生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?

生後10ヶ月の赤ちゃんの成長目安

生後10ヶ月の赤ちゃんの成長目安
生後10ヶ月を迎えた赤ちゃんの平均的な身長、体重はどのくらいでしょうか? 食事や睡眠、排便の成長目安についてもお伝えします。

平均身長と平均体重

男の子 女の子
身長 68.4〜77.4cm 66.5〜75.6cm
体重 7.3〜10.5kg 6.8〜10kg

生まれたばかりの頃よりも体重や身長が伸びるペースが落ち着いてきます。成長には個人差があるので、先月より身長・体重が増えていれば問題ないでしょう。

乳幼児身体発育調査|厚生労働省

0歳~6歳の赤ちゃん、幼児の平均身長と体重は? 小学校に上がるまでの子供の成長の目安を紹介!
0歳~6歳の赤ちゃん、幼児の平均身長と体重は? 小学校に上がるまでの子供の成長の目安を紹介!
赤ちゃんや小学校に上がる前の子供は短期間でグーンと成長します。では、月齢・年齢で赤ちゃん、子供はどのくらい成長するのでしょうか。厚生労働省がまとめた0歳~6歳までの子供の平均的な身長、体重のデータをまとめたので参考までにご覧ください。
カウプ指数でわかる赤ちゃんの太りすぎ・痩せすぎ
カウプ指数でわかる赤ちゃんの太りすぎ・痩せすぎ
ぷくぷくした赤ちゃんのほっぺたは、ほおずりしたくなる可愛さですよね。しかし、検診や外出先で出会ったほかの赤ちゃんと比べて、「太りすぎ?」「痩せすぎ?」と気になるときはありませんか?そんなときに便利なのが「カウプ指数」です。この記事では、カウプ指数について見ていきましょう。

授乳・ミルク、離乳食の回数と量

生後10ヶ月の赤ちゃんには、離乳食がメインの食事に少しずつ切り替えていきましょう。離乳食は朝・昼・夜の3回食。主菜・副菜・主食を合わせた全体の量は、お子様用のお茶碗1杯弱くらいを目安にします。

離乳食を食べ終わったタイミングで、母乳を飲みたいだけ与えるか、200mlのミルクを赤ちゃんにあげてください。授乳やミルクを飲みたがらない赤ちゃんには、無理に与えなくても問題ありません。赤ちゃんは離乳に向けて着々と成長しています。個人差はありますが、徐々に夜間や日中の授乳時間が減ってくる子もいます。

【管理栄養士監修】離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
【管理栄養士監修】離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。
赤ちゃんの離乳食3回食の進め方は? フォローアップミルクは必要? 取り分けレシピ本も!
赤ちゃんの離乳食3回食の進め方は? フォローアップミルクは必要? 取り分けレシピ本も!
離乳食の2回食が順調に進み、赤ちゃんのお口の発達が確認できたら3回食への移行を考えましょう。赤ちゃんが自分で手づかみ食べができるようになると、ママ・パパはお掃除が大変という場合もありますね。フォローアップミルクの要否や3回食でよくあるトラブルなども詳しく解説します。

睡眠の特徴

睡眠の特徴
これまでは、午前と午後に分けて1日2回お昼寝をしていた赤ちゃんも、生後10ヶ月になると1日1回のお昼寝時間になる子が増えてきます。動きが活発になる時期なので、日中に遊んでいる時間が長くなり、夜はぐっすり眠ってしまう日もでてくるでしょう。ママは赤ちゃんのペースに合わせながら、だんだんと早寝早起きの生活に慣れさせるよう心がけてくださいね。

排便の特徴

この時期になると、赤ちゃんのうんちが形になって出てくることもあります。離乳食が進むにつれて、においや形もはっきりとしてくるでしょう。排便の回数は個人差があるので、2~3日に1回の回数でも本人が元気そうなら問題ありませんよ。

