遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法

目次

子供や赤ちゃんの遊び食べって?

子供や赤ちゃんの遊び食べとは?

遊び食べとは、赤ちゃんや子供が食事の途中で遊び始めてしまうことです。具体的には次のような例があります。

  • 食べ物を手でぐちゃぐちゃにつぶす、こね回す
  • 食器をスプーンやフォークなどでカチカチ叩く
  • 食べ物や食器を壁に向かって投げる
  • 一度、口の中に入れた食べ物を口から出す
  • 食事中にじっと座っていられず、歩き回ったり椅子に立ち上がったりする

子供が遊び食べをするため食事にとても時間がかかってイライラする」「後片付けが大変」など、子供の食事に日々頭を抱えているパパママはとても多いです。

子供や赤ちゃんの遊び食べの原因は成長が関係している?

子供や赤ちゃんの遊び食べの原因は成長が関係している?
赤ちゃんや子供は、身体面、精神面で日々急激に成長しています。このことが遊び食べの原因と深く関わっていると考えられています。

遊び食べの原因①:食べ物に対する興味や好奇心


離乳食期の赤ちゃんにとっては、目に見えるものすべてが新鮮で興味深いもの。食べ物とおもちゃの区別もまだついていません。また、食べ物の「固い」「柔らかい」「熱い」「冷たい」などの感覚を手で触って確かめていることもあります。赤ちゃんにとって食べ物を触る行為は「遊び」ではなく「探索活動」のひとつだとも言えます

遊び食べの原因②:周囲の反応

遊び食べの原因②:周囲の反応
子供が食べ物を投げたり落としたりしたとき、普段と違う驚いた表情や焦った素振りを見せてしまうパパママも多いのではないでしょうか。子供はそんな周囲の反応を面白がって、食べることよりも遊ぶことに興味が向いてしまう場合もあります。

遊び食べの原因③:お腹が減っていない

遊び食べの原因③:お腹が減っていない
日中の運動量が少ない、おやつを食べすぎたなどの理由でお腹が減っていないときも、遊び食べをすることがあります。また、食事の量が多すぎると、食べている途中でお腹がいっぱいになってしまい遊び始めるというケースも多いです。子供は胃袋が小さく満腹感を感じるのが早いということも覚えておきましょう。

赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。

遊び食べの原因④:集中力の短さ

遊び食べの原因④:集中力の短さ
幼い子供が集中できる時間は約15分程度だといわれています。食事の時間が長すぎると食べることに飽きてしまい、遊び食べを始めてしまう原因となります。

子供や赤ちゃんの遊び食べはいつからいつまで続くの?

子供や赤ちゃんの遊び食べはいつからいつまで続くの?
遊び食べはおおよそ生後8ヶ月~2、3歳頃の子供に見られることが多いです。小児保健研究協会が行った研究によると、遊び食べをする子供の割合は男児では2歳、女児では3歳が最も多く、4歳以降は男女とも減少するという調査結果が出ています。遊び食べがいつまで続くのかについては個人差がありますが、いつか必ず終わるものだと考えて根気強く対処していきましょう。

年齢別で調査! 子供や赤ちゃんの遊び食べにどう対応した?

年齢別で調査! 子供や赤ちゃんの遊び食べにどう対応した?
赤ちゃん・子供の遊び食べに、パパママは実際にどのように対応しているのでしょうか。遊び食べのエピソードや対応方法を年齢別にご紹介します。

赤ちゃんの遊び食べ:離乳食の対応

息子はとにかくおかずを手でぐちゃぐちゃにして大変でした。なので、あえて手づかみできるメニューを増やしたら喜んで食べてくれるように。見た目もニンジンやカボチャなどを使ってカラフルになるように工夫しました。(30代・主婦)

子供の遊び食べ:1歳の対応

  • 食事はごく少量ずつお皿に盛って、食べきったらまた少し追加するという方法にしています。お皿が空になるたびに「すごい!えらいね!」と全力で褒めています。(20代・主婦)
  • 食事のときに使っていた椅子はテーブル・ベルト付きで子供が固定されるタイプだったので、食事中に歩き回ることはなかったです。「食べるときは座る」ということが習慣づけられたので良かったです。(30代・主婦)

子供の遊び食べ:2歳の対応

  • 時計を見せて「長い針がここまできたらご飯の時間は終わりだよ」と教えて、時間内に完食できたらデザートを出すというルールにしています。最初はあまり意味が分かっていなかったようですが、最近はデザート欲しさに食事の時間を守れるようになってきました。(30代・主婦)
  • ピクニック気分で外で食べるとか、子育て支援センターに行って食べるとか。家の中で食べるときもお弁当箱におかずを詰めてみたり、テーブルを飾り付けたりして、食事の環境を少し変えてみると食べることに集中してくれます。(30代前半・主婦)

