらい成長するのでしょうか。厚生労働省がまとめた0歳~6歳までの子供の平均的な身長、体重のデータをまとめたので参考までにご覧ください。
カウプ指数でわかる赤ちゃんの太りすぎ・痩せすぎ
カウプ指数でわかる赤ちゃんの太りすぎ・痩せすぎ
ぷくぷくした赤ちゃんのほっぺたは、ほおずりしたくなる可愛さですよね。しかし、検診や外出先で出会ったほかの赤ちゃんと比べて、「太りすぎ?」「痩せすぎ?」と気になるときはありませんか?そんなときに便利なのが「カウプ指数」です。この記事では、カウプ指数について見ていきましょう。

授乳・ミルク、離乳食の回数と量

生後10ヶ月の赤ちゃんには、離乳食がメインの食事に少しずつ切り替えていきましょう。離乳食は朝・昼・夜の3回食。主菜・副菜・主食を合わせた全体の量は、お子様用のお茶碗1杯弱くらいを目安にします。

離乳食を食べ終わったタイミングで、母乳を飲みたいだけ与えるか、200mlのミルクを赤ちゃんにあげてください。授乳やミルクを飲みたがらない赤ちゃんには、無理に与えなくても問題ありません。赤ちゃんは離乳に向けて着々と成長しています。個人差はありますが、徐々に夜間や日中の授乳時間が減ってくる子もいます。

【管理栄養士監修】離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
【管理栄養士監修】離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。
赤ちゃんの離乳食3回食の進め方は? フォローアップミルクは必要? 取り分けレシピ本も!
赤ちゃんの離乳食3回食の進め方は? フォローアップミルクは必要? 取り分けレシピ本も!
離乳食の2回食が順調に進み、赤ちゃんのお口の発達が確認できたら3回食への移行を考えましょう。赤ちゃんが自分で手づかみ食べができるようになると、ママ・パパはお掃除が大変という場合もありますね。フォローアップミルクの要否や3回食でよくあるトラブルなども詳しく解説します。

授乳・離乳の支援ガイド(2019年改訂版)|厚生労働省
厚生労働省「2 乳児・小児」

睡眠の特徴

睡眠の特徴
これまでは、午前と午後に分けて1日2回お昼寝をしていた赤ちゃんも、生後10ヶ月になると1日1回のお昼寝になる子が増えてきます。動きが活発になる時期で、日中はたくさん遊んで夜になるとぐっすり眠る日も出てきます。赤ちゃんのペースを尊重しながら、だんだんと早寝早起きの生活にも慣れるようにパパママは心がましょう。

未就学児の睡眠指針(厚生労働科学研究費補助金:未就学児の睡眠・情報通信機器使用研究班(編)

排便の特徴

この時期になると、赤ちゃんのうんちが形になって出てくることもあります。離乳食が進むにつれて、においや形もはっきりとしてくるでしょう。排便の回数は個人差があるので、その子なりのリズムで出ていて元気があれば心配はいりません。

健常児の排便回数はどのぐらいか(公益財団法人日本医療機能評価機構)

生後10ヶ月の赤ちゃんの発達と特徴

生後10ヶ月の赤ちゃんの発達と特徴
ここからは生後10ヶ月の赤ちゃんの発達や特徴をご紹介します。パパママは成長の目安にしてください。

おすわりやハイハイが上手に

生後10ヶ月の赤ちゃんは身体を自由に使い始めるころです。おすわりに安定感が増し、中には高速でハイハイをする赤ちゃんもいるでしょう。ただ身体の動きは個人差が大きいので、まだできないからといって神経質にならなくて大丈夫です。パパママは温かく見守ってくださいね。

乳幼児健康診査 身体診察マニュアル(平成29 年度子ども・子育て支援推進調査研究事業 国立研究開発法人 国立成育医療研究センター)

赤ちゃんがハイハイするのはいつから? しない理由や練習方法5選も紹介
赤ちゃんがハイハイするのはいつから? しない理由や練習方法5選も紹介
赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後8ヶ月ごろからと言われますが、個人差があるものです。なかなかハイハイしないとパパママも心配にもなるでしょう。ハイハイしない赤ちゃんや練習方法についてもご紹介します。