生後10ヶ月の赤ちゃんの発達と特徴

生後10ヶ月の赤ちゃんの発達と特徴
ここからは生後10ヶ月の赤ちゃんの発達や特徴をご紹介します。パパママは成長の目安にしてくださいね。

おすわりやハイハイが上手になる

生後10ヶ月の赤ちゃんは身体を自由に使い始めるころです。おすわりはお手の物。中には高速でハイハイをする赤ちゃんもいるでしょう。ただ身体の動きは個人差が大きいので、まだできていない赤ちゃんでも気にしなくていいですよ。パパママは優しく見守ってくださいね。

赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後7~8ヶ月といわれますが、赤ちゃんによってかなり個人差があります。「うちの子はなかなかはいはいしない!大丈夫?」と心配するパパママに、赤ちゃんがハイハイをする理由やしない赤ちゃんについてなど、ハイハイについての基礎知識をご紹介します。

伝い歩きをはじめる子もいる

室内の家具を上手に使い、伝い歩きをはじめる子がでてきます。最初は不安定なので、赤ちゃんが怪我をしないようにママは後ろでサポートをしてあげましょう。

手づかみ食べブーム

生後10ヶ月の赤ちゃんには、「離乳食が大好き!」「自分で食べたい!」という手づかみ食べブームが到来します。ママはできるだけ手づかみ食べができる食事を作り、赤ちゃんが自由に食べられる機会を増やしてくださいね

好き嫌いや食べムラがでる

「朝は少ししか食べない」「パンやおかゆを嫌がるようになった」と、食事に悩みがでてくる時期です。パパママは赤ちゃんの栄養が足りているか、心配になってしまいますよね。そんな時は、一週間単位で栄養バランスが取れてさえいれば特に問題はありません。好き嫌いや食べムラがでても気にせず、授乳やミルクで栄養を補いましょう。

遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
子供や赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」「手で料理をコネコネする」など、遊び食べにイライラするパパママも多いでしょう。子供の栄養面を考えると無理にでもご飯を食べさせるべきか悩みますよね。遊び食べの原因や効果的な対処方法を詳しく解説します。

人見知り・後追いが激しくなる

人見知り・後追いが激しくなる
生後10ヶ月になると普段見る機会の多い人と知らない人を区別し始めるため、人見知りが激しくなる子が増えてきます。ハイハイが上手な赤ちゃんは、ママを一日中後追いする子もいます。人見知りや後追いは成長している証です。赤ちゃんが不安そうなときは、抱っこしたりヨシヨシしたりしてママが安心させてあげましょう

赤ちゃんが人見知りするのはいつからいつまで? 人見知りしない子との違いや対策も
赤ちゃんが人見知りするのはいつからいつまで? 人見知りしない子との違いや対策も
赤ちゃんの人見知りは成長の証とはいえ、パパや祖父母にも激しく泣いてしまうとママとしても少し困っちゃいますよね。赤ちゃんが人見知りする時期と人見知りを改善するポイントも紹介します。
赤ちゃんの後追いはいつからいつまで? 対処法や注意点は? 理由も紹介
赤ちゃんの後追いはいつからいつまで? 対処法や注意点は? 理由も紹介
赤ちゃんの後追いはいつから始まり、いつまでに落ち着くのでしょうか? 後追いが始まると、赤ちゃんは頑張ってママの後を追います。ママはトイレもゆっくりできず、家事もなかなか進まない…とストレスを感じることも。後追いの理由、対処法や注意点を紹介します。

バイバイや拍手ができるようになる

生後10ヶ月の赤ちゃんはマネが上手になってくる時期。バイバイや拍手などの簡単な動きができるようになるので、より一層赤ちゃんに愛嬌がでてきますよ。

記憶力がついてくる

物事を覚える力がだんだん身についてきます。おもちゃの音楽がなるボタンをたくさん押し始める、苦手な人やお医者さんの顔を見て大泣きする赤ちゃんも増えてくるでしょう。

生後10ヶ月の赤ちゃんの育児のポイント

生後10ヶ月の赤ちゃんのお世話
次に、生後10ヶ月の赤ちゃんのお世話の仕方をご紹介します。

9~10ヶ月健診を受ける

まだ9~10ヶ月健診を受けていない方は、保健センターやかかりつけの小児科に行きましょう。赤ちゃんの身長・体重を測り、発育や発達を診てもらえます。ママは子育ての悩みを相談するいい機会にもなりますよ。

