離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介

離乳食でトマトはいつから食べさせてもいいの?

離乳食でトマトはいつから食べさせてもいいの?

離乳食初期から赤ちゃんにあげることができる

トマトは生後5、6ヶ月の離乳食初期から使える野菜です。栄養たっぷりで見た目も鮮やかなので、赤ちゃんが食べられるようになるとその後の離乳食作りで活躍してくれますよ。

赤ちゃんの離乳食初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
赤ちゃんの離乳食初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
生後5ヶ月になったら赤ちゃんの様子をみて離乳食を開始しようと思っているパパママが多いのではないでしょうか。離乳食はいつから始めれば良いのか、離乳食初期であげて良い食材の種類や量、離乳食の進め方についてご紹介します。
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳食初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。

トマトに含まれる栄養素は?

トマトに含まれる栄養素は?
トマトは低カロリーで栄養たっぷりの野菜です。トマトの栄養素と言えば「リコピン」が有名ですね。このリコピンは抗酸化作用があり、抵抗力が高まる効果があります。更にトマトは野菜の中で一番クエン酸の量が多い野菜でもあります。クエン酸には疲労回復効果のあるので、赤ちゃんだけでなく一緒に食べればママの疲れも軽減してくれますよ。また、整腸作用と便秘予防のペクチンという栄養素も多く含まれ、その他にも体内の塩分を排出してくれるカリウム、ビタミンE、ビタミンCが含まれています。

トマトを赤ちゃんに食べさせる時の注意点

トマトを赤ちゃんに食べさせる時の注意点
トマトを赤ちゃんに食べさせる時は、どのようなことに注意をしたらいいのでしょうか。

アレルギー反応が出ることがある

アレルギー反応が出ることがある
トマトでアレルギーの症状が出たというケースは、あまり耳にする機会がありませんが、まれにアレルギーのような症状がでる赤ちゃんもいます。トマトにはヒスタミンという物質が含まれており、このヒスタミンにより人によってはアレルギーに似た症状が起きます。

トマトだけでなく茄子やほうれん草にも含まれており、これらの野菜を食べた時にかゆみや発疹の症状が出る可能性があります。初めて試す時は、少量から午前中で病院の開いている時間帯にしましょう。口の周りが赤くなる、かゆそうにしている、体に発疹が出るなどいつもと違う症状が出たら、すぐ病院に行くようにしましょう。

食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!

調理の際、皮や種は取り除く

調理の際、皮や種は取り除く
赤ちゃんの消化器官に負担が大きいので、種と皮は取り除いて与えるようにしましょう。離乳食の度に、下ごしらえするのは大変ですから、まとめて作ってストックしておくか、種や皮を取り除いてある、ピューレやパウダーなどの商品を使うと便利です。

1歳までは必ず加熱してあげる

1歳までは必ず加熱してあげる
トマトに限らず離乳食期間は、食材は加熱して赤ちゃんに与えます。加熱することは、赤ちゃんにとって4つのメリットがあります。

殺菌効果

食材や調理器具はどんなにきれいにしていても、ある程度雑菌はいます。大人なら口にしても問題ない菌でも、抵抗力の低い赤ちゃんでは、食中毒などを起こすリスクもありますから注意が必要です。
トマトを加熱することで、減菌してくれる効果があります。冷蔵庫の中で何らかの菌が繁殖している場合もあるので、冷蔵庫に保存してある食材も食べる前に加熱すると安心です。

消化しやすくなる

赤ちゃんや3歳ぐらいまでの子供は、大人に比べてかなり消化器官が未熟です。十分に加熱することは、食べ物を消化しやすくしてくれるので、赤ちゃんの胃に負担を少なくしてくれます。

アレルゲンの軽減

加熱によりアレルゲンを少し軽減する効果があります。赤ちゃんにとってどの食べ物に注意が必要かは、実際に症状が出るまでは分かりません。体調によって症状が出やすい、出にくいこともあるため、アレルギーに注意しながら離乳食をすすめていきましょう。加熱することは、少しですがアレルゲンの軽減になりますから、離乳食時期は加熱した食材を使うと安心です。

酸味が抑えられて食べやすくなる

赤ちゃんの舌は繊細で、苦味や酸味に反応しやすくなっています。自然界では苦味は毒、酸味は腐敗を意味しているので、これらの味を赤ちゃんは本能的に嫌い、離乳食のトマトの味が苦手だと感じると食べなくなってしまうこともあります。きちんと加熱して酸味を抑えてトマトを好きになってもらいましょう。

トマトの皮を簡単にむく方法!

