離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介

離乳食の豆腐はいつから? 量は? 種類別の使い方や月齢別レシピも紹介

離乳食で豆腐を使えるのはいつから?

離乳食で豆腐はいつから食べていいの?
豆腐は離乳初期から食べさせることができます。離乳食は10倍がゆからスタートし、1週間ほど10倍がゆを与えたら野菜ペーストをプラスしていきます。1ヶ月ほど経って食べることに慣れ始めた頃が、豆腐を初めて食べる時期です。離乳初期の後半、離乳食スタートから2ヶ月目を目安に豆腐を赤ちゃんに与えてみましょう。

豆腐は、味やにおいにクセがなく消化吸収がとてもいい胃腸にやさしい食材なので、赤ちゃんの離乳食に最適です。淡白な味わいでほかのどの食材とも相性がいいので、離乳食として使いやすい点も豆腐の長所ですね。

離乳食用に豆腐を購入する時の注意点

離乳食用に豆腐を購入する場合は、パックの成分表示をチェックして国産大豆が100%使われたものを選ぶようにしましょう。単に「国産大豆使用」と表示されていて使用量が100%でないものは、外国産の大豆が使われている場合もあります。外国産の大豆は遺伝子組み換え作物である場合があったり、カビの発生を防ぐために防カビ剤や防腐剤などの添加物が加えられている可能性があったりするので、「国産大豆100%使用」以外の豆腐は赤ちゃんにはできるだけ避けるようにしましょう。

離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食の開始目安は生後5ヶ月~6ヶ月頃とされていますが、具体的にはいつから始めればいいのでしょう? いざ始めても10倍粥や裏ごしなど、戸惑うことも。離乳初期の進め方やコツ、注意点なども紹介します。
【生後6ヶ月の離乳食】2回食の進め方は? スケジュールやレシピなどを紹介
【生後6ヶ月の離乳食】2回食の進め方は? スケジュールやレシピなどを紹介
生後5、6ヶ月は離乳初期ですが、生後5ヶ月から離乳食をあげている場合は、生後6ヶ月に2回食へ進めることができます。生後6ヶ月の2回食の進め方やスケジュール、注意点、おすすめレシピなどを紹介します。
離乳食の2回食はいつから始まる? 量は? あげる時間は? 手作りに便利な食材も!
離乳食の2回食はいつから始まる? 量は? あげる時間は? 手作りに便利な食材も!
赤ちゃんが離乳食を始めて1ヶ月を過ぎたくらいから、2回食への移行を始めましょう。2回食では赤ちゃんにいろいろな食材に慣れてもらうため、料理の手間も増えますね。母乳・ミルクとのバランスやよくあるトラブルなども詳しく解説します。

豆腐に含まれる栄養素は?

豆腐に含まれる栄養素は?
豆腐はとても栄養たっぷりな食材で、離乳初期でまだ食べることができるものが少ない時期の貴重な栄養源です。豆腐には、筋肉や臓器を作るタンパク質が豊富に含まれています。豆腐の原料である大豆は、体内で生成できない必須アミノ酸もバランス良く含み、穀物などより肉に近いと「畑の肉」と呼ばれるほどです。

豆腐には、タンパク質のほか、骨や歯を強くするカルシウムや血液を作る鉄分、血行を良くするビタミンEなどが含まれています。また、生後6ヶ月頃からの赤ちゃんは鉄分が不足しやすい傾向にあります。離乳初期から鉄分を摂取できる豆腐で鉄不足の対策を行いましょう。

赤ちゃんの離乳食にはきな粉がおすすめ! いつから? 初期・中期・後期別レシピを紹介
赤ちゃんの離乳食にはきな粉がおすすめ! いつから? 初期・中期・後期別レシピを紹介
きな粉は離乳初期から食べられ、さらに栄養も豊富な赤ちゃんにとって嬉しい食材です。あげるときのポイントや、量・加熱の必要性など、きな粉に関するママたちの疑問も解決します! 離乳初期〜完了期までそれぞれのおすすめレシピも紹介するので、参考にしてくださいね。
離乳食の納豆はいつから? おすすめレシピ9選!【中期・後期・完了期別】
離乳食の納豆はいつから? おすすめレシピ9選!【中期・後期・完了期別】
赤ちゃんに納豆をあげてみたいけど、いつからあげても大丈夫なのか、加熱処理するべきなのか、冷凍保存はどうしたらいいのかなど疑問がありますよね。離乳食で納豆を使う際の疑問点を解消し、納豆を使ったアレンジ法やレシピについて解説します。
離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
離乳食でチーズはいつから使える? 種類やレシピ、注意点を紹介
チーズは種類によって離乳中期からあげることができますが、どんな種類をいつからあげることができるのでしょうか? 離乳食で赤ちゃんにチーズをあげる場合、塩分も気にする必要があります。アレルギーや加熱が必要かどうか、おすすめレシピなども紹介します。

離乳食の豆腐の1回量は? アレルギーの心配は?