生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
少しずつ行動範囲が広がり始める生後10ヶ月の赤ちゃん。体重や身長はどのくらいになるのでしょうか? 気になる発達の特徴やお世話のポイント、遊び方などを紹介します。たくさんコミュニケーションをとって赤ちゃんとの楽しい生活を満喫しましょう。

事故防止対策をする

赤ちゃんの行動範囲が広がるので、転落や転倒などの危険が増えてきます。階段やキッチンにベビーゲートを設置したり、プレイマットを敷いたりして、事故の予防に努めてください。

生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
少しずつ行動範囲が広がり始める生後10ヶ月の赤ちゃん。体重や身長はどのくらいになるのでしょうか? 気になる発達の特徴やお世話のポイント、遊び方などを紹介します。たくさんコミュニケーションをとって赤ちゃんとの楽しい生活を満喫しましょう。

たくさんコミュニケーションとる

パパママは赤ちゃんとたくさんコミュニケーションを取ることが大切です。赤ちゃんは触れ合いの中で言葉を理解し、覚え、行動する力が身につきます。パパママからの愛情を感じる時間でもあるので、たっぷりコミュニケーションを取りましょう

ハイハイをたくさんさせてあげる

ハイハイをたくさんさせてあげる
ハイハイは腕や足の筋肉を鍛えられたり、身体のバランス感覚が身についたりと、赤ちゃんにとってのメリットがたくさんあります。歩行器を使って歩く練習をするよりも、ハイハイをする機会を増やしてあげてくださいね。

食事の時間を「楽しい時間にする」

赤ちゃんが進んで食べてくれるように、食事の時間を「楽しい時間にする」ことを心がけてください。手づかみ食べは積極的にやり、パパママは「美味しいね」「モグモグ上手だね」と笑顔で声掛けをしましょう。赤ちゃんが食べ物で遊んでしまうときはもう食べないの合図。無理強いせずに食事を切り上げましょう。

歯磨きをしよう

生後10ヶ月の赤ちゃんの中には、下の歯がでてきたり前歯が見え始めたりする子もでてきます。歯が生え始めたらいよいよ歯磨きのスタート。はじめはガーゼを使って吹きとり、口を開けたり歯を磨いたりする感覚に慣れさせましょう。

【歯科医監修】赤ちゃんの歯磨きはいつから? やり方やポイントを紹介
【歯科医監修】赤ちゃんの歯磨きはいつから? やり方やポイントを紹介
赤ちゃんの歯磨きは歯が生え始める生後6ヶ月頃からとされています。歯茎から乳歯が見えだしたら、早い段階で歯磨きに慣れさせる練習をはじめましょう。正しい習慣づけや虫歯ゼロを目指す歯磨きのポイントと、赤ちゃんの歯磨きについてのママたちのお悩みに歯科医師がお応えします。
【歯科医監修】赤ちゃんに使う歯磨き粉のおすすめは? いつから必要? フッ素などの成分も知っておこう!
【歯科医監修】赤ちゃんに使う歯磨き粉のおすすめは? いつから必要? フッ素などの成分も知っておこう!
赤ちゃんの歯が生え始めたら歯磨きの練習をはじめますよね。赤ちゃんの歯が生えそろってきたら、そろそろ歯磨き粉を使った方が良いのかな? と思うパパママもいるでしょう。赤ちゃんの歯磨きではいつから歯磨き粉が必要なのか、どんな歯磨き粉を選べば良いのかなどを歯科医師が解説します。