トマトの皮を簡単にむく方法!
離乳食の下ごしらえの際、トマトの皮むきを簡単にできる方法をご紹介します。ママの好きな方法を試してみて下さい。離乳食初期には、赤ちゃんが食べる離乳食も少量なのでミニトマトを使うと使い切りやすく、甘みが強くおすすめです。

湯むき

湯むき
湯むきをするのも簡単に皮を剥く方法です。大玉トマトの表面に浅く十字の切込みを入れ、沸騰した湯の中で数秒転がした後に冷水につければ、つるっと皮が剥けます。

直火であぶる

直火であぶる
直火であぶる方法もあります。菜箸などに刺してガスコンロの火でトマトを焼きます。皮がプチプチ破けてきたら、火を消し皮を剥いていきます。加熱する前は、トマトをよく洗い、水気が無くなるよう拭き取ってから使って下さい。

電子レンジで加熱する

電子レンジで加熱する
電子レンジだけで皮を剥くこともできます。トマトの表面に浅く十字の切込みを入れ、電子レンジで500W約20秒、トマトを加熱します。切り目に沿って皮がきれいに剥けますよ。

冷凍したトマトに水をかける

冷凍したトマトに水をかける
トマトを冷凍しておくと簡単に皮を剥くことができます。トマトはよく洗い水気をとり、ヘタを取ってから冷凍して下さい。冷凍状態のトマトに水をかけると、トマトの皮に切れ目ができるので、切れ目を撫でるようにすると皮が剥けます。

トマトの種の取り方

トマトの種の取り方
トマトの皮剥きをした後は、種を取っていきます。ヘタ部分を上にして、トマトを横半分に切り種をスプーンでかき出していくと、簡単に種が取れるのでおすすめです。

トマトペーストの保存方法は?

トマトペーストの保存方法は?

製氷皿で冷凍保存がおすすめ

製氷皿に下ごしらえしたトマトを入れて冷凍保存するのがおすすめです。製氷皿に一回の離乳食に必要な量を、計量スプーンで入れて凍らせておくと、離乳食づくりの時に計量せず使うことができます。たくさん下ごしらえしたトマトは、小分けにして冷凍保存しておけば、すぐ使うことができ便利ですよ。

おいしいトマトを選ぶ時のポイントは?

おいしいトマトを選ぶ時のポイントは?
おいしいトマトを選ぶ時のポイントは、「ヘタ、形、色」です。ヘタはピンとしていて、緑が濃いと新鮮な証拠です。形は角ばっているものより丸いものの方が甘みがあり、色ムラがなくハリがありずっしりとしたトマトが美味しい目印です。普通のトマトの離乳食をあまり食べてくれない時は、フルーツトマトなど甘みのある品種を使ってみるのもおすすめですよ。

離乳食作りを簡単にするアイテム

離乳食作りを簡単にするアイテム
離乳食作りを簡単にするアイテムをご紹介します。夜泣きが続く時やお仕事で忙しい時は、トマトの下ごしらえも大変です。種や皮の処理がいらないトマトアイテムを活用してみてはいかがでしょうか。

カゴメトマトペースト

甘みのある完熟トマトをペースト状にした甘みのあるトマトペーストです。トマトのみで作られているので、離乳食初期からも使いやすいですが、生トマトの約6倍濃縮した濃さなので、使用する時は離乳食の進行具合に合わせて濃さや、使用量を調節するようにしましょう。

カゴメホームページでは、離乳食初期はペーストは10倍〜12倍に薄めることを推奨しています。濃さの調整が必要なので、お家で離乳食のストックを多めに作る時などに使いやすくおすすめです。

トマトジュース

伊藤園 理想のトマト (缶) 190g×20本

伊藤園 理想のトマト (缶) 190g×20本

1,420円(12/05 16:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

トマトジュースは食塩無添加の商品であれば基本的に離乳食に使うことができます。こちらもそのまま料理に使うのではなく、濃さを離乳食の進行具合によって調整してあげましょう。カゴメのトマトジュースは、離乳食初期は2倍に薄めて使うよう推奨されています。

トマトジュースは種や皮を取り除く手間が省けるので、離乳食作りの時短になりますね。薄めて使うので、缶タイプのトマトジュースでも離乳食作りには十分な量になります。防腐剤や保存料を使っていないトマトジュースは開封後は早めに飲み切るようにして下さい。離乳食作りで余った時は、ママが飲んだり大人の料理に使ってもいいですね。