離乳食の豆腐、アレルギーの心配は?

離乳食で豆腐を使用する場合の1回当たりの量の目安は下記の通りです。

  • 離乳初期:25g
  • 離乳中期:30~40g
  • 離乳後期:45g
  • 離乳完了期:50~55g

上記の目安量は1回に豆腐だけを与える時の量なので、一緒に魚を与える場合などは半分の量にするなどして調整しましょう。

豆腐の原料である大豆は、子供の頃に比較的アレルギーを発症することが多い食品で、原材料に含まれる場合にアレルギー表示が推奨される21品目に含まれています。ただ、豆腐は製造段階でタンパク質が変化することから、大豆とはアレルギーの原因となる性質が変わるともいわれています。しかし安心は禁物です。赤ちゃんが豆腐を初めて食べる時は、アレルギー症状が出た場合に対処できるようにしておきましょう。アレルギー症状が出た際にすぐに病院に行けるように、初めての食材は病院が開いている平日午前中に与えるようにします。そして、アレルゲンがすぐに特定できるように、初めての食材は1日に1つにしておきましょう。

赤ちゃんの離乳食の情報まとめ 離乳食の基礎知識からお役立ちアイテム、いつからどの食材を食べさせていいのかを紹介!
赤ちゃんの離乳食の情報まとめ 離乳食の基礎知識からお役立ちアイテム、いつからどの食材を食べさせていいのかを紹介!
離乳食を始める前・始めてからも役立つ離乳食の基礎知識やお役立ちアイテムなどの情報をまとめました。離乳食はどのように進めていけばいいの? 赤ちゃんの月齢で食べられる食材は? 離乳食を食べてくれない時はどうしたらいいの? など離乳食に関するお悩みにも回答しています。
【管理栄養士監修】離乳中期にあたる生後7ヶ月 離乳食の量や進め方は? 
【管理栄養士監修】離乳中期にあたる生後7ヶ月 離乳食の量や進め方は? 
生後7ヶ月は離乳初期~中期に移行するタイミングです。「移行する目安は?」「離乳食の1回の量はどのくらい?」「卵はどうするの?」といった疑問や悩みも増えてきます。今回は、生後7ヶ月の離乳食について解説します!
【管理栄養士監修】離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
【管理栄養士監修】離乳後期(カミカミ期)の進め方! 栄養バランスの良い離乳食メニューを心がけよう!
離乳後期はカミカミ期とも呼ばれ、食材を歯茎で噛んで食べたり、手づかみ食べを練習する時期です。離乳中期から離乳後期にステップアップすると、離乳食のメニューはどのように変わるのでしょうか。離乳後期の進め方のポイントや、離乳後期から食べられる食材などをご紹介します。

豆腐を離乳食に使う時の下ごしらえと保存方法は?

離乳食に使う豆腐の下ごしらえは?
食べやすい豆腐であっても、赤ちゃんが冷や奴のように豆腐をそのまま食べることができるようになるのはまだ先のことです。離乳食に豆腐を使う際の下ごしらえのやり方を紹介します。

離乳完了期までは加熱必須

離乳食は、豆腐のようにそのまま食べることができる食材であっても加熱します。火を通す理由は、殺菌のため、アレルギー対策のため、消化を良くするための3つです。アレルギーの原因となる食材は加熱することでアレルゲンが弱くなる傾向にあります。そして、加熱することで赤ちゃんも消化吸収しやすくなります。

豆腐のようにパックから取り出したばかりの食材であっても、調理の際に使用する包丁やまな板に雑菌が付いているかもしれません。赤ちゃんに危険がないように、加熱することで殺菌します。豆腐の場合は、食感を損なわないように軽く茹でるか、電子レンジで加熱しましょう。

電子レンジでの加熱は20~30秒ほどが目安です。ただし、豆腐は電子レンジで加熱しすぎると中の空気が膨張して爆発するので注意が必要です。豆腐を入れた容器に水を張り、ふんわりとラップをかけて蒸した状態にすることで豆腐の爆発を防ぐことができます。豆腐パックのままやぴったりラップをした密封状態で電子レンジで加熱すると、中の空気が膨張してラップやパックが破裂してしまうので気をつけてください。