子供の遊び食べ:3歳の対応

  • 我が家では手巻き寿司が大活躍です。自分でご飯やおかずを自由に組み合わせて、海苔で巻くのが楽しいみたい。大はしゃぎで食べてくれます。(30代・会社員)
  • ご飯をいつもと違う形に盛り付けてふりかけをかける、おかずに可愛い形のピックを刺すなど、味や見た目が子供好みのものになるようにしています。(20代・パート)

子供の遊び食べ:4歳の対応

「今日の夜ご飯は何を食べようか?」「お肉はどんな味付けがいい?」など、子供の希望を聞くようにしています。また、ご飯は子供に盛り付けさせて、食べる量を自分で決めさせるようにしたのも遊び食べ防止に効果があったと思います。(40代・主婦)

子供の遊び食べ:5歳の対応

子供と一緒に料理しています。材料をかき混ぜる、お皿に盛りつけるなど、子供に任せる作業は簡単なものが多いですが、それでも自分で作ったという達成感があるみたいです。夜ご飯を食べるときは「私が作ったおかず美味しい?」とパパに自慢げに聞いて楽しそうです。(40代・パート)

子供や赤ちゃんの遊び食べの栄養面は間食でカバー

子供や赤ちゃんの遊び食べの栄養面は間食でカバー
子供がなかなかご飯を食べてくれず栄養不足が心配なときは、間食やおやつで栄養面をカバーしましょう。ミネラルを含む果物や、カルシウムが豊富な乳製品はおやつにおすすめの食材です。エネルギーを補うことができるおにぎりやさつまいもなどもいいですね。市販のスナック菓子類は、塩分や食品添加物が過剰に含まれている商品が多いのでなるべく控えましょう。また、おやつの与えすぎはご飯を食べなくなったり遊び食べを始めたりする原因になります。おやつは食事に響かない量に抑えることも忘れないでくださいね。

子供が野菜などの食べ物を嫌うのはなぜ? 好き嫌いを減らすには? 保育士がアドバイス!
子供が野菜などの食べ物を嫌うのはなぜ? 好き嫌いを減らすには? 保育士がアドバイス!
皆さんのお子さんは野菜嫌いになっていませんか? 野菜嫌いでママはイライラしていませんか? 子供はなぜ野菜嫌いになるのか、どうすれば野菜嫌いを解決できるのか? 保育士経験のあるママライターが、保育園での食事を参考に楽しい食事を目指すためのコツをご紹介します。

イライラしない子供や赤ちゃんの遊び食べの対処法

イライラしない子供や赤ちゃんの遊び食べの対処法
子供の遊び食べがおさまらず食事のたびにイライラするという悩みを持つパパママはたくさんいます。ストレスを減らすために効果的な遊び食べの対処法をご紹介します。

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策①:汚れてもいいように床など対策

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策①:汚れてもいいように床など対策
テーブルや床の汚れ防止にはテーブル用のマットや新聞紙、レジャーシートなどがとても便利です。あらかじめ敷いておけば子供が食べ物を落としてもさっと後片付けできるので、パパママのストレスも軽減されますよ。

赤ちゃん用のお食事エプロンを選ぶ時のポイントは? おすすめ8選!
赤ちゃん用のお食事エプロンを選ぶ時のポイントは? おすすめ8選!
赤ちゃん用のお食事エプロンは、よくご飯をポロポロこぼしてしまう離乳食期の赤ちゃんにはとても便利なアイテムです。お食事エプロンは素材やデザインなど種類が豊富です。赤ちゃん用のお食事エプロンの選び方やおすすめを紹介するので、参考にしてみてくださいね!

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策②:食事や間食の時間を決める

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策②:食事や間食の時間を決める
毎日同じ時間に食事や間食をとるように生活リズムを整えましょう。食事の前までに外遊びなどで体を動かして、お腹を空かせておくこともポイント。生活にメリハリをつけることで食事に集中しやすくなります。

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策③:口頭で注意する

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策③:口頭で注意する
食べ物はおもちゃじゃないよ」「せっかく作ったのにママ悲しいな」など、口頭で注意することも忘れないようにしましょう。このとき「ダメでしょ!」と頭ごなしに怒鳴りつけてしまうのはNG。子供にはなにがダメなのかの判断ができません。どうしていけないのか、子供が納得するように理由を伝えてあげることが大切です。

