生後11ヶ月は離乳後期! 離乳食のスケジュールや進め方のポイントは?

離乳食のポイントは? 生後11ヶ月は調理と栄養面に注意!

離乳食のポイントは? 生後11ヶ月は調理と栄養面に注意!
生後11ヶ月は離乳後期の後半なので、生後12ヶ月以降の完了期(パクパク期)に切り替える準備を少しずつ始めましょう。食材をカットした時の大きさや味付け、栄養面など、赤ちゃんの食べる様子を見ながら離乳食を進めていくのがポイントです。

生後11ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 身長や体重は? 離乳食の回数と量は?
生後11ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話のポイント! 身長や体重は? 離乳食の回数と量は?
生後11ヶ月の赤ちゃんの身長や体重はどのくらいになるのでしょうか? 授乳・離乳食の回数や量、睡眠の変化、発達の特徴など、気になる項目をまとめました。また、赤ちゃんとの遊び方も紹介するので、パパママも一緒に楽しんでくださいね。

鉄分不足に気をつける

鉄分不足に気をつける
離乳後期は鉄分不足になりやすいため、注意が必要です。特に気をつけて欲しいのが、母乳のみで栄養補給している赤ちゃんです。離乳食が始まると同時に母乳の分泌量が少なくなるママは珍しくありません。粉ミルクなどで栄養補給したくても、完全母乳で育った赤ちゃんは哺乳瓶を受け付けないケースが多いです。鉄分不足は細胞機能の低下を招き、精神運動発達の遅れに影響する可能性があるため、離乳後期はレバーや赤みの魚肉を積極的に取り入れましょう

関連リンク

乳幼児における鉄欠乏性貧血の有病率

丸飲みしない調理方法

丸飲みしない調理方法
生後11ヶ月になると、離乳食を手づかみで食べる機会が増えるため、赤ちゃんが丸飲みしない調理方法にしましょう。食材は固すぎず、柔らかすぎず、適度に噛んで食べられる調理方法がよいです。離乳食を作る時には「煮る・焼く・すりおろす」とたくさんの作り方がありますので、工夫して毎日の離乳食作りをしてみてください。また、赤ちゃんが離乳食を丸飲みしないように、食事中は必ずパパママがそばで食べる姿を見守りましょう。

離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。

味付けは薄味を目安に調理

味付けは薄味を目安に調理
離乳後期の後半になると食べられる食材が増えるため、大人の料理から取り分ける調理スタイルが便利です。離乳食も普段の食事と同じように、食感や栄養面を考えて作らなくてはいけません。大人の料理と別に作るのは、時間がかかり大変ですよね。生後11ヶ月の離乳食は、大人の料理で味付けする前に取り分けて、赤ちゃん用に薄味にすると簡単に仕上げられます。

生後11ヶ月の離乳食のスケジュールは?

時間 離乳食(授乳)
6:00 授乳(1回目)
10:00 離乳食(1回目)+授乳(2回目)
14:00 離乳食(2回目)+授乳(3回目)
18:00 離乳食(3回目)+授乳(4回目)
就寝前 授乳(5回目)

上表は、1日のスケジュールを比較表へまとめたものです。生後11ヶ月の離乳食が順調に進んでいるものの、回数や食べさせる時間帯など気になるパパママは多いのではないでしょうか。離乳後期の目安は「1日3回」です

赤ちゃんの離乳食3回食の進め方は? フォローアップミルクは必要? 取り分けレシピ本も!
赤ちゃんの離乳食3回食の進め方は? フォローアップミルクは必要? 取り分けレシピ本も!
離乳食の2回食が順調に進み、赤ちゃんのお口の発達が確認できたら3回食への移行を考えましょう。赤ちゃんが自分で手づかみ食べができるようになると、ママ・パパはお掃除が大変という場合もありますね。フォローアップミルクの要否や3回食でよくあるトラブルなども詳しく解説します。

生後11ヶ月の授乳やミルクの量

生後11ヶ月の授乳やミルクの量
授乳が母乳だけなら、赤ちゃんが飲みたいだけ与えても問題ありませんフォローアップミルクの場合は「1日2回+離乳食後に3回」が目安です。生後11ヶ月の赤ちゃんといっても、離乳食を毎回完食するとは限りません。離乳食を嫌がる時は、母乳やフォローアップミルクで足りない分を補ってあげましょう。

生後11ヶ月の離乳食の量と食品の固さはどれくらい?

