生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介

生後6ヶ月の赤ちゃんの成長

生後6ヶ月の赤ちゃんの成長目安
生後6ヶ月の赤ちゃんは離乳食が1日2回食になり、身体の大きさや身長の高さなどの個人差が目立ってくる時期です。このころの赤ちゃんの平均身長や体重、授乳回数などの成長目安を参考にしてみましょう。

生後6ヶ月の赤ちゃんの平均身長と平均体重

男の子 女の子
身長 63.6~72.1cm 61.7~70.4cm
体重 6.44~9.57kg 6.06~9.05kg

生後6ヶ月の赤ちゃんは、急激な発育段階が過ぎて発育のスピードがゆるやかになります。赤ちゃんの動きはより活発になり、寝返りができるようになる子も。そのため体重があまり増えなくても心配することはありません。

乳幼児身体発育調査|厚生労働省

0歳~6歳の赤ちゃん、幼児の平均身長と体重は? 小学校に上がるまでの子供の成長の目安を紹介!
0歳~6歳の赤ちゃん、幼児の平均身長と体重は? 小学校に上がるまでの子供の成長の目安を紹介!
赤ちゃんや小学校に上がる前の子供は短期間でグーンと成長します。では、月齢・年齢で赤ちゃん、子供はどのくらい成長するのでしょうか。厚生労働省がまとめた0歳~6歳までの子供の平均的な身長、体重のデータをまとめたので参考までにご覧ください。
カウプ指数でわかる赤ちゃんの太りすぎ・痩せすぎ
カウプ指数でわかる赤ちゃんの太りすぎ・痩せすぎ
ぷくぷくした赤ちゃんのほっぺたは、ほおずりしたくなる可愛さですよね。しかし、検診や外出先で出会ったほかの赤ちゃんと比べて、「太りすぎ?」「痩せすぎ?」と気になるときはありませんか?そんなときに便利なのが「カウプ指数」です。この記事では、カウプ指数について見ていきましょう。

母乳やミルクの回数と量

授乳の回数と量
離乳食が順調であれば1日1回から2回食に進むころです。食後には赤ちゃんが欲しがるだけおっぱいをあげましょう。それ以外は赤ちゃんのリズムにそって授乳をしてください。

粉ミルクの場合は、離乳食を開始したばかりの赤ちゃんには1日4回+離乳食のあとの1回を目安にあげましょう。すでに離乳食が2回食に進んでいる場合は、1日3回+離乳食後に粉ミルクを2回あげてください。量は粉ミルクに表示されているものを参考にしてくださいね。

母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
母乳とミルクを併用する混合育児のメリット・デメリットは? 授乳の量とタイミングは?
赤ちゃんの授乳に母乳とミルクを併用する混合育児(混合栄養)は、母乳とミルクのいいとこ取りができる方法といえますね。実際はどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 授乳の量とタイミングについても解説します。
生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
0歳も半分が過ぎる生後6ヶ月。できることも増えてきますが、寝返りやおすわりができないことに悩んでいませんか? 同じ月齢の赤ちゃんの成長する姿を見ると「うちの子はどうかな?」と心配になりますよね。生後6ヶ月の赤ちゃんの成長発達の目安やお世話のポイントを詳しく解説します!

生後6ヶ月の赤ちゃんの睡眠の特徴

生後6ヶ月の赤ちゃんの睡眠は、1日13~14時間です。睡眠のリズムが少しずつ整いはじめ、昼は起きている時間が長くなり、夜はまとまって眠れるようになってきます

一方で、夜中に何度も目を覚ましたり、夜泣きがはじまったりする赤ちゃんもいます。このころに夜泣きがはじまる原因ははっきりとわかっていませんが、乳歯が生えはじめむずがゆくて起こる、脳の発達過程で起こると言われています。パパママは寝られない日々が続いて大変ですが、成長につれ少しずつ夜泣きは減っていきますので、長い目で見守ってあげてください。

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 先輩ママへのアンケート結果も紹介
赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 先輩ママへのアンケート結果も紹介
覚悟していたとはいえ、赤ちゃんの夜泣きが始まると体力的にもつらいものがありますよね。「いつからいつまで続くのだろう...」不安に思うママも多いのではないでしょうか? 本記事では赤ちゃんの夜泣きの原因や対処法を解説。先輩ママたちの乗り越え方も紹介します!