トマトパウダー

生後5ヶ月頃から使える、化学肥料、農薬未使用の国産トマトパウダーです。原材料はトマトのみのため、離乳食初期にトマトを初めて試す時やアレルギーなどで食べれる食材に制限がある場合にもおすすめです。1包2gのパウダーは生トマト20g分になります。

生後7ヶ月の離乳食では、一食の野菜目安量は20gになりますから、このパウダーを使うだけで、生後7ヶ月の赤ちゃんに必要な量の野菜が取れるのは、忙しいママには嬉しいですね。スープや食べ物に混ぜるだけで使えるので、旅行やお出かけの時も手軽に持ち歩けます。

チキントマトソース

生後7ヶ月から使える粉末トマトソースです。一回分が個包装されているので、使いたい時にさっと使え便利です。粉末をお湯に溶かせすと、鳥ひき肉とにんじん、ほうれん草が入ったトマトソースが簡単に作ることができます。大さじ2杯の熱湯でお粥やパスタなどの食材にかけたり、あえたりできるトマトソースが、大さじ3杯の熱湯でトマトスープを作ることができますよ。

着色料、保存料、香料、化学調味料は使われておらず、生後7ヶ月から生後12ヶ月から18ヶ月の離乳食完了期まで安心して長く使えるのも嬉しいですね。原材料に含まれるアレルギー物質は、乳、小麦、大豆、鶏肉になります。

離乳食完了期(パクパク期)の進め方とおすすめレシピを紹介!
離乳食完了期(パクパク期)の進め方とおすすめレシピを紹介!
離乳食完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳食完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。

トマトとりんご

キユーピー C-56  トマトとりんご 70g×12個

キユーピー C-56 トマトとりんご 70g×12個

1,213円(12/05 11:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

生後5ヶ月頃から食べられるりんごとトマトのピューレです。りんごの甘みで食べやすなっており、初めてのデザートとしてもおすすめです。そのまま単体で食べることもできますが、他の食材と合わせて使うこともできます。例えば粗く潰したじゃがいもに、この商品をソースがわりにかければ、甘めのおかずにもなりますよ。パサパサした食感のじゃがいももソースがあれば食べやすくなりますね。

キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!

離乳食にトマト缶は使える?

離乳食にトマト缶は使える?<
離乳食にトマト缶は使えますが、使う時に注意が必要です。トマト缶は離乳食用の食材ではないので、塩分量や味付けが大人向け、幼児期以降の子供向けに作られています。離乳食の始めの時期は、食材そのものの味を知る大切な時期ですから、無塩タイプを選ぶのが安心です。買った、買いたいトマト缶が無塩か分からない場合は、メーカーに問い合わせるのが一番確実です。

ホールトマト缶は、皮があらかじめ取り除かれているので、裏ごしして種を取り除きましょう。トマト缶一つで、大量に離乳食用のトマトが作れますから冷凍保存しておくと、使いたい時に使え便利ですよ。また、無塩タイプのトマト缶でなくても、離乳食中期以降であれば、缶に表示されている食塩相当量を確認し、数値が低いものを選んで使ってもいいかもしれません。

離乳食中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
離乳食中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんが上手にゴックンができるようになると、離乳食中期にステップアップします。離乳食中期はモグモグ期とも呼ばれ、赤ちゃんが食材を舌で潰し、口をモグモグと動かして食べる練習をします。離乳食中期の赤ちゃんに合った食事方法ができるように、離乳食初期から調理の仕方を変える必要がありますね。離乳食中期の進め方のポイントや離乳食中期から食べられる食材もご紹介します。

トマトを使ったおすすめ離乳食レシピ4選

トマトがゆ(離乳食初期)

トマトと10倍粥を使ったレシピです。下ごしらえしたトマトを10倍粥にのせるだけの簡単なレシピです。材料はミニトマト1個、10倍粥大さじ2杯になります。赤ちゃんがトマトの酸味で食べない時は、だしや市販の粉ミルクを少量混ぜると食べやすくなります。

外部リンク

トマトがゆ(離乳食初期)/ベネッセ教育情報サイト

白身魚のトマトあん(離乳食中期)

淡白な味の白身魚にトマトあんをかけて食べやすくしたレシピです。トマトはだし汁と水溶き片栗粉でとろみが出るので食べやすくなります。白身魚以外でも、じゃがいもなどのパサつきのある食材や、お粥に混ぜても使えますよ。

外部リンク

白身魚のトマトあん(離乳食中期)/palsystem 子育て123

豆腐とトマトのオーブン焼(離乳食後期)

離乳食後期は大人の食事の取り分けができる時期になります。豆腐にチーズとトマトをのせたオーブン焼もおすすめです。チーズと相性の良いチーズとヘルシーな豆腐を使っているので、大人のダイエットメニューとしても使えます。

外部リンク

豆腐とトマトのオーブン焼(離乳食後期)/Rakutenレシピ

離乳食後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳食後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳食後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳食中期から離乳食後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳食後期の進め方のポイントや、離乳食後期から食べられる食材などをご紹介します。

豚ひき肉のハヤシライス風(離乳食完了期)

電子レンジで作れるハヤシライス風レシピです。この時期は大人の食事を欲しがる時期でもありますから、見た目が同じ様な料理を作るのも大切ですね。大人はカレーライス、子供はハヤシライスなら見た目が似ているので、子供も納得してくれるかもしれません。

外部リンク

豚ひき肉のハヤシライス風(離乳食完了期)/palsystem 子育て123

まとめ

まとめ
トマトは栄養たっぷりで、離乳食初期から使える野菜です。皮や種は赤ちゃんが消化するのに負担が大きいので取り除いて、加熱して離乳食に使いましょう。まれにトマトでアレルギー症状が出ることもあるので、初めてあげる時は他の食材と同じように注意が必要です。

離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
りんごといえば風邪の時の病人食として活躍しますね。赤ちゃんの離乳食にも向いていると思うママも多いでしょう。では、具体的にいつごろから赤ちゃんにりんごを与えても良いのでしょうか? アレルギー対策は? レシピや保存方法についても詳しく説明します。
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
子供や赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」「手で料理をコネコネする」など、遊び食べにイライラするパパママも多いでしょう。子供の栄養面を考えると無理にでもご飯を食べさせるべきか悩みますよね。遊び食べの原因や効果的な対処方法を詳しく解説します。
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
子供が1歳になると、これまでにはなかった悩みが多く出てくるものです。夜泣きが始まった、ご飯を食べない、体重が増えない、どうしたらいいの…と不安になるかもしれません。多くのママが乗り越えてきたそれらの悩みを一緒に解消していきましょう。
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
赤ちゃんの離乳食用の食器には、素材や形、デザインもざまざまでどれを選ぶか迷ってしまいますよね。離乳食用の食器には赤ちゃんが安全に食事をしやすいような工夫がされていて普通の食器の選び方とポイントが少し違います。この記事を参考に、赤ちゃんのための離乳食用食器を選んでみてくださいね。
離乳食スプーンの選び方! 離乳食初期・中期・後期・完了期のおすすめ10選
離乳食スプーンの選び方! 離乳食初期・中期・後期・完了期のおすすめ10選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富に販売されています。離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによっても選ぶ離乳食スプーンは変わってきますよね。離乳食スプーンの選び方やリッチェルやコンビなどおすすめ商品をご紹介します。
離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
離乳食作りにおすすめなブレンダー。どう使う? 選び方は? どんなタイプが人気?
赤ちゃんの生後5ヶ月ごろから始まる離乳食。手間がかかる離乳食作りの強い味方が「ブレンダー」です。ブレンダーは離乳食作りにかかる時間を大幅に短縮してくれて、忙しいママにおすすめ。ブレンダーは、離乳食作りにどう使えるのか、離乳食におすすめのタイプなどを筆者の実体験からご紹介します!
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)も虫歯になる? 乳歯が虫歯になる原因や予防方法を紹介
子供(赤ちゃん)のかわいい乳歯も虫歯になるのでしょうか? 乳歯が虫歯になる原因や乳歯の虫歯の見分け方を解説します。また、虫歯にならないための予防方法も紹介するので、子供の大切な歯を守りましょう!
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
バナナは栄養豊富で甘みもあり赤ちゃんも食べやすいため、離乳食にはぴったりの食材です。冷凍保存も可能なので、時短レシピにも活用できますよ。バナナのアレルギーや加熱調理が必要なことも知っておきましょう。バナナの食べさせ方やおすすめレシピなどを紹介します。
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食はお粥や野菜からスタートしますが、徐々に魚や豆腐からタンパク質を取る必要がありますよね。しらすは栄養素も豊富で、離乳食にぴったりの食材です。しらすはいつからあげていいでしょうか? アレルギーや塩抜き、冷凍保存方法、レシピもご紹介します。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!