アレンジ自在な豆腐ペースト

離乳初期で初めて食べる豆腐は、茹でた豆腐を裏ごしした豆腐ペーストがおすすめです。同じくペースト状にした野菜と組み合わせれば、離乳初期にぴったりのメニューが完成します。離乳初期には、おかゆと豆腐ペーストを組み合わせて、いつものおかゆに少し変化を持たせるのもいいですね。

野菜ではなくフルーツと豆腐ペーストを組み合わせて、甘いデザート感覚の離乳食もできます。離乳中期以降も、ホワイトソースの代わりとして和えたり、豆腐ペーストをお湯で伸ばしてソースとしてかけたりいろいろとアレンジできて便利ですよ。

離乳食作りの裏ごし器の選び方やおすすめ10選! 茶こしやブレンダーなどの代用方法も紹介
離乳食作りの裏ごし器の選び方やおすすめ10選! 茶こしやブレンダーなどの代用方法も紹介
離乳初期の短い間しか使わない裏ごし器を購入する必要はあるの? と考えるママもいるでしょうか。裏ごし器は離乳食作りにあると便利なアイテムですが、家にあるもので代用も可能です。裏ごし器の選び方やおすすめ商品、一度は悩む洗い方についても紹介します。

豆腐ハンバーグに便利な水切り

豆腐ハンバーグは、離乳後期の手づかみ食べが始まる頃に人気のメニューです。豆腐とひき肉に加えて、お好みで食べさせたい野菜をプラスできるのが嬉しいポイントですね。豆腐ハンバーグをおいしく作るには、下ごしらえとして豆腐の水切りをしっかりすることが大切です。

豆腐の水切りはキッチンペーパーで豆腐をくるみ、重しを乗せてしばらく放置しておくのが一般的です。先に使うサイズに豆腐をカットして、キッチンペーパーに触れる表面積を増やしておくと、水切り時間が短縮できますよ。

時間がない時は、豆腐をキッチンペーパーでくるんで電子レンジで2~3分加熱するだけでも大丈夫です。キッチンペーパーにくるまなくても水切りできますが、その場合は先ほど述べた通り豆腐の爆発に気を付けましょう。

離乳食に豆腐ハンバーグはいつから? 冷凍保存はできるの? 目的別レシピ集
離乳食に豆腐ハンバーグはいつから? 冷凍保存はできるの? 目的別レシピ集
離乳食に豆腐ハンバーグはいつから食べさせていいの? 豆腐ハンバーグは使う食材によってあげられる時期が変わるの? 離乳食に豆腐ハンバーグを食べさせる時の注意点や冷凍保存方法、目的別のレシピを紹介します。

洗い物を最小限に抑える絞りだし豆腐

下ごしらえにすり鉢や裏ごし器、もっといってしまえば包丁などを使うと、洗い物が増えてちょっと面倒ですよね。柔らかい豆腐は、ポリ袋を使うと手間を掛けずに簡単に下ごしらえできます。加熱した豆腐をポリ袋に入れて、そのまま袋ごともんで豆腐をつぶせばOKです。ポリ袋の角をカットすれば、そのまま絞り出せるので手も汚れません。

離乳食に使う豆腐を冷凍保存する場合の注意点

離乳食に使う豆腐を冷凍保存する場合の注意点
離乳食では食材や下ごしらえしたものを冷凍できると便利ですよね。離乳食で豆腐を冷凍する時の注意点をご紹介します。

絹ごし豆腐はそのままだと冷凍不可

絹ごし豆腐を冷凍すると、持ち味である滑らかな柔らかさが失われてしまいます。豆腐は約80%が水分のため、冷凍することで水分が抜けてぱさぱさの食感に変化します。水分が抜ける分、味が染み込みやすくなるというメリットもあるので、大人が食べるにはいろいろアレンジができそうです。

しかし、滑らかさがなくなり固くなるので、冷凍した絹ごし豆腐は離乳初期~離乳中期には適していません。余った豆腐は冷蔵保存して早めに使い切りましょう。

冷蔵保存する際には、パックの水を新しいものに替えて保存します。保存容器に豆腐が浸るくらいまで水を入れ、水は毎日替えましょう。ただし、赤ちゃんの離乳食にはできるだけ新しい豆腐を使って、冷凍保存した豆腐は大人が食べるようにしてください。