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策④:危険がないように気が済むまで様子を見る

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策④:危険がないように気が済むまで様子を見る
気が済むまで自由に遊ばせるというのもひとつの手。食べ物で遊ぶことに満足したら、その後は遊ばなくなるというケースもあります。特に離乳食期の赤ちゃんがいる家庭では「毎日気が済むまで遊ばせていたら、いつの間にか遊び食べをしなくなった」という声も多数聞かれます。ただしスプーンや食器を投げるなど、子供や周囲に危険が及ぶような行動はとらないようにしっかり見守ってくださいね。

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策⑤:食事を片付ける

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策⑤:食事を片付ける
遊び始めたら食事を片付けてしまうのもいいでしょう。「お腹いっぱいみたいだから片付けるね」と一声かけると、遊ぶのをやめて食べ始めることもあります。食事中に遊んだら片付けられてしまうんだということを子供に覚えさせましょう。

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策⑥:子供が喜ぶ食事にする

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策⑥:子供が喜ぶ食事にする
お子様ランチのような盛り付けや、バイキング形式の食事などは食卓が楽しい雰囲気になり、子供も喜んでくれます。また、手づかみで食べられるおかずやおにぎりなども子供に人気のメニューです。食べることに興味を持ってもらえるように、食事の内容を工夫してみましょう。

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策⑦:15分程度で食べ切れる食事

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策⑦:15分程度で食べ切れる食事
子供が15分程度で食べ切れる食事内容にすることも重要です。食事の量だけでなく、子供が食べにくい食材が入っていないかどうかも要チェック。例えばレタスなどの葉物野菜やブロッコリーなどのまとまりにくい食材は子供にとって飲み込みにくく、食べるのに時間がかかってしまいます。食べにくい食材は細かく刻んだりとろみをつけたりして飲み込みやすくなるように調理しましょう。

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策⑧:食べたことに褒める

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策⑧:食べたことに褒める
一口食べるたびに、「えらい!」「野菜もちゃんと食べられたね!」など、たくさん褒めてあげましょう。また、「美味しいね」「パパも同じものを食べてるね」など、食事に飽きさせないための声掛けも忘れずに。食卓が楽しい雰囲気になるように心がけてくださいね。

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策⑨:食事中は誰も席を立たない

子供や赤ちゃんの遊び食べ対策⑨:食事中は誰も席を立たない
子供は周囲の人の行動を見て真似をするものです。食事中に家族が席を立つ姿を見たら「歩いても大丈夫なんだ」と思ってしまうこともあります。食事中は家族全員席に座って、席を立つのは「ごちそうさま」をした後で、という姿を日頃から見せておくことも大切です。

まとめ

まとめ
遊び食べの原因は子供によってさまざま。すぐには解決できないことが多く、食事のたびに対応しなければならないパパママは毎日本当に大変です。パパママがあまりストレスを感じすぎないように程よく肩の力を抜くことも忘れずに、子供の成長を見守りましょう。

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳食初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。
離乳食中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
離乳食中期(モグモグ期)の進め方! おすすめ食材や調理方法を紹介!
赤ちゃんが上手にゴックンができるようになると、離乳食中期にステップアップします。離乳食中期はモグモグ期とも呼ばれ、赤ちゃんが食材を舌で潰し、口をモグモグと動かして食べる練習をします。離乳食中期の赤ちゃんに合った食事方法ができるように、離乳食初期から調理の仕方を変える必要がありますね。離乳食中期の進め方のポイントや離乳食中期から食べられる食材もご紹介します。
離乳食完了期(パクパク期)の進め方とおすすめレシピを紹介!
離乳食完了期(パクパク期)の進め方とおすすめレシピを紹介!
離乳食完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳食完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。
離乳食後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳食後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳食後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳食中期から離乳食後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳食後期の進め方のポイントや、離乳食後期から食べられる食材などをご紹介します。
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
1歳児ママのお悩み解消! 夜泣きや体重、ご飯など先輩ママから伝えたいこと
子供が1歳になると、これまでにはなかった悩みが多く出てくるものです。夜泣きが始まった、ご飯を食べない、体重が増えない、どうしたらいいの…と不安になるかもしれません。多くのママが乗り越えてきたそれらの悩みを一緒に解消していきましょう。
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食はお粥や野菜からスタートしますが、徐々に魚や豆腐からタンパク質を取る必要がありますよね。しらすは栄養素も豊富で、離乳食にぴったりの食材です。しらすはいつからあげていいでしょうか? アレルギーや塩抜き、冷凍保存方法、レシピもご紹介します。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!