つたい歩きを始める

室内の家具を上手に使い、つたい歩きを始める子もいます。最初は不安定なので、赤ちゃんが怪我をしないようにパパママは後ろでサポートをしてあげましょう。

ドアの指挟みは1歳~2歳がピーク! 幼稚園教諭に聞いた園での防止対策
ドアの指挟みは1歳~2歳がピーク! 幼稚園教諭に聞いた園での防止対策
子供の事故の中でもとくに身近な「ドアへの指挟み」。日々気になっているパパママも多いのでは? 多くの子供たちが過ごす園では、どのような対策をしているのでしょうか? 実際に指挟み対策をしている幼稚園の先生にお話を伺いました! (PR:株式会社ヨウソロ)

手づかみ食べブーム

生後10ヶ月の赤ちゃんには、「離乳食が大好き!」「自分で食べたい!」という手づかみ食べブームが到来します。できるだけ手づかみ食べができる食事を用意して、赤ちゃんが自由に食べられる機会を増やしてみましょう。

好き嫌いや食べムラに悩むことも

「朝は少ししか食べない」「パンやおかゆを嫌がるようになった」と、食事に関する悩みも出てくる時期です。パパママは、赤ちゃんの栄養が足りているか心配になりますよね。そんな時は、1週間単位で栄養バランスが取れてさえいれば特に問題はありません。好き嫌いや食べムラがあってもあまり気にせず、授乳やミルクで栄養を補いましょう。

【管理栄養士監修】生後10ヶ月の離乳食の進め方や量は? レシピ15選も紹介!
【管理栄養士監修】生後10ヶ月の離乳食の進め方や量は? レシピ15選も紹介!
生後10ヶ月の離乳食は、離乳後期で3回食で、手づかみ食べも始まるころ。離乳食のポイントやスケジュール、1回量などを確認しましょう。また、1日3回の離乳食で赤ちゃんが飽きてしまわないよう、離乳食の主食主菜副菜おすすめレシピを紹介します。
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
子供や赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」「手で料理をコネコネする」など、遊び食べにイライラするパパママも多いでしょう。子供の栄養面を考えると無理にでもご飯を食べさせるべきか悩みますよね。遊び食べの原因や効果的な対処方法を詳しく解説します。

人見知り・後追いが激しくなる子も

人見知り・後追いが激しくなる
生後10ヶ月になると普段見る機会の多い人と知らない人を区別し始めるため、人見知りが激しくなる子が増えてきます。ハイハイが上手な赤ちゃんは、パパママを一日中後追いする子もいます。人見知りや後追いは成長している証です。赤ちゃんが不安そうなときは、抱っこしたりヨシヨシしたりスキンシップを取って安心させてあげましょう。

赤ちゃんが人見知りするのはいつからいつまで? 人見知りしない子との違いや対策も
赤ちゃんが人見知りするのはいつからいつまで? 人見知りしない子との違いや対策も
赤ちゃんの人見知りは成長の証とされます。とはいえパパやおじちゃん、おばあちゃんの前でも赤ちゃんが激しく泣いてしまうとママも少し困ってしまいますよね。赤ちゃんが人見知りする時期と改善するポイントについて解説します。
赤ちゃんの後追いはいつからいつまで? 原因や対処方法を紹介!
赤ちゃんの後追いはいつからいつまで? 原因や対処方法を紹介!
赤ちゃんの後追いはいつから始まり、いつまでに落ち着くのでしょうか? 後追いが始まると、赤ちゃんは頑張ってママの後を追います。ママはトイレもゆっくりできず、家事もなかなか進まないことで、ストレスを感じることもあるでしょう。後追いの理由や今すぐできる対処法を紹介します。

バイバイや拍手といったまねっこ

生後10ヶ月の赤ちゃんは、まねっこも上手になる時期です。バイバイや拍手などの簡単な動きができるようになるので、より一層赤ちゃんに愛嬌が出てきますよ。

記憶力がついてくる

物事を覚える力がだんだん身についてきます。おもちゃの音楽がなるボタンをたくさん押し始める、苦手な人やお医者さんの顔を見て大泣きするといった赤ちゃんも増えるでしょう。