生後10ヶ月の赤ちゃんとの遊び方&おすすめのおもちゃ

生後10ヶ月の赤ちゃんとの遊び方&おすすめのおもちゃ
赤ちゃんと何をして遊んだらいいのか、悩んでしまう方も少なくありません。生後10ヶ月の赤ちゃんとの遊び方、おすすめのおもちゃをご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

ハイハイ遊び

赤ちゃんがハイハイをしたら、パパママも一緒にハイハイをして遊んでみましょう。追いかけたり逃げたりと赤ちゃんは大興奮! 身体を動かすので、ハイハイの練習や筋肉を鍛えることにも繋がりますよ。

SKIP HOP ビー・スパイラルトイ TYSH303108

赤ちゃんがハイハイで捕まえたくなる人気のおもちゃ「ビー・スパイラルトイ」。赤ちゃんは音や動きが楽しくて、夢中で追いかけていきます。予測のつかない動きに大喜びすること間違いありません!

外遊び

外遊びには生後10ヶ月の赤ちゃんとって、いい刺激がたくさんあります。公園で伝い歩きをしたり、砂場で遊んだりして、外遊びを満喫しましょう。天気が悪い日には、児童館や支援センターで遊ぶのも他の子供達と触れ合ういいチャンスですよ。
 

アンパンマン カラフルおでかけ砂場セット

アンパンマン カラフルおでかけ砂場セット

アンパンマン カラフルおでかけ砂場セット

2,200円(07/04 22:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

赤ちゃんとの砂場遊びが楽しくなる人気の砂場セットです。カラフルな色合いで赤ちゃんの好奇心をそそります。

触れ合い遊び

触れ合い遊びとは、赤ちゃんとスキンシップをとりながら歌を歌ったり踊ったりする遊びです。「あたま・かた・ひざ・ポン」の歌を歌いながら、赤ちゃんの身体をママが触って教えてあげましょう。触れ合い遊びを通して、脳や身体に刺激を受けることで、赤ちゃんの成長を促しママとの絆がさらに深まりますよ。

おもちゃ

生後10ヶ月の赤ちゃんは好奇心や記憶力がついてくる時期。ボタンを押したら音楽がなったり、叩くと音が出たりするおもちゃを選ぶと、赤ちゃんも夢中で遊んでくれるでしょう。パパママはおもちゃを上手に使い、赤ちゃんとの遊びがもっと楽しくなるように工夫してみてくださいね。

たのしく知育! やみつきボックス

たのしく知育! やみつきボックス

たのしく知育! やみつきボックス

2,936円(07/04 23:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

生後10ヶ月の時期から長く遊べる知育おもちゃです。「つまむ」「にぎる」「まわす」この3つの動作が、おもちゃを通してたくさん経験できます。パパママも赤ちゃんと一緒に遊び、健やかな成長へと導きましょう。

絵本

絵本の読み聞かせは、赤ちゃんが大好きな遊び方のひとつです。興味を引くような絵や色づかいの絵本を選び、楽しくユニークに読み聞かせをしてみましょう。パパママの面白い読み聞かせで赤ちゃんも楽しい時間を過ごせますよ。

がたん ごとん がたん ごとん

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)

安西 水丸
880円(07/04 09:53時点)
発売日: 1987/06/30
Amazonの情報を掲載しています

電車の音が楽しい人気の絵本です。色彩が鮮やかなので赤ちゃんの目を引きつけます。パパママの膝に乗せて「がたんごとん」と楽しげに読み聞かせてあげましょう。

【育児漫画・育児あるあるvol.3】「張り切って作った離乳食を食べさせると…!?」
【育児漫画・育児あるあるvol.3】「張り切って作った離乳食を食べさせると…!?」
毎日、育児に奮闘中のパパママが「あるある」と頷く育児エピソードを育児漫画でご紹介! 張り切って作った離乳食を赤ちゃんが食べてくれない…!? 忙しい日々の育児や家事の合間に漫画を読んで、ほっと一息ついてくださいね。
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と育児のポイント! 平均身長、体重、離乳食の回数や遊び方は?
少しずつ行動範囲が広がり始める生後10ヶ月の赤ちゃん。体重や身長はどのくらいになるのでしょうか? 気になる発達の特徴やお世話のポイント、遊び方などを紹介します。たくさんコミュニケーションをとって赤ちゃんとの楽しい生活を満喫しましょう。