離乳後期にお肉代わりに使える冷凍豆腐

水分が流れ出でスポンジ状の固い食感となった冷凍豆腐は、お肉の代わりに使うことができます。そのまま焼いてステーキ風にしたり、ほぐしてぽろぽろにすることでひき肉のように使ったり、いろいろとアレンジできます。離乳食のボリュームをアップしたい時にも、ヘルシーな冷凍豆腐は便利ですよ。

絹ごし豆腐でも木綿豆腐でも冷凍豆腐はできますが食感には少し違いがあります。固くなるのは同じですが、もとからしっかりした木綿豆腐の方が固くお肉に近い食感です。絹ごし豆腐の方がまだ口当たりが柔らかいので、離乳食としては絹ごし豆腐を冷凍した方が食べやすいでしょう。絹ごし豆腐の冷凍でも固さがあるので、冷凍豆腐を離乳食に使うのは後期以降が目安です。

下ごしらえをした状態で冷凍しよう

豆腐は下ごしらえをした状態で冷凍するのもおすすめです。豆腐ペーストを製氷皿で1回分ずつ小分けするのも便利です。すりつぶした豆腐ペーストであれば、食感の変化もそこまで気にならないでしょう。

豆腐ハンバーグを作って冷凍しておくのもいいですね。豆腐ハンバーグは焼く前のタネの状態でも焼いた状態でも冷凍保存できますが、焼いてから冷凍した方がすぐに食べさせることができるので時短につながります。

赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ15選
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ15選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富で、離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによって選び方も変わってきます。選び方のポイントや、リッチェル、コンビなどおすすめ商品をご紹介します。
ミキサーでカンタン離乳食作り! 選び方やレシピ、人気商品も!
ミキサーでカンタン離乳食作り! 選び方やレシピ、人気商品も!
ミキサーがあれば、初期のとろとろペースト状になった離乳食も簡単に作れます。裏ごししたりすりつぶしたりといった手間のかかる作業もミキサーならお手軽です。ミキサーとブレンダー、ジューサーの違いや選び方、おすすめレシピ、人気商品も紹介します。

豆腐レシピおすすめ5選【離乳初期(5~6ヶ月)向け】

離乳初期の豆腐レシピ5選
離乳初期に与える豆腐は、とろとろのペースト状か、慣れてきてからはすりつぶして少し形が残った状態が目安です。他の食材と組み合わせた豆腐のレシピを紹介します。

豆腐がゆ

10倍がゆに豆腐を加えた豆腐がゆのレシピです。同じ白く柔らかい食材ですが、微妙に違う食感の差が赤ちゃんへの刺激になってくれそうです。

豆腐がゆ|パルシステムの育児情報サイト~子育て123~

ブロッコリーと豆腐のだし煮

栄養たっぷりで離乳食にも使いやすいブロッコリーと豆腐を合わせたレシピです。片栗粉でとろみをつけているので、赤ちゃんも食べやすそうですね。

ブロッコリーと豆腐のだし煮|【Nadia | ナディア】レシピサイト

バナナ豆腐

豆腐とバナナをあわせたら、バナナの甘味で赤ちゃんの食欲がない時でも食べてくれそうですね。離乳食がなかなか進まない時に取り入れたいレシピです。
バナナ豆腐|パルシステムの育児情報サイト~子育て123~

【管理栄養士監修】離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
【管理栄養士監修】離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
バナナは栄養豊富で甘みもあり赤ちゃんも食べやすいため、離乳食にはぴったりの食材です。冷凍保存も可能なので、時短レシピにも活用できますよ。バナナのアレルギーや加熱調理が必要なことも知っておきましょう。バナナの食べさせ方やおすすめレシピなどを紹介します。

豆腐&キャベツ ミッキーver

色鮮やかで見た目にも楽しい離乳食レシピです。真っ白な裏ごしした豆腐のキャンバスの上に、鮮やかな緑のキャベツでミッキーを描き、特別感を演出しています。ハーフバースデーのお祝いにおすすめです。

