フォローアップミルクは赤ちゃんには絶対に必要? いつからいつまで飲ませるの? おすすめ5選!

赤ちゃんのフォローアップミルクってどんなもの?

フォローアップミルクってどんなもの?

離乳食で足りない栄養を補うためのミルク、生後9ヶ月以降の赤ちゃん向け

フォローアップミルクは、離乳食期の赤ちゃんに不足しがちな鉄分やカルシウム、ミネラルなどが強化されているミルクです。生まれたばかりの赤ちゃんの栄養源は母乳やミルクが中心ですが、離乳食を進めていくにつれて、成長に必要な栄養は離乳食からとれるようになります。生後9ヶ月頃(離乳後期)の赤ちゃんは鉄分が不足しやすいので、離乳食では鉄分を多く含む食材をメニューに取り入れ、栄養バランスの整った食事メニューを心がけましょう。しかし、まだ離乳食に慣れていない赤ちゃんは、食べムラがあったり、一度に食べれる量が少ないなど、離乳食から栄養を十分にとれない場合があります。赤ちゃんが離乳食をあまり食べてくれなかった時は、フォローアップミルクで栄養を補ってあげると良いでしょう。

離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。
赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の検査項目は? 質問内容や要観察になる基準とは?
赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の検査項目は? 質問内容や要観察になる基準とは?
赤ちゃんが生後9ヶ月~10ヶ月頃になると、自治体によっては9ヶ月・10ヶ月健診があります。赤ちゃんの成長が楽しみな反面「もし引っかかったらどうしよう」など少し不安な面もありますよね。生後9ヶ月・10ヶ月健診でどのような質問や検査があるのかをご紹介します。

フォローアップミルクと育児用ミルクの違い

フォローアップミルクと育児用ミルクの違い
同じミルクでも、フォローアップミルクと育児用ミルクは大きく違います。育児用ミルクは「完全栄養食品」といわれているのをご存知でしょうか。育児用ミルクには、母乳の代わりとなるように赤ちゃんの成長に必要な栄養がバランス良く含まれています。そのため、赤ちゃんは育児用ミルクだけでしっかりと成長することができ、完ミ(完全ミルク育児)が可能となるのです。フォローアップミルクは離乳食ではとりきれない栄養を補うためのミルクで「育児用の栄養補完食品の一種」とされています。フォローアップミルクを販売しているメーカーによって強化している成分は異なりますが、主に離乳食期に不足しがちな鉄分やカルシウムなどが強化されているのです。

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは何を基準に選んだらいいの?注意点と選ぶポイント
粉ミルクは月齢や赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんに合ったものを選ぶ必要があります。でも種類が多すぎてどれを選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、粉ミルクの種類や選ぶ時の注意点、そして選ぶポイントについてご紹介したいと思います。

母乳育児でも赤ちゃんにフォローアップミルクは必要?

母乳育児でもフォローアップミルクは必要?

栄養が気になる場合はフォローアップミルクを活用した離乳食メニューがおすすめ

フォローアップミルクは育児用ミルクからシフトしていくイメージですが、母乳育児の場合も必要なのでしょうか。赤ちゃんが離乳食や母乳からしっかりと栄養をとれていれば、フォローアップミルクは必ずしも必要ではありません。しかし、離乳食期の赤ちゃんは食べムラが多いものですよね。赤ちゃんの気分や体調によって、離乳食をたくさん食べたり全く口にしてくれなかったりするものです。赤ちゃんの栄養が気になる時には、フォローアップミルクをあげたり、離乳食にフォローアップミルクを活用するメニューを加えてみることをおすすめします。そうすることで、鉄分やカルシウムなど、離乳食期の赤ちゃんに不足する栄養を補うことができるので安心ですね。

どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
どのくらいのママが完全母乳育児で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?
赤ちゃんは母乳で育てた方がいいというのはどのママも聞いたことがあるでしょう。では、どのくらいのママが実際に母乳育児をしているのでしょうか? 母乳に粉ミルクを混ぜて赤ちゃんに飲ませたり、ミルクで育児をするのはダメなのでしょうか? いろいろな事情を持つママのために母乳育児、混合育児、ミルク育児について調べてみました。

フォローアップミルクは赤ちゃんがいつからいつまで飲ませるの?

フォローアップミルクはいつからいつまで飲ませるの?

離乳食で栄養がとれていたり、1歳を過ぎて牛乳が飲めるようになる頃まで

フォローアップミルクはいつからいつまで飲ませるものなのでしょうか。フォローアップミルクを発売しているメーカーの規定によると、生後9ヶ月頃から3歳頃まで飲ませることができるものが多いです。フォローアップミルクを飲ませ始める時期は、生後9ヶ月頃の赤ちゃんが離乳食を1日3回食べるようになった頃が良いとされています。フォローアップミルクは足りていない栄養を補うものなので、赤ちゃんが離乳食を1日3食しっかり食べるようになったり、1歳を過ぎて牛乳が飲めるようになればフォローアップミルクを飲ませる必要はありません

牛乳はアレルギーがなければ、生後7ヶ月、8ヶ月頃から加熱して離乳食の材料として使うことができますが、飲料としては1歳を過ぎてから飲ませることができます。1歳前の赤ちゃんが牛乳を飲むと、消化器官が未発達のためアレルギーになる可能性が高かったり、牛乳の飲みすぎにより鉄欠乏性貧血になる可能性があります。フォローアップミルクには牛乳と同じ成分が含まれており、牛乳アレルギーの赤ちゃんに飲ませることはできないので注意が必要です。牛乳アレルギーの赤ちゃんの場合は、小児科で相談してアレルギー用のミルクなどを検討するようにしましょう。

次のページではフォローアップミルクの飲ませ方やおすすめのフォローアップミルクについてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!