フォローアップミルクは絶対に必要? いつからいつまで飲ませるの? おすすめ5選!

フォローアップミルクってどんなもの?

フォローアップミルクってどんなもの?

生後9ヶ月以降の離乳食で足りない栄養を補うミルク

フォローアップミルクは、離乳食期の赤ちゃんに不足しがちな鉄分やカルシウム、ミネラルなどが強化されているミルクです。生まれたばかりの赤ちゃんの栄養源は母乳やミルクが中心ですが、離乳食を進めていくにつれて、成長に必要な栄養は離乳食からとれるようになります。生後9ヶ月頃の赤ちゃんは鉄分が不足しやすいので、離乳食では鉄分を多く含む食材をメニューに取り入れ、栄養バランスの整った食事メニューを心がけましょう。しかし、まだ離乳食に慣れていない赤ちゃんは、食べムラがあったり、一度に食べれる量が少ないなど、離乳食から栄養を十分にとれない場合があります。赤ちゃんが離乳食をあまり食べてくれなかった時は、フォローアップミルクで栄養を補ってあげると良いでしょう。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

フォローアップミルクと育児用ミルクの違い

フォローアップミルクと育児用ミルクの違い
同じミルクでも、フォローアップミルクと育児用ミルクは大きく違います。育児用ミルクは「完全栄養食品」といわれているのをご存知でしょうか。育児用ミルクには、母乳の代わりとなるように赤ちゃんの成長に必要な栄養がバランス良く含まれています。そのため、赤ちゃんは育児用ミルクだけでしっかりと成長することができ、完ミ(完全ミルク育児)が可能となるのです。フォローアップミルクは離乳食ではとりきれない栄養を補うためのミルクで「育児用の栄養補完食品の一種」とされています。フォローアップミルクを販売しているメーカーによって強化している成分は異なりますが、主に離乳食期に不足しがちな鉄分やカルシウムなどが強化されているのです。

関連記事

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!

母乳育児でもフォローアップミルクは必要?

母乳育児でもフォローアップミルクは必要?

栄養が気になる場合はフォローアップミルクを活用した離乳食メニューがおすすめ

フォローアップミルクは育児用ミルクからシフトしていくイメージですが、母乳育児の場合も必要なのでしょうか。赤ちゃんが離乳食や母乳からしっかりと栄養をとれていれば、フォローアップミルクは必ずしも必要ではありません。しかし、離乳食期の赤ちゃんは食べムラが多いものですよね。赤ちゃんの気分や体調によって、離乳食をたくさん食べたり全く口にしてくれなかったりするものです。赤ちゃんの栄養が気になる時には、フォローアップミルクをあげたり、離乳食にフォローアップミルクを活用するメニューを加えてみることをおすすめします。そうすることで、鉄分やカルシウムなど、離乳食期の赤ちゃんに不足する栄養を補うことができるので安心ですね。

フォローアップミルクはいつからいつまで飲ませるの?

フォローアップミルクはいつからいつまで飲ませるの?

離乳食で栄養がとれていたり、1歳を過ぎて牛乳が飲めるようになる頃まで

フォローアップミルクはいつからいつまで飲ませるものなのでしょうか。フォローアップミルクを発売しているメーカーの規定によると、生後9ヶ月頃から3歳頃まで飲ませることができるものが多いです。フォローアップミルクを飲ませ始める時期は、生後9ヶ月頃の赤ちゃんが離乳食を1日3回食べるようになった頃が良いとされています。フォローアップミルクは足りていない栄養を補うものなので、赤ちゃんが離乳食を1日3食しっかり食べるようになったり、1歳を過ぎて牛乳が飲めるようになればフォローアップミルクを飲ませる必要はありません。牛乳はアレルギーがなければ、生後7ヶ月、8ヶ月頃から加熱して離乳食の材料として使うことができますが、飲料としては1歳を過ぎてから飲ませることができます。1歳前の赤ちゃんが牛乳を飲むと、消化器官が未発達のためアレルギーになる可能性が高かったり、牛乳の飲みすぎにより鉄欠乏性貧血になる可能性があります。フォローアップミルクには牛乳と同じ成分が含まれており、牛乳アレルギーの赤ちゃんに飲ませることはできないので注意が必要です。牛乳アレルギーの赤ちゃんの場合は、小児科で相談してアレルギー用のミルクなどを検討するようにしましょう。

フォローアップミルクの量や飲ませ方

フォローアップミルクの量や飲ませ方
フォローアップミルクを飲ませる量の基準は、月齢や体重で異なります。生後9ヶ月から生後12ヶ月の赤ちゃんであれば1日450~600ml程度、1歳以降だと1日に400ml程度が目安となります。この目安量を参考に、赤ちゃんが離乳食をたくさん食べた時はフォローアップミルクの量を減らすなど、赤ちゃんが食べた離乳食の量によってフォローアップミルクを飲ませる量を調整しましょう。フォローアップミルクは栄養をとれるからといって与えすぎてしまうと、タンパク質やカルシウムの過剰摂取になってしまいます。また、フォローアップミルクでお腹がいっぱいになってしまい、離乳食の食べが悪くなるなどの影響もでるので、赤ちゃんにあげるフォローアップミルクの量はパパママが調整しましょう。

