離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?

離乳食期はブレンダーの購入がおすすめ


離乳食づくりが楽になると言われる「ブレンダー」。あるに越したことはないけれど、買っても離乳食が終わった後は使わなくなってしまうのはコスパ的にももったいない…と、購入するかいなか悩んでしまいますよね。筆者もそんな一人でした。でも結果的には購入して大正解!離乳食作りでのブレンダーの活用方法、どんなタイプを選んだらいいのか、そして離乳食作り以外でのブレンダー活用術までご紹介しちゃいます!

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳食初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

離乳食初期こそブレンダーが必要な理由

ブレンダーは、離乳食作りに必ずしも必要なものではありません。しかし、離乳食開始直後の「離乳初期」といわれる時期は、ペースト状が基本。そのためには下茹でした野菜やおかゆ、お魚などを、すりつぶしたり、裏ごししたり、ふやかしたり…と離乳食作りにはとても時間がかかります。料理を始めたばかりのママ・パパはこの作業を想像しただけでも負担に感じるのではないでしょうか。ただでさえ育児に加え、日々の家事やお買い物などで時間に余裕のないママたち。この手間のかかる作業を大幅に短縮できるのが「ブレンダー」なのです。

赤ちゃんの離乳食初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
赤ちゃんの離乳食初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
生後5ヶ月になったら赤ちゃんの様子をみて離乳食を開始しようと思っているパパママが多いのではないでしょうか。離乳食はいつから始めれば良いのか、離乳食初期であげて良い食材の種類や量、離乳食の進め方についてご紹介します。

離乳食の第一歩「10倍がゆ」からブレンダーが大活躍


10倍がゆとは、お米「1」に対して「10」の水でふやかしたおかゆです。米から炊く場合は、大さじ1のお米に対し、大さじ10の水で炊きます。また、ごはんから柔らかくする場合は、ごはん20グラムに対して350ミリリットルの水でふやかします。米から炊く場合には、炊く前に洗った米を30分ほど水に浸しておきましょう。また、ごはんから作る時は、鍋にご飯と水を入れ火にかけ、沸騰したら弱火でコトコト煮ていきます。ブレンダーがあれば、でき上がったおかゆをブレンダーにかけてなめらかにします。ブレンダーがない場合には、おかゆを鍋からすり鉢に移し、すり棒で滑らかになるまで手ですりつぶします。

はじめて10倍がゆの作り方を知ると、その手間に驚きますよね。離乳食のいちばん最初のステップである「10倍がゆ」でさえ、これだけの時間と手間がかかります。ようやく完成し、赤ちゃんに食べさせ終わるとお鍋やすり鉢がカピカピに…なんていう事態は、離乳食あるあるですよね。しかも、10倍がゆは離乳食のはじめの一歩にすぎず、10倍がゆに慣れてきたら、次はさまざま種類の食材をペースト状にしていかなければなりません。

離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。

ペースト状にするのが難しい食材もブレンダーで一瞬!

ブレンダーは基本、離乳食として食べることのできるどんな食材にも簡単に使用できますが、中でもおすすめは離乳食の定番食材でもあるにんじん、だいこん、かぶなどの根菜類です。根菜は、下茹でしてもかたく、刻んだりペースト状にするのが大変。しかし、ブレンダーがあればざっくり刻んだ野菜を下茹でするだけ。そのままブレンダーにかけることができ、一瞬でペースト状にすることができます。

一緒に混ぜたいお豆腐や粉ミルクなども、このタイミングで加えれば、ブレンダーで一気に均等に混ぜることができるのでとても便利です。もちろん、主食であるおかゆやパン、麺などにも使用できます。ブレンダーがない場合は、おかゆやふやかした食パンをすり鉢で滑らかになるまですりつぶさなければならず、すり棒や手までベトベトで洗い物も大変…という事態に。この作業を毎日するのは正直とても大変で、筆者の場合は大人のごはんを手抜きするようになってしましました。ブレンダーはこの作業を自動で行ってくれるので大助かりです。離乳食づくりが時短になるだけでなく、洗い物を減らせるのは忙しいママ・パパにはうれしいですよね。

ブレンダーを味方に! 時短で楽ちん離乳食


ここまで離乳食作りの大変さやあるあるエピソードをご紹介してきましたが、離乳食は赤ちゃんの成長を感じる大切なスタート。ワクワクと楽しんで進めていきたいですよね。離乳食初期はとくに活躍するブレンダーですが、その後も実は活躍の機会はたくさんあります。

離乳食の作り置きでブレンダーの便利さを実感

筆者も離乳食開始直後は、ブレンダーを使用せずに離乳食を作っていました。しかし前述の通り、慣れない子育てや日々の家事のなか、離乳食作りという作業が増えたことで時間にゆとりが持てなくなっていきました。そこで「遅いかな…」と思いながらも思い切ってブレンダーを購入。食材を本当に一瞬でペースト状にすることができるので、かなり時短に!