豆腐&キャベツ ミッキーver|楽天レシピ

ふんわり小松菜バナナ

意外性のある小松菜とバナナ、豆腐を組み合わせたレシピです。小松菜だけだと少し食べにくくても、バナナを加えることで程よい甘みで食べやすくなりますよ。

ふんわり小松菜バナナ|パルシステムの育児情報サイト~子育て123~

離乳食で食パンはいつからOK? パン粥やおすすめレシピ、使えるパンの種類も紹介
離乳食で食パンはいつからOK? パン粥やおすすめレシピ、使えるパンの種類も紹介
離乳食での主食はご飯だけでなく、食パンも取り入れることができますが、いつからどのようにあげてもいいのでしょうか? おすすめレシピや添加物が含まれていない食パンの選び方、ロールパンなど初期~完了期にあげることができるパンの種類も紹介します。
離乳食の大根やかぶはいつからOK? 冷凍保存はできる? おすすめレシピ8選
離乳食の大根やかぶはいつからOK? 冷凍保存はできる? おすすめレシピ8選
「離乳食に大根やかぶはいつから使えるの?」「大根やかぶを使った離乳食レシピは?」と悩んでいませんか? 初めて離乳食に使う食材は、アレルギーや食べさせ方が心配ですよね。 離乳食に大根やかぶはいつからOKなのか、食べさせ方のコツとおすすめレシピを紹介します。

豆腐レシピおすすめ5選【離乳中期(7~8ヶ月)向け】

離乳中期の豆腐レシピ5選
離乳中期になると、5mmくらいの角切りが大きさの目安です。形が分かる状態で食べることができるので、メニューの幅も広がりますね。高野豆腐のすりおろしをプラスするのもおすすめです。

高野豆腐入りトマトリゾット

すりおろした高野豆腐でトマトリゾットに栄養価をプラスしたレシピです。トマトで赤く色づいたリゾットに、ブロッコリーの緑が映えて食欲をそそります。
高野豆腐入りトマトリゾット|楽天レシピ

【管理栄養士監修】離乳食でトマトはいつから食べられる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
【管理栄養士監修】離乳食でトマトはいつから食べられる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。

にんじんの白和え

豆腐の滑らか食感で食べやすいにんじんの白和えのレシピです。離乳中期のメニューですが、にんじんの大きさを変えれば離乳後期以降も長く食べることができるメニューです。

にんじんの白和え|クラシル

【管理栄養士監修】離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
【管理栄養士監修】離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
にんじんは栄養もあり、彩もいいので離乳食にピッタリですが、赤ちゃんにはいつから食べさせることができるのでしょうか。甘みもあるので離乳食の初めての野菜としても適しています。にんじんペーストの作り方、冷凍保存の方法、おすすめのレシピなどを紹介します。

さっぱり豆腐のくず煮

とろみをつけることで食べやすくなったくず煮のレシピです。レシピでは人参とアスパラを使っていますが、違う野菜にアレンジしていろいろ組み合わせを試してみたいですね。
さっぱり豆腐のくず煮|パルシステムの育児情報サイト~子育て123~

豆腐とじゃがいものポタージュ

とろっとクリーミーなポタージュで豆腐をおいしく食べることができるレシピです。かつお出汁の代わりに粉ミルクで洋風仕立てにしてもおいしそうですね。にんじん以外の野菜でも挑戦してみましょう。

豆腐とじゃがいものポタージュ|楽天レシピ

豆腐パンケーキ

ホットケーキミックスと豆腐で作るパンケーキのレシピです。栄養のある素材をプラスして、おやつでもしっかり栄養補給しましょう。冷凍保存もできるのでまとめて作っておくと便利ですね。

豆腐パンケーキ|【クックパッド】

生後8ヶ月の離乳食の進め方は? スケジュールやレシピ、嫌がる時の対策などを紹介
生後8ヶ月の離乳食の進め方は? スケジュールやレシピ、嫌がる時の対策などを紹介
生後8ヶ月は離乳初期から離乳中期に移行している時期です。離乳食を食べてくれないと悩むパパママもいるでしょうか。生後8ヶ月の離乳食のスケジュールや調理ポイント、おすすめレシピなどを紹介します。手づかみ食べに興味を示す赤ちゃん用のレシピも紹介します。
離乳食のパスタはいつから? 時期ごとのレシピと調理方法を紹介
離乳食のパスタはいつから? 時期ごとのレシピと調理方法を紹介
離乳食でパンやお粥、うどんが食べられるようになったら、パスタにチャレンジしてみましょう。パスタは形によっては手づかみ食べにも使えて、便利な食材。いつから食べてOKなのか、赤ちゃんが好きなレシピなどを紹介します。

次のページでは、離乳食後期・完了期におすすめの豆腐を使ったレシピや離乳食に使える豆腐の種類をご紹介します!

続きを読む
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!