フォローアップミルクはお湯または水で溶かして作ることができます。飲ませ方としては、離乳食を食べた後にフォローアップミルクを飲ませると良いでしょう。フォローアップミルクは哺乳瓶で飲ませる必要はないので、ストローマグやコップなどを赤ちゃんの成長に合わせて使ってみるとストロー飲みやコップ飲みの練習にもなりますよ。

関連記事

ベビーマグのシーン別おすすめ10選! ベビーマグカップの選び方や練習法も
失敗しない初めてのストローマグの選び方! 練習方法やおすすめ5選を紹介

フォローアップミルクのおすすめ5選!

おすすめのフォローアップミルク1:和光堂 フォローアップミルク ぐんぐん

和光堂 フォローアップミルク ぐんぐん

内容量:830g
参考価格:1,597円
楽天で見る
amazonで見る

和光堂のフォローアップミルクのぐんぐんは、子供の成長に必要なカルシウム、子供の発育に必要なDHAやビタミン・ミネラル、牛乳では不足しがちな鉄を強化して、バランスよく栄養を補うことができます。フォローアップミルクの顆粒は、水にもさっと溶けやすくて、使いやすいのも特徴です。フォローアップミルクでの水分補給はもちろん、HPでぐんぐんのフォローアップミルクを使った料理レシピも公開しています。

おすすめのフォローアップミルク2:明治 フォローアップミルク ステップ

明治 フォローアップミルク ステップ

内容量:800g
参考価格:1,658円
楽天で見る
amazonで見る

牛乳では不足しがちな、鉄が強化され、子供の成長や発育に必要なビタミンやDHAや葉酸が含まれています。鉄分・カルシウムは食事摂取基準の100%、ビタミン・ミネラルは70%含まれています。フォローアップミルクの缶は子供が開けられないように工夫されています。個包装のキューブタイプもあり、使いやすさやパッケージの捨てやすさでも魅力の1つです。

おすすめのフォローアップミルク3:江崎グリコ フォローアップミルク アイクレオ

江崎グリコ フォローアップミルク アイクレオ

内容量:820g
参考価格:1,944円
楽天で見る
amazonで見る

江崎グリコのアイクレオは、子供が味に飽きないように美味しさにこだわって作られています。こちらのフォローアップミルクは少し甘めのようで、離乳食が進み赤ちゃんの味の好みが出てきた頃でも美味しく飲んでくれそうですね。食事だけでは取りにくい、鉄分やカルシウム、ビタミンDなどの栄養をバランスよく補うことができます。

おすすめのフォローアップミルク4:森永 フォローアップミルク チルミル

森永 フォローアップミルク チルミル

内容量:820g
参考価格:1,830円
楽天で見る
amazonで見る

森永のチルミルは、幼児期の子供に必要な栄養がバランスよく含まれています。こちらのフォローアップミルクは、牛乳では不足しがちな鉄分が強化されており、初乳に含まれ病気から守ってくれるとされるラクトフェリンや母乳に含まれるDHA、ビフィズス菌を増やすオリゴ糖が含まれています。詰め替えタイプのエコらくパックも販売しており、毎回缶ゴミがでないのが嬉しいですね。

関連記事

初乳はいつからいつまで? 成分や量、利点、カロリーなど詳しくご紹介

おすすめのフォローアップミルク5:ビーンスターク つよいこ

ビーンスターク つよいこ

内容量:820g
参考価格:1,728円
楽天で見る
amazonで見る

雪印ビーンスタークのつよいこは、牛乳や離乳食では取りにくい栄養を補給できるフォローアップミルクです。こちらのフォローアップミルクには、DHA、鉄、カルシウム、母乳に含まれるシアル酸やオリゴ糖などが含まれています。フォローアップミルクの缶側面が抗菌加工されているので衛生的です。

まとめ:離乳食で不足している栄養をフォローアップミルクで上手に補おう!

まとめ:離乳食で不足している栄養をフォローアップミルクで上手に補おう!
フォローアップミルクは必ずすべての赤ちゃんに必要なものではありません。フォローアップミルクは離乳食後期で不足しやすい栄養を補うためのものなので、なかなか離乳食が進まなかったり食べムラがある時は、赤ちゃんが離乳食を1日3回食べるようになった生後9ヶ月頃を目安に、フォローアップミルクを飲ませることを検討してみると良いでしょう。月齢や体重、離乳食の量でフォローアップミルクを飲ませる目安量が違ってくるので、フォローアップミルクのメーカーの規定量を参考にしましょう。アレルギーが不安なパパママは小児科などで相談してみてくださいね。

関連記事