さらに、私がブレンダーの良さを実感したのは、離乳食の作り置き。ブレンダーは一度にたくさんの量の食材をペースト状にすることができるので、時間があるときに離乳食のストックを一気に作り、小分けにして冷凍していました。ストックをたくさん作っておけば、電子レンジでチン!するだけ。離乳食が1日2回・3回と回数が増えていくと、毎回手間をかけて離乳食を作るのは大変。冷凍のストックが大活躍します。

離乳食以外でも大活躍! ブレンダーでプロ級簡単レシピ

ブレンダーは、もちろん離乳食作り専用の機械ではありません。離乳食のスタートを機にブレンダーの購入を検討する方が多いと思いますが、離乳食が終わった後でも活躍してくれます。好きな果物や野菜をそのままブレンダーにかければ、特製スムージーのでき上がり。またカボチャやじゃがいもなどの野菜をブレンダーにかけ、そこに牛乳を投入。コンソメや塩・こしょうで味を整えれば野菜ポタージュが簡単に作れてしまいます。トマトをブレンダーでつぶせば、ピザやパスタの手作りソースにも。このように、普段作れないおしゃれなメニューが誰でも手軽に作れてしまうので、家族にもきっと喜んでもらえるはずです♪

離乳食のブレンダー選びのコツ


ブレンダーの購入を検討している方は、多種多様なブレンダーのどのようなタイプを購入すべきか、悩んでしまいますよね。そこでブレンダーに救われた筆者が離乳食に便利なおすすめブレンダーをご紹介します。

離乳食には「ハンドブレンダー」タイプを

離乳食作りに使用するおすすめするのは、「ハンドブレンダー」です。ハンドブレンダーは、食材を鍋に入れたまま使用することができます。なので、鍋で作った10倍がゆもそのままブレンダーにかけることが可能。下茹でした野菜なども鍋に入れたままペーストすることができるので、洗い物を増やさずに済みます。据え置きタイプでは、食材を専用の器に移す必要があるので、離乳食作りにはおすすめはできません。また、ハンドブレンダーは据え置きタイプに比べ、離乳食など少量の食材を調理することに向いています。また、ハンドブレンダーはお手頃な価格のものも多いので、購入しやすい点もおすすめです。

手頃な価格のスティックタイプのブレンダー。鍋に直接入れて使えるのも魅力です。

BRUNOのハンドブレンダーは豊富なカラーバリエーションで出産のお祝いにチョイスする人も!

スムージー作りや本格的に料理に使うならマルチブレンダーを

一方で、ハンドブレンダーのデメリットは一度に使える量が少ないことや、パワーが劣ることです。ハンドブレンダーは離乳食のような下茹でした柔らかい食材には問題なく使えますが、香辛料やナッツなど硬いものには向きません。離乳食終了後に本格的な料理に使い続けたい場合には少し予算を上げてマルチブレンダーを選ぶのも手です。

スムージー作りに便利なミキサータイプのブレンダー。

ドイツのメーカーブラウンのブレンダーは本格的で高いデザイン性も魅力です。

クッカータイプは食材を入れてスイッチを押すだけで完成!

海外で人気があり、日本でも出産祝いなどで「便利!」と人気が出てきたのがクッカータイプです。これは、ブレンダーの機能に加えて蒸す・温めるなどの調理機能がついたもの。食材をカップに入れて、スイッチを押すだけで好みの硬さや大きさに調理してくれるのでかなり便利です。今は海外製のものが多く、キッチンに置いてもすてきなデザインなのも魅力。デメリットは価格が高いことや、サイズの大きいものが多いこと。でも、離乳食作りの手軽さで言えばダントツです!料理が苦手だったり、離乳食を負担に感じているママ・パパにはおすすめ。今後、出産祝いなどで日本でも広まってきそうです。