まとめ

まとめ
生後10ヶ月の赤ちゃんはハイハイが上手になり、行動範囲が広がっていく時期です。周囲の安全に気を配りながら、たっぷりと遊ばせてあげましょう。こちらの記事を参考に赤ちゃんのお世話の仕方や、成長の目安に役立ててくださいね。

キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
人気の離乳食アプリはどれ? 離乳食の進め方がわかるおすすめのアプリ6選
離乳食がそろそろ始まる生後5ヶ月の赤ちゃんがいる方、離乳食は始まったけど今後どう進めて行ったらいいのか分からない方には離乳食アプリがおすすめ。離乳食アプリのメリットや人気の離乳食アプリを紹介します!
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均体重と身長、発育ペースは?
赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳ごろまでは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかを見通せるように、まとめて解説します!
0~2歳には音の出るおもちゃがおすすめ! 年齢別の人気商品を紹介
0~2歳には音の出るおもちゃがおすすめ! 年齢別の人気商品を紹介
子供の力を伸ばすには月齢、年齢に合ったおもちゃを用意してあげることが大切です。赤ちゃんは「見る」よりも「聞く」方が得意なので、音の出るおもちゃが大好き! 年齢に合った、一緒に楽しめるおすすめのおもちゃを紹介します。
0歳の赤ちゃんが喜ぶおすすめ絵本 定番から知育にぴったりなしかけ絵本まで
0歳の赤ちゃんが喜ぶおすすめ絵本 定番から知育にぴったりなしかけ絵本まで
「いつから読み聞かせをしたらいいのだろう?」こんな悩みを抱いたことがありませんか? 本に触れるのに「早い」ということはありません。0歳の赤ちゃんも絵本を通してたくさんの刺激を受け成長します。プレゼントにもおすすめの0歳児向け絵本を紹介します。
赤ちゃんの英語教育はいつから始めたらいい? メリット、デメリット、0歳からのおすすめの勉強方法を紹介
赤ちゃんの英語教育はいつから始めたらいい? メリット、デメリット、0歳からのおすすめの勉強方法を紹介
英語の勉強は早く始めた方がいいと言われていますが、まだ日本語も話せない0歳の赤ちゃんから始めてもいいのでしょうか? いつから始めたらいいのか、赤ちゃんからでも楽しく学べるおすすめの勉強法などを紹介します!
1歳2ヶ月ってどんな時期? 平均的な成長の目安。離乳食や食事量、歯、遊びのことなどを解説
1歳2ヶ月ってどんな時期? 平均的な成長の目安。離乳食や食事量、歯、遊びのことなどを解説
1歳2ヶ月は、しっかり歩けるようになる子供が増え、幼児らしさが増してくる時期です。同時に、離乳食のことや食事量のこと、歯の生え方や言葉の出方など、ママの悩みも増えてきていませんか? 1歳2ヶ月はどういう時期で、どのように接すればよいかをご紹介します。
1歳3ヶ月ってどんな時期? 平均的な成長の目安。言葉や遊び、食事のことなどを解説
1歳3ヶ月ってどんな時期? 平均的な成長の目安。言葉や遊び、食事のことなどを解説
1歳3ヶ月になると子供が随分としっかりしてきたなと感じる反面、言葉の出方や食事量、遊び方などの悩みが増えてくるものです。1歳3ヶ月はどのような時期で、ママはどう接していくといいのか、成長を引き出すアイデアをご紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!