生後11ヶ月の離乳食の量と食品の固さはどれくらい?
離乳食作りをしていると「量はどれくらいまでOK?」「固すぎるかな?」といくつも疑問が出てきます。生後11ヶ月の離乳食の量や食品の固さは、どれくらいを目安に与えるといいのでしょうか。

生後11ヶ月の離乳食の大きさと固さ

食材 固さ 大きさ
おかゆ 5倍がゆ
※後半は軟飯へ
ご飯粒が5割残る程度
野菜 バナナぐらい
※歯茎で潰せる
5~8mm
潰すとほぐれるくらい 缶詰のシーチキンくらい※ポロポロ
しっかり茹でる 魚と同じくらい
豆腐 もめん豆腐より絹豆腐 7mm

上表は、この時期の離乳食の量や食品の固さを上表へまとめたものです。離乳食後半の後期の生後11ヶ月は、様子を見ながらおかゆから軟飯に変え、生後12ヶ月あたりから始まる離乳完了期に近づけるのがポイントです

1日の離乳食の目安量

食材 目安量
おかゆ 90g
※軟飯は80g
野菜 30~40g
15g
15g
豆腐 45g
2分の1
乳製品 80g

離乳後期の前半より少しずつ量を増やすのがポイントです。ただし、赤ちゃんによって食事量の違いや食べムラがあるので、食べ切れる量の離乳食を作りましょう。

生後11ヶ月の離乳食におすすめレシピ

生後11ヶ月の離乳食におすすめレシピ
生後11ヶ月の離乳食作り、毎日メニューを考えるのは大変ですよね。赤ちゃんが大好きな食べ物や栄養面を考えたアレンジレシピを、食材別に紹介します。

納豆

生後11ヶ月の赤ちゃんは、手づかみで離乳食を食べるのが大好き! 粘りの強い納豆は、おやきや少量のひきわり納豆をご飯に混ぜて食べさせてあげるのがポイントです。納豆が苦手な赤ちゃんも「納豆チャーハン」なら食べてくれる場合もあるのでお試しあれ。

野菜

野菜は茹でたり、蒸したりと、さまざまなアレンジレシピが作れます。野菜の種類によって離乳食を受け付けない赤ちゃんもいるので、そんな時は見た目や味を変えてみてはいかがでしょうか。手づかみ食べの練習にぴったりな「ツナ大根のもちもちおやき」もおすすめ。

かぼちゃは離乳初期からOK! 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃは離乳初期からOK! 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃは離乳初期からあげることができる食材です。かぼちゃ自体に甘味があるので、赤ちゃんもパクパク食べてくれることが多いですが、あげすぎは注意が必要です。硬いかぼちゃの下ごしらえを楽にする方法や月齢別におすすめのレシピ、ベビーフードなどをご紹介します。
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
離乳食でトマトはいつから食べれる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。

肉は食感や固さの問題から、離乳食で食べ残しの多い食材です。赤ちゃんが食べやすいように一口ハンバーグやそぼろにするのがいいですね。また、鶏ひき肉を使った「麻婆豆腐煮」も、赤ちゃんが食べやすいのでおすすめです。

離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食に豆腐はいつから使えるのでしょうか。アレルギーや下ごしらえ、保存方法も気になりますね。離乳食といえば絹ごし豆腐のイメージですが、木綿豆腐や高野豆腐、玉子豆腐は? 離乳食にまつわる豆腐のこと、離乳食時期別レシピもあわせて紹介します。

栄養満点な魚ですが、パサパサ感が強く苦手な赤ちゃんが多い食材のひとつ。魚を離乳食に使う時は、食べやすいようにスープや手づかみ用ハンバーグがおすすめです。「マグロとカブのトマト煮」は、魚も野菜も一緒に食べられるので栄養満点です。

ごはん(おかゆ)

離乳食のメインであるおかゆは、マンネリ化しやすく食べ残しが気になりませんか? パクパク離乳食を食べてくれるように、手づかみレシピにアレンジするのがおすすめです。おかゆに飽きた赤ちゃんには、「小松菜ふりかけおにぎり」など、少し味を変えてあげると食べてくれるかもしれませんね。

パン

パンは生後11ヶ月の赤ちゃんが自分で食べられるため、大人気の離乳食メニューです。市販のパンもいいですが、自宅で手軽に作れるパングラタンなど、アレンジレシピに挑戦してみては? 電子レンジで簡単にできる「黄色野菜パングラタン」のレシピ。忙しい朝でも栄養が摂れるのがうれしいですね。