蒸す・きざむ・つぶすが自動でできて、コンパクトなベビークッカー。

フランスの老舗ブランド「ベアバ」のベビークック。食材の栄養を保ちながら離乳食調理ができます。
ママが厳選! 出産祝いで本当に嬉しかったプレゼント16選
ママが厳選! 出産祝いで本当に嬉しかったプレゼント16選
オムツや洋服、絵本など出産祝いの候補はたくさんありますが、「ママたちが本当に喜んでくれるもの」を贈りたいですよね。本記事ではもらって嬉しかった出産祝いを現役ママが厳選してご紹介! 定番から、ユニークでおしゃれなもの、2人目の出産祝いまで幅広く取り上げます。 

離乳食が進んでいるならフードカッターも

離乳食が中期~後期に進んでくると、赤ちゃんは少しずつ粒感のある離乳食を食べられるようになってきます。このころは、食材をみじん切りにして離乳食を作ることが増えるので、フードカッターのような簡易なタイプも活躍します。手動でできるタイプもあるのでキッチンにコンセントがなくても手軽に使えます。

カラフルなレコルテのフードカッター。キッチンに置いておいてもかわいいデザイン。

食材を入れて手でひもを引っ張るだけ。手動だけど素早くみじん切りが完成します。

自分にあった離乳食用ブレンダーを選んでみましょう

ハンドブレンダーの中にも、価格や種類によって機能・性能はさまざまです。コードレスタイプや、アタッチメントが豊富でミキサーなどの役目を果たしてくれる優れものもあります。また、ブレードの回転速度を調節できるタイプのものもあります。今後の使用目的なども考慮し、価格や性能を検討してみて下さい。

ブレードの回転速度を変えられるパナソニックのブレンダーは、つぶす・混ぜる・きざむ・泡立てるの1台4役。
離乳食中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
離乳食中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんが上手にゴックンができるようになると、離乳食中期にステップアップします。離乳食中期はモグモグ期とも呼ばれ、赤ちゃんが食材を舌で潰し、口をモグモグと動かして食べる練習をします。離乳食中期の赤ちゃんに合った食事方法ができるように、離乳食初期から調理の仕方を変える必要がありますね。離乳食中期の進め方のポイントや離乳食中期から食べられる食材もご紹介します。
離乳食後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳食後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳食後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳食中期から離乳食後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳食後期の進め方のポイントや、離乳食後期から食べられる食材などをご紹介します。

離乳食を通じて赤ちゃんの成長と健康を守りましょう


いかがでしたか?離乳食作りを始めるにあたり、ブレンダーの購入を検討しているママへ少しでも参考になっていたら幸いです。赤ちゃんの成長の大きな一歩である離乳食。はじめはスプーンを嫌がったり、口に入れても吐き出してしまったりと、スムーズに食べれるようになるまでに時間がかかるかもしれません。赤ちゃんの初めての経験を、時間をかけてゆっくり見守っていきましょう。「ブレンダー」がそんなママのささやかな手助けになってくれるはずです。

離乳食完了期(パクパク期)の進め方とおすすめレシピを紹介!
離乳食完了期(パクパク期)の進め方とおすすめレシピを紹介!
離乳食完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳食完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!
離乳食スプーンの選び方! 離乳食初期・中期・後期・完了期のおすすめ10選
離乳食スプーンの選び方! 離乳食初期・中期・後期・完了期のおすすめ10選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富に販売されています。離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによっても選ぶ離乳食スプーンは変わってきますよね。離乳食スプーンの選び方やリッチェルやコンビなどおすすめ商品をご紹介します。
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器には、素材や形、デザインもざまざまでどれを選ぶか迷ってしまいますよね。離乳食用の食器には赤ちゃんが安全に食事をしやすいような工夫がされていて普通の食器の選び方とポイントが少し違います。この記事を参考に、赤ちゃんのための離乳食用食器を選んでみてくださいね。
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
バナナは栄養豊富で甘みもあり赤ちゃんも食べやすいため、離乳食にはぴったりの食材です。冷凍保存も可能なので、時短レシピにも活用できますよ。バナナのアレルギーや加熱調理が必要なことも知っておきましょう。バナナの食べさせ方やおすすめレシピなどを紹介します。
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳食初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食はお粥や野菜からスタートしますが、徐々に魚や豆腐からタンパク質を取る必要がありますよね。しらすは栄養素も豊富で、離乳食にぴったりの食材です。しらすはいつからあげていいでしょうか? アレルギーや塩抜き、冷凍保存方法、レシピもご紹介します。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!