生後6ヶ月の赤ちゃんの排泄の特徴

おしっこの回数は1日平均15回、うんちは平均6回が目安です。離乳食前は泥状だったうんちも、固形物を食べるようになることで形ができはじめ、大人のものに近づいていきます。うんちは赤ちゃんの健康のバロメーター。個人差がありますから、毎日状態をチェックして、普段と異なる点や気になる点があればメモしておきましょう。

生後6ヶ月の赤ちゃんの発達の特徴

生後6ヶ月の赤ちゃんの発達の特徴
生後6ヶ月の赤ちゃんの発達の特徴を紹介します。

生後6ヶ月の発達1:寝返りができるようになる

赤ちゃんが寝返りをできるようになる目安は生後6ヶ月前後です。ですが、寝返りは個人差があり、この時期にできなくても問題ありません。特に体の大きな赤ちゃんは、自分の体を思うように動かしづらいため寝返りが遅くなる傾向にあります。

なかなか寝返りをしてくれなくて不安だというパパママは、寝返りの手助けをしてあげましょう。赤ちゃんが下半身をひねろうとしていたら、それは寝返りをしようとしているサインです。優しく足に手を添えてサポートしてあげてください。寝返りの練習は窒息の危険があるので、パパママは目を離さずにしっかり見守りましょう。

寝返りはいつからできる? 赤ちゃんの月齢目安や練習方法は? 注意点も紹介
寝返りはいつからできる? 赤ちゃんの月齢目安や練習方法は? 注意点も紹介
赤ちゃんはいつ頃寝返りをするようになるのか、ご存知でしょうか? ウチの赤ちゃんはなかなか寝返りしないので練習した方がいいの? などと不安なパパママに向けて赤ちゃんが寝返りをする赤ちゃんの月齢目安、寝返りの練習方法、注意点などをご紹介します。
赤ちゃんの寝返り、寝返り返りはいつできる? 練習は必要?うつ伏せの注意点は?
赤ちゃんの寝返り、寝返り返りはいつできる? 練習は必要?うつ伏せの注意点は?
赤ちゃんが寝返り、寝返り返りができるようになる時期には個人差がありますが、いつ頃できるのでしょうか? 首が座ったらそろそろ? 寝返りはできたけど、寝返り返りはいつできるようになる? 練習は必要? ママが心配な寝返りをしてうつ伏せになる時の注意点も紹介します。

生後6ヶ月の発達2:欲しい物に手を伸ばしつかむ

欲しいと思ったものや興味があるものに自分から手を伸ばしてつかみます。また、手に持ったおもちゃを床で叩くこともできるようになります。何でも口に入れたがる時期ですので、誤飲の恐れのあるものは赤ちゃんの手の届かない場所に置くようにしましょう。特にタバコやボタン電池、薬品などには気をつけてくださいね。

生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
0歳も半分が過ぎる生後6ヶ月。できることも増えてきますが、寝返りやおすわりができないことに悩んでいませんか? 同じ月齢の赤ちゃんの成長する姿を見ると「うちの子はどうかな?」と心配になりますよね。生後6ヶ月の赤ちゃんの成長発達の目安やお世話のポイントを詳しく解説します!