麺類

つるんと食べやすい麺類は、生後11ヶ月の赤ちゃんの大好物! 麺類に栄養豊富な野菜や魚を混ぜ合わせると、副菜の食べ残す心配がありません。和風だしが美味しい、野菜たっぷりのうどんは赤ちゃんが喜びます。

豆腐

どんな食材とも相性バッチリの豆腐は、そのまま離乳食で食べさせるより茶碗蒸しや手づかみ用おやきのアレンジがおすすめです。豆腐はほんのり甘みがあるので、離乳食を食べてくれない赤ちゃんも美味しく完食してくれますよ。「豆腐ハンバーグ」のレシピは手を汚さずに作れるのでおすすめです。

たまご

たんぱく質が豊富なたまごは、離乳食の栄養が気になる時に取り入れて欲しい食材のひとつ。ゆで卵以外にも、オムレツや親子丼と赤ちゃんが大好きなたまご料理はたくさんあります。お粥に飽きてきたかなと感じたら、レンジで簡単に作れる「手づかみオムライス」をあげてみましょう。

生後11ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べなくなった時の解決策

生後11ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べなくなった時の解決策
好奇心旺盛な生後11ヶ月は、離乳食を食べている途中で遊び始めたり一切食べなかったりと、スムーズに食事が進まないことも珍しくありません。離乳食を急に食べなくなった時は、次の対策を実践してみてください。

赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。

食事時間のルールを決める

食事時間のルールを決める
遊び食べが始まる時期でもある生後11ヶ月の赤ちゃんは、離乳食を完食できない日が増えてきます。しっかり食べてくれないことに、ついイライラしてしまいますが、食事の時間をパパママで決めて家庭のルールを作りましょう。食事時間が過ぎたら、離乳食を片付けてダラダラ食べ続けるのを止めさせるのも工夫のひとつです。栄養面は1日の食事の量が生後11ヶ月の目安量に達していれば、大きな心配はありません。

遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
遊び食べは子供や赤ちゃんのアプローチ? イライラしない食育と対処方法
子供や赤ちゃんが「離乳食を食べてくれない」「手で料理をコネコネする」など、遊び食べにイライラするパパママも多いでしょう。子供の栄養面を考えると無理にでもご飯を食べさせるべきか悩みますよね。遊び食べの原因や効果的な対処方法を詳しく解説します。

ベビーフードを使う

ベビーフードを使う
せっかく作った離乳食を赤ちゃんが食べてくれないと、とても残念な気持ちになりますよね。まだ生後11ヶ月ですが、赤ちゃんにだって好き嫌いはあります。毎日同じメニューや味付けだと離乳食に飽きてしまい、「食べたくない」と感じることでしょう。そんな時は、ベビーフードを組み合わせて、いつもの離乳食をアレンジしてみてはいかがでしょうか。生後11ヶ月用のベビーフードは、レパートリーが豊富なので栄養面の心配もありませんよ。

キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。

離乳食でよく食べるものを観察

離乳食でよく食べるものを観察
離乳食の食べムラが増える生後11ヶ月の赤ちゃん、毎日好んで食べている食材や味付けをパパママが観察するのもポイントです。食材の調理方法によって、好みが分かれるケースがあります。例えば、調理方法によって食感が変わる魚は、焼くより茹でたり蒸したりして餡かけにした方が食べやすいです。離乳食を食べてくれない時は、赤ちゃんの好みに合わせて作り方を変えてみてください。

まとめ

まとめ
生後11ヶ月の離乳食は、少しずつ1回の量や食材の固さ・大きさが大人に近づいてきます。しかし、大人と同じ味付けでそのまま与えないように十分気をつけてください。この時期の赤ちゃんは薄味を中心とした離乳食なので、さまざまな食材を使ってアレンジ料理に挑戦てみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット
赤ちゃんとの外食、楽しんでいますか? まだ離乳食でレストランでは食べられるものがないから…なんてあきらめずにレトルト離乳食を持参したり、赤ちゃんウエルカムなレストランを知っておいて、気軽におでかけ&外食を楽しみましょう!
離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期(パクパク期)の進め方と食事量、おすすめレシピを紹介!
離乳完了期は、子供が自分でスプーンやフォークを使ってご飯を食べるようになったり、だんだん大人と同じメニューが食べられるようになる時期です。離乳完了期の進め方のポイントやおすすめのレシピをご紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!