生後10ヶ月の赤ちゃんの育児のポイント

生後10ヶ月の赤ちゃんのお世話
次に、生後10ヶ月の赤ちゃんのお世話の仕方をご紹介します。

9~10ヶ月健診を受けよう

まだ9~10ヶ月健診を受けていない場合は、保健センターやかかりつけの小児科に行きましょう。赤ちゃんの身長・体重を測り、発育や発達を診てもらいます。赤ちゃんの成長や発達の確認だけではなく、子育ての悩みを相談するいい機会にもなりますよ。

事故防止対策はしっかりと

赤ちゃんの行動範囲が広がるので、転落や転倒などの危険が増えてきます。階段やキッチンにベビーゲートを設置したり、プレイマットを敷いたりして、安全対策を取りましょう。

ベビーゲートおすすめ15選! 人気は? 設置方法は? 選び方や手作り方法も紹介
ベビーゲートおすすめ15選! 人気は? 設置方法は? 選び方や手作り方法も紹介
ハイハイや伝え歩きができるようになったら、赤ちゃんは家のあちこちを探検しはじめます。階段やキッチンなどで赤ちゃんがケガをしたらどうしよう…そんな不安はありませんか? 赤ちゃんの事故を防止してくれるベビーゲートの選び方やおすすめアイテムをご紹介します。
種類豊富な赤ちゃん用プレイマットの選び方! おすすめ10選を紹介
種類豊富な赤ちゃん用プレイマットの選び方! おすすめ10選を紹介
赤ちゃんを安心して遊ばせられるスペースや部屋づくりをしたいと思っているパパママには、プレイマットがおすすめです。プレイマットにはさまざまなタイプがあるので、用途に合ったプレイマットの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

たくさんコミュニケーションとろう

パパママは、赤ちゃんとたくさんコミュニケーションを取ることが大切です。赤ちゃんは触れ合いの中で言葉を理解し、覚え、行動する力を身につけます。パパママからの愛情を感じる時間でもあるので、積極的にコミュニケーションを取りましょう

ハイハイをたくさんさせてあげる

ハイハイをたくさんさせてあげる
ハイハイは腕や足の筋肉を鍛えたり、身体のバランス感覚を身につけたり、赤ちゃんにとってメリットがたくさんあります。この時期は歩行器を使って歩く練習をするよりも、ハイハイがたくさんできる機会を作ってみましょう。

食事の時間を「楽しい時間にする」

赤ちゃんが進んで食べてくれるように、食事の時間を「楽しい時間にする」ことを心がけてください。手づかみ食べは積極的にやり、パパママは「美味しいね」「モグモグ上手だね」と笑顔で声掛けをしましょう。赤ちゃんが食べ物で遊んでしまうときはもう食べないの合図。無理強いせずに食事を切り上げましょう。

歯磨きをしよう

生後10ヶ月の赤ちゃんの中には、下の歯が生えてきたり前歯が見え始めたりする子もいます。歯が生え始めたらいよいよ歯磨きのスタート。はじめはガーゼを使って吹き取り、口を開けたり歯を磨いたりする感覚に慣れてもらいましょう。

【歯科医監修】赤ちゃんの歯磨きはいつから? やり方やポイントを紹介
【歯科医監修】赤ちゃんの歯磨きはいつから? やり方やポイントを紹介
赤ちゃんの歯磨きは歯が生え始める生後6ヶ月頃からとされています。歯茎から乳歯が見えだしたら、早い段階で歯磨きに慣れさせる練習をはじめましょう。正しい習慣づけや虫歯ゼロを目指す歯磨きのポイントと、赤ちゃんの歯磨きについてのママたちのお悩みに歯科医師がお応えします。
【歯科医監修】赤ちゃんに使う歯磨き粉のおすすめは? いつから必要? フッ素などの成分も知っておこう!
【歯科医監修】赤ちゃんに使う歯磨き粉のおすすめは? いつから必要? フッ素などの成分も知っておこう!
赤ちゃんの歯が生え始めたら歯磨きの練習をはじめますよね。赤ちゃんの歯が生えそろってきたら、そろそろ歯磨き粉を使った方が良いのかな? と思うパパママもいるでしょう。赤ちゃんの歯磨きではいつから歯磨き粉が必要なのか、どんな歯磨き粉を選べば良いのかなどを歯科医師が解説します。

次のページでは、生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃや遊びをご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!