生後6ヶ月の発達3:おすわり

おすわりの練習
おすわりの目安は生後6ヶ月~7ヶ月ごろですが、支えなしでしっかりと座れるようになるのは生後8ヶ月~9ヶ月です。おすわりも個人差がありますのでこの時期にできなくても心配しないでくださいね。

生後6ヶ月頃の赤ちゃんはまだ骨や筋肉がきちんと発達していないので、一人で上手に座ることができず倒れてしまうこともあります。そのためローテーブルなどの角に頭を打ち付けないように気をつけてください。パパママがサポートしながら視界の変化などを楽しんでもらいましょう。

赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
赤ちゃんはいつからおすわりできる?発達個人差と楽しい練習方法
赤ちゃんの首が完全に座り、手足の動きが活発になってくると「そろそろおすわり?」と期待が高まります。赤ちゃんのおすわりはいつから? またおすわり間近の赤ちゃんへの接し方は?そんな疑問を解消します。

生後6ヶ月の発達4:自己主張が強くなる

自己主張が出てくるのも生後6ヶ月の赤ちゃんの特徴です。離乳食を拒否したり、泣き方を変えたりして周囲に感情を訴える赤ちゃんもいます。感情表現はさらに豊かになり、「ぶーっ」といったうなり声や「マママ」といった反復喃語も発するようになります。

赤ちゃんが喃語(なんご)を話すのはいつからいつまで? 喃語が出ないときの対処法、クーイングとの違いを紹介
赤ちゃんが喃語(なんご)を話すのはいつからいつまで? 喃語が出ないときの対処法、クーイングとの違いを紹介
生後5ヶ月ころの赤ちゃんが泣き声や言葉とは違うかわいい声を発し始めたら、それが「喃語(なんご)」です。喃語とクーイングの違い、喃語が出ないときの対処方法をご紹介します。

6ヶ月健診・7ヶ月健診を受けよう

自治体によっては6-7ヶ月健診が行われることがあります。乳児健診では、子供の健康や発達に異常がないかを見てもらえたり、育児相談ができたりするため、6ヶ月健診・7ヶ月健診を行っている自治体にお住まいの方は、ぜひ6ヶ月健診・7ヶ月健診を受けてみてくださいね。ただし、6-7ヶ月健診は厚生労働省が自治体に実施を義務付けているものではないので、実施されない自治体もあります。

6-7ヶ月健診の検査内容

  1. 身体計測
  2. 体重身長を計測します。

  3. ハンカチテスト
  4. 赤ちゃんの顔にハンカチをかけて自分で取れるかチェックします。

  5. 赤ちゃんの首すわりの様子
  6. 生後5ヶ月までには約9割の赤ちゃんの首がすわるようになるため、チェックします。

  7. 赤ちゃんの寝返りの様子
  8. 寝返りできるようになる時期は、生後6ヶ月頃が一般的ですが、成長には個人差があるためできなくても様子見になることが多いよう。

  9. 赤ちゃんのお座りの様子
  10. 生後7ヶ月頃にお座りができている赤ちゃんは約半数なので、6ヶ月健診・7ヶ月健診でお座りができていなくてもOK。

  11. 赤ちゃんの歯の生え具合
  12. 歯が生える時期や順序には個人差があるので、生後6ヶ月・7ヶ月の時期に歯が生えていなくてもあまり心配しなくて大丈夫。

  13. 赤ちゃんの離乳食の進み具合
  14. 離乳食の進み具合の確認があります。離乳食の進み具合は個人差が大きいので平均的な進み具合は参考程度に。

  15. 赤ちゃんの聴覚
  16. 赤ちゃんの発達具合によっては先天性の病気が考えられるため、聴覚も検査項目に含まれています。

生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
0歳も半分が過ぎる生後6ヶ月。できることも増えてきますが、寝返りやおすわりができないことに悩んでいませんか? 同じ月齢の赤ちゃんの成長する姿を見ると「うちの子はどうかな?」と心配になりますよね。生後6ヶ月の赤ちゃんの成長発達の目安やお世話のポイントを詳しく解説します!

次のページでは生後6ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